iPhone lightningケーブル充電徹底比較!純正品と激安ケーブルどちらがおススメ?

書いた人: 藤原達矢

カテゴリ: 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone lightningケーブル充電徹底比較!純正品と激安ケーブルどちらがおススメ?

iPhoneのLightningケーブルは、値段も種類もさまざまです。Amazonで検索すれば、ノーブランドの激安ケーブルも数多くあるので、壊れた時はできるだけ安く買い替えたいところ。しかし、安いのにはそれなりの理由があるはず。
そこで、純正品とそれ以外のLightningケーブルについて、性能や品質、価格などを徹底比較しました。
高いケーブルと安いケーブルってどこが違うの?」と、疑問に思っている方は、次回購入する際の参考にしてみてください。

比較対象ケーブル:
以下iPhoneのLightningケーブルを比較しました。

なお、「MFi(Made For iPhone)認証」とは、Apple社の認定を受けて販売している製品を指します。詳細は後半に説明します。

目次:

ケーブルの性能を比較してみた

純正品とそれ以外の製品で、性能面に差はあるのでしょうか。実際に検証してみました。充電の速さはケーブルに流れる電流の量によって決まるため、ルートアール社の電圧・電流チェッカーを使って、測定しました。

QC2.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカー 価格1,380円(税込)
QC2.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカー 価格1,380円(税込)

安価なポケットサイズで、チェッカーにケーブルを挿すと「電流(A)」を測定できます。持っているケーブルの性能が気になる方は、購入して測ってみてはいかがでしょうか。
それでは、各製品の結果を見ていきましょう。

比較する基準値を計測 Apple純正のiPhone Lightningケーブル

最初は、Apple純正のiPhone Lightningケーブルを検証しました。下段の「A」に値が表示されます。

Apple純正ケーブル 0.95A
Apple純正ケーブル 0.95A

計測中も、0.1A~0.2A程度上下はしますが、約「0.95A」でした。なお、電流値はiPhoneの充電残量などによっても変動します。今回は、純正品で計測した「0.95A」を基準値として、他の製品がどの程度変わるか確認しましょう。

純正品と同等の値を計測  MFi認証ケーブル(Anker社製)

続いて、MFi認証ケーブルです。Anker社の製品を使いました。

MFi認証ケーブル(Anker社製) 0.95A
MFi認証ケーブル(Anker社製) 0.95A

MFi認証品は、純正品と同じ値「0.95A」が出ました。さすがApple社の認定を受けている高品質な製品といえそうです。

急な買い替え時にも安心 コンビニのiPhone Lightningケーブル

次はコンビニで購入したケーブルを検証しました。
ケーブルが壊れた際、もっとも手軽に買える場所がコンビニだと思うので、今回の検証リストに加えました。Anker社製品と同じくMFi認証製品です。

コンビニで購入したケーブル 0.94A
コンビニで購入したケーブル 0.94A

純正品とほぼ同等の数値「0.94A」がでました。旅行や出張先などで、急に純正ケーブルが壊れて買い替える際も、おススメです。

値段相応の性能? 100円ショップで購入したiPhoneのLightningケーブル

Lightningケーブルは、今や100円ショップでも手に入ります。純正品に比べると、値段は約20分の1ですが、性能はどうでしょうか。

100円ショップで購入したケーブル 0.62A
100円ショップで購入したケーブル 0.62A

「0.62A」一気に値が減りました。純正品などに比べて約3割減です。値段相応の結果と考えれば、納得かもしれません。さらに別の問題も発生しました。

このアクセサリは使用できません

急に充電ができなくなりました。

一度抜いて再び挿すと、画面に「このアクセサリは使用できません」と表示され、充電ができなくなりました。何度か抜き差しを繰り返すと、再び充電できるようになりましたが、非常に不安定です。また、同じケーブルを3本用意していましたが、その内1本は、挿しても全く反応がありませんでした。製品によって、品質にバラつきがありそうです

100円ショップの品よりさらにダウン Amazonの激安ケーブル

Amazonで検索すると、目を疑うほど安いケーブルがあります。どうせならとことん安い品をということで、1本50円のケーブルを用意しました。

Amazonで購入した激安ケーブル 0.55A
Amazonで購入した激安ケーブル 0.55A

「0.55A」100円ショップの品より、さらに下がりました。また、最初から使えないケーブルもありました。買い替える時はハズレを見込んで、複数本まとめ買いをした方がいいでしょう。
100円ショップの品同様に、充電も不安定です。

100円ショップの品と同様、充電は不安定です。
100円ショップの品と同様、充電は不安定です。

抜き差しを繰り返していると、充電できるようになりますが、iPhoneを少し動かすと、またできなくなります。ケーブルを挿してカバンに放り込んでいたら、充電できていなかったということも、実際に使うとありそうです。

長さゆえの性能低下 ロングケーブル(3m)

部屋で使用する際に便利なロングケーブルも検証しました。Amazonで、安価な非認証品を購入して計測しました。

ロングケーブル(3m) 0.37A
ロングケーブル(3m) 0.37A

「0.37A」検証した製品の中で、最も低い数値となりました。ケーブルは、長くなるほど抵抗が大きくなるので、電流量も下がっていると考えられます。充電速度も純正品と比較して体感ベースで遅いと感じるので、性能は大きく劣るようです。

充電にかかる時間は?

検証の結果、純正品・MFi認証品と非認証品では、電流量に大きな差がありました。
では、充電時間には、どのくらい差が出るのでしょうか。実際に測って検証しました。条件と結果は以下の通りです。

条件:充電量70%の状態から充電を始めて、80%になるまでの所要時間を計測。

結果
Apple純正ケーブル 約12分
MFi認証ケーブル(Anker社製) 約13分
コンビニで購入したケーブル 約15分
100円ショップで購入したケーブル 約22分
Amazonで購入した激安ケーブル 約23分
ロングケーブル(3m) 約28分

多少の誤差はあるかもしれませんが、概ね電流量が多いほど、所要時間が短くなっています。なお、今回購入したロングケーブル(3m)は、スマホを操作していると、充電中でも充電量が下がっていきましたので、寝る時以外は使いづらいと思います。

比較結果まとめ

比較した結果は、以下の通りとなりました。

結果
製品 MFi認証 長さ 価格(税込) 電流(A) 充電時間(10%分)
Apple純正ケーブル 1m 2,376円 1.02 約12分
MFi認証ケーブル (Anker社製) 認証 0.9m 999円 1.02 約13分
コンビニで購入したケーブル 認証 1.8m 2,052円 0.99 約15分
100円ショップで購入したケーブル 非認証 0.6m 108円 0.63 約22分
Amazonで購入した激安ケーブル 非認証 1m 50円 0.57 約23分
ロングケーブル (3m) 非認証 3m 234円 0.37 約28分

性能の良し悪しがはっきり分かれました。さすがに純正品・MFi認証品は、性能が高いレベルで安定していておススメです。ただ、非認証品は紹介したとおり激安なので、購入の際は性能と価格のどちらを取るか、基準を持って決められると思います。

性能面以外の比較

性能面以外も比較して、気づいた点を挙げていきます。

ケーブルの耐久性・・・非認証品は数回で使えなくなることも

100円ショップとAmazonで3本ずつ同じケーブルを買いましたが、それぞれ一本ずつは、数度抜き差ししたら全く使えなくなりました。激安品を買う場合、耐久性のなさは覚悟した方がよいでしょう。

ケーブルの太さ・・・長いほど太くなる傾向に

ケーブルは長いほど抵抗が大きく、太いほど小さくなるため、長い品は太くして抵抗を減らしているケースが多いです。比べると、ロングケーブル(3m)はかなり太いことがわかります。

左、純正ケーブル(1.0m) 右、ロングケーブル(3m)
左、純正ケーブル(1.0m) 右、ロングケーブル(3m)

ただ、電流量は最低でしたが、これは品質の問題といえそうです。実際、Anker社のMFi認証製品は、2.7mのケーブルでも0.9mの製品と同等の電流量を計測しました

MFi認証とは何か?

一部のLightningケーブルには、「MFi認証済み」と表記されており、値段も非認証品と比べて高価ですが、何が違うのでしょうか。MFi認証済み製品を製造・販売する、Ankerの担当者に話を伺いました。

Anker担当者:
Apple社では、Lightningケーブルに関するディベロッパ向けの認証プログラムを用意しており、基準を満たすことで、「MFi認証済み」と認定されます。いわば、Appleが、品質や性能にお墨付きを与えているということです。さらに、認可の証であるICチップやハードウェアコネクタが提供されるので、iOSのバージョンがアップしても問題なく使えますし、Lightning端子に対応する全ての機器で使用可能です。

 箱の右上に書いてあるマークが、MFi認証済み製品の証です
箱の右上に書いてあるマークが、MFi認証済み製品の証です

Anker担当者:
非認証製品は安いですが、さまざまな問題もあります。性能面で劣るのはもちろん、デバイスやiOSのバージョンによっては、使えない可能性があります。また、充電時に電流と電圧を制御できず、iPhone内のチップが破損して故障につながる恐れもあるので、認証製品を提供する立場としては、お薦めできません。

まとめ

高い製品と安い製品、それぞれに理由があるとわかりました。純正品やMFi認証製品は、「高価でも安心」して使うことができ、激安ケーブルはすぐ壊れるかもしれませんが、「たとえ20本買っても純正品より安い」という考え方ができると思います。
ただやはり、あまりに安価なものを買うと故障の恐れがあることを考えると、それなりの値段でも純正・MFi認証済みのものを購入する方がおススメです。
今回の結果を参考にしていただき、ご自身が納得いくケーブルを手に入れてください。

この記事を読んだ方におすすめ記事:

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

IT企業勤務を経て、編集プロダクション・アバンギャルドのライターに。最近はスマホ関連の記事を中心に執筆。広角レンズを一眼レフに付けてあちこち旅するのが趣味。今後旅行関連の仕事も増やすべく、現在奔走中。