シニアが使いやすいスマホまとめ!初めてのスマホにおすすめの機種は?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: スマホ

シニア スマホ

ドコモのお得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
オンラインで手数料をお得にスマホを購入!

  • 他社からのりかえで最大22,000円割引
  • オンラインショップ限定で
    機種変更が最大7,700円割引
  • スマホおかえしプログラムで機種代金値引き
  • 下取りプログラムで最大77,200円割引

最近、電車内でスマホを使うシニア世代が増えたように思います。連絡を取り合う手段としてLINEの存在が大きいのかもしれません。

筆者の周りでは、高齢の親にスマホをプレゼントするという話を聞いたことがあります。また、プレゼントしたいけど「操作方法をつきっきりで教えるワケにも行かないし…」と悩んでいる人も見かけました。

確かにスマホは便利ですが、ガラケーを使い慣れている高齢者からすると抵抗があるかもしれません。しかし、シニアが使いやすいスマホは各社から発売されていて、中には完全にシニアに向けたスマホもあるんです。

この記事では、キャリア別でおすすめのシニアスマホと、お得に利用するためのポイントを解説します。

シニアにスマホはおすすめできる?

スマホも随分と使いやすく進化しました
スマホも随分と使いやすく進化しました

ドコモ、au、ソフトバンクの各社とソフトバンクの子会社であるワイモバイルでもシニアをイメージしたスマホを展開中です。その「使いやすさ」は年々進化しています。

慣れしたんだ従来のガラケー(フィーチャーフォン)よりも、最近のシ二アを想定したスマホはおすすめできると言えるのではないでしょうか。

なぜおすすめできるのか、理由を詳しく解説していきます。

★勧めたい理由その1:画面が見やすい

ガラケーよりもスマホのほうが画面サイズが大きく、結果としてスマホのほうが画面が見やすいです。

更に、シニア向けスマホの場合は最初から大きめな文字に設定されていることが多く、調べ事なら文字の拡大・縮小もページによっては可能です。

★勧めたい理由その2:LINEが使える

LINEなら既読機能のおかげで、相手がメッセージを確認したか分かります。メッセージの画面からそのまま通話も出来るので、気軽に使うことができます。

スマホの大きな画面で相手とビデオ通話も可能なので、筆者も母にスマホをプレゼントしたら、たびたび「孫の顔が見たい」と、離れたところに住んでいる兄夫婦とビデオ通話をしている姿をよく見かけるようになりました。

LINEを利用して写真や動画、更にはスマホに保存しているデータを送り合えますし、アルバム機能もあります。LINEに限らず、スマホなら家族用のアルバムアプリもあるので、汎用性がアプリにより一気に広がりますね。

★勧めたい理由その3:音声検索が賢くなった

一昔前は誤変換や認識しないことも多かった音声検索ですが、最近の音声検索は相当進化して快適に実用出来るレベルになっています。

文字入力に関しても音声で入力出来たりするので、スマホ上で文字入力をするのが苦手な人でも、音声検索や音声入力でにスマホを利用できます。

シニアがスマホを選ぶ際のチェックポイントは?

実際に確認するのが一番大事
実際に確認するのが一番大事

シニアがスマホを選ぶにあたっては、使う本人が一度は携帯ショップで体験することが理想でしょう。WEBサイトでも、ある程度の外観や性能はわかりますが、持ってみた感じや、ホーム画面が直感的に使えるかなど個人差があるためです。

実際に使ってみて「やっぱりガラケーのほうがいい」といったことを避けるためにも、近所の携帯ショップや家電量販店で体験することをオススメします。

また、使い方が分からないときは、家族に聞ければいいのですが、離れて暮らしていると中々聞く時間も取れません。そんなときには携帯ショップで聞くという手がありますので、住んでいるところから近い携帯ショップを選んで、サポート体制を整えるのもいいかもしれません。

シニアにおすすめのスマホ:ドコモ編

続いて紹介するのはドコモです。基本的に「らくらくスマートフォン」という商品名がついているので分かり易いですね。

ドコモではドコモショップでスマホ教室を定期的に開催しているので、より活用したいという場合に利用してみるのもいいでしょう。

らくらくスマートフォン(F-42A)

「らくらくスマートフォン(F-42A)」
「らくらくスマートフォン(F-42A)」

らくらくスマートフォン(F-42A)」は2020年9月23日に発売された現行のらくらくスマートフォンの最新機種で、専門アドバイザーに操作方法を聞ける「らくらくホンセンター」を搭載しています。ボタンを押すだけですぐに発信でき、通話料は無料。近所の携帯ショップまで行かなくても手軽に使い方を聞けます。

安全性に関しても、詐欺電話がかかってきた際に安心な「迷惑電話対策機能」を搭載。また、迷惑メールを読む前に注意喚起をしてくれる「らくらく迷惑メール判定」の機能があるので安心。メール本文のURLから個人情報を入力してしまうといった事態を防げそうです。

通話は、周囲の環境にあわせて聞きやすさと話しやすさを自動調整する独自技術が搭載されているので、雑音の少ない通話が可能です。更に、高音質な通話ができる「VoLTE(HD+)」に対応しているので、より高品質な通話が可能。

赤外線と防犯ブザースイッチが無いモデルとなるので、ガラケーから電話帳や写真といったデータを移行する際はmicroSDの利用がおすすめです。

●「らくらくスマートフォン(F-42A)」 主要スペック
OS(発売時) AndroidTM 10
サイズ W70×H143×D9.3mm
重さ 約143g
ディスプレイ 約4.7インチ HD
RAM 3GB
ストレージ 32GB
アウトカメラ 約1,310万画素
インカメラ 約500万画素
バッテリー 2,110mAh
カラーバリエーション ホワイト/ピンク/ネイビー

◆らくらくスマートフォン(F-42A)のココがおすすめ

・専門アドバイザーに操作方法を聞ける「らくらくホンセンター」
・詐欺電話がかかってきた際に安心な「迷惑電話対策機能」
・迷惑メールを読む前に注意喚起がある「らくらく迷惑メール判定」
・高音質な通話で声が聞き取り安い「VoLTE(HD+)」

ドコモでおすすめの料金プラン

ドコモでスマホを利用する際のおすすめプランをご紹介します。

ドコモには従量制の「ギガライト/5G ギガライト」と大容量の60GB/月(ギガホ プレミアム)・無制限(5Gギガホ プレミアム)利用できる「ギガホ プレミアム/5Gギガホ プレミアム」を提供しています。

シニアの方は、家族との連絡手段用としてスマホを利用する方が多いことと思いますので、従量制プランの「ギガライト/5G ギガライト」がおすすめです。

●ドコモのおすすめプラン
  ギガライト/5G ギガライト
月額料金 3,465円(2年定期契約)
月間データ容量 ~1GB

※税込み

ドコモは~1GBまでのギガライト/5G ギガライトがおすすめ。1GB、3GB、5GB、7GBの4段階で使った分だけの料金が請求されます。電話をたくさんする人の場合は、5分かけ放題の「5分通話無料オプション770円」か、24時間かけ放題の「かけ放題オプション1,870円」をつけると安心です。

また、ケータイからの機種変更や乗り換えで「はじめてスマホプラン」が利用できます。1GBが定期契約なしで1,815円で利用できます

さらに、対象機種のご購入で、機種代金の割引が適用される「はじめてスマホ購入サポート」というキャンペーンも併用して適用することが可能です。

その他、ドコモだと家族で契約している回線の数に応じて550~1,100円の割引がはいります。家族で複数ドコモ回線がいる方はもっと安くスマホを運用できます。

オンラインショップ限定
キャンペーン実施中

シニアにおすすめのスマホ:au編

ここではauから発売されているシニアにおすすめのスマホについて紹介します。

LINE対応のシニア向けとして「かんたんケータイ」といった製品も展開されていますが、スマホでシニア向けに展開しているのは「BASIO」シリーズのみとなります。

BASIO4

「BASIO4」
「BASIO4」

BASIO4」は「使いこなし動画」から、スマホの基本的な操作やカメラの使い方などを学べる動画を視聴出来ます。

また、タッチやスワイプといった操作を練習できる「使い方操作」もあるので、スマホの基本的な使い方は「使いこなし動画」と「使い方操作」でほぼ完結出来ます。なるべく家族やショップに頼らずに使いこなしたいといった年配の方にピッタリではないでしょうか?

外出先で体調が悪くなったり、咄嗟に他の人へ自分の情報を教えるときに便利な「緊急あんしん情報」が電話帳に搭載されています。「緊急あんしん情報」は自分の名前や住所、血液型やアレルギーや服用している薬といった内容を登録出来るので、万が一のときだけでなく病院に行く時でも便利に使えそうです。

カメラに関しても便利に使えるようになっていて、背面のカメラカバーを開けるだけでカメラアプリの起動が可能。カメラボタンも搭載されているので、スマホの画面上で写真を撮ることに慣れていなくてもデジカメ感覚で撮影することができます。

「BASIO4」の本体と一緒に同梱されている「かざして診断カード」にBASIO4をかざすと、スマホトラブルの原因を診断してくれる「スマホの健康診断」アプリが起動します。
着信音が鳴らなかったり、音楽や動画の音が鳴らないなど「いつも通りにつかえない!」といった時に利用すると解決出来るかもしれません。

●「BASIO4」 主要スペック
OS(発売時) Android™ 10
サイズ W71×H159×D8.9mm
重さ 約151g
ディスプレイ 5.6インチ HD 1,480×720(HD+)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
バッテリー 3,300mAh
カラーバリエーション シャンパンゴールド/ロイヤルブルー/ワインレッド

◆BASIO4のココがおすすめ

・スマホの基本的な使い方を確認できる「使いこなし動画」と「使い方操作」
・自分の情報を教えるときに便利な「緊急あんしん情報」
・カメラアプリの起動は背面のカメラカバーを開けるだけ
・「スマホの健康診断」アプリがスマホトラブルの原因を診断

auでおすすめの料金プラン

auでスマホを利用する際のおすすめプランをご紹介します。

●auのおすすめプラン
ピタットプラン 4G / 5G
月額料金 3,278円
月間データ容量 ~1GB

※税込み

「ピタットプラン 4G / 5G」は、こちらもデータ容量に応じて料金が自動的に変動していくプラン。1GB未満、4GB未満、7GB未満の3段階とドコモより1段階少ないです。

通話定額オプションはドコモと同じで、5分かけ放題の「通話定額ライト770円」と、24時間かけ放題の「通話定額1,870円」です。

auケータイ(4G LTE)からの機種変更または、他社3Gケータイからののりかえで「スマホスタートプラン」が利用できます。1年目1,078円~、2年目2,178円~とさらに安くはじめられます。

iPhone 12も!
他社からのりかえで22,000円割引

シニアにおすすめのスマホ:ソフトバンク編

ここからはシニアにおすすめのスマホについてご紹介します。

ソフトバンクから発売されているシニアにおすすめのスマホはSHARPから出ているシンプルシリーズが対象となります。

シンプルスマホ4

「シンプルスマホ4」
「シンプルスマホ4」

シンプルスマホ4」のホーム画面はシニア向けにカスタマイズされていて、大きなアイコンや文字で見やすくなっています。また、AQUOSおなじみの「IGZO液晶ディスプレイ」を搭載した5インチの画面なので、バッテリーの持ちが良く長時間使えます。

画面上の一部を拡大表示出来る「かんたんズーム」も便利。虫眼鏡のアイコンをタップするだけでカンタンに一部拡大して表示することが出来るので、調べ事をしている最中や細かい文字を見るときに読みやすくなります。

電話やメールに関しても使いやすいよう配慮されており、ホームボタンの両脇には電話とメールを直接開けるボタンが設置されています。不在着信や新着メールが来た際に、それぞれのボタンが光って教えてくれるので、視覚的にもわかりやすいです。

本体側面には、カメラアプリ専用のシャッターボタンも搭載されてます。半押しでフォーカス合わせ、押し込みでシャッターと機能するので、デジカメ感覚で使えます。

水に濡れても安心なキャップレス防水なので、家事で食器を洗った直後や料理中などでも安心して利用できます。IPX5/8の防水性能となるので、よほどのことが無い限りは水没するといった危険性はありません。

●「シンプルスマホ4」 主要スペック
OS(発売時) Android™ 8.0
サイズ W71×H143×D9.4mm
重さ 約148g
ディスプレイ 約5.0インチ IGZO HD 1,280×720(フルHD)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
アウトカメラ 約1,310万画素
インカメラ 約500万画素
バッテリー 2,800mAh
カラーバリエーション ネイビー/シャンパンシルバー/ピンク

◆シンプルスマホ4のココがおすすめ

・シニア向けにカスタマイズされたホーム画面
・画面上の一部を拡大表示出来る「かんたんズーム」
・ホームボタンの両脇には電話とメールのショートカットを搭載
・不在着信や新着メールはボタンが光って教えてくれる
・側面にカメラアプリ専用のシャッターボタンを搭載
・キャップレス防水

ソフトバンクでおすすめの料金プラン

ソフトバンクでスマホを利用する際のおすすめプランをご紹介します。

●ソフトバンクのおすすめプラン
  ミニフィットプラン+ スマホデビュープラン
月額料金 3,278円 1年目:990円
2年目:2,178円
月間データ容量 ~1GB 1GB

※税込み

ソフトバンクでオススメしたい料金プランが、ミニフィットプラン+(~1GB)とスマホデビュープラン。

「ミニフィットプラン+」の場合、通信量が必要な月は~2GBで4,378円、~3GBで5,478円と従量課金制になるので、使った分だけ月額料金の請求になります。

「スマホデビュープラン」は名前の通り、ケータイからスマホへ機種変更、乗り換えした人限定のお得なプランです。スマホデビュープランには5分以内の国内通話がプラン料金に含まれています。

ミニフィットプラン+で電話を良くする人なら、5分かけ放題の「準定額オプション+880円」もしくは、24時間かけ放題の「定額オプション+1,980円」をつけると通話料を抑えられます。

iPhone 12も!
他社からのりかえで21,600円割引

シニアにおすすめのスマホ:ワイモバイル編

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア以外に、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルからも、「かんたんスマホ2」がシニア向けとなるスマホが発売されています。

かんたんスマホ2

かんたんスマホ2
かんたんスマホ2

かんたんスマホ2には、他社シニア向けスマホ同様に、スマホの操作方法やサポートセンターへの連絡が簡単に「押すだけサポート」を搭載しています。

ボタンを押して話しかけるだけでワンタッチで音声検索できる音声検索ボタンも端末右側面部に搭載。

LINEアプリも標準でインストールがされているので、購入後は設定するだけで簡単にLINEを利用できます。

ディスプレイの下にはどの画面にいても押すだけで「電話」「ホーム」「メール」画面に瞬時に切り替えられる、便利な3つの物理ボタンを搭載しているので、ガラケー感覚で利用できるのもシニアの方には嬉しいですね。

●「かんたんスマホ2」 主要スペック
OS(発売時) Android™ 8.1
サイズ W71×H159×D9\8.9mm
重さ 約151g
ディスプレイ 約5.6インチ 解像度1,480×720(HD+)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
バッテリー 3,300mAh
カラーバリエーション シルバー/レッド/ネイビー

◆かんたんスマホ2のココがおすすめ

・「かんたんビギナーホーム」で初めてスマホを使う人でも安心
・操作方法などで困ったときに使える押すだけサポート
・防水・防塵・ワンセグ対応
・ガラケーのように使える3つの物理ボタン付き
・ワンタップ音声検索が簡単操作が可能

ワイモバイルでおすすめの料金プラン

ワイモバイルでスマホを利用する際のおすすめプランをご紹介します。

●ワイモバイルのおすすめプラン
シンプルS
月額料金 2,178円
月間データ容量 3GB

※税込み

格安SIMを販売しているワイモバイルですが他のMVNO(格安SIM販売業者)と違い、ソフトバンクのサブブランド的な立ち位置になります。

キャリアとMVNOの中間のようなイメージで、3大キャリアより月額料金を安く抑えることができます。とてもシンプルな料金設定になっているので、単純に毎月必要な通信量から選べばオーケー。

キャリアより月に使えるデータ容量が多いのがポイントです。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

シニアにおすすめの格安スマホ「トーンモバイル」

シニアにおすすめの格安スマホ「トーンモバイル」

トーンモバイルは、シニア層の方にもおすすめできるメリットがあるドコモ回線の格安スマホです。

トーンモバイルのメリット

・遠くにいても安心してサポート、「遠隔サポート」ができる
・シンプルなホーム画面で操作しやすい
・どこにいるかおおまかに確認ができる「ゆるやか見守り」がある
・歩数や運動記録を手軽に管理できる「ライフログ」

上記のように、設定や操作が不安だったりしても、あると嬉しい便利なサービス・機能が用意されています。

料金プランは、月額1,100円(税込)iPhone専用SIMは月額1,650円(税込)となっており、有料の通話オプションと高速データ通信をチケット制で加算していくプラン体系となっています。
データ通信自体はオプション購入しなくても、低速の使い放題となっているのでそこまでネット検索しないシニア層の方にも向いています。

通話は、「TONE電話」といった050からはじまるIP電話での利用になります。
通話料は、「トーンモバイル同士:0円」「国内電話宛:23.1円/分」「国内一般加入電話宛:14.3円/分」となっています。月額1,045円(税込)の090音声オプションに加入することで、一律で「18.7円/30秒」となります。便利な電話オプションは、下記のとおりです。

・TONE電話かけ放題オプション:550円
・TONE留守番電話オプション:198円
・090電話かけ放題オプション:1,045円

IP電話のTONE電話であれば10分かけ放題になるオプションもあるので、家族で通話したい人にも安心ですね。

扱いやすい工夫がされているトーンスマホ

トーンモバイルは端末とセットで購入して格安スマホライフを始めることができます。機種は「TONE e20」、価格は21,780円(税込)。

キャリアのハイスペックスマホよりかは劣りますが、基本的な性能は備えており、必要最低限のシンプルなホーム画面に設定することもでき、初めてスマホを使うシニア層の方にも扱いやすい工夫がされています。

まとめ:シニアスマホのベストな購入方法は?

実際に携帯ショップなどで体験してからの機種選びを!
実際に携帯ショップなどで体験してからの機種選びを!

各社から出ているシニアにおすすめのスマホををご紹介しました。

シニアスマホなら操作が見るだけで、分かり易くなっているだけではなく、皆さんが使いこなせるように様々な工夫がされているものもあります。中には、パッと見ただけではシニア向けとわからない機種もあるので、まずは携帯ショップや家電量販店で一度見て触ってから購入すれば間違いないでしょう

シニアの方が自分で見に行くのもいいと思いますし、家族と散歩ついでに近くのお店まで足を伸ばすのもアリだと思います。

新しく始めることに遅過ぎることは無いと思うので、シニアの方も是非素敵なスマホライフを!



この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン