iCloudを使ってLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法を解説! iPhoneを買い替える方必見

書いた人: こんち

カテゴリ: iPhone, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iCloudを使ってLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法を解説! iPhoneを買い替える方必見

iPhoneの機種変更をする際ににネックになるのがLINEのトーク履歴の引き継ぎです。方法を知らないとなかなかどうしていいものかわかりません。そこで今回は新しいiPhoneへ乗り換える方に向けてLINEのトーク履歴の引き継ぎ方法をご紹介します。

※この記事ではiPhone 6s Plus/iPhone 6s(それぞれiOS 9.3.5)/LINEのバージョン6.4.0を使用して解説しています。iCloudを利用するのでパソコンやiTunesは不要です。
※LINEのバージョン6.4.0以上が必須条件です。

最新のiPhone、LINEのバージョンでもおおよそ同じ手順を踏んで引き継ぐことができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

事前準備:iCloud Driveをオンにする

LINEのトーク履歴をバックアップするには、まずはiCloud Driveをオンにします。

iCloud DriveはAppleが提供するクラウドストレージサービス。無料で5GBのストレージを利用することが出来ます。ここにデータを保存しておくと他のiOS端末やMac/PCからデータを利用することが出来るのでとても便利です。

まずホーム画面から「設定」>を「iCloud」を選択します。

「設定」>「iCloud」をタップ「設定」>「iCloud」をタップ
「設定」>「iCloud」をタップ

ここで普段使用しているApple IDでサインインを行います。

AppleIDでサインイン
AppleIDでサインイン

サインインが完了したら「iCloud Drive」をオンにして完了です。

iCloud DriveをオンにしますiCloud Driveをオンにします
iCloud Driveをオンにします

iCloudでデータのバックアップをする際はWi-Fiに接続した状態で行うことをおすすめします。iCloud Driveの設定画面で「モバイルデータ通信を使用」をオフにしておきましょう。

データ通信はオフを推奨します
データ通信はオフを推奨します

iCloudでLINEのトーク履歴をバックアップする

それではiCloud DriveにLINEのトーク履歴をバックアップしてみましょう。ホーム画面から「LINE」を起動します。

LINEを起動します
LINEを起動します

1番右下のメニューを選択し右上の歯車アイコンを選択します。

LINEを起動し「設定」にはいりますLINEを起動し「設定」にはいります
LINEを起動し「設定」にはいります

「トーク・通話」>「トークのバックアップ」を選択します。

「トーク・通話」>「トークのバックアップ」をタップ「トーク・通話」>「トークのバックアップ」をタップ
「トーク・通話」>「トークのバックアップ」をタップ

ここで「今すぐバックアップ」をタップして下さい。するとバックアップが開始します。

「今すぐバックアップ」をタップすると開始します「今すぐバックアップ」をタップすると開始します
「今すぐバックアップ」をタップすると開始します

バックアップが完了すると上の「前回のバックアップ」が今の日時に変わります。これでバックアップは完了です。

バックアップが完了しました
バックアップが完了しました

新しいiPhoneでトーク履歴を復元するにはメールアドレスとパスワードの登録が必須です。LINEの「設定」>「アカウント」から、移行前のiPhoneで必ず登録をしておきましょう。

メールアドレス・パスワードは登録必須!
メールアドレス・パスワードは登録必須!

トーク履歴を復元する

それでは実際に復元してみましょう。新しいiPhoneでLINEを起動し、最初の画面で「ログイン」を選択します。「新規登録」ではないのでご注意ください。

「新規登録」ではなく「ログイン」をタップ!
「新規登録」ではなく「ログイン」をタップ!

メールアドレスとパスワードを入力して「OK」を選択します。

登録したメールアドレス・パスワードを入力!
登録したメールアドレス・パスワードを入力!

「トーク履歴が削除されますがよろしいですか?」と聞かれますが、トーク履歴はしっかりiCloud Driveに保存されているので安心して「OK」を選択して下さい。

気にせず「OK」をタップ!
気にせず「OK」をタップ!

電話番号を入力するとiMessage宛に認証番号が届くので入力します。

電話番号を入力届いた認証番号を入力
電話番号を入力!そして届いた認証番号を入力!

ここでトーク履歴の復元が表示されますので「トーク履歴をバックアップから復元」を選択します。

復元することでトーク履歴が復活します
復元することでトーク履歴が復活します!

年齢確認をする場合は「年齢確認をする」を選択して確認が終われば完了です。

年齢認証は後からでも設定可能なので、どちらでもOK
年齢認証は後からでも設定可能なので、どちらでもOK!

これで完了です。無事トーク履歴が戻ってきました!

トーク履歴が元通りに引き継ぎ出来ました
トーク履歴が元通りに引き継ぎ出来ました!

年齢確認のところで、格安SIMを利用している方は注意が必要です。
実は「LINEモバイル」を除くすべての格安SIMで年齢認証を行うことができません。ただし後からでも設定出来るので、ややこしかったら「年齢確認をしない」を選んでも良いです。

詳しくはこちら:

格安SIMでLINEを使うために!知っておきたい7つの注意点や対処法

まとめ:もしものときに備えてはやめにバックアップ!

以上でiCloudを使ったLINEのトーク履歴の引き継ぎが完了しました。面倒な設定はほとんどありません。不慮の事故でiPhoneが壊れて動かなくなった!なんてときもバックアップをとっておけば復元出来るので、早めに設定しておくことをおすすめします。

関連記事:

スマホが壊れたらLINEはどうなる!? もしもの時のために準備しておきたいこと

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

関西在住のテクノロジーとデザインに興味があるブロガー。今までに使用してきたPC、ケータイ・スマホは1000台以上。現在はスマホと連動するテクノロジーにものすごく興味があります。モバレコでは1歩先ゆく未来をご紹介したいと思っています。ブログ「こんちのバウハウス」を運営中。Twitter:@ko_nchi