カテゴリ: Android

iPhoneからAndroid

iPhoneからAndroidへの乗り換えはおすすめ?流れやデータ移行方法も解説

現在iPhoneを使っているものの、より高いスペックや使いやすさなどを求めて、Androidへの乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか?

中には新機種が出るたびに価格が上がって、機種変更もためらってしまうという方もいらっしゃることと思います。

iPhoneからAndroidへの乗り換えには、以下のようなメリットがあります。

▼ iPhoneからAndroidに乗り換えるメリット

  • さまざまなメーカーから好きな機種を選べる
  • iPhoneを凌駕するスペックの機種も多い
  • Androidスマホでしか使えない機能がある
  • ホーム画面のアレンジがしやすくなる
  • Windowsパソコンとの互換性がよくなる

一方、一部機能が使えなくなったり、移行できないデータがあったりとデメリットも少なくありません。

今回は、iPhoneからAndroidに乗り換えるメリット・デメリットをまとめた上で、どのような人におすすめできるかを解説します。

移行方法やおすすめ機種もご紹介します。この記事を参考に、Androidに乗り換えるべきかを確かめ、スムーズに移行を完了させましょう。

iPhoneからAndroidに乗り換えるメリット

乗り換えるメリット
乗り換えるメリット(引用元:SHARP[1]

iPhoneからAndroidへの乗り換えには、以下のようなメリットがあります。

iPhoneからAndroidに乗り換えるメリット
  • さまざまなメーカーから好きな機種を選べる
  • iPhoneを凌駕するスペックの機種も多い
  • Androidスマホでしか使えない機能がある
  • ホーム画面のアレンジがしやすくなる
  • Windowsパソコンとの互換性がよくなる

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

さまざまなメーカーから好きな機種を選べる

そもそもAndroidとは、Google製のOS(オペレーションソフト)である「Android」を使っているスマホのことです。

一方、iPhoneとはOS・本体ともにApple製のスマホを指します。

【iPhoneとAndroidの製作元の違い】

iPhone Android
OS Appleが製作 Googleが製作
本体 Appleが製作 ・Google
・SONY
・SHARP
・Xiaomi
・Samsung
・OPPOなど各メーカーが製作

Androidスマホはさまざまなメーカーで製作されており、そのぶん機種によって幅広い個性があります。

豊富な選択肢から選べるため、自分にぴったりの一台に巡り合える可能性も高まります。

iPhoneを凌駕するスペックをもった機種も多い

iPhoneはスマホの元祖とも言える存在であり、長らくトップの座に君臨してきました。

しかし、その間Androidもコツコツと進化を続けています。

最近ではカメラ機能・画面の美しさ・使い心地などがiPhoneを上回る機種もあります。

乗り換えてみたらAndroidのほうが気に入る、ということも充分にあり得えますよ。

Androidスマートフォンでしか使えない機能がある

Androidには、iPhoneにはない独自機能も搭載されています。

例として、マルチウィンドウ・micro SD・ゲストモードの3つを見てみましょう。

マルチウィンドウ

画面を分割し、2つのアプリを同時に動かせる機能です。

地図アプリを見ながらメッセージアプリで返信、動画を視聴しながらSNSなど、作業の同時並行も容易です。

micro SD

スマホに差し込んで使う、小型のメモリーカードです。

micro SDの入れ替えにより、スマホ同士やスマホ・パソコン間のデータ移動が簡単に行えます。

ゲストモード

家族や友人にスマホを貸す時に一部機能を制限する機能です。

プライバシーを保ったまま、安心してスマホを貸すことができます。

ホーム画面のアレンジがしやすくなる

Androidのホーム画面では、以下のような幅広いカスタマイズが行えます。

  • アプリやショートカットの追加、削除、移動
  • ウィジェットの追加
  • フォルダの作成
  • 表示方法の切り替え

iPhoneよりアレンジがしやすく、細かいカスタマイズが可能です。

Windowsパソコンとの互換性がよくなる

AndroidスマホとWindowsパソコン間のデータ共有には、Microsoft スマートフォン連携機能(「Windowsにリンク」アプリ)を利用できます。

この機能を利用すれば、Windowsパソコンから以下の操作が行えます。

▼ Microsoft スマートフォン連携でできること

  • Androidスマホの通知管理
  • Androidスマホの写真閲覧
  • Androidスマホに届いたメッセージの確認や返信
  • Androidスマホを介した通話

WindowsパソコンとAndroidスマホの連携が向上し、双方をより便利に使えます。

Windowsパソコンを利用している人は、iPhoneからAndroidへの乗り換えを積極的に検討してみましょう。

iPhoneからAndroidに乗り換えるデメリット・注意点

乗り換えるデメリット・注意点
乗り換えるデメリット・注意点(引用元:docomo[2]

iPhoneからAndroidへの乗り換えには、以下のようなデメリット・注意点があります。

iPhoneからAndroidに乗り換えるデメリット・注意点

  • 使用感が大きく変わる
  • AirdropなどiPhone特有の機能が使えなくなる
  • 移行できないデータがある
  • Macとの互換性が下がる

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

使用感がかなり変わる

iPhoneとAndroidはOSが違うため、使用感も大きく異なります。この点を気にするユーザーが多いでしょう。

たとえば、「起動中のアプリ一覧を表示する」という操作で違いを比べてみましょう。

iPhone

ホームボタンの2度押し、または画面下から中央までのスワイプ

Android

右下のタスク管理ボタンをタップ

このように、基本的な動作一つをとっても使用感が大きく異なります。

長年iPhoneを使ってきた人は、乗り換え後しばらくの間は、違和感を覚えるかもしれません。

AirdropsなどiPhone特有の機能が使えなくなる

AndroidはiPhone特有の以下のような機能に対応していません。

  • Face Time
  • Appleのヘルスケア
  • AirDrop
  • Apple Payなど

これらの機能をよく利用していた人は、乗り換えにより不便になる可能性があります。

なお、iTunesの楽曲はAppleアカウントがあれば引き続き利用できるため心配ありません。

ただしAndroidスマホでiTunesを利用するには別途アプリの用意が必要だったり、PCから同期が必要になりますのでご注意ください。

移行できないデータがある

iPhoneとAndroidはOSが異なるため、一部移行できないデータもあります。

▼ iPhone・Android間の移行ができないデータ

  • SMS
  • MMS
  • iMessage
  • キャリアメール
  • ボイスメモ
  • LINEのトーク履歴
  • Androidにないアプリのデータなど

重要なデータが該当項目に含まれている場合、乗り換えにより思い出の一部が失われたり、不便になる可能性があります。

Macとの互換性が下がる

MacとiPhoneはiCloudを使った自動連携が可能です。

たとえば、iCloudをオンにしたiPhoneで撮影した写真はすぐにMacからも確認できます。

しかしMac → Android間でデータを共有する場合は、ファイル・音楽・写真のそれぞれにGoogleアカウントを設定するか、専用機能をインストールしUSBケーブルで接続しなければなりません。

Macを利用されている人は、Androidへの乗り換えを慎重に検討する必要があります。

iPhoneからAndroidへの乗り換えがおすすめの人

乗り換えがおすすめの人
乗り換えがおすすめの人(引用元:SONY[3]

ここまで解説してきたメリット・デメリットを踏まえ、iPhoneからAndroidへの乗り換えがおすすめの人は以下のとおりです。

▼ iPhoneからAndroidへの乗り換えがおすすめの人

  • 豊富な選択肢から自分にあったスマホを選びたい人
  • 安くスマホを買い替えたい人
  • Windowsパソコンを利用している人
  • iPhoneより安く購入したい人

Androidの魅力は、さまざまなメーカーによる個性豊かな機種・機能の数々です。

豊富な選択肢から自分にあったスマホを選びたい人、安くスマホを買い替えたい人は、乗り換えを前向きに検討してみてください。

Windowsパソコンのユーザーにも、連携のとりやすいAndroidがおすすめです。

また、AndroidスマホはiPhoneよりも安く購入できる可能性が高いのもポイント。

処理能力はiPhoneの方がいいと言われていますが、コスパの良さを求めるならAndroidの方が手を出しやすいでしょう。

iPhoneからAndroidに乗り換える手順

乗り換える手順
乗り換える手順(引用元:楽天モバイル[4]

iPhoneからAndroidに乗り換えは、以下の手順で行います。

➀iPhoneでデータのバックアップ・アプリの引継ぎ設定を行う
通常の機種変更と同じく、事前にデータのバックアップ・アプリの引継ぎ設定を行います。
②Androidスマホを購入
予算や好みにあわせて、新しいAndroidスマホを購入しましょう。
③iPhoneからAndroidにデータ移行
Googleドライブやパソコン、アプリなどを活用して、iPhoneからAndroidにデータを移行します。
④SIMカードを差し替えて初期設定
SIMカードは同サイズであれば、ほとんどの場合そのまま利用できます。詳細については、各通信会社にお問い合わせください。

iPhoneからAndroidへのデータ移行方法

データ移行方法
データ移行方法(引用元:SONY[5]

iPhoneからAndroidへのデータ移行方法は、項目により操作が異なります。

■ 写真・動画の移行方法

  1. iPhoneにGoogleドライブアプリをインストール
  2. 「設定」内の「バックアップ」を選択
  3. 「Googleフォトにバックアップ」をオン
  4. 「バックアップを開始」をタップ
  5. AndroidからGoogleフォトを確認

■ 音楽データの移行方法

  1. iPhoneの「設定」最上部の「Apple ID」をタップ
  2. 「iCloud」を選択
  3. 「iCloudバックアップ」をオン
  4. パソコンにiTunesをインストール
  5. iPhoneで使っていたApple IDにてサインイン
  6. 「アカウント」内の「購入した項目」をクリック
  7. 移行したい音楽データをパソコンにダウンロード
  8. パソコンでGoogle Play Musicを開く
  9. 「音楽のアップロード」を選択
  10. 移行したい音楽データをドラッグ
  11. AndroidからGoogle Play Musicを確認

■ メールの移行方法

  1. Androidのメールアプリを開く
  2. 「アカウント追加」を選択
  3. 移行したいメールサービスを選択
  4. 移行したいメールアカウント・パスワードを入力

※キャリアメールの移行はできません。

■ カレンダーの移行方法

  1. iPhoneにGoogleドライブアプリをインストール
  2. 「設定」内の「バックアップ」を選択
  3. 「Googleカレンダーにバックアップ」をオン
  4. 「バックアップを開始」をタップ
  5. AndroidからGoogleカレンダーを確認

■ 電話帳の移行方法

  1. iPhoneにGoogleドライブアプリをインストール
  2. 「設定」内の「バックアップ」を選択
  3. 「Googleコンタクトにバックアップ」をオン
  4. 「バックアップを開始」をタップ
  5. AndroidからGoogleコンタクトを確認

■ ブックマークの移行方法

  1. iPhoneの「設定」最上部の「Apple ID」をタップ
  2. 「iCloud」を選択
  3. 「Safari」をオン
  4. パソコンに「Chrome」と「Windows用iCloud」をインストール
  5. iPhoneで使っていたApple IDにてiCloudにサインイン
  6. 「ブックマークオプション」の「Chrome」にチェック
  7. 「適用」をクリック
  8. 「ダウンロード」をクリックしてChromeにアドオンを導入
  9. 「Chromeに追加」をクリック
  10. 「拡張機能を追加」をクリック
  11. AndroidからChromeのブックマークを確認

アプリを活用してデータ移行する方法もある

アプリを活用すれば、一部の項目をまとめて移行できます。

今回はキャリアに関係なく使える、おすすめのアプリとして「Yahoo!かんたんバックアップ」「JSバックアップ」をご紹介します。

Yahoo!かんたんバックアップ

開くだけで連絡先・動画・写真をバックアップ、復元できるアプリです。

iPhone版・Android版があるので、iPhoneでバックアップしてAndroidでログインすれば、簡単にデータを移行できます。

5GBまでのデータであれば料金もかかりません。

JSバックアップ

パスワードの設定とQRコードの読み込みで、連絡先・動画・写真・カレンダーを簡単に移行できるアプリです。

PCやクラウドストレージとも連携できます。

通常手順が難しく感じられた人は、アプリの活用も検討してみましょう。

【2022年】おすすめのAndroidスマートフォン6選

スマートフォン6選
おすすめのAndroidスマホをご紹介!(引用元:SHARP[1]

iPhoneからAndroidに乗り換えるなら、以下の6機種がおすすめです。

▼おすすめのAndroidスマホ

  • エントリーモデル
    Xperia Ace Ⅲ、AQUOS wish2
  • ミドルスペックモデル
    OPPO Reno7 A、Xperia 10 IV
  • ハイエンドモデル
    AQUOS R7、Galaxy S22 Ultra

それぞれの特徴やおすすめポイントを、詳しく解説していきます。

エントリーモデル | Xperia Ace Ⅲ

Xperia Ace Ⅲ
Xperia Ace Ⅲ(引用元:SONY[5]

大容量バッテリー・高耐久ガラス・IPX5/IPX8の防水性能と、安心して長く使える機能がそろったSONY製のAndroidスマホです。

片手で操作できるコンパクトボディながら、5.5インチの大画面ディスプレイを搭載しています。

被写体や環境に応じて撮影モードを最適化する「プレミアムおまかせオート」、ハイレゾ対応の高音質な楽曲再生など、SONYならではの魅力もたっぷりと詰まっています。

Xperiaの中ではエントリーモデルと位置付けられており、比較的安い2〜3万円台で購入できます。

Xperia Ace Ⅲのスペックを見る
サイズ (縦)140mm ×(幅)69mm×(厚さ)8.9mm
重さ 162g
CPU Snapdragon 480
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.5インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,300万画素(広角)
前面カメラ 500万画素
バッテリー 4,500mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応

Y!mobileなら
最大36,000円割引!

Sony Mobile
Xperia Ace Ⅲ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

エントリーモデル | AQUOS wish2

AQUOS wish2
AQUOS wish2(引用元:SHARP[1]

シンプルなデザインと防塵・防水・耐衝撃が特徴の、使いやすく安心なSHARP製のAndroidスマホです。

メインカメラ1,300万画素・64GBのストレージと控えめなスペックですが、そのぶん2万円台で購入できます。

iPhoneからのデータ移行についても、「かんたんデータコピー」機能を使えばケーブルを繋いで操作するだけ。それほど難しくありません。

AQUOS wish2のスペックを見る
サイズ (縦)147mm ×(幅)71mm×(厚さ)8.9mm
重さ 162g
CPU Snapdragon 695
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.7インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,300万画素(広角)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 3,730mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応

Y!mobileなら
最大36,000円割引!

SHARP
AQUOS wish2

   

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

ミドルスペックモデル | OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A
OPPO Reno7 A(引用元:UQモバイル[6]

薄さ約7.6mm・軽さ約175gのコンパクトな軽量ボディに、大きな有機ELディスプレイや大容量バッテリーを搭載した、OPPO製のAndroidスマホです。

システム劣化防止機能の採用で、時間が経っても操作のもたつきを感じにくい、快適な使い心地を実現しています。

また、カメラ機能に関しても申し分のないスペックです。

OPPO Reno7 Aのカメラスペック

  • 約4,800万画素の広角レンズ
  • 約800万画素の超広角レンズ
  • 約200万画素のマクロレンズ

そのほか、防水・防塵やおサイフケータイ対応など細かいスペックも充実しています。

格安SIMを中心に、比較的安い2〜3万円程度で購入可能です。

OPPO Reno7 Aのスペックを見る
サイズ (縦)159mm ×(幅)73.4mm×(厚さ)7.6mm
重さ 175g
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.4インチ
LCD(液晶)
最大90Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 4,800万画素(広角)
800万画素(超広角)
200万画素(マクロ)
前面カメラ 1,600万画素
バッテリー 4,500mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応

Y!mobileなら
最大36,000円割引!

OPPO
Reno7 A

端末のご購入はこちら

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

ミドルスペックモデル | Xperia 10 IV

Xperia 10 IV
Xperia 10 IV(引用元:SONY[3]

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、幅67mm・約161gのスリムな軽量ボディを実現した、SONY製のAndroidスマホです。

21:9のワイドな有機ELディスプレイを採用し、動画やゲームにも没頭できる美しい画面を実現しています。

ハイレゾはもちろん、立体音響技術「360 Reality Audio」や「360 Upmix」などに対応しており、楽曲に包まれるような新しい音楽体験が味わえます。

128GBのストレージ・トリプルカメラなど、そのほかのスペックも申し分ありません。

格安SIMからスマホキャリアまで多くの会社で、6〜7万円台で販売されています。

Xperia 10 IVのスペックを見る
サイズ (縦)153mm ×(幅)67mm×(厚さ)8.3mm
重さ 161g
CPU Snapdragon 695 5G Mobile Platform
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.0インチ
フルHD+ 有機EL
背面カメラ 1,200万画素(広角)
800万画素(超広角)
800万画素(望遠)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応

UQモバイルなら
最大22,000円割引

   

Sony Mobile
Xperia 10 Ⅳ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

ハイエンドモデル | AQUOS R7

AQUOS R7
AQUOS R7(引用元:docomo[7]

美しさと耐久性を兼ね備えたボディに、最新のカメラ・通信・ディスプレイを詰め込んだ、SHARPの最高スペックAndroidスマホです。

ドコモの新方式「5G SA」をはじめ各社の主要バンドに対応し、5Gスマホの中でも優れた通信速度を実現しています。

中央に配置されたカメラはセンサーやオートフォーカスが充実しており、誰でも簡単に美しい写真が撮影可能です。

滑らかに動く有機ELディスプレイのほか、高品質なプロセッサ・5,000mAhの大容量バッテリーなどの最新技術を集めた、SHARPの顔とも言える一台です。

大手キャリアなどを中心に、19〜20万円台で販売されています。

AQUOS R7のスペックを見る
サイズ (縦)161mm ×(幅)77mm×(厚さ)9.3mm
重さ 207g
CPU QualcommSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.6インチ
有機EL
最大240Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 約4,720万画素(標準)/ 約190万画素(測距用)
前面カメラ 1,260万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
   
   

SHARP
AQUOS R7

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

ハイエンドモデル | Galaxy S22 Ultra

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultra(引用元:docomo[2]

最新のプロセッサ・ディスプレイ・カメラ・バッテリーを兼ね備えた、Galaxyの最高スペックAndroidです。

Galaxy Noteシリーズでおなじみの「Sペン」を、Galaxy Sシリーズにおいて初めて搭載しました。

Galaxy史上最速のチップでゲームも快適に楽しめるほか、最高1億800万画素のクアッドカメラで一眼レフ並みの写真が撮影可能です。

大手キャリアなどを中心に、18〜20万円台で販売されています。

Galaxy S22 Ultraのスペックを見る
サイズ (縦)163.3mm ×(幅)77.9mm×(厚さ)8.9mm
重さ 229g
CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.1インチ
Quad HD+/Dynamic AMOLED 有機EL
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 1億800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,000万画素(望遠)
1,000万画素(望遠)
前面カメラ 4,000万画素
バッテリー 5000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応

Samsung
Galaxy S22 / S22 Ultra

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

まとめ

まとめ
まとめ(引用元:docomo[2]

AndroidはiPhoneとは異なり、さまざまなメーカーがスマホを製造しています。

そのぶん値段・機能・スペックの幅が広く、豊富な選択肢から自分好みの一台を見つけられます。

安くスマホを買い替えたい人、より自分に合ったスマホを使いたい人は、Androidへの乗り換えを前向きに検討してみましょう。

ただし、Androidの使用感覚は、iPhoneと大きく異なります。Macとの連携がとりにくくなるほか、一部のデータは移行できません。

乗り換えを検討する際には、これらのデメリットにもご注意ください。

iPhoneからAndroidへの乗り換えは、iPhone間の機種変更とほぼ同じ手順で行えます。

Googleドライブやパソコン、アプリなどを活用し、スムーズなデータ移行を目指しましょう。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン