auからpovoに乗り換える手順│メリット・注意点・お得な乗り換え方法を徹底解説!

書いた人: wataru

カテゴリ: au

auユーザーのなかには「今よりも月額料金を減らしたい」「データ量を増やしたい」と考えている人は多いかと思います。

そんなauユーザーにおすすめしたいのが、2021年3月23日にKDDIからサービス提供されるた新料金プランのpovoです。

サービス開始当初のpovoは月額2,728円で利用データ量が20GBと十分お得な内容でしたが、2021年9月29日から「povo2.0」としてさらに自由度が高くお得な内容にリニューアルされました。

複数のデータ容量トッピングから必要なぶんだけ追加する、という方式になったため無駄なく利用でき料金をぐっと抑えられます。

本記事ではauユーザーに向けて、povoに乗り換えるメリット、注意点を解説していきます。auユーザーで乗り換えを考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

auのお得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
Web割でお得にスマホを購入!

au応援割

使い放題MAX 5G/4Gに新規加入で
6カ月間税込3,938円/月割引
さらに「Amazonプライム」1年ついていくる!

他にもお得なキャンペーン

  • のりかえで最大22,000円割引
  • 機種変更で最大11,000円割引
  • 新規契約で最大11,000円割引
  • SIMのみ購入で10,000円還元
  • 22歳以下限定 新規契約でさらに10,000円相当のキャッシュバック

※au Pay残高へチャージ

povoのプラン概要(特徴・メリット)

povo2.0 特徴 メリット
povo公式サイトより引用[1]

povoは2021年3月23日にKDDIが提供し始めたauの新プランで、同年の9月29日に早くもリニューアルされ、現在は「povo2.0」として提供されています。

現在のpovoのシステムは「自分に必要なデータ量だけトッピングする」というもので、これまでの「月間〇〇GB」という一律の内容から大きく異なります。

月額料金
解約期間 なし(解約違約金:0円)
初期費用※ 0円
基本料金 0円
通話料 22円 / 30秒
データトッピング
(有効期限)
使い放題(24時間) 330円
1GB(7日) 390円
3GB(30日) 990円
20GB(30日) 2,700円
60GB(90日) 6,490円
150GB(180日) 12,980円
通話トッピング 5分以内かけ放題/月 550円
無制限かけ放題/月 1,650円
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック(7日) 760円
smash.使い放題パック(24時間) 220円
サポートトッピング スマホ故障サポート/月 830円
eSIM 対応
5G 対応
速度実測値 下り平均:69.31Mbps
上り平均:13.06Mbps

※端末購入する場合の代金は別途必要

povoの基本料金はなんと0円です。つまり、かかるのはデータトッピングなどのトッピングにかかる費用だけ。たとえば3GBのデータトッピングだけを追加するのであれば、30日間で990円しかかかりません。

かけ放題は「5分以内かけ放題(550円)」、無制限の「通話かけ放題(1,650円)」の2つがあり、自分の電話の用途によって選べます。

また、povoは初期費用と解約期間も0円であるため、auから乗り換える場合にも、povoから別のキャリアに乗り換える場合にも手数料などの費用がかかりません。

▼povoのおすすめポイント

  • データトッピングで無駄なく使え、無駄な費用が発生しない
  • 基本料金が0円なのでかかる費用がトッピングのみと安い
  • 24時間データ使い放題のトッピングがある
  • auの自社回線が使え速度が速い
  • 契約時・解約時の手数料が0円

【簡単3ステップ】auからpovoへの乗り換え方法

auからpovo 乗り換え 手順

現在auを契約している方がpovoへ乗り換える場合に必要な手順は以下の3ステップです。

▼auからpovoへの乗り換えステップ

ステップ①:必要な書類や準備をおこなう
ステップ②:契約内容を入力する
ステップ③:SIM開通手続きをおこなう

povoはauのサブブランドであるため、乗り換えにあたり解約をする必要がなく「プラン変更」で簡単に乗り換えられます。

ステップ①:必要な書類や準備をおこなう

まずは乗り換えに必要な以下3つを手元に準備しましょう。

▼準備するもの

  • au ID(今のauスマホ契約のもの)
  • クレジットカード情報
  • povoで利用する端末

利用する端末については、auで購入したものであればそのまま乗り換えできるため問題ありません。ただし、他のキャリアやネットショップで購入したものだとpovoに対応していない可能性があります。

au購入端末以外の場合は公式サイトで発表されているpovo対応端末一覧に含まれているかを確認しましょう。なお、他社キャリア購入の端末はさらにSIMロックの解除が必要です。

ステップ②:契約内容を入力する

手続きはpovo公式サイトから申し込みを行います。画面下部の「お申し込みはこちら」を選択すると、手続きの選択肢が表示されます。

「【2】auからpovo2.0へ変更」をタップし、画面の案内に沿って以下の情報を入力しましょう。

▼povo申し込み時に入力する情報

  • au ID(今のauスマホ契約のもの)
  • 契約者情報(氏名・住所・クレジットカード情報など)

入力した情報に間違いがないか確認し、確定すればpovoの申し込みは完了です。

ステップ③:SIM開通手続きをおこなう

申し込み完了後は利用端末にpovoのアプリをインストールし、そのアプリからpovoのSIM開通手続きを行います。

ただしpovoには物理的なカードを利用する「SIMカード」とSIM情報をスマホ本体に登録する「eSIM」の2種類のパターンがあります。

SIMカードを選択した場合、SIMカードが郵送で到着するまで数日待たなくてはなりません。eSIMの場合は必要な情報が即時払い出されるため、申し込み当日に開通手続きが可能です。

▼SIMカードの場合

SIMカードが郵送で到着したあと、開通手続きを行います。まずはSIMカードを挿入しない状態から操作を始めるため、スマホはそのままWiFiをつないだ状態で以下の手順を進めましょう。

1. povoアプリ起動後の画面にある「SIMカードを有効化する」をタップ

2. 「バーコードをスキャンする」をタップ

3. SIMカード台紙のバーコードを読み取る

4. 「SIMカードを有効化する」をタップ

5. SIMカードをスマホに挿入する

iPhoneの場合は、SIMカード挿入後OSを最新のものにアップデートし完了です。Androidの場合は、別途下記の設定が必要になります。

6. 設定アプリから以下の順でタップ

「ネットワーク設定」>「モバイルネットワーク」>「詳細設定」>「アクセスポイント(APN)設定」

7. APN設定追加画面を開き、以下の情報を入力し完了

項目 入力値
名前 povo2.0
APN povo.jp
APNプロトコル IPv4 / IPv6

▼eSIMの場合

eSIMの場合はpovoを申し込んだその日からSIM開通手続きが行えるため、即日povoに乗り換えができます。手順は利用端末がiPhoneであるかAndroidであるかで大きく異なるため注意しましょう。

eSIMの場合もSIMカードの場合と同様、WiFiをつないだ状態で作業を進めます。

▼iPhoneでeSIMの開通をする手順
  1. povoアプリ起動後の画面にある「eSIMを発行する」をタップ
  2. 「次へ」>「eSIMの設定」をタップ
  3. 「SM-PD+アドレス」の横にある英数字をコピー
  4. 設定アプリから以下の順でタップ
         「モバイル通信」>「モバイル通信を追加」>「詳細情報を手動で入力」
  5. コピーした英数字を「SM-PD+アドレス」に貼り付け
  6. povoアプリに戻る
  7. 「アクティベーションコード」横のにある英数字をコピー
  8. 設定アプリに戻りコピーした英数字を「アクティベーションコード」に貼り付け
  9. 「次へ」>「モバイル通信プランを追加」をタップ
  10. 「新規KDDIプラン」の下に表示されている項目をタップ
  11. 「カスタム名称」に「povo2.0」と入力
  12. 「完了」をタップ
  13. 以降表示される画面で「povo2.0」を選択
  14. 「続ける」>「完了」をタップ
  15. OSを最新のものにアップデートする
▼AndroidでeSIMの開通をする手順
  1. povoアプリ起動後の画面にある「eSIMを発行する」をタップ
  2. 「次へ」>「eSIMの設定」をタップ
  3. 「SM-PD+アドレス」の横にある英数字をコピー
  4. 設定アプリから以下の順でタップ
         「ネットワーク設定」>「モバイルネットワーク横の「+」マーク」
  5. 以下の順でタップし入力画面を表示
         「代わりにSIMをダウンロードしますか?」>「次へ」>「ヘルプ」>「自分で入力」
  6. コピーした英数字を「SM-PD+アドレス」に貼り付けし完了まで進む
  7. 設定アプリから「ネットワーク設定」>「povo」をタップ
  8. 「モバイルデータ」「通話の設定」「SMSの設定を」順にタップ
  9. 全てで「povo」を選択する
  10. 設定アプリから以下の順でタップ
         「ネットワーク設定」>「モバイルネットワーク」>「詳細設定」>「アクセスポイント(APN)設定」
  11. APN設定追加画面を開き、以下の情報を入力する
項目 入力値
名前 povo2.0
APN povo.jp
APNプロトコル IPv4 / IPv6

他社からのりかえで
10,000円キャッシュバック!

povoの乗り換えにあわせて機種変更をしたい場合

auからpovo 機種変更
auオンラインショップより引用[2]

povoで契約ができるのはスマホの回線のみであり、スマホ端末本体は取り扱っていません。

そのため、povoの乗り換えにあわせてスマホも新しいものに機種変更したい場合はあらかじめ「auオンラインショップ」で機種変更を済ませておくことをおすすめします。

auオンラインショップで販売されている端末はすべてpovoの動作確認済みのものでありSIMロックの解除も不要であるため、最小限の手間でauから乗り換え・機種変更ができますよ。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

auからpovoに乗り換えるメリット

メリットのイメージ
povoに乗り換えるメリットをまとめて解説!

auからpovoに乗り換えようとしている人は「povoに乗り換えるとどんなメリットがあるのだろうか」と気になっているかと思います。

そこで本章では、auユーザーでpovo乗り換えを検討している人に向けて、乗り換えるメリットをまとめて紹介していきます。乗り換えの際に参考にしてみてください。

料金節約が期待できる

▼povoのプラン

データ容量 データトッピング料金
基本料金 0円
使い放題(24時間) 330円
1GB(7日) 390円
3GB(30日) 990円
20GB(30日) 2,700円
60GB(90日) 6,490円
150GB(180日) 12,980円

▼auで提供しているプラン

5G auピタットプラン
データ容量 月額料金 月額料金(割引適用)※
~1GB 3,278円 2,178円
1GB超~4GB 4,928円 3,278円
4GB超~7GB 6,578円 4,928円

※適用割引:家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー

5G 使い放題MAX
データ容量 月額料金 月額料金(割引適用)※
データ無制限 7,238円 4,928円

※適用割引:家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー・au PAY カードお支払い割

povoは必要なデータ容量を必要な時に買い足していくプランに対し、auは定額制のプランです。

povoの20GB(有効期限が30日間)であるプランとauの各プランを比較しても、20GBで2,700円のpovoは相当に安いことが分かります。また、割引適用後の1GB超~4GBと比較してもpovoのプランの料金設定は安くなっています。

そのため、もともとピタットプランの1GB超~4GBで契約していた人で「もっとGB数が欲しい!」という人は、それまでより安い月額料金のpovoを利用するとお得になるでしょう。

データ使い放題24時間が利用できる

povoでは24時間データ使い放題オプションをトッピングできます。

24時間使いたい放題サービスとは、月額料金1回330円で1日だけ24時間データ使い放題になるトッピングです。

povoは今のデータトッピングを使い切ってしまったあとに新たにデータトッピングを追加する使い方になるため、基本的に月末まで速度制限になるというような状況がありません。

そのため、不足したデータ容量をトッピングするというよりも「長時間の配信動画を視聴する」などあらかじめたくさんのデータを消費することがわかっている機会にデータトッピングを温存するために使うとよいでしょう。

auと同じ通信が利用できる

povoはauの自社回線を使って通信しています。これは大手回線帯域の一部を借りて使っている格安SIMとの大きな違いです。

この自社回線が使えるというのが、大手キャリアの回線帯域の一部を借り受けて使っている格安SIMとの大きな違いとなります。格安SIMはあくまでも回線を借受けているという立場なので、大手キャリアよりも通信速度が遅いと一般的に言われています。

しかしpovoならばauの自社回線を使っているので、格安SIMより快適な通信速度で使えます。ですので安くて通信速度が速いのを求めているなら、povoはおすすめできます。

またpovoでは20GBを使い切ったとしても、最大1Mbpsの通信速度で利用可能です。1MbpsならWebサイトの閲覧やメールやLINEの送受信も快適に行えますよ。

auからならプラン変更で簡単に乗り換えができる

povoはauの格安プランという位置づけであるため、auからなら簡単にプラン変更ができます

他社回線からの乗り換えのような電話番号の引き継ぎなどの操作が必要なく、現在のau契約に紐付いているau IDと支払い用のクレジットカード情報だけがあればすぐにプラン変更の手続きに移ることができます。

他社からのりかえで
10,000円キャッシュバック!

auからpovoに乗り換える際の注意点

チェックリストのイメージ
乗り換えの際に注意点を確認しましょう!

auからpovoに乗り換える際には注意しなければならないことがあります。この章ではその注意点について解説します。

一部サービスは事前に申込・変更・廃止が必要

auからpovoに乗り換える際には事前に変更、廃止等が必要なサービスがあります

▼事前に変更・廃止等が必要なサービス

  • ナンバーシェア
  • タブレットデータシェアプラン
  • タブレットプランds(3年契約)
  • タブレットプランds(2年契約)
  • スマホセット割
  • Qua Stationプラン ds、無線LAN STICKプラン ds
  • auスマートバリューmine

このようにサービスによってサービスの変更、廃止等の手続の方法が異なるので、povo公式サイトで具体的な手続内容をチェックしましょう。

auでの割引は適用外

povoではauでの割引が適用されません

▼povoに乗り換えることで適用できなくなるauのサービス

  • 家族割りプラス
  • auスマートバリュー
  • スマートハート割引

これらの割引は対象外になっていますが、povoはその分料金が安くなっています。この両者を比べて自分にとってどちらがお得なのかを確認してから、povoにプラン変更するのをおすすめします。

なお、povoのデータトッピング料金には容量それぞれに異なる有効期限が設定されており、30日間(1ヶ月間)が有効期限となる「3GB」「20GB」以外は1ヶ月単位に料金を換算しなくてはなりません。

▼povoデータトッピング1ヶ月換算料金

データトッピング 料金 1ヶ月換算
1GB / 7日間 390円 1,560円(28日間)
3GB / 30日間 990円 990円
20GB / 30日間 2,700円 2,700円
60GB / 90日間 6,490円 2,313円
150GB / 180日間 12,980円 2,163円

また、povoでは店頭や電話でのサポートが受けられない、キャリアメールが使えない、留守番電話サービスが使えないといった欠点があるので、それらを踏まえて比較検討するのがよいでしょう。

au契約当日はpovoへ乗り換えることが出来ない

auからpovoへの乗り換えはプラン変更で可能であるため簡単に行えますが、au
を契約した当日はpovoへの乗り換えができません

また、SIMをSIMカードで選択する場合、SIMカードの到着まで数日かかるためさらにpovoの利用開始が遅れてしまいます。

他社から急いでpovoに乗り換えたいのであれば、auを経由するよりも直接povoに乗り換えをしたほうがいいでしょう。

MNP予約番号を発行してしまうとプラン変更は出来ない

auからpovoへの乗り換えでは自動的に電話番号が引き継がれるため、MNP(電話番号引き継ぎ)の手続きが必要ありません

そのため、逆にMNP予約番号を発行をしてしまうと、他社回線に乗り換える状態になってしまいpovoへのプラン変更ができなくなってしまいます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があるため、有効期限切れまで待つことでpovoに乗り換えることができるようになりますが、急ぎの場合はauのコールセンターへの連絡で取り消しも可能です。

▼auコールセンター

電話番号 0077-7023
営業時間 9:00 ~ 20:00(年中無休)

auからpovoへの乗り換えはどういう人がおすすめ?

グッドサインをする女性
こんな人にpovoはおすすめです!

ここまでauからpovoに乗り換えるメリット・注意点(デメリット)を紹介しました。結論、povoが特におすすめなユーザーは以下のような人です。

  • 安い料金でauの自社回線を使いたい人
  • シンプルで分かりやすい料金帯がいい人
  • かけ放題は込みではなくオプションがいい人

povoのデータトッピングはauの料金プランよりも安い設定です。ただし、例外として「5G auピタットプランを月間1GB未満、各種割引を適用済み」の場合のみpovoよりもauが安くなります。

また、auの自社回線も使えるので「料金が安くて通信が安定しているプランに契約したい」という人にもおすすめできます。

ただしpovoには「キャリアメールの使用不可」であったり「契約手続・サポートはオンラインのみ」というなデメリットもあるので、そこら辺を踏まえて契約の検討する必要があります。

これらを踏まえ、auからpovoの乗り換えを実施しましょう。

auからpovoへ乗り換えるおすすめのタイミング

auからpovoへの乗り換えには手数料や解約費用がかからず、auの月額料金も日割りとなるため費用面ではいつ乗り換えをしても損になりません。

ただし、データ量においてはpovoへの乗り換え完了時点でauの残りデータ量は切り捨てとなってしまうため、データを使い切りたい場合は月末に乗り換えが完了するように調整するといいでしょう。

他社からのりかえで
10,000円キャッシュバック!

auからpovoの乗り換えでよくある質問

auからpovo FAQ

最後にauからpovoへの乗り換えでよくある質問とその回答についてご紹介します。

SIMロック解除は必要?

A.auで購入した端末・SIMフリー端末であれば不要です。

auで購入した端末をそのままpovoで利用する場合、またはSIMフリー端末を利用する場合はSIMロックの解除は不要です。

ただし、他社キャリアで購入した端末をpovoで利用したい場合は端末を購入したキャリアでのSIMロック解除が必要となるため注意しましょう。

SIMカードの差し替えは必要?

A.SIMカードの差し替えは必要です。

auから乗り換える場合でもSIMカードの差し替えは必要です。そのため乗り換えの申込後はpovoのSIMカードが到着するまで数日期間がかかるため注意しましょう。

ただし、SIMカードではなくeSIMを選択した場合は物理的なカードを必要としないため差し替えは不要で、即日乗り換えが完了できます。

プラン変更した月の料金は日割りになる?

A.auの月額料金は日割りになります。

povoへの乗り換えをした月のauの月額料金は日割りになります。そのため、いつpovoへの乗り換えを行っても費用面で無駄が発生することはありません。

なお、povoはデータ容量を都度トッピングする設定であるため、そもそも月額料金という考えではなく、月途中の乗り換えでも無駄なく利用開始できます。

他社からのりかえで
10,000円キャッシュバック!

コスパよくスマホを使いたいと思っている人はpovoがおすすめ!

povoへの乗り換えがおすすめな人は、以下のような人です。

  • 安い料金でauの自社回線を使いたい人
  • シンプルなプランが良い人
  • かけ放題は込みではなくオプションがいい人

データ通信量が分かれており、auと比較しても安く料金設定されているpovoはコスパ重視のユーザーに人気です。また、auのサブブランドということもあり通信の安定性も高い点は大きなメリットだと言えるでしょう。

ただしauとpovoはあくまで別のブランドなので、キャリアメールやauショップでのサポートなどは利用することが出来ません。

これらを加味したうえで、auからpovoの乗り換えの実施を検討してみてください。

auで実施中のキャンペーン

au
  • 他社から乗り換えで最大22,000円割引
  • 新規・機種変更で最大11,000円割引
  • SIMのみで10,000円相当 au Pay還元
  • 22歳以下限定!新規契約でさらに10,000円相当のキャッシュバック

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

wataru

わたる

Android溺愛ライター

プロフィール

埼玉県川越市在住のWebライター。元々小説家になりたかったこともあり、文章を書くのが好きだったので、WEBライターを始めました。2018年頃から様々なメディアで執筆しています。

スマホ関連のメディアでは80記事以上執筆した実績があります。スマホサービスの複雑なところを、的確に分かりやすくまとめるのが得意です。

iPhoneよりもAndroidが好きで、長年Androidを使っています。特にAqousシリーズが好きで愛用しています。ただ最近はiPhoneにも目移りしそうです。

プライベートではウクレレを弾くのが好きです。地元のライブハウスに出演するのを目標としています。

得意カテゴリー

格安SIM・ドコモ全般・スマホ決済・節約・税金

メディア実績

【Webメディア】

  • SIMCHANGE
  • bitwave
  • しむぐらし

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン