もうガラケーでLINEは使えない? ドコモ・au・ソフトバンクのおすすめガラホを紹介!

書いた人: Kawamata

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ガラケー LINE

いまやライフラインの1つとして欠かせないサービスにまで成長したLINE。スマホでは当たり前のように使えていますが、フィーチャーフォン(以下ガラケー)ではどうでしょうか?

結論からいうと2019年9月現在、ガラケーでのLINE利用は不可となっています。ではガラケータイプでは一切LINEはできないのでしょうか?本記事では「ガラケー×LINE」にまつわる疑問を詳しく解説していきます。

※掲載する料金は指定がない限り税抜き表記、記事更新時点となります(2019年9月下旬)。

目次:

ガラケーでLINEは使えない??

ガラケーでLINEは使えない

最初にガラケーでLINEはいつまで使えていたのか、少しだけ振り返ってみたいと思います。

ガラケーのLINEサービスは2018年3月28日に終了

ガラケー版のLINEは2011年からサービスを開始していました。しかし、スマホの普及率が急速に伸びたことと、より良いサービスをスマホ版で提供していくために中止した背景があります。また、サービス停止に至った理由は普及率だけでなくもう1つあります。

3大キャリアはガラケーの製造は中止している

ガラケーを提供していたドコモ、au、ソフトバンクの3社は2017年にガラケーの生産を中止し、それに変わる新しい「ガラホ」と呼ばれる携帯電話に切り替えました。

余談ですがガラケーのなかでも、4Gではなく3G回線を利用したFOMA携帯は2020年代半ば、auのCDMA X1 WINは2022年を目処に停波することが決定しています。もしも現在、3G電波を利用するガラケーを使っているのであれば、早めに機種変更をしたほうがいいかもしれません

LINEが使えるガラホとは一体なに?

ガラホとは

新たな携帯、ガラホとは一体どういったものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ガラホというのは、「ガラケータイプのスマホ」を指します。ガラケーの使用感とスマホの機能性を合わせ持った、新しいタイプの携帯電話のことです。

ガラホとガラケーの違いって?

ガラホとガラケーの大きな違いは、OSとインターネットへの接続方式にあります。ガラケーで利用していたOSは、ガラホになるとAndroidへ変わります。これによりガラホはスマホと同じようにLINEが使えます。

またインターネット通信方式もガラケーではi-mode、EZweb、Yahoo!ケータイとガラケー専用コンテンツを利用していましたが、ガラホはスマホと同じようにインターネット接続を行います。これにより、快適なブラウジングでネットサーフィンを楽しむことができます。

ガラホの魅力はコレだ!

ガラホの魅力はやはりガラケーの操作感でスマホの機能を使えるところにあります。つまり、両方の良いとこ取りということです。便利さと使いやすさを兼ね揃えている、次世代ガラケーと呼ぶに相応しい端末です。

ガラホ×LINEの疑問

ガラホ×LINEの疑問

では実際にガラホでLINEを利用する際はどうしたらよいのでしょうか?ポイントを幾つか挙げてみます。

ガラホでLINEのデータ引継ぎできる??

ガラホでLINEのデータを引継げるかどうかというのは、最も気になるポイントではないでしょうか。ガラホは基本的には、スマホと同じ方法でデータ移行を行います。その際、引き継がれる情報と引き継がれない情報があり、内訳は以下のとおりになります。

●引き継がれる情報

友だち・グループ・プロフィール情報・購入したスタンプ
ひとこと・ホームの投稿・タイムラインの内容

●引き継がれない情報

過去のトーク内容・トーク背景・通知音の設定

ここで注意したいのが、トーク履歴が引き継げないという点。そのため大事なやり取りや残して置きたい内容については、スクリーンショットを利用するなど何かしら別の方法で残すしかありません。

ガラホでLINE通話できる??

トークの引継ぎができないことで、ほかにも機能制限があるのではと思うかもしれませんが、音声通話やビデオ通話は問題なく行うことができます

LINEの利用によるデータ通信量

消費するデータ量についても、スマホとほぼ同じです。音声通話やビデオ通話では使用するデータ量は多くなりますが、トークであれば通信制限が入った状態であったとしても問題なく使うことができます。

LINEが使えるauのおすすめガラホ

続いては、各キャリアごとに販売されているオススメ機種の紹介になります。2019年9月現在auのガラホは全部で10機種あります。今回はおすすめのガラホをピックアップして紹介します。

auのガラホなら「GRATINA KYF39」がオススメ!

GRATINA KYF39
GRATINA KYF39(公式ページ

auのガラホでオススメなのは京セラの「GRATINA KYF39」です。

●GRATINA KYF39 のスペック情報

カメラ画素数 1,800万画素
バッテリー バッテリー容量:1,500mAh
連続通話時間:約610分
連続待受時間:約530時間
サイズ・重量 横幅:約51mm
高さ:約112mm
奥行き:17.4mm
重量:約125g
価格 30,000円

●GRATINA KYF39の機能

・防水 (IPX5/IPX8)
・防塵 (IP5X)
・耐衝撃 (MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ)
・赤外線

au VoLTEに対応し、薄水色・桜色・綿雪・紺碧・墨の5色展開。搭載している機能はシンプルということもあり、大変使いやすいモデルとなっています。パカパカと開閉するタイプは、懐かしくも手に馴染む心地良さを感じられるのではないでしょうか。

auのガラホは他にも種類がいくつかあり、auを代表するガラケーの名機「INFOBAR」や、子供向けのmamorino5。さらにAQUOSやTORQUEといったスマホでもおなじみの端末もガラホとしてラインナップ。他にはないバラエティに富んだ品揃えは大きな魅力といえます。

auガラホの月額料金

auのガラホ料金は本体価格に通話料金プラン、データ通信料金、ISP代金を合算したものが月額の基本料金として請求されます。

GRATINA KYF39の本体価格は32,400円となっており、一括または36回での支払いとなります。36回払いの場合は割引が適用され、機種変更なら450円、MNPなら150円となり、スマホプランとの大きな違いとしてはデータプランと通話プランの組み合わせです。

【通話プラン】

通話プランは定額料金と従量料金があり、これは後述するデータ料金プランによって選べるものが異なります。

通話プラン名 月額料金 特徴 選択可能な
通信料金プラン
スーパーカケホ(ケータイ) サービス適用前
2,700円
 
2年契約適用時
1,200円
1回5分以内の
国内通話無料超過時
20円/30秒
データ定額(1GB/3GB/5GB)またはダブル定額Z(ケータイ)
カケホ(ケータイ) サービス適用前
2,200円
 
2年契約適用時
3,700円
国内通話24時間
かけ放題
データ定額(1GB/3GB/5GB)またはダブル定額Z(ケータイ)
VKプランS サービス適用前
1,996円
 
2年契約適用時
996円
無料通話1,100円
(最大27分)超過時20円/30秒
ダブル定額(ケータイ)
VKプランM サービス適用前
3,240円
 
2年契約適用時
1,620円
無料通話2,600円
(最大65分)
超過時20円/30秒
ダブル定額(ケータイ)
VKプラン サービス適用前
2,200円
 
2年契約適用時
3,700円
【au携帯宛】
1時~21時:無料
21時~1時:20円/30秒
【他社携帯・固定宛】
20円/30秒
ダブル定額(ケータイ)

月額料金は2年契約で割引料金が適用されます。基本的にはスマホの通話プランと同じなので、慣れ親しんだ内容になっているのではないでしょうか。

【データ通信プラン】

利用できるデータプランは容量プランと定額プランの2種類です。

データ容量 月額料金 データくりこし
データ定額1(ケータイ)1GB 2,900円
データ定額2(ケータイ)2GB 3,500円
データ定額3(ケータイ)3GB 4,200円
データ定額5(ケータイ)5GB 5,000円
月額料金 データ通信量
ダブル定額Z(ケータイ) 0円~4,200円
※500KBまで無料
0.03円/KB
ダブル定額(ケータイ) 500円~4,200円
※10MBまで無料
0.02円/KB

ダブル定額プランは従量制プランとなっており、どれだけ使っても最大4,200円となっています。ただ、当月の通信量が2GBを超えると通信制限がかかるため注意したいところです。

●GRATINA KYF39 を利用した際の料金シミュレーション

そこそこネットを利用できるプランデータ定額3(3GB)を選択し、スーパーカケホ(1回5分以内の国内通話無料)と組み合わせた場合の料金サンプルは以下のようになります。

月額料金 (機種変更) 月額料金 (MNP)
通話プラン料金 1,200円 1,200円
データ通信料金 4,200円 4,200円
機種代金 450円 150円
月額合計 5,850円 5,550円

LINEが使えるドコモのおすすめガラホ

ドコモのガラホは全部で4機種販売されており、その中からおすすめのガラホをピックアップして紹介します。

ドコモのガラホは「Mode1 RETRO」がオススメ!

P-smart ケータイ P-01J
P-smart ケータイ P-01J(公式ページ

ドコモのガラホでオススメなのはパナソニックの「P-smart ケータイ P-01J」です。

●P-smart ケータイ P-01J のスペック情報

カメラ画素数 500万画素
バッテリー バッテリー容量:1,800mAh
連続通話時間:約460分
連続待受時間:約610時間
サイズ・重量 横幅:約51mm
高さ:約113mm
奥行き:17.4mm
重量:約132g
価格 28,800円

●P-smart ケータイ P-01Jの機能

・防水 (IPX5/IPX7)
・防塵 (IP5X)
・赤外線
・ワンセグ

発売は2016年ですが、安定した使いやすさのある端末です。デザインはシンプルで、昔ながらのガラケーという雰囲気があり、ガラケーのヘビーユーザーは思わずニヤリとするのではないでしょうか。

ドコモのガラホで他の注目モデルは2019年に発売した、arrows ケータイ F-03LAQUOS ケータイ SH-02Lの2モデルです。どちらもスマホでもお馴染みのモデルであるとともに、FUJITSUとシャープというガラケーでの定番メーカーですので、使いやすさは折り紙付きです。

ドコモガラホの月額料金

ドコモのガラホは新プランに対応しており、3つの料金プランから選択します。一方で新プランは端末割引を受けられません。そうなると「かなり高そう」というイメージがあるかもしれませんが、端末価格は31,104円で支払回数は一括、12回、24回、36回から選択することができます。

支払い方法 料金
一括 31,104円
12回 2,592円/月×12
24回 1,296円/月×24
36回 864円/月×36

スマホと比較すると安いですが、一括で購入するにはやや高く感じます。しかし、3種類の分割プランが用意されているので、自身の経済状況にあったものを選択可能。これなら無理なく手に入れることができるのではないでしょうか。

この端末代金に加え、3つの新料金プランの中から選択します。料金とプランの内訳は以下の通りです。

プラン 利用可能データ量 2年定期契約あり 2年定期契約なし
ギガホ 30GB 6,980円 8,480円
ギガライト 1GB~7GB 2,980円~5,980円 4,480円~7,480円
ケータイプラン 100MB 1,200円 2,700円

どのプランを選択しても家族間通話は無料です。それ以外には20円/30秒かかります。通話かけ放題がセットになったプランはなく、どのプランを選択してもオプションとして追加します。料金は[かけ放題オプション:1,700円]、[5分無料オプション:700円]です。

●P-smart ケータイ P-01J を利用した際の料金シミュレーション

先程のauの料金シミュレーションとほぼ同じ条件になるよう見積もってみます。データ通信3GB(ギガライト)、5分通話無料オプション、端末代金は36回分割。そして 2年契約あり / 2年契約なし で考えた際の月額料金が以下のようになります。

月額料金(2年契約あり) 月額料金(2年契約なし)
通話プラン料金 700円 700円
データ通信料金 3,980円 5,480円
機種代金 864円 864円
月額合計 5,544円 7,044円

LINEが使えるソフトバンクのおすすめガラホ

ソフトバンクのガラホは全部で8機種と比較的多いラインナップを取り揃えています。その中からおすすめのガラホをピックアップして紹介します。

ソフトバンクのガラホは「かんたん携帯10」がオススメ!

かんたん携帯10
かんたん携帯10(公式ページ

ソフトバンクのガラホでオススメなのはシャープの「かんたん携帯10」です。

●かんたん携帯10 のスペック情報

カメラ画素数 800万画素
バッテリー バッテリー容量:1,680mAh
連続通話時間:約750分
連続待受時間:約400時間
サイズ・重量 横幅:約51mm
高さ:約115mm
奥行き:18mm
重量:約127g
価格 30,667円

●かんたん携帯10の機能

・防水 (IPX5/IPX8)
・防塵 (IP5X)
・耐衝撃 (MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ)
・赤外線
・ワンセグ

名前のとおり、かんたんケータイのようにシンプルで使い心地の良いガラホです。また音声が聞き取りやすく、画面に表示される文字サイズも大きくて読みやすいです。さらにあんしんのサポート機能も搭載しています。

なお、ソフトバンクのガラホで注目したいモデルは2019年に発売した、DIGNO ケータイ2AQUOS ケータイ3です。DIGNOケータイ2は防水・防塵・耐衝撃、さらに電池持ちに優れているのが魅力です。AQUOS ケータイ3はかんたん携帯10と同じシャープ製のガラホで、基本スペックは同じでありながらもビジネスなどの利用もでき、デザイン面も洗練されています。

ソフトバンクガラホの月額料金

ソフトバンクのガラホの料金プランは5つ。端末の支払い方法については以下の2つから選択します。

支払い方法 料金
一括 33,120円
48回 690円/月×48

なおソフトバンクでは25ヶ月目以降、残債の支払い不要で買い替えができる「半額サポート+」が用意されており、こちらは毎月390円支払うことで利用することができます。2年目以降もソフトバンクを使う予定があり、さらに端末も引き取ってもらいたいという方にはオススメの割引プログラムです。

ソフトバンクのガラホが利用できるプランは以下のとおりです。

プラン 利用可能データ量 月額料金
基本プラン(音声) 980円
ケータイ100MB 100MB 1,280円
ケータイ1GB 1GB 2,480円
ミニモンスター 0GB~50GB 3,980円~8,480円
ウルトラギガモンスター+ 50GB 7,480円

どのプランを選択しても家族間通話は無料です。それ以外には20円/30秒かかります。通話かけ放題がセットになったプランはなく、どのプランを選択してもオプションとして追加します。料金は[定額オプション:1,500円]、[準定額オプション:500円]です。またソフトバンクは新料金プランに伴い、2年縛りなどと呼ばれる期間拘束がなく、解除料も設定されていません。

●かんたん携帯10 を利用した際の料金シミュレーション

同じような条件で見積もってみます。データ通信3GB(ミニモンスター)、5分通話無料オプション、端末代金は48回分割で考えた際の月額料金が以下のようになります。

通話プラン料金 500円
データ通信料金 7,480円
機種代金 690円
月額合計 8,670円

ケータイ1GB / ミニモンスター / ウルトラギガモンスター+ のプランを契約してから1年間は1年おトク割が適用されます。-1,000円の割引がきくため、実際はもう少し安く始めることができます。そしてソフトバンクではデータ通信をともなわない定額プランも用意されているので、通話だけで使いたいという方はケータイ通話プランを選択するのもいいのではないでしょうか。

LINEが使えるSIMフリーのおすすめガラホ

契約をともなわないSIMフリーガラホとして販売されている端末の種類はそう多くはありません。それ以外の方法としては先に紹介したキャリアの中古端末を購入して、利用したいMVNOのSIMにあった端末を選択するといった方法があります。

SIMフリーのガラホは「Mode1 RETRO」がオススメ!

Mode1 RETRO
Mode1 RETRO

SIMフリーのガラホでオススメなのは「Mode1 RETRO」です。

●Mode1 RETRO のスペック情報

カメラ画素数 800万画素
バッテリー バッテリー容量:1,680mAh
サイズ・重量 横幅:約56mm
高さ:約120mm
奥行き:18mm
重量:約141g
価格 8,000円~

ガラホでは珍しいサブカメラ搭載モデルで、自撮りをすることもできますが、防水防塵や赤外線といった一般的に他のガラホに搭載されている機能はありません。しかし通信方式が4Gだけではなく、2Gや3Gにも対応しているため海外旅行や海外で仕事をしているという方には特にオススメです。

なお、Mode1 RETROはAmazonなどのオンラインショップで購入するため、本体価格は店舗によって異なります

ガラホを使うのに最適なMVNOは?

ガラホでLINEをするならオススメはLINEモバイル一択です。LINEの持つ機能をフルに活用するのであれば、LINEモバイル以外の選択はありません。LINEモバイルでLINEを楽しむのであれば、下記のプランがオススメです。

料金
データSIM 500円
データSIM(SMS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円

どのプランを選択しても1GBのデータ通信が使えるので、LINEのトークはたっぷり楽しむことができるでしょう。また、料金を格段に抑えられるので少しでも安く使いたいという方にはもってこいのプランです。

加えてLINEモバイルは他にも魅力的なプランが多くあるので、自分に最適なものを選択して利用してみてはいかがでしょうか。

→ LINEモバイル 詳細はこちら

まとめ

いわゆるガラケーの生産はすでに終了していますが、ガラホとして新たに進化したことで使いやすさというのは格段にあがったと言えます。また、大手キャリアであってもガラホに向けた料金の安いプランがあり、さらにMVNOの格安SIMを選択することで料金はそれ以上に抑えることができます。

LINEはしたいけどガラケーのまま使い続けたいという方は、ガラホを使うという選択をしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。