UQモバイルの解約は電話で行える? 違約金・解除料や解約の疑問を徹底解説

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: UQ mobile ,

タグ:UQ mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイルの解約はどこで行える? 違約金・解除料はかかる? 解約の疑問を徹底解説

申し込みガイドはこちら

格安SIMでちょっと気になる手続きといえば「解約」や「MNP」。

大手の携帯電話会社であれば街中に必ずあるショップに行けばすぐに行える手続きですが、格安SIMの場合はどうしたらいいのでしょうか?

今回はUQモバイルの解約手続きや、もし解約を行った場合の解除料を解説していきます。

目次:

UQモバイルの解約の仕方

通信速度の評価の高い UQモバイル であっても、自宅が圏外、速度が思いの外出なかったなどなど、何か理由があって解約を検討する場面にいずれ出くわすかもしれません。

冒頭にも書いた通り、大手の携帯電話会社であればショップに行って解約の手続きを行うことが可能ですが、UQモバイルはどのように解約を行うのかを解説していきます。

解約の手続きは電話から行う

解約手続きは電話から
解約は電話窓口から。営業時間に注意

UQモバイルの解約受付は「UQお客様サポートセンター」へ電話をかけて行います。

電話番号:0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
※一部IP電話からは接続できません

昼休みや電話窓口の営業終了直前は電話が混雑し、繋がらない可能性もあるので時間に余裕を持って電話することをオススメします。

解約は即日行われるため「明日まで使いたい」といった解約の予約のようなことはできません。

そのため「今月末まで使って解約」と考えている場合、ぎりぎりの時間に解約手続きを行おうとすると繋がらず解約できない可能性がありますので要注意です。

UQモバイルに電話をかけると担当者から下記を質問されますので、きちんと答えらるように事前に準備しておくとスムーズです。

  • 解約理由
  • SIMカードの電話番号
  • 契約者名
  • 暗証番号

WEB申込で今なら
キャッシュバック最大13,000円

→ UQモバイル販売サイトはこちら

UQモバイルの他社への乗り換え(MNP)の手続き

次に考えられる解約のパターンが「他社への乗り換え(MNP)」です。他社へ乗り換え(MNP)を行う場合ですが「MNP予約番号」の取得をUQモバイルで行う必要があります。

MNP予約番号を取得しよう

my UQ mobile
「my UQ mobile」

MNP予約番号の取得方法ですが

  1. UQお客様サポートセンターに電話をする
  2. Webサイトの「my UQ mobile」から取得する

の二つの方法があります。

電話で取得する場合、営業時間は解約同様に18時までと時間の制限があるため要注意です。
また、Webサイト「my UQ mobile」から取得する場合も、9時30分~20時30分までと取得手続きを行える時間に制限があるため、ネットでできるから後でいいや、と夜間~早朝に行おうとすると手続きが行えませんので要注意です。

他社への乗り換え(MNP)の場合の解約タイミングと手続きは?

他社への乗り換え(MNP)のために、MNP予約番号を取得した場合、その場で解約にはなりません。

初めてお店や通販など、他社への乗り換え(MNP)の手続きが完了し、乗り換え先で利用可能になった時点でUQモバイルは解約となります。

MNP予約番号は発行日含め15日間の有効期限が存在するため、他社への乗り換え(MMP)を行う場合は有効期限に注意が必要です。

また、上にも書いた通り他社への乗り換え手続きが完了し、実際に使えるようになった時点でUQモバイルの解約手続きが自動で行われるため、月をまたいでしまった場合は2ヶ月分の料金が発生してしまう点にも注意が必要です。

WEB申込で今なら
キャッシュバック最大13,000円

→ UQモバイル販売サイトはこちら

UQモバイルの解約時の注意点

UQモバイルの解約時の注意点
解約前に注意点を確認しましょう

ここまでにご紹介した通り、解約の方法は「電話したその日で解約」と「他社に乗り換えた日で解約」の2パターン存在することがわかったはずです。また、どちらもショップで対面で解約を行うことができないということもわかったはず。

では、電話やネットで完結する解約手続きにおける注意点は何があるでしょうか。

本人確認のために、契約時の情報はしっかり覚えておこう・思い出しておこう

大手の携帯電話会社のように、店頭で解約手続きなどを行える場合、運転免許証や健康保険証を提示し、契約者本人であることを確認します。

しかし UQモバイルは、電話やネットでの手続きとなるため、本人確認書類を提示して本人確認を行うことは不可能です。

そこで必要になるのが「契約時の情報」です。
氏名、生年月日はもちろん、自分で設定した4桁の暗証番号が必要になります。また、my UQ mobile にログインを行い手続きを行うとなれば、そのIDやパスワードも必要ですので、解約やMNP予約番号の取得を予定している場合、予めこれらの情報をハッキリ思い出しておきましょう。

料金は日割計算?それとも満額請求?

料金は日割計算?それとも満額請求?
解約タイミング次第で、お得度が変わってくるのも気をつけたいところ

解約に際して後述する「契約解除料」などの手数料が発生する場合もありますが、それと同じく気にしたいのが「解約月の料金」について。

契約しているプラン、利用状況、オプションサービス、それぞれに日割計算ができるもの、できないものが存在します。

月の途中で解約する場合、利用料金は日割りになりますか?|UQ mobile | 格安スマホ・格安SIMのUQmobile

例えば、予め無料通信分とデータ通信量を買い切って追加する「たっぷりオプション」は日割計算が行えず、月途中の解約・他社への乗り換え(MNP)を行った場合でも満額請求となります。

日割り計算のできない料金プランやオプションサービスに加入している場合、月末まで使い切ってから解約を行ったり、予め翌月に他社への乗り換え(MNP)を行うことが決まっていれば、前月の間にオプションの解除を行うなどしておくといいでしょう。

メールアドレスは失効・消失する

UQモバイルでは、従来の携帯電話会社の「キャリアメール」に相当するメールアドレスを利用できるオプションサービスが用意されています。

「○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスを利用していた場合、解約に伴い失効・消失してしまいますので、大切なメールの受信先に設定している場合などは予め登録メールアドレスを変更するなど準備が必要となる場合があります。

メールサービス|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

解約後のSIMロック解除

解約後であっても100日以内であれば、SIMロックの解除は可能です。ただしSIMロック解除の申し出た時点で、解除に関わる条件を満たしていること、また当該端末を購入した契約者本人の申し出に限ります。

解約前に使っていたSIMカードでの再契約

一度解約したSIMカードで再契約することはできません。解約は慎重に行いましょう。

WEB申込で今なら
キャッシュバック最大13,000円

→ UQモバイル販売サイトはこちら

UQモバイルの解約時にかかる違約金・手数料について

いざ解約!となった際、どうしても心配になるのが「契約解除料」(違約金)です。

「格安SIMは解除料がかからない」と広告で見た、人伝に聞いたという人もいるかもしれませんが、果たしてそれは本当でしょうか?

UQモバイルの音声通話可能なプランは契約解除料が発生

UQモバイルが提供するプランのうち、音声通話可能なプランは全て契約加除料が発生します。

プラン名 契約解除料 最低利用期間・年間契約
高速データ・音声プラン 9,500円 利用開始日から12ヶ月
無制限データ・音声プラン
ぴったりプラン 2年契約(自動更新)
※初回2年契約は契約月を含む25ヶ月間
※以降、2年毎の更新月以外で解除料発生
たっぷりプラン

UQモバイルが提供する音声通話が可能なプランは全部で4つ。
プランによって最低契約期間、または2年契約の設定が異なるため注意が必要です。

2016年10月に発表、2017年2月22日から提供開始予定の「おしゃべりプラン」は現在提供中の「ぴったり・たっぷり」の置き換えとなるため、解除料や2年契約の扱いはぴったり・たっぷりと同じとなります。

他社へ乗り換え(MNP)する場合

他社へ乗り換え(MNP)する場合
契約解除料に加え、MNP転出手数料が発生

他社への乗り換え(MNP)はUQモバイルを解約し、電話番号を他社へ移す解約手続きのバリエーションのひとつです。よって、通常の解約同様に所定の契約解除料が発生します。

また、電話番号を移すための手数料としてさらに契約後6ヶ月以内6,000円、契約後7ヵ月以降3,000円のMNP転出手数料が発生します。

UQモバイルの契約と同時にスマートフォンを購入している場合

気になるのは同時購入した端末の残債
端末購入アシスト解除料に注意

UQモバイルの契約時、一緒にスマートフォンを購入していると「端末購入アシスト」が適用されている可能性があります。

端末購入アシストは多くの携帯電話会社が提供する「分割払い」に近い購入方法となっており、購入時の負担を減らし、毎月の月額利用料に本体代を上乗せして支払う仕組みになっています。

そのため、端末購入アシストを適用している場合、途中での解約は「端末購入アシスト解除料」が発生します。

例えば、毎月1,200円の端末購入アシストを適用していて適用期間が12ヶ月残っている場合は

1,200×12 = 14,400円

の端末購入アシスト解除料が、通常の契約解除料以外に発生します。

端末購入アシストの月額が高く、残りの適用期間も長いと解除料が高額になる可能性があるので注意が必要です。

端末購入アシスト、マンスリー割|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

UQモバイルのSIMの返却

MVNOによっては解約をした際に、使用していた「SIMカード」の返却を求められる場合があり、返却をしないと違約金が発生する可能性があると契約書に書かれている場合もあります。

UQモバイルでは「SIMカード」の返却の必要はありません。使用者自信で使用済みのSIMカードを破棄するようにとの案内が出ているので、返却のし忘れ等で違約金が発生することもなくユーザーに優しいMVNOですね。

WEB申込で今なら
キャッシュバック最大13,000円

→ UQモバイル販売サイトはこちら

まとめ:解約は電話でOKなのは簡単。解除料は高額になるケースもあるので要注意

大手携帯電話会社の場合、解約はショップに行かなければなりません。数分で終わる解約の手続きのために数時間待つケースもあるため、UQモバイルの電話だけで解約が完了するのはかなり魅力的ではないでしょうか。

電話窓口の営業時間が短めなのは要注意ですが、仕事後や休日にショップで長時間待つよりはシンプルかつ無駄がありません。

なお、現在繁華街に新規出店している実店舗「UQ スポット」では2016年12月現在、解約の手続きを行うことができません。今後店舗が増えてくると店頭で解約できるようにもなる可能性はありますが、現状電話のみということは覚えておくといいでしょう。

契約の解除料は通常の携帯電話会社同様、約1万円と高めに設定されていたり、プランによっては最低利用期間ではなく2年毎の自動更新にもなっているなど、解約タイミングを事前に調べておかないと高額な解除料が発生する可能性もあるため注意が必要です。

端末購入アシストについても、購入時に100円~といった安価な自己負担で済む非常に便利なサービスとなっていますが、万が一2年以内に解約を行う場合はより高額な解除料が発生しますので要注意です。

スマホの利用シーンに応じて使い分けてみよう

節約モードにすると遅くて使い物にならないと思われがちですが、テキストメッセージの送受信や軽いウェブサイト閲覧など用途を割り切れば使い道はありそうです。

通信速度が遅くて我慢できない場合は、無理せず高速モードを活用するか全国のコンビニなどにあるフリーWi-Fiスポットを活用してみましょう。

速度制限でお悩みの方は、速度制限がされるその前に節約モードを試してみてはいかがでしょうか。

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon