ピンを失くしたときの裏ワザ!iPhoneのSIMトレイを取り出す方法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンを失くしたときの裏ワザ!iPhoneのSIMトレイを取り出す方法

iPhoneやiPadのSIMカードを交換する際に必要なSIMピン。ただ、SIMピンは小さいのでどうしてもなくしてしまいがち…。

でも大丈夫!! 身近にあるもので代用できます。今回はその方法をご紹介します。

この記事は、iPhoneなど、「SIMピンでSIMトレイを取り出すタイプ」の端末の解説です。
それ以外のタイプのSIMの取り出し方はこちら

格安SIM、SIMフリースマホに必須!覚えておきたい「SIMの取り出し方」「SIMの場所」

SIMカードの取り出し方

スマホ側面:SIMトレー部分

まずは基本的なSIMカードの取り出し方の説明です。
なお、今回はiPhone 5cを使用していますが他のiPhoneやiPadシリーズも同様の方法でSIMカードの取り出しを行えます。

SIMトレーの小さな穴に付属のSIMピンを挿し込む

本体側面にあるSIMトレーの小さな穴に付属のSIMピンを挿し込みます。

SIMピンを押し込むとSIMトレーが少し開きます。

SIMピンを押し込むとSIMトレーが少し開きます。

指でつかんで取り出す

あとは指でつかんで取り出すだけ。

これでSIMトレーに乗っているSIMカードを交換できます

これでSIMトレーに乗っているSIMカードを交換できます。

SIMのピンを失くしてしまったら。これで代用しよう!

SIMピンを無くしてしまった場合でも身の回りにあるもので代用できますので、その代用品と方法をご紹介します。

テクニックその1:ゼムクリップ

SIMピンの代用:ゼムクリップ

最初の代用品は、書類などをまとめるのに使われる「ゼムクリップ」です。
ただ、そのままでは使えませんのでひと工夫が必要です。

ゼムクリップをSIMトレーの穴に挿しやすいように曲げる

上記写真のようにSIMトレーの穴に挿しやすいように曲げます。

SIMピンとして代用することはできるが、ここまで曲げると元に戻すのは大変

あとは通常のSIMピンと同じ要領で押し込めばSIMトレーは開きます。
ただし、ここまで曲げたゼムクリップを元の形状に戻すのは大変です。

テクニックその2:安全ピン

SIMピンの代用:安全ピン

次にご紹介するのは安全ピン。

SIMピンとして代用した後も安全ピンとしてそのまま使える

通常よりも大きく開いてSIMトレーの穴に挿し込むだけで大丈夫。
ゼムクリップのように原型を損なうことはありませんので、今後も安全ピンとして使い続けることが可能です。

テクニックその3:画鋲

SIMピンの代用:画鋲

最後にご紹介するのは画鋲。

SIMピンとして代用可能だが、ものによっては入らないかもしれない

画鋲によっても多少の太さが異なると思いますが、今回使用した画鋲はギリギリの太さでした。

画鋲のSIMピンとしての代用は最終手段

それでも思いっきり押しこむことでSIMトレーは開きましたが、プラスチック製のiPhone 5CのSIMトレーの穴が若干拡がってしまったような気がしますので、画鋲を使うのは安全ピンもゼムクリップも無い時の最後の手段にしたほうが良さそうです。

まとめ

今回は3種類の代用品をご紹介しましたが、筆者のおすすめは持ち運びも簡単な安全ピンです。
ほかにも同じような太さの物があれば代用できると思いますのでSIMピンを無くしてしまった際は身の回りにあるもので試してみてください。

ただし、今回ご紹介した方法でSIMトレーを開くことで端末本体や代用品にいかなる不具合が生じてもモバレコ編集部および筆者は一切の責任を負いませんので、あくまでもご自身の責任の範囲内で行っていただくようお願いいたします。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

フリーランスのライター・ブロガー・グラフィックデザイナーなどをしながらフラフラしてます。いろんなガジェットが好きすぎるので、それっぽいブログ「OREGADGET」を運営してます。