楽天モバイルへMNP(乗り換え)するお得な契約方法と注意点を解説!

書いた人: キリカ

カテゴリ: 楽天モバイル ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天モバイルへMNP(乗り換え)するお得な契約方法と注意点を解説!

申し込みガイドはこちら

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルに乗り換え(MNP)する方法

MNPとは、電話番号は維持したまま、他社に乗り換えられるという仕組み。MNPで電話回線を契約すると、乗り換える前の会社の契約は自動的に解約され、電話番号が新しい会社の回線に引き継がれるといった形になります。

MNPする前にMNP予約番号の取得が必要

MNPを行うためには携帯電話の番号を伝えるだけでなく、乗り換える番号で現在契約している携帯会社にて「MNP予約番号」の発行が必要です。取得方法は会社によって異なりますが、大手キャリアのMNP予約番号の発行方法は以下のとおり。

■ドコモ
・ドコモの携帯電話から:151
・一般電話から:0120-800-800
・Webから:My docomo

■au
・携帯電話/一般電話から:0077-75470

■SoftBank
・ソフトバンク携帯電話から:*5533
・一般電話から:0800-100-5533

■Y!mobile
・Y!mobile携帯電話から:116
・一般電話から:0120-921-156
・Webから:My Y!mobile

主に、直接電話にてMNP予約番号を取得するか、各社WEBサイトからの取得できるようになっています。

ネットで乗り換え(MNP)する方法

楽天モバイルは、オンラインでのMNP転入による新規契約が可能。先述した方法で楽天モバイルにMNP転入するMNP予約番号を取得し、楽天モバイル公式サイトから申し込みを行います。契約に必要な身分証明書類は写真でアップロードするので、写真を撮れるよう準備しておきましょう。

楽天モバイル申し込みページ
楽天モバイル申し込みページ

申し込みページでは「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」か否かを選択する事ができます。ここでチェックを入れておくと、SIMカードが届いてから電話をかける事で任意のタイミングで開通を行う事ができ、自分の電話番号で電話が取れない空白期間を無くす事ができます

チェックを入れない場合は手元に届く前にMNP手続きが行われるため、SIMカードが手元に届くまでの2〜3日間、電話ができない状態となるので注意。MNPする携帯電話の電話番号・MNP予約番号・MNP予約番号の期限はここで入力します。

SIMカードが楽天モバイルから届いたら、楽天モバイルで使うスマートフォンにSIMカードを挿入すれば即利用可能。なお、先述した「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択している場合、乗り換え元のスマートフォンなどから開通受付センターに電話して手動で開通を行う必要があります。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルショップ

楽天モバイルは実店舗の店頭でのMNP転入にも対応。楽天直営の「楽天モバイルショップ」「楽天カフェ」のほか、ゲオモバイル・ジョーシン・エディオン・モバワンをはじめとする家電量販店やケータイショップなどにも契約できる店舗を広げています。

店舗でMNPする際にはネットで乗り換える場合と同様、先述したMNP予約番号の発行方法でMNP予約番号を発行し、あらかじめ準備しておく必要があります。

支払いに必要なカードと身分証明証を用意
支払いに必要なカードと身分証明証を用意

MNP予約番号のほか、クレジットカードなどの支払いに利用するカード、運転免許証などの身分証明証を忘れずに持参しましょう。なお、楽天モバイルはクレジットカードの他にもデビットカードや口座引き落としにも対応しています。

店頭での申し込みはその場で即日完了するため、電話番号・データ通信が利用できない期間が、ほぼ生じないのが魅力。乗り換え元の携帯電話から即日乗り換えたい方は店頭での契約をおすすめします

楽天モバイルへの乗り換え(MNP)はどのタイミングでするのがお得か?

楽天モバイルへMNPするのはいつがお得?
楽天モバイルへMNPするのはいつがお得?

楽天モバイルは月のどの時期であっても乗り換える事ができますが、最もお得なタイミングは月初めとなっています

というのも、楽天モバイルは契約1ヶ月目の月末までの料金が無料。例えば1日に開通した場合は1日から月末までの一ヶ月間が無料となりますが、31日に開通した場合は無料期間が31日で終わってしまうため、たった一日で無料期間が終わってしまいます。

なお、ユニバーサルサービス料、通話料、オプション、SMSの料金は無料特典の対象外。月額基本料のみが無料となる点は注意が必要です。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの乗り換え(MNP)に関する4つの注意点

楽天モバイルでのMNP

最後に、楽天モバイルにMNPで乗り換えを行う際の注意点をまとめてみました。

1. MNP予約番号は契約前に取得が必要
2. 楽天モバイル開通受付センターによる開通は受付時間により開通日が異なる
3. MNP予約番号の有効期限は10日以上必要
4. MNPで持ち込めるのは電話番号のみ

1. MNP予約番号は契約前に取得が必要

MNPの手続きにはMNP予約番号が必要。乗り換え元のキャリアであらかじめ取得が必要なので、忘れないように取得しておく必要があります。

2. 楽天モバイル開通受付センターによる開通は受付時間により開通日が異なる

楽天モバイルでのMNP
楽天モバイル開通受付センターの申し込み時間による開通時間の違い

オンラインでMNPを申し込み、楽天モバイル開通受付センターにて手動で開通を行う場合、申し込み時間によって開通時間が異なるので注意

当日開通したい場合、午前8:59までに開通受付が完了する必要があります。午前9時以降の開通の場合は翌日21時までの開通となってしまい、即日の開通ができなくなってしまいます。

3. MNP予約番号の有効期限は10日以上必要

楽天モバイルのMNPの申し込みには、有効期限が10日以上残っているMNP予約番号が必要。MNP予約番号は通常発行日を含めて15日間の有効期限が設定されているため、MNP予約番号の取得は、楽天モバイル契約予定日から5日以内に行う必要があります。

4. MNPで持ち込めるのは電話番号のみ

キャリアメールは持ち越せない
キャリアメールは持ち越せない

MNP(Mobile Number Portability)はその名の通り、携帯電話の番号をそのまま持ち込んで他社に乗り換える事のできる制度。ただし持ち込めるのは電話番号だけとなっており、乗り換え前のキャリアで利用していたメールアドレスは持ち越す事ができません。

キャリアメールを利用している方はMNPと同時にキャリアのメールアドレスは利用できなくなってしまうため、重要なメールはバックアップを忘れずに。また、楽天モバイルで新しい機種に乗り換える場合、キャリアで機種変更を行うときのようにショップでバックアップの機械を利用してデータを持ち越すといった事はできません。

LINEのトーク履歴などはしっかりバックアップを行う、ゲームの機種変更の引き継ぎコードを発行してメモしておく、写真データは本体からmicroSDにバックアップしておくなど、新しい機種に引き継ぎたい大事なデータはあらかじめ準備をしておきましょう。

まとめ

楽天モバイルはオンラインで申込時に開通、オンラインで申込後に電話で開通、店頭で開通の3種類の開通タイミングが選ぶことができます。そのため、手持ちの電話番号が使えなくなってしまうタイミングがあると困る方には、契約しやすいMVNOなのではないでしょうか。

ただオンライン契約の場合は、楽天モバイル開通受け付けセンターでの申し込みが8:59以前の場合は当日の9時〜21時までの間に開通ができますが、9:00以降の場合は翌日の9時~21時までと即日で開通できないため、ピンポイントでの乗り換えを希望する方は店頭での申し込みをおすすめします

以上、楽天モバイルにMNPする方法のまとめでした。MNPするタイミングとしては月初めにするのがお得となりますので、乗り換えをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ブログ「ガジェットショット」を作った大学生、デザイナー、ライター。Apple製品を中心に愛用しています。