ワイモバイル下取りプログラムの対象機種や条件は?対象外になるパターンも解説

書いた人: 小暮ひさのり

カテゴリ: ワイモバイル

ワイモバイル下取りプログラム

ワイモバイルでは、乗り換え・新規契約・機種変更時に、過去の端末の下取りを行っています。

下取りの申し込み方法は、「店舗」と「Web」の2種類あり、下取り額はPayPayのポイントとして付与されます。

今回は、ワイモバイルの下取りプログラムとはどのようなものか、対象機種・申し込み方法・注意点にいたるまで、詳しく解説します。

目次:

ワイモバイルの下取りプログラムとは

ワイモバイルの下取りプログラム
ワイモバイルの下取りプログラム
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルの「下取りプログラム」とは、新規契約・乗り換え・機種変更をした際に、過去に使用していた端末を買い取り、PayPayボーナスで付与するキャンペーンです。

新規契約や乗り換えのみならず、機種変更時も利用できるので、ぜひ利用を検討してみてください。

適用条件

ワイモバイルの下取りプログラムを利用する際は、契約日の翌月末までに、下取りを申し込まなければなりません。

また、期限内に申し込んでも、タイミングによっては下取り価格が下がる可能性があります。下取りを申し込むタイミングと買い取り価格の詳細については、以下をご覧ください。

店頭で下取りを申し込む場合

・対象契約から30日以内ならば、契約時の買い取り価格を適用
・対象契約から30日を過ぎた際は、下取り申し込み時の買い取り価格を適用

郵送で下取りを申し込む場合

・専用キットを受け取ってから14日以内に対象端末がワイモバイルに到着すれば、店頭下取りと同条件の価格を適用
・専用キットを受け取ってから15日以上たってから対象端末が到着した場合は、到着時点の買い取り価格を適用

買い取り価格は、時間がたつほど安くなる傾向にあります。よって、契約時の買い取り価格が適用されなければ、想定よりも少ない特典金額を受け取ることになりかねません。

下取りを希望される方は、早めの申し込み・返送を心がけましょう。

下取り額はPayPayポイントでの受け取り

下取りの特典金額は、PayPayボーナスというポイントで付与され、Yahoo!ショッピングや街中の買い物などで利用できます。

ポイントの受け取りには、PayPayアプリの設定が完了していなければなりません。

PayPayボーナスは、指定した任意のアカウントに付与されます。特典付与日から60日以内に、PayPayアカウントの登録・ワイモバイルやYahoo!アカウントとの外部連携を行いましょう。

既にPayPayを利用されている方は、外部連携が済んでいるかどうかをご確認ください。外部部連携は、PayPayアプリのアカウント内、「外部サービス連携」より確認できます。

PayPayアカウント連携手順
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

1.ホーム画面右下にある「アカウント」をタップ
2.「外部サービス連携」をタップ
3.PayPayアプリ連携がなされているか確認

外部連携が以下の状態になっていれば、連携済みです。

・Yahoo! JAPAN IDが「連携済み」であり、「Yahoo!プレミアム会員」「Y!mobile初期登録済み」と表示されていること
・ソフトバンク・ワイモバイルが「連携済み」であること

連携済みでない場合はこちらで設定方法をご確認ください。

ワイモバイル下取りプログラムの注意点

ワイモバイル下取りプログラムの注意点
ワイモバイル下取りプログラムの注意点

続いては、ワイモバイルの下取りプログラムを利用する際の、注意点を解説します。

契約の内容によって対象機種が変わる

ワイモバイルの下取りプログラムでは、行った契約の内容によって、下取りの対象機種が変わります。

詳しくは後述しますので、そちらをご参照ください。

電源が入らない、初期化ができない場合は対象外

端末の状態によっては、下取りプログラムの対象外となる場合もあります。該当するケースは以下のとおりです。

・電源が入らない(スリープボタンが正常に動作しない)
・初期化されていない
・各種ロックが解除されていない
・製造番号が確認できない
・メーカーが保証できない状態になっている(改造など)

対象外端末は、ワイモバイルに提出しても、返送されてしまいます。下取り申し込み前には、ロックの解除や初期化など、再度確認しておきましょう。

対象プランで契約が必要

ワイモバイルの下取りプログラムの利用には、対象プランでの契約が必要であり、契約種別によって対象プランの内容が異なります。

詳細については、以下の表をご確認ください。

新規契約・番号移行・MNP スマホベーシックプラン
機種変更 スマホベーシックプラン・スマホプラン
契約変更 スマホベーシックプラン

基本的にはスマホベーシックプランのみが対象であり、機種変更の場合のみ、スマホプランが加わります。

なお、契約変更とは、PHSからの機種変更など、ワイモバイルが指定する特殊な買い替えをさします。

契約の内容によって対象機種が変わる

契約の内容によって対象機種が変わる
対象機種を確認しよう

先にご解説したとおり、ワイモバイルの下取りプログラムにおいては、契約内容によって対象機種が変わります。

それぞれの契約内容について、対象機種と下取り価格を解説します。

新規契約の対象機種

新規契約の対象機種は、ワイモバイルの指定機種すべてです。指定機種と下取り価格は以下のとおりです。

【新規契約の場合:iPhone】

機種 正常品 破損あり※
iPhone X 19,200円相当 5,760円相当
iPhone 8 Plus 16,800円相当 5,040円相当
iPhone 8 13,200円相当 3,960円相当
iPhone 7 Plus 13,200円相当 3,960円相当
iPhone 7 6,000円相当 1,800円相当
iPhone 6s Plus 4,800円相当 1,440円相当
iPhone 6s 3,600円相当 1,080円相当
iPhone 6 Plus 3,000円相当 900円相当
iPhone 6 2,500円相当 750円相当
iPhone SE 3,000円相当 900円相当
iPhone 5s 2,000円相当 600円相当

【新規契約の場合:Android】

機種 正常品 破損あり※
Galaxy S8+ 7,200円相当 2,160円相当
Galaxy S8 7,200円相当 2,160円相当
Galaxy S7 edge 3,000円相当 900円相当

乗り換え時の対象機種

ソフトバンクからの番号移行を含む乗り換え時の対象機種は、新規契約時の対象機種と同じです。

買い取り価格・指定機種も同じなので、新規契約時の欄をご参照ください。

機種変更時の対応機種

機種変更時の対応機種は、直前まで使用していた指定機種です。指定機種であっても、直前まで使用していたものでなければ対象にはなりません。

指定機種と下取り価格は以下のとおりです。

【機種変更の場合:iPhone】

機種 正常品 破損あり※
iPhone 7 6,000円相当 1,800円相当
iPhone 6s 3,600円相当 1,080円相当
iPhone SE 3,000円相当 900円相当
iPhone 5s 2,000円相当 600円相当

【機種変更の場合:Android】

機種 正常品 破損あり※
Nexus 6P 3,300円相当 990円相当
Nexus 6 3,300円相当 990円相当
Nexus 5X 3,300円相当 990円相当
Nexus 5 3,300円相当 990円相当
AQUOS Xx-Y 3,300円相当 990円相当
AQUOS CRYSTAL Y2 3,300円相当 990円相当
AQUOS CRYSTAL Y 3,300円相当 990円相当
DIGNO E 3,300円相当 990円相当
DIGNO C 3,300円相当 990円相当
DIGNO T 3,300円相当 990円相当
Android One 507SH 3,300円相当 990円相当
Android One S1 3,300円相当 990円相当
Android One S2 3,300円相当 990円相当
Android One S3 3,300円相当 990円相当
Android One S4 3,300円相当 990円相当
Android One X1 3,300円相当 990円相当
Android One X2 3,300円相当 990円相当
Android One X3 3,300円相当 990円相当
Nova lite 3,300円相当 990円相当
LUMIERE 3,300円相当 990円相当
Spray 3,300円相当 990円相当
ARROWS S 3,300円相当 990円相当

申し込み方法は2種類ある

申し込み方法は2種類
申し込み方法は2種類ある

ワイモバイルの下取りプログラムには申し込みが必要です。方法は、「店舗」「Web」の2種類です。それぞれのパターンについて、詳しく解説します。

Webの場合

契約をオンラインショップ経由で行った際は、下取りもWebから申し込めます。Webから下取りを申し込む手順は、以下のとおりです。

1.オンラインで契約手続きを行う際、下取りプログラムを選択する
2.送付キットを受け取る
3.添え状を記入する
4.バックアップ・データ転送後、対象端末のロック解除・初期化を行う
5.添え状を同梱して、対象端末を返送する
6.査定額についての通知を確認する

それぞれの手順について、詳しく解説します。

オンラインで契約手続きを行う際、下取りプログラムを選択する

機種を選択する画面の下部、「割引」の欄に下取りプログラムが表示されます。

チェックをいれ、希望する旨をワイモバイルに伝えましょう。

送付キットを受け取る

申し込み後1週間前後で、自宅に送付キットが届きます。

受け取りができるのは契約者本人のみであり、受け取りの際には、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど、顔写真付きの本人確認書類を提示せねばなりません。

また、申し込みから14日以内に送付キットを受け取らない場合、下取りの申し込みは自動的にキャンセルされます。

添え状を記入する

送付キットには、下取りに関わる「添え状」が含まれています。

添え状に、名前・住所・携帯番号・機種名・「IMEI(端末識別番号)」を記入し、対象端末と一緒に返送しましょう。

「IMEI(端末識別番号)」の確認方法については、以下をご確認ください。

【iPhoneのIMEI確認方法】

「設定」→ 「一般」→ 「情報」の順でタップし、IMEIの欄から確認できます。

iPhoneのIMEI確認方法
iPhoneのIMEI確認方法
画像引用元:ソフトバンク公式サイト

【AndroidのIMEI確認方法】

通常電話をかけるのと同じ手順で、「*#06#」と入力すると、15ケタの数字が表示されます。この数字が「IMEI(端末識別番号))です。

この方法に対応していない機種の場合は、「設定」から端末情報を確認するようにしてください。手順はメーカーにより若干異なります。

バックアップ・データ転送後、対象端末のロック解除・初期化を行う

バックアップやデータ転送を行った後、下取りに出す端末のロック解除・初期化を行います。

初期化の方法については、以下をご確認ください。

Andoroidの初期化手順

1.設定をタップ
2.バックアップとリセットをタップ
3.「データの初期化」→
「携帯電話をリセット」の順で進み、暗証番号をいれて初期化を完了させる

Andoroidの初期化手順①Andoroidの初期化手順②
「設定」→「バックアップとリセット」をタップ

iPhoneのアクティベーションロックの解除方法

iPhoneは初期化をしても、アクティベーションロックがかかっていると、下取りの対象になりません。

まずは初期化の前にアクティベーションロックを解除しておきましょう。

1.設定をタップ
2.設定の最上部、使用者の名前が表示されている部分をタップ
3.iCloudをタップ
4.「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneのアクティベーションロック解除手順①iPhoneのアクティベーションロック解除手順②
「設定」→ 「iCloud」→「iPhoneを探す」をタップ
iPhoneのアクティベーションロック解除手順③iPhoneのアクティベーションロック解除手順④
Apple IDとパスワードを入力し、「iPhoneを探す」をオフにする
画像引用元:ソフトバンク公式サイト

iPhoneの初期化手順

アクティベーションロックの解除が完了したら、初期化作業を実施していきましょう。

1.設定をタップ
2.一般をタップ

3.リセットをタップ
4.「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
5.「iPhoneを消去」を2回タップ
6.初期画面が表示されることを確認する

iPhone初期化手順①iPhone初期化手順②
「設定」→「一般」をタップ
iPhone初期化手順③iPhone初期化手順④
「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
iPhone初期化手順⑤iPhone初期化手順⑥
「iPhoneを消去」を2回タップし、初期画面が表示されることを確認する
画像引用元:ソフトバンク公式サイト

添え状を同梱して、対象端末を返送する

先に解説したとおり、返送が遅くなると、下取り価格が下がる場合があります。

送付キット受け取りから14日以内に端末がワイモバイルに着くよう、早めの対応を心がけましょう。

査定についての通知を確認する

査定が完了すると、ワイモバイルからSMSで通知が届きます。

PayPayボーナスは、査定完了後2週間程度で付与されます。

店舗の場合

店舗で下取りを申し込む場合は、「店頭買い取り」「後日郵送」のどちらかを選択できます。

店舗によっては、店頭買い取りを行っていないところもあるので、ご注意ください。

お近くの店舗検索、業務内容の確認はこちらから行えます。

店頭買い取り・後日郵送、それぞれの詳しい手順については、以下をご確認ください。

店頭買い取りの場合

1.バックアップ・データ転送後、対象端末のロック解除・初期化を行う
2.ショップにて店頭買い取りでの下取りを申し込む

後日郵送の場合

1.ショップにて後日郵送での下取りを申し込む
2.送付キットの受け取り
3.添え状を記入する
4.バックアップ・データ転送後、対象端末のロック解除・初期化を行う
5.添え状を同梱して、対象端末を返送する
6.査定額についての通知を確認する

店頭買い取り・後日郵送、どちらのパターンも、申し込みには本人確認書類が必要です。

契約者本人が来店できない場合は、委任状など別途書類が必要になるので、事前に店舗・カスタマーセンターに確認しておきましょう。

後日郵送の手順については、Webでの下取りとほぼ同様です。詳細については、先に解説したWebの場合をご確認ください。

まとめ

ワイモバイル 下取り まとめ

ワイモバイルの下取りプログラムは、以前使っていた機種を回収し、PayPayボーナスを付与するキャンペーンです。

新規契約・MNPのみならず、機種変更でも申し込めるので、ぜひ利用を検討してみてください。

新規契約・MNPの場合は、対象機種であれば過去のものでも申し込めますが、機種変更・契約変更の場合は、直前まで使用していた対象機種に限定されます。

また、初期化されていること、電源が入ることなど、端末の状態にも条件があるので、申し込み前に確認しておきましょう。

下取りの申し込みは店舗・Webで受け付けており、どちらの場合も、契約日の翌月末までが申込期限です。

期限内でも申し込みや返送のタイミングによっては、下取り価格が下がってしまう可能性があるので、できるだけ早めの対応をオススメします。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

小暮ひさのり

小暮ひさのり

フリーライター

プロフィール

編集プロダクションを経て独立。PC誌やWEB媒体を中心にデジタルアイテムのトレンドを追っているテクニカルライター。

特技はお掃除で、特に水回り系のお掃除が得意。ハウスクリーニングアドバイザーの資格も所有している。

得意カテゴリー

ガジェット・お掃除

ブログ・SNS

ヒサノライフ
http://hisanolife.blogspot.com
Twitter(@Hisano_kg)
https://twitter.com/Hisano_kg

メディア実績

【雑誌・書籍】

  • 「NHK趣味どきっ! いまからスマホ 一週間でマスター! スマホの基本」
  • 「大人のためのLINEのトリセツ」シリーズ
  • 「家族で年間10万円以上ダウン! 格安スマホ&SIM入門」
  • 「MacBook仕事術」シリーズ
  • 「Chanto」
  • 「Mac Fan」
  • その他多数

【Web記事】

  • ギズモード・ジャパン
  • まぐまぐニュース
  • ウレぴあ
  • デジモノステーション・ウェブ
  • その他多数

【動画掲載】

  • Yahoo!クリエイターズ

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン