Y!mobile(ワイモバイル)は“SIMのみ”の契約が可能! SIMのみ契約の料金プランと購入後の設定方法まで解説

書いた人: Jetstream

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!mobile(ワイモバイル)は“SIMのみ”の契約が可能! SIMのみ契約の料金プランと購入後の設定方法まで解説

ソフトバンクのサブブランドとして2014年よりサービスを開始した「Y!mobile(ワイモバイル)」。ソフトバンク回線を使用した安価な料金プランが売りのキャリアサービスとして有名ですが、SIM単体の契約やSIMフリースマホとのセット契約などMVNO(格安SIM事業者)のようなサービスも展開しています。

今回の記事では、そんなワイモバイルの“SIMのみ”の契約に焦点を当てて解説。

メリットとデメリットを通じて、自分好みの組み合わせでワイモバイルを活用する方法をレクチャーします。

目次:

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)は「SIMのみ」でも購入できる

ワイモバイルはSIMのみでも契約できるって知ってました?
ワイモバイルはSIMのみでも契約できるって知ってました?

ワイモバイルで“SIMのみ”を申し込む場合、一般的な格安SIMと同じく音声通話とデータ通信の2種類のSIMから選択できます。音声通話SIMはSIMフリースマホとのセットでも購入できますが、データ通信SIMは完全なSIMのみの契約に限ります。

「SIMのみ」で契約できるメリットは?

SIMのみで契約できることのメリットは、ずばりSIMフリースマホやSIMロック解除した最新機種、SIMスロット搭載タブレットをワイモバイルの良質なソフトバンク回線と安価な料金プランで運用できるという点です。

例えば、ネットショップなどで安価なSIMフリースマホを購入したり、以前から使っているお気に入りのキャリア端末をSIMロック解除すれば、ワイモバイルのSIMですぐに使えるようになります。

Yahoo!プレミアム for Y!mobileでポイント最大12倍
Yahoo!プレミアム for Y!mobileでポイント最大12倍

また、SIMのみで契約した場合でも、音声通話SIMには10分以内の国内通話が無料で利用できる「10分かけ放題」が内包されています。さらに、月額462円(税抜)のYahooプレミアムのサービスを無料で利用できるワイモバイルならではのメリットも適用されます。

参照: Yahoo!プレミアム for Y!mobile

「SIMのみ」の契約で申し込めるプランは?

ワイモバイルのSIMのみ契約で利用できるプランとオプションは?

SIMのみの契約で申し込めるプランは、音声通話SIMが「スマホプランS/M/L」の3プラン、データ通信SIMが「データSIMプラン(1GB/SMSオプション付き)」の1プランです。

スマホプランS/M/Lは、ワイモバイルのスマホで契約した場合とまったく同じ。「データ容量2倍オプション最大25ヵ月間無料キャンペーン」や、利用開始月の翌月から12ヵ月間、基本使用料が1,000円割引になる「ワンキュッパ割」も適用されます。

ちなみに、SIMのみで契約できるSIMサイズは、マイクロとナノの2種類です。通常サイズは用意されていませんので、お気をつけください。

音声通話SIM(スマホプランS/M/L)※データ増量無料キャンペーン/ワンキュッパ割適用時
データ容量 料金(最大12か月間)
スマホプランS 3GB 1,980円
スマホプランM 9GB 2,980円
スマホプランL 21GB 4,980円
データ通信SIM(データSIMプラン)
データ容量 料金
データSIMプラン 1GB 980円

注意点としては、スマホプランS/M/Lが2年単位の自動更新契約であること。更新月以外のタイミングで解約したり他社へ乗り換えると契約解除料9,500円が発生するのでご注意ください。

データSIMプランの場合は最低利用期間が無いため、一時的な利用やワイモバイルのお試しといった用途で使用することもできます。容量の上限は決して多くはありませんが、1GB以上利用したいときにデータをチャージできる有料オプション「快適モード」も用意されています。

このほか、スマホプランS/M/LとデータSIMプランでは以下のオプションサービスを利用することができます。

オプションサービス
内容 料金
快適モード データ容量を使い切った場合に自動で追加のデータ容量が追加されるサービス。データ容量2倍オプション利用時は設定必須 500MBごとに500円
※データ容量2倍オプション利用時は上限分まで無料
SMS ショートメッセージサービス 月額無料
※送信時は1通ごとに3円
MMS Eメール形式(@ymobile.ne.jp)のマルチメディアメッセージングサービス 月額無料
Y!mobile メール 複数のメールアカウントを一括で管理できる容量無制限のメーラーサービス 月額無料
Enjoyパック Yahooショッピングで利用できる500円クーポンが毎月付与されるほか、買い物時に最大12倍のポイントがもらえるサービス 月額500円
※初月無料
ワイドサポート ワイモバイル製品に限らず、インターネット全般に関わるトラブルや疑問をサポートしてもらえるサービス 月額500円
一定額ストップサービス 事前に設定した利用金額に達した場合に音声発信やデータ通信を止めるサービス 無料 or 100円
※機種によって異なる
ワイモバイルまとめて支払い ワイモバイル版のキャリア決済サービス 月額無料
※決済代金のみ
請求書発行サービス 毎月のご利用料金請求内訳を郵送するサービス 月額200円
※法人契約は無料
利用明細サービス 毎月の通話明細・通信明細を通話相手やコンテンツのご利用明細を確認できるサービス 月額200円
※法人契約は100円
国際ローミング 海外で通話と通信を利用できるサービス 月額無料
※利用分は料金がかかる

スマホプランS/M/Lのみ、以下のオプションサービスも利用可能です。

スマホプランS/M/L限定オプションサービス
内容 料金
データ増量無料キャンペーン 契約プラン規定のデータ通信容量を1.5倍にできるサービス 月額500円
※キャンペーンで24ヶ月間無料(契約翌月を1ヵ月目とする)。
故障安心パックライト SIMを挿して利用する機種が破損や故障した際に取り換え手数料のみでワイモバイルの指定機種と交換できるサービスです 月額500円(契約時のみ申し込み可能)
※指定機種の取り換え手数料は7,500円/10,000円/12,500円/15,000円で機種と利用期間によって異なる
家族割引サービス 家族か個人で複数回線契約時に2回線目以降の利用料金が割引となるサービス 回線ごとに月額-500円
※最大9回線まで
下取りプログラム 利用したいた機種を下取りに出すことで機種に応じた割引を毎月受けることができるサービス 下取りプログラム(対象機種割引額一覧)参照

「SIM単体契約特別割引」の概要・適用条件は?

新規・他社からの乗り換えでSIMのみ契約すると割引が受けられる

ワイモバイルにSIMのみで契約する際に見逃せないのが、新規契約・乗り換え/MNPで申し込んだ際に適用される「SIM単体契約特別割引」。契約月を1ヶ月目として、24ヶ月間に渡ってスマホプランの月額料金が割引されます。

その割引金額はスマホプランSが400円(総額9,600円)、スマホプランM/Lが600円(総額14,400円)とかなりのもの。ワイモバイルでSIMのみを契約したいと考えていた人にとっては朗報以外のなにものでもありません。

「SIM単体契約特別割引」適用時の料金イメージ、詳細な適用条件は以下の通りです。

「SIM単体契約特別割引」適用時の料金 ※ワンキュッパ割も同時適用
適用前の月額料金 適用後の月額料金(割引金額)
スマホプランS 1,980円 1,580円(-400円)
スマホプランM 2,980円 2,380円(-600円)
スマホプランL 4,980円 4,380円(-600円)

■SIM単体契約特別割引の適用条件
・SIMのみ契約でワイモバイルに申し込むこと
・新規契約・他社からの乗り換え/MNP時にスマホプランに申し込むこと
 (※ソフトバンクからの乗り換え/MNPは対象外)
・ワイモバイル公式オンラインストアから申し込み手続き行うこと

適用条件に関して、大きな注意点が2つあるので解説しておきます。

1つ目は「他社からの乗り換え/MNP」となっているものの、ソフトバンク回線からの乗り換えは対象外になっていること。新規ユーザー獲得のキャンペーンとしての色合いが強いのか、運営会社が一緒のソフトバンクが除外されているのは非常に残念です。

2つ目はワイモバイル公式オンラインストアからの申し込み限定の割引サービスであること。ワイルモバイルショップ(取扱店)での店頭申し込みでは適用外なので注意してください。

ワイモバイル公式オンラインストアからの申し込みには、「24時間好きな時間に申し込める」「待ち時間がかからない」といったメリットがあります。また、チャットを使ってオペレーターに質問することもできるので初心者の方でも安心です。WEBからの申し込みは初めてという方もこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)に対応している端末は?

iPhone Xでも、もちろん使えます
iPhone Xでも、もちろん使えます

SIMロック解除したiPhone Xなどの最新機種から国内で販売しているSIMフリースマホ、SIMスロット搭載タブレットなど、現行のスマホ・タブレットのほとんどを利用することができます。また、Androidはもちろん、iPhoneでもテザリングが可能です。

iPhoneについてはiPhone 5SからiPhone XS / XS Max / XRまで対応していますが、iPhone 5S・iPhone 6・iPhone 6 PlusについてはSIMフリーモデルのみの対応、SIMロック解除したiPhoneはiPhone 6s以降から対応となりますのでご注意ください。

ワイモバイルのVoLTEが利用できるFREETEL REI 2 Dual
ワイモバイルのVoLTEが利用できるFREETEL REI 2 Dual

HUAWEI P10シリーズが2017年8月のソフトウェアアップデートでワイモバイルとソフトバンクのVoLTE(高音質通話機能)に対応したり、2018年2月発売のFREETELのREI 2 Dualは発売当初からVoLTEに対応しているなど、テザリングを含めたフルサービスを利用できるSIMフリースマホもあります。

ワイモバイルでは接続実績のある他社製の機種を公式サイトで公開しています。詳しくはそちらを参照してください。

参照: 他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

また、Androidはもちろん、iPhoneでもテザリングができます。ワイモバイルではSIMフリーiPhoneにおけるテザリング検証において、問題なくテザリングが利用できたことも公表しています。

ほかにも、VoLTEオプションも申し込み不要で利用できるようになっているので、ワイモバイルのVoLTE対応機種であればそのまま高音質通話を利用することもできます。

今使っている端末をSIMロック解除するには?

大手キャリア端末のSIMロックを解除するには?
大手キャリア端末のSIMロックを解除するには?

大手キャリアの機種をワイモバイルのSIMで利用する場合、SIMロック解除が必須になります。SIMロック解除はキャリアごとに方法や条件が異なり、費用が発生するケースもあるのでご注意ください。

また、ソフトバンクの機種であってもSIMロック解除が必要になりますのでお気をつけください。

以下に、各キャリアごとのSIMロック解除の手続き方法についてまとめましたので、ご参照ください。

●ドコモ

WEB 無料 24時間受付
※My docomoで手続き
電話 有料 24時間受付
ドコモケータイ:151
一般電話:0120-800-000
店頭(ドコモショップ) 有料 営業時間内

公式サイト: SIMロック解除の手続き

●au

WEB 無料 24時間受付
※auお客さまサポートで手続き
店頭(auショップ) 有料 営業時間内

公式サイト: SIMロック解除のお手続き

●ソフトバンク

WEB 無料 24時間受付
※My SoftBankでお手続き
店頭(ソフトバンクショップ) 有料 営業時間内

公式サイト: ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

大手3キャリアのなかで、電話でのSIMロック解除を受け付けているのはドコモのみになります。また、全キャリアに共通してWEBでの手続きは無料、その他の方法は有料となりますのでご注意ください。

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMを手に入れたら?

ワイモバイルのSIMを使うには?
ワイモバイルのSIMを使うには?

ワイモバイルのSIMは、ワイモバイルショップ(実店舗)やワイモバイルオンラインストアから購入することができます。ワイモバイルショップで購入した場合は店舗スタッフが手取り足取り契約から設定まで進めてくれますが、ワイモバイルオンラインストアから購入する場合はご自身で設定を行う必要があります。

ここではワイモバイルのSIMを購入したあとの初期設定について解説していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMをスマホに装着

ワイモバイルのSIMを使用する機種に装着する手順を解説していきます。

SIMを装着するSIMスロットは機種ごとに仕様が異なりますが、SIMピンなどでSIMスロットを引き出し、そこにワイモバイルのSIMを装着させて本体に挿入するのが基本です。

ワイモバイルのSIMを装着させるスマホと必要に応じてSIMピンも用意
ワイモバイルのSIMを装着させるスマホと必要に応じてSIMピンも用意

まずは、台紙からSIMを取り外します。このときに、SIMカード自体を割ってしまわないように注意してください。

台紙からSIMを取り外す
台紙からSIMを取り外す

SIMを装着させるスマホのSIMスロットを引き出します。スマホ本体を傷つけないように気をつけながら作業してください。

SIMスロットを引き出す
SIMスロットを引き出す

SIMの欠けている部分をSIMスロットの同じ形の部分に合わせるように装着させます。このとき、SIMの向きを間違えてSIMスロットに入れたまま本体に挿入してしまうと、スマホのSIMスロットを破壊してしまうので注意してください。

SIMの向きを間違えないように注意してください
SIMの向きを間違えないように注意してください

SIMスロットをスマホ本体に装着したら準備完了です。

Y!mobile(ワイモバイル)の設定を行う

SIMを装着したら、アクセスポイントネットワーク(APN)を登録します。APNの設定はAndroidとiOSで異なります。

■AndroidのAPN設定

AndroidのAPN設定は、Androidの設定から「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と進みます。そして、新規作成からワイモバイルのAPNを設定します。

「モバイルネットワーク」
「アクセスポイント名」
ワイモバイルAPN
名前 ※任意(Y!mobile スマホプラン)
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
MNC 440
MCC 20
認証タイプ CHAP
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,mms,supl,hipri

もしここで自動的に「Y!mobileスマホプラン」のAPNが反映されている場合はその内容を確認し、不足しているところを追加します。特にMMSC以下は自動で入力されていないことが多いので、APNが自動反映していても必ず内容を確認しましょう。

APNの必要項目を入力したら必ず保存しましょう
APNの必要項目を入力したら必ず保存しましょう

ワイモバイルのAPNを設定したら、そのAPNにチェックを入れて完了です。

■iOSのAPN設定

iOSの場合はAndroidのようにAPNを設定する必要はなく、単に公開されているプロファイルをインストールするだけで設定が完了します。ただし、プロファイルのインストールにはインターネット通信が必要となるため、Wi-Fi環境で行う必要があります。

他のキャリアや格安SIMのプロファイルをインストールしている場合、そのプロファイルを削除してからでないと、ワイモバイルのプロファイルをインストールしても正常に利用できない場合があるのでご注意ください。

すでに他社のプロファイルがある場合は事前に削除してください
すでに他社のプロファイルがある場合は事前に削除してください

iOS用のワイモバイルAPNプロファイルのアドレスは ymobile.jp/r/apn です。ここには、必ずサファリからアクセスするようにしてください。
プロファイルのインストール画面が表示されたら、インストールをタッチしてパスコードを入力し、さらにインストールをタッチして完了です。

必ずサファリでアクセス
必ずサファリでアクセス
あとはインストールするだけ
あとはインストールするだけ

ちなみに、インストールしたプロファイルは、iOSの設定から「一般」→「プロファイル」と進むことで確認できます。

プロファイルはiOSの設定から確認できる
プロファイルはiOSの設定から確認できる

My Y!mobileに登録する

APNの設定が完了すれば、電話・インターネット・メールなどの主だった機能を利用できるようになりますが、このタイミングで「My Y!mobile」に登録しておくことをオススメします。

My Y!mobileでは契約内容の確認や利用料金の照会ができるほか、オプションの申し込みや契約内容の変更などの手続きをオンラインで行うことができるので便利です。

使い始める前にMy Y!mobileも設定しておきましょう
使い始める前にMy Y!mobileも設定しておきましょう

My Y!mobileの初期設定について解説していきます。

ますは、ブラウザアプリで my.ymobile.jp にアクセスし、電話番号と契約時に設定した4桁の暗証番号を入力。パスワード確認用のSMSが送られてくるので、そこに記載してあるURLからアクセスして設定を行います。

4桁の暗証番号が必要です
4桁の暗証番号が必要です
設定したパスワードはメモを取っておきましょう
設定したパスワードはメモを取っておきましょう

このほか、Yahoo Japan IDをお持ちの場合は「Yahoo! サービスの 利用開始」からYahoo Japan IDとパスワードを入力し、ワイモバイルの電話番号とYahoo Japan IDを連携させることも忘れないようにしましょう。

Yahoo Japan IDをお持ちでない場合も、「Yahoo! サービスの 利用開始」から新規のIDを簡単に登録することができます。

Yahoo Japan IDの連携 or 登録もお忘れなく
Yahoo Japan IDの連携 or 登録もお忘れなく

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)でもSIMフリースマホが買える

SIMフリースマホとセット購入もできる
SIMフリースマホとセット購入もできる

ワイモバイルのSIMのみの契約では、SIMフリースマホとのセット購入も可能です。セット購入が可能な機種は、2018年12月現在で全7機種がラインナップされています。

しかし、新規契約、または他社からの乗り換えでスマホプランM以上のプランを契約しなければいけないなどの条件があります。こちらでもソフトバンクからの乗り換えは格安価格の対象外となるため、価格に対する条件は複雑です。

■セット購入可能なスマホ一覧(2019年1月現在)

機種名 本体価格
AndroidOne X5 83,484円
AndroidOne S5 53,676円
HUAWEI P20 lite 31,644円
AndroidOne X4 67,932円
AndroidOne X3 62,748円
AndroidOne S4 32,400円
AndroidOne S3 32,400円
かんたんスマホ 60,156円
iPhone 6s 52,380円
iPhone SE(32GB) 32,400円
iPhone SE(128GB) 57,564円

ラインナップはAndroid Oneシリーズの最新モデルから、HUAWEI P20 liteといった人気のSIMフリースマホ、エントリーモデルまで幅広く取り揃えられている印象です。

一括払い以外にも、ワイモバイルショップであれば分割購入(24回払い)もできるので、ハイスペックの高価なスマホを長く使いたい方や、エントリースマホを更に安価に運用したい方などの幅広いニーズに対応しています。

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

まとめ:SIMのみで契約するメリット・デメリット

今回はワイモバイルの“SIMのみ”の契約について解説させていただきました。SIMのみで契約できることを知っておけば、乗り換えを検討するときの有力候補になるかもしれませんね。

以下に、おさらいとしてワイモバイルでSIMのみを契約するメリット・デメリットをまとめてみました。

■SIMのみ契約のメリット
・ソフトバンクの良質な回線を安価に運用できる
・ワイモバイルのスマホと同様のオプションに申し込める
・iPhone XSをはじめとした最新機種にも対応している
・新規契約やソフトバンク以外からの乗り換えは割引が手厚い

■SIMのみ契約のデメリット
・データ通信SIMの選択肢が1GBプランの1つしかない
・音声通話SIMの縛りが2年と他の格安SIMに比べて長い
・ソフトバンクから乗り換える場合の恩恵が少ない

ソフトバンク以外のキャリア・MVNOから乗り換え・MNPでSIMのみ契約する場合、「SIM 単体契約特別割引」の恩恵で2年間に渡って月額料金が安くなるのは大きなメリット。反対に「SIM 単体契約特別割引」が適用されないソフトバンクからの乗り換えの場合は恩恵が少ないので物足りなく感じるかもしれません。とはいえ、基本料金の時点でワイモバイルはソフトバンクよりも安価なので、割り切って乗り換えるのもアリだと思います。

大手キャリアからの乗り換えを検討されている方、以前に使用していた機種を再利用したいと考えている方は、ワイモバイルの“SIMのみ”契約もぜひ検討候補に加えてみてください。

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream