スマホケーブルの新規格【USB Type-C】とは?

書いた人: 小暮ひさのり

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホケーブルの新規格【USB Type-C】とは?

最近のスマホでチラホラと採用されてきたUSB Type-Cケーブル。よくあるスマホ用ケーブルとは、規格もコネクタ形状も違います。

これまでのケーブルといったい何が違うのか? これまでのケーブルではダメだったのか?というところをチェックしていきましょう。

目次:

ケーブル新規格「USB Type-C」とは?

USB Type-Cケーブル

最近見かけるUSB Type-Cケーブル。こちらは「SoftBank SELECTION USB2.0 Cable 1.2m Type-C to Type-C

AndroidはmicroUSB、iPhoneはLightningで接続するものというイメージがありますが、最近になってまた新たなケーブルが登場しています。それが「USB Type-C」です。規格上の互換性はありますが、端子形状が異なるためmicroUSB端子などへ接続することはできません。

「USB Type-C」
「microUSB」

「USB Type-C」と「microUSB」。形状が異なり差し込むことはできません

並べてみたところ。端子はUSB Type-Cの方がやや大きくなっています。microUSBと形状が異なるので、microUSBのスマホに差し込むことはできませんし、その逆も不可です。スマホに合わせてケーブルの買い直しが必要ってことですね。

なぜUSB Type-Cが登場したのか? そのメリットは?

「これまでどおり、microUSBケーブルでよかったんじゃない?」とも思いますよね。確かにmicroUSBほど全世界でここまで普及しているケーブルもありません。小型ですし、価格も安くて、データも電力も送れるmicroUSBケーブルも万能です。

しかし、それもこれまでの話。

今後はおそらく、世界的にUSB Type-Cが標準化されていくことが予想されています。
理由としては、USB Type-Cの持つ規格上のポテンシャル。最大10Gbps(注:Thunderbolt 3対応機器では最大40Gbps)の次世代の転送規格に対応し、大容量データと最大20V×5Aの大電力を供給できるUSB Type-Cは、それ1本でさまざまな用途に利用できるのです。実際、USB Type-Cを採用したパソコンも増えています。

USBポート

もう全部USB Type-Cでいいんじゃないかな。という思い切りの良さ

事実、先日発売されたAppleのMacBook Proシリーズなどでは過去のポートを全て廃止し、USB Type-Cポートのみにするといった思い切りも見せました。

このように、USB Type-Cはデジタル機器の新たなる標準規格となるであろうケーブルであり、microUSBよりも優れた性能を持つケーブルなのです。まだスマホにとっては高速・大電力を転送できるという特徴はオーバースペック気味ですが、USB Type-Cであれば将来的には、高解像度の画面出力やさらに高速になった急速充電なども利用できる可能性があります。この将来性の高さがメリットです。

USB Type-Cケーブル

どっち向きでも刺さるのは便利です。こちらはエレコムの「USB3-APCC10WH

端子のイン・アウト形状が同じなので、1本のUSBケーブルだけで全ての機器に接続できるのも利点。またスマホに向いている点としては、リバーシブル形状で上下問わず接続できるのもメリットですね。ベッドサイド、車内といった暗がりの中でも間違えずに接続できますよ。

なぜUSB Type-Cにしちゃったの? デメリットもある

USB Type-C最高! ステキすぎ! 最強じゃん!

って確かにスペックだけ見ればそうなのですが、デメリットがないわけではありません。現在もっとも深刻な懸念点が、ケーブルの普及率。昨年から対応機器は登場していますが、まだまだ普及レベルとは言えません。

microUSBケーブルなら100円ショップでも気軽に購入できるようになりましたが、USB Type-Cケーブルはまだまだレアキャラ。価格も高く、本格的に普及するようになるまで、1本ないし2本程度のUSB Type-Cケーブルを大事に使いまわすことになることでしょう。

「Anker PowerCore+ 20100 USB-C」

モバイルバッテリーもUSB Type-C対応製品が必要に。こちらは「Anker PowerCore+ 20100 USB-C

この理由により、ケーブルの貸し借りも気軽には行なえなくなりますし、モバイルバッテリーなどもUSB Type-C対応製品を探す必要があります。まぁ、規格上は「USB3.1」の延長であるので、「USB Type-CーUSB A」ケーブルや、変換コネクタ類もあります。それらを持ち歩けばいいのですが、やはり荷物は増えます。

USBポートのフォーマットが違うと接続が出来ない

USB Aのパソコンへ接続できない問題は深刻!

USB Type-Cを採用しているパソコンもあります。でも激レアです。やはり対応するケーブルや変換コネクタを備えておかないと、せっかく買ったスマホもパソコンと接続できない! 同期できない! といった悲しいことになります。

USB Type-C対応のスマホ

USB Type-C対応スマホとしては、Googleの最新フラッグシップスマホである「Pixel」などがありますが、国内で販売されている機種の中にも以下のようなUSB Type-C対応機種があります。

Xperia XZ(ドコモ・au・ソフトバンク)

Xperia XZ

ソニーモバイルのフラッグシップ「Xperia XZ」

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで取り扱われているソニーモバイルのフラッグシップモデルです。

ハイレゾ音源再生の対応や、広角24mmの高性能レンズ、約2,300万画素の高感度イメージセンサー、さらにはスマホでは初となる5軸手ブレ補正を搭載。スマホでも納得の写真・動画撮影を楽しむことができます。フラッグシップらしいこだわりが詰まっています。

● レビューと商品の購入はこちら

HTC 10(au)

HTC 10

auユーザーにはおなじみのHTC最新機種

HTCの最新機種である「HTC 10」もUSB Type-C対応です。メインもサブも光学式手ブレ補正を搭載しているので、ブレがちな自撮りを綺麗に撮れますね。同梱の専用充電器は急速充電Quick Charge 3.0対応。ハイレゾイヤホンを同梱していたり、付属品の充実度が高い機種です。

そう、まだ普及していないUSB Type-Cだからこそ、HTC 10のようにケーブルや充電器は標準付属するべきなんですよね……。

● レビューと商品の購入はこちら

Nexus 6P(ソフトバンク)

Nexus 6P

大迫力の5.7インチ有機EL液晶

2015年冬モデルですが、Nexus 6PもUSB TypeーCを採用しています。5.7 インチ WQHD AMOLED ディスプレイの美しく大きな画面は大迫力で動画視聴などに最適です。大画面スマホが欲しいといったニーズのひとつの到達点となるでしょう。

なお、個人的には「スマホ」って呼んでいい限界の大きさだと思います。もうこれ以上大きくなると、それはきっとタブレット!

● レビューと商品の購入はこちら

これらに加えて、海外市場ではLG、XiaomiなどでもUSB Type-C端末がメインとなっています。おそらく来年中には発売されるほぼ全てのスマホがUSB Type-Cへ切り替わるのではないでしょうか。

USB Type-Cケーブルの選び方

スマホを買ったけど接続できない!

と言ったUSB Type-Cあるある。いや、ほんと冗談ではなく、ありうる話です。

現状で、USB Type-Cをそのまま接続できるパソコンは本当に限られます。両端が同形状でどっちを刺してもOK! というUSB Type-C本来の旨味は消えますが、既存の機器で利用できるようにケーブルもいくつかのバリエーションを揃えておきましょう。

「belkin ベルキン USB-Cケーブル USB 3.1 Type-C to A」

パソコンと接続したい場合はこちらのケーブルを。「belkin ベルキン USB-Cケーブル USB 3.1 Type-C to A

例えば、よくあるUSB A端子に接続したいのであれば、「USB A-USB Type-C」というケーブルが必要です。ひとまずこれだけ持っていれば、パソコンやモバイルバッテリーとの接続は問題ないでしょう。

「Anker USB-C & Micro USB アダプタ」

財布やカバンに入れておくといざという時に役立ちます。「Anker USB-C & Micro USB アダプタ

既存のmicroUSBケーブルを使いまわしたいのであれば、「USB Type-C-microUSB」の変換コネクタを備えておきましょう。これ1個を持ち歩いておけば、いざという時でもmicroUSBケーブルを借りて充電や同期が可能です。

なお、規格外のケーブル変換を使うと、機器の出力限界より大きな電流を流そうとして破損してしまう可能性があるという指摘もあります。ケーブルや変換コネクタ選びはレビューを参考に慎重に行ないましょう。

まとめ:USB Type-Cは今後の主流! 不自由もするが最先端を触る喜びも?

気がつけばいつの間にかAndroidスマホの充電コネクタはmicroUSBが主流になり、iPhoneではLightningになり、新たにUSB Type-Cが参入。スマホケーブルはややこしいことになりました。しかし、今後はおそらくUSB Type-Cの時代が来ます。

現状ですと不自由をするシーンもあるかもしれませんが、将来性はバッチリの大器晩成型。なので、気になっているスマホがUSB Type-Cだからといって敬遠しなくても良いでしょう。逆に、次世代のデファクトスタンダードを先取りしているんだ! と、ポジティブに捉えてください。

おそらく2017年中には、USB TypeーCの時代が訪れます。

……たぶんね。

▼今回紹介した商品はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。