知らないと損!スマホを超便利にする「Bluetooth」の使い方ガイド

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ガイド, スマホの設定

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
知らないと損!スマホを超便利にする「Bluetooth」の使い方完全ガイド

スマホのショートカットメニューには、Wi-Fiや位置情報と並んで「Bluetooth(ブルートゥース)」という項目が出てきます。言葉の意味や使い方が分からない方は、さわる機会が少なかったのではないでしょうか。

今回は、

「そもそもBluetoothってなに?」
「聞いたことはあるけどイマイチ使い方が分からない……」

という方に、概要や実際の使用例、設定方法などを説明します。

Bluetoothがあれば、イヤホンやスピーカーはスマホと無線でつなげることができます。 邪魔なケーブルがいらなくなるのは、とても便利でスマートです。

目次:

この記事ではBluetoothとは?という概要やBluetoothの設定方法・使い方を解説しています。Bluetoothがつながらない、接続できないという場合は下記のリンクをご覧ください。

参照:

接続できない原因はこれだった!Bluetoothがつながらないときの6つのチェックポイント

Bluetoothとは?

最初は、そもそも「Bluetoothってなに?」という方に、その概要や同じ無線通信のWi-Fiとなにが違うのかについて説明します。

Bluetoothの概要

「Bluetooth(ブルートゥース)」とは、デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。Bluetoothでは、対応した機器同士がワイヤレスでデータをやりとりできます。最近では、イヤホンやスピーカー、キーボードなどさまざまな製品が対応し、用途が広がっています。

Wi-Fiとの違いは?

「無線通信」と言われて真っ先に思い浮かぶのがWi-Fiでしょう。Bluetoothと同じ、無線通信技術の一つです。電波を飛ばして通信する点も同じですが、違いはなんでしょうか。

Wi-Fiは、複数の機器同士でネットワークを構築し、高速通信することを想定しています。スマホをはじめ、パソコン、テレビ、プリンタなどを、一度に繋いで利用できます。通信も高速なので、動画など多量のデータをスムーズに送受信できます。

一方Bluetoothは、基本的に1対1の通信を目的としており、使用時は、繋ぐ機器を指定(ペアリング)する必要があります。通信可能距離も数m~10m程度と短く、通信速度もWi-Fiに比べてかなり劣るため、大量のデータを送るのには向きません。
しかし、消費電力が少ないため、イヤホンやキーボードなどの機器に向いています。

まとめると、以下のような違いがあります。

Wi-FiとBluetoothの違い
項目 Wi-Fi Bluetooth
接続構成 複数台での通信 1対1での通信
通信可能距離 数10m前後 数m~10m程度
消費電力 多い 少ない

関連記事:

スタバやローソン、最近のWi-fiスポットが便利すぎる!覚えておきたい無料の公衆無線LANとその使い方

Bluetoothを使うと何ができるの?

実際の利用シーンも見てみましょう。ワイヤレスになるだけで使い方の幅が大きく広がります。スマホで使える製品の例を3つ紹介します。

「スマホ×イヤホン」ならケーブルが絡まる心配なし!

スマホとイヤホンをワイヤレスで接続し、通話や音楽を楽しめます。コードがないため、電車の中で他の乗客に引っかかったり、断線したりする心配はありません。ランニングなどの運動中も、服と擦れることなく快適に使えます。通話の時も、スマホをポケットに入れてハンズフリーで話せば、ながら作業がはかどります。

TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0

TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0

関連記事:

iPhone 7 におススメ!「Bluetoothイヤホン」5選!

「スマホ×スピーカ」でスマホの音楽を無線で転送!

Bluetooth製品なら室内でも置き場所を選びません。ケーブルで繋ぐ必要がなく、無線で転送できるからです。ベッドの上でスマホを操作しながら、離れた場所にあるスピーカーに音楽を飛ばして鳴らすこともできます。

LOGICOOL ステレオスピーカー

LOGICOOL ステレオスピーカー

「スマホ×キーボード」でサクサク文字入力!

フリック入力も便利ですが、Bluetoothを利用すればキーボードを使った文字入力ができます。PCを持っていない外出先で資料作成などの仕事が入っても、快適に作業できます。

普段キーボードを使い慣れている人であれば、よりスピーディな入力が可能になります。

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード

このようにBluetoothを活用すると、日常生活の様々なシーンが快適になります。今回挙げた製品と使い方はほんの一例です。他にも色々なアイテムを見つけてきました!オススメのBluetooth系ガジェットは以下の記事からどうぞ。

関連記事:

こんなギフトならセンスいいかも!ワンランク上のBluetooth系ガジェット 10選

Bluetoothの設定方法・使い方

Bluetoothを使うには、対象の機器同士を1対1で繋ぐ「ペアリング」が必要です。
iPhoneとAndroidの設定方法を、以下で説明します。

Bluetoothが接続できない方はこちら:

Bluetoothがつながらないときの6つのチェックポイント

●Bluetoothのペアリングの設定方法を動画でも確認できます

【動画】Bluetoothのペアリング設定方法(iPhoneとAndroid)

iPhoneを使ったペアリングの設定方法

iPhoneの設定方法を説明します。設定する際は、スマホと機器を近づけましょう。

スマホと機器は近づけます

スマホと機器は近づけます

最初にiPhoneの設定画面を立ち上げて「Bluetooth」をタップしましょう。

「設定」→「Bluetooth」とタップしていきます「設定」→「Bluetooth」とタップしていきます

「設定」→「Bluetooth」とタップしていきます

Bluetoothをオンにすると、周辺にあるデバイスを検出するので、タップしましょう。

Bluetoothをオンにし、対象のデバイスをタップしますBluetoothをオンにし、対象のデバイスをタップします

Bluetoothをオンにし、対象のデバイスをタップします

デバイスをタップし、「接続済み」と表示されれば、ペアリング完了です。

「接続済み」と表示され、ペアリングが完了しました

「接続済み」と表示され、ペアリングが完了しました

関連記事:

iPhoneでBluetoothヘッドフォン・イヤフォンを使用するための設定方法

Androidスマホを使ったペアリングの設定方法

設定画面を立ち上げて「Bluetooth」をタップしましょう。

「設定」をタップし、「Bluetooth」をタップします「設定」をタップし、「Bluetooth」をタップします

「設定」をタップし、「Bluetooth」をタップします

「Bluetooth」をオンにして、周辺にあるデバイスを検出します。

「Bluetooth」をオンにすると、デバイスが検出されます「Bluetooth」をオンにすると、デバイスが検出されます

「Bluetooth」をオンにすると、デバイスが検出されます

ペアリングの要求をされるので、「OK」をタップすれば設定完了です。

ペアリングが完了しました

ペアリングが完了しました

端末やOSのバージョンにより設定方法は多少異なりますが、Bluetoothをオンにすれば周辺にあるデバイスを自動で検出してくれます。やり方は難しくないので、ご自身の端末で確認してみてください。

Bluetoothの規格「バージョン」「Class(クラス)」「プロファイル」とは?

Bluetooth製品を購入する時は、「iPhone 6対応」など、使うスマホが対応しているかを確認すれば、問題なく利用できます。

さらに、購入する上で、以下の3つの規格を押さえておけば、製品をより有効に使用できます。
機能や通信速度に影響する「バージョン」、通信距離に関わる「Class(クラス)」、そして機器ごとの通信手順を規定した「プロファイル」の3つです。順番に説明しましょう。

1)バージョン
Bluetoothの規格にはバージョンがあり、上がる度に機能の追加や通信速度の高速化が行われています。主なバージョンと特長は以下の通りです。

バージョン 特長
Ver1.1 普及バージョン
Ver1.2 2.4GHz帯域無線LANとの干渉対策が盛り込まれる
Ver2.1 NFCに対応し、ペアリング手順が簡略化。マウスやキーボードのバッテリー寿命が最大5倍になる省電力モードに対応
Ver3.0 最大24Mbpsの転送速度を実現
Ver4.0 大幅な省電力化を実現するBLE(Bluetooth Low Energy)モードに対応。転送速度は最大1.0Mbps

機器が搭載しているBluetoothのバージョンは様々です。機器同士で異なっても接続はできますが、使える機能は低いバージョンに統一されます。例えば、4.0のスマホと3.0のイヤホンを繋ぐ場合、3.0までの機能しか使えないので注意が必要です。

2)Class
BluetoothのClassは通信距離を表します。Class1~3があり、通信距離は以下の通りです。

Class 通信距離
Class1 最大100m
Class2 最大10m
Class3 最大1m

用途に合わせて適切なClassの製品を選ぶと良いでしょう。例えば、スピーカーを10m以上離れた部屋の端から接続する場合は、Class1の製品を選ばないと、通信が途切れて接続できません。なお、通信距離が長くなるほど、消費電力も増えます。

3)プロファイル
Bluetoothにはプロファイルが複数あり、何に対応しているかは機器ごとに異なります。機器同士で対応するプロファイルの種類が異なると接続できないため、購入時に確認しましょう。

主なプロファイルは以下の通りです。

プロファイル名 機能
FTP パソコン同士でデータ通信を行う
HID マウスやキーボードなどの入力装置を無線化する
OPP 名刺データの交換などを行う
HSP ヘッドセットと通信
HFP ハンズフリー通話を行う
A2DP ステレオ音声をイヤホンに伝送する
AVRCP AV機器のリモコン機能を実現

上記で挙げた3点の情報は、Bluetooth製品の箱やWebページに掲載されています。

例として、Amazonの製品ページを紹介します。バージョン、Class、プロファイルが一通り書いてあります。

製品の詳細ページを見てみましょう

製品の詳細ページを見てみましょう
各情報が掲載されています

各情報が掲載されています

また、検索窓で「OS名」+「Bluetooth」と入力すれば、対応している製品が出てきます。

Bluetooth製品を検索します

Bluetooth製品を検索します
Android、iOS対応と書いてあります

Android、iOS対応と書いてあります

まとめ

今回はBluetoothの概要から利用シーン、使用方法まで幅広く説明しました。

普段使っている機器がワイヤレスになるだけで、利用の幅が広がったり、利便性が向上したりすることがわかっていただけたと思います。筆者は音楽を聴きながらマラソンをしているので、Bluetoothイヤホンは手放せません。

今まで使う機会がなかった方も、記事を読んで便利そうだと感じたら、ぜひ製品探しからチャレンジしてみてください。

Bluetooth対応の製品をチェックする

Bluetooth系ガジェット

JBL CHARGE2+

記事を読む:

こんなギフトならセンスいいかも!ワンランク上のBluetooth系ガジェット 10選

SOL REPUBLIC SOL SHADOW

SOL REPUBLIC SOL SHADOW

記事を読む:

iPhone 7 におススメ!「Bluetoothイヤホン」5選!

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2017年の6月に入りました。梅雨の時期ともあって、スッキリとしない天気が続いていますね。一方でスマホ業界は、2017年夏モデルが発表・発売になりフレッシュな話題が続いています。夏の思い出を楽しくするために、NEWスマホに乗り換えてみてもいいかもですね。iPhoneの新モデルもいつ発表になるんでしょうか?【G1 CLIMAX】と一緒に注目していきたいと思います。