AndroidからiPhoneへ電話帳(連絡先)を移行する方法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
AndroidからiPhoneへ電話帳(連絡先)を移行する方法

AndroidスマートフォンからiPhoneへ乗り換える際に、まずやっておきたいのがデータの移行です。

連絡先・写真・動画・音楽など、はじめに移しておきたいデータは様々にあると思います。当記事ではAndroidからiPhoneへ電話帳(連絡先)を移す方法をご紹介いたします。

初心者の方でもカンタンにデータ移行ができるよう、1つ1つの行程を写真を交えてご説明していきますね。

関連記事:

iPhoneからAndroidへ電話帳(連絡先)を移行する方法
AndroidからAndroidへ電話帳(連絡先)を移行する方法

なおWi-Fiを利用できる環境にあるか、Gmailを普段から利用しているかにより、連絡先のデータ移行の手段は変わってきます。ご自身のご利用状況に合った方法で、データ移行を試してみてください。

Wi-Fiアリ、Gmailアリ
→「Googleアカウント」を使って移行する

Wi-Fiアリ、Gmailナシ
→「JSバックアップ」アプリを使って移行する

Wi-Fiナシ
→「microSDカード」と「パソコン」を使って移行する

※豊富なデータ量を移行する可能性があるため、通信費がかからないよう、できるだけWi-Fi環境の整った場所で行うことを推奨いたします。

今回使用する端末はdocomo「Xperia Z5 Premium SO-03H」(OSはAndroid 5.1.1)とSIMフリーの「iPhone 6s」(OSはiOS 9.2.1)です。
使用する端末やOSのバージョンによって多少表記は異なる場合がございますが、ほぼ同様の手順で操作することができますのでご安心ください。

目次:

Googleアカウントを使って電話帳(連絡先)を移行する

はじめにGoogleアカウントを利用した電話帳(連絡先)の移行方法をご紹介いたします。

Gmailを利用していた方であれば、GoogleアカウントをiPhoneと連絡先を同期させることで、とてもカンタンにデータの移行をすることができます。

Androidスマホでの操作手順

まずはAndroidスマホの設定から行っていきます。

ホーム画面上の「アプリボタン」をタップ後、「設定」を選択してください。

Androidスマホのホーム画面上にある「アプリボタン」をタップし、「設定」をタップAndroidスマホのホーム画面上にある「アプリボタン」をタップし、「設定」をタップ
Androidスマホのホーム画面上にある「アプリボタン」をタップし、「設定」をタップ

次に設定画面上にある「アカウント」をタップした後、「Google」アカウントを選択します。

「設定」をタップ後、「アカウント」 → 「Google」とタップ「設定」をタップ後、「アカウント」 → 「Google」とタップ
「設定」をタップ後、「アカウント」 → 「Google」とタップ

続いて、連絡先を同期したいGoogleアカウントを選択し、「連絡先を同期」がオンになっているかをチェックしましょう。

iPhoneと同期させたいアカウントを選択
iPhoneと同期させたいアカウントを選択

もしOFFになっている場合は、必ずONに設定しなおしてください。

アカウントを選択後、「連絡先を同期」をオンに
アカウントを選択後、「連絡先を同期」をオンに

iPhoneでの操作手順

同期ができたことを確認したら、次はiPhoneを操作していきます。ホーム画面上にある「設定」をタップし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択。

iPhoneのホーム画面上にある「設定」をタップし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択iPhoneのホーム画面上にある「設定」をタップし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択
iPhoneのホーム画面上にある「設定」をタップし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択

「アカウントを追加」をタップし、「Google」アカウントを選択してください。

「メール/連絡先/カレンダー」を選択後、「アカウントを追加」 → 「Google」とタップ「メール/連絡先/カレンダー」を選択後、「アカウントを追加」 → 「Google」とタップ
「メール/連絡先/カレンダー」を選択後、「アカウントを追加」 → 「Google」とタップ

続いて、Androidで使用していた同期させたいGoogleアカウントを入力し、「次へ」をタップします。

Androidスマホと同期させたいGoogleアカウントを入力し、「次へ」をタップ
Androidスマホと同期させたいGoogleアカウントを入力し、「次へ」をタップ

次の画面でパスワードを入力し、「次へ」をタップ。

Googleアカウントのパスワードを入力し、「次へ」をタップ
Googleアカウントのパスワードを入力し、「次へ」をタップ

次に“何を同期するか”の選択肢が現れるので、連絡先にONにし、画面右上の保存をタップします。

「次へ」をタップ後、「連絡先」をオンにし、画面右上の「保存」をタップ
「次へ」をタップ後、「連絡先」をオンにし、画面右上の「保存」をタップ

以上の手順で、AndroidスマホとiPhoneの連絡先の同期が可能となります。

アプリを使って電話帳(連絡先)を移行する

続いてアプリを使った電話帳(連絡先)の移行方法をご説明いたします。ここで使用するのはデータ移行アプリ「JSバックアップ」です。

「JSバックアップ」で電話帳(連絡先)のデータを移行する方法は、Googleアカウントも、SDカードも、パソコンも利用する必要がないため、AndroidスマホとiPhoneのみで連絡帳のデータを移行することができますよ。

Androidでの操作手順

まずはAndroidスマホを用意してください。

GooglePlayより「JSバックアップ」をインストール後、「JSバックアップ」を開きましょう。

Google Playよりインストールした「JSバックアップ」をタップ
Google Playよりインストールした「JSバックアップ」をタップ

次に、画面中央の「かんたんデータ移行」をタップし、「データを取り出す」をタップします。

「JSバックアップ」を開いたら、「かんたんデータ移行」 → 「データを取り出す」をタップ「JSバックアップ」を開いたら、「かんたんデータ移行」 → 「データを取り出す」をタップ
「JSバックアップ」を開いたら、「かんたんデータ移行」 → 「データを取り出す」をタップ

「データを取り出す」を選択したら、次は「無料プラン」をタップします。

「データを取り出す」を選択したら、次は「無料プラン」をタップ
「データを取り出す」を選択したら、次は「無料プラン」をタップ

iPhoneで連絡先データを取り込む際に必要となるパスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップしてください。すると、データの取り出しがスタートします。

パスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップすると、データの取り出しが始まりますパスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップすると、データの取り出しが始まります
パスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップすると、データの取り出しが始まります

実際に試してみたところ、約1秒ほどでデータを取り出すことができました。とてもカンタンです。

データを取り出した後には、画面にQRコードが現れます。このQRコードをiPhoneで読み込むことで簡単にデータを取り出すことができます。

ただし、QRコードを読むこむ前にiPhone側で準備をする必要があるため、まだ使用しません。念のため画面キャプチャを撮るなどして保存しておきましょう。

後でQRコードを読み込むため、画面キャプチャをしておきましょう
後でQRコードを読み込むため、画面キャプチャをしておきましょう

なお無料プランを選んだ場合は、有効期限が1週間となっています。ですので、一度データ移行を始めたらなるべくその日のうちにすべての行程を完了させてしまうことをオススメします。

iPhoneでの操作手順

では次にiPhone側の操作を行っていきます。

まずはiPhone側でも「JSバックアップ」をインストールする必要があります。インストール後、「JSバックアップ」を開いたら、「かんたんデータ移行」をタップします。

「App Store」よりインストールした「JSバックアップ」をタップし、「かんたんデータ移行」をタップ「App Store」よりインストールした「JSバックアップ」をタップし、「かんたんデータ移行」をタップ
「App Store」よりインストールした「JSバックアップ」をタップし、「かんたんデータ移行」をタップ

次に「データを取り込む」をタップし、「QRコード読み取り」を選択してください。

「かんたんデータ移行」を選択後、「データを取り込む」 → 「QRコード読み取り」とタップ「かんたんデータ移行」を選択後、「データを取り込む」 → 「QRコード読み取り」とタップ
「かんたんデータ移行」を選択後、「データを取り込む」 → 「QRコード読み取り」とタップ

続いて、先ほどAndroidスマホ側でキャプチャを撮ったQRコードを表示し、iPhoneで読み取ります。

QRコード読み取り画面に移動したら、Androidスマホに保存したQRコードを読み取りますQRコード読み取り画面に移動したら、Androidスマホに保存したQRコードを読み取ります
QRコード読み取り画面に移動したら、Androidスマホに保存したQRコードを読み取ります

設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップしてください。

Androidスマホで設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップ
Androidスマホで設定したパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップ

なお「JSバックアップ」の連絡先へのアクセスが許可が設定されていない場合は、下記のような画面が現れます。

データ取り込み画面

その場合は「設定を開く」をタップし、「連絡先」の項目をオンに設定してください。

「設定を開く」をタップし、「連絡先」の項目をオンに「設定を開く」をタップし、「連絡先」の項目をオンに
「設定を開く」をタップし、「連絡先」の項目をオンに

「連絡先」の項目をオンに設定したら、「JSバックアップ」アプリに戻り、「データを取り込みスタート」をタップします。すると、データの取り込みが開始されます。

「連絡先」の項目をオンにした後、「JSバックアップ」アプリで「データを取り込みスタート」をタップ「連絡先」の項目をオンにした後、「JSバックアップ」アプリで「データを取り込みスタート」をタップ
「連絡先」の項目をオンにした後、「JSバックアップ」アプリで「データを取り込みスタート」をタップ

「JSバックアップ」アプリを使った連絡先データの移行は以上となります。

microSDカードを使って電話帳(連絡先)を移行する

ここからはmicroSDカードとパソコンを使った連絡先の移行方法をご紹介いたします。こちらの移行方法では、パソコンのインターネット接続は必要になりますが、スマホをWi-Fiに接続せずに電話帳(連絡先)のデータ移行をすることができます。

そのため、ご自宅にWi-Fi環境が整っていない方は、こちらの方法をご活用ください。

Androidスマホ側の操作手順

まずはAndroidスマホ内の連絡先データをmicroSDカードへ移動させる方法から説明していきます。

はじめにmicroSDカードが挿入されているかをチェックしてください。

SIMトレイに対し表記が裏面になるようにセットし、再度端末本体へと挿入します。

microSDカードを裏面にしてSIMトレイにセットした後、端末本体へ挿入
microSDカードを裏面にしてSIMトレイにセットした後、端末本体へ挿入

ホーム画面上の「アプリボタン」をタップ後、「連絡先」を選択。

microSDカードをセットした後、スマホを起動し「アプリボタン」 → 「連絡先」とタップmicroSDカードをセットした後、スマホを起動し「アプリボタン」 → 「連絡先」とタップ
microSDカードをセットした後、スマホを起動し「アプリボタン」 → 「連絡先」とタップ

画面右上にあるメニューマークをタップし、「連絡先エクスポート」を選択します。

「連絡先」を選択後、画面右上のメニューマークをタップし、「連絡先エクスポート」をタップ「連絡先」を選択後、画面右上のメニューマークをタップし、「連絡先エクスポート」をタップ
「連絡先」を選択後、画面右上のメニューマークをタップし、「連絡先エクスポート」をタップ

エクスポート先を問われるので、「SDカード」をタップしましょう。

「連絡先エクスポート」を選択後、データの保存先に「SDカード」を選択
「連絡先エクスポート」を選択後、データの保存先に「SDカード」を選択

すると、microSDカードにエクスポートするかどうかの確認画面が表示されます。連絡先のデータがmicroSDカードのどこに保存されるのかが表示されるので、メモに控えたり、スクリーンショットを撮るなどして必ず覚えておきましょう。

microSDカード内の連絡先データの保存場所を確認しましょう
microSDカード内の連絡先データの保存場所を確認しましょう

保存先を確認したら「OK」を選択してください。

「連絡先」データの保存先を確認し、「OK」をタップ
「連絡先」データの保存先を確認し、「OK」をタップ

以上の行程を踏むことで、Androidスマホの連絡先データをmicroSDカードに移すことができました。

パソコン側の操作手順

続いて、今エクスポートしたデータをパソコンに取り込みます。iPhoneにはmicroSDカードを挿入することができないため、一度パソコンにデータを送ります。

端末に挿入していたmicroSDカードを取り出し、SDカード変換アダプターにセットしましょう。

※「SDアダプタ」とは、microSDカードをSDカードの差込口にも挿入できるよう、SDカードの形状・規格に変換することができる器具のことを指します。

microSDカードをSDカード変換アダプターにセットします
microSDカードをSDカード変換アダプターにセットします

microSDカードをSDカード変換アダプターにセットし終えたら、パソコン側に挿し込んでください。

パソコンにSDカード変換アダプターを挿し込んだら、先ほど確認した場所に連絡先のデータが保存されているので、一時的にデスクトップに貼り付けておきましょう。

取り込んだデータを一時的にデスクトップに貼り付けておきます
取り込んだデータを一時的にデスクトップに貼り付けておきます

次に連絡先のデータをメールでiPhoneへ送ります。

新規作成で今デスクトップにある連絡先データを添付して、iPhoneへ送信してください。

microSD内の連絡先データを、メールに添付しiPhoneへ送信
microSD内の連絡先データを、メールに添付しiPhoneへ送信

iPhone側の操作手順

パソコンから送信したメールをiPhoneで開き、添付ファイルをタップしてください。

iPhoneでメール画面を開き、パソコンから送られてきたメールの添付ファイルをタップ
iPhoneでメール画面を開き、パソコンから送られてきたメールの添付ファイルをタップ

次に「◯◯件すべての連絡先を追加」をタップします。

添付ファイルをタップ後、「○○件すべての連絡先を追加」をタップ
添付ファイルをタップ後、「○○件すべての連絡先を追加」をタップ

「新規連絡先を作成」または「連絡先と結合」のどちらかタップし、「完了」をタップしてください。

既存の連絡先とAndroidスマホにある連絡先を別々にしておきたい場合は「新規連絡を作成」、連絡先をすべてまとめてしまいたい場合は「連絡先と結合」を選択しましょう。

「新規連絡先を作成」または「連絡先と結合」のどちらかタップし、「完了」をタップ「新規連絡先を作成」または「連絡先と結合」のどちらかタップし、「完了」をタップ
「新規連絡先を作成」または「連絡先と結合」のどちらかタップし、「完了」をタップ

microSDカードを使った連絡先データの移行方法は以上となります。

まとめ

連絡先のデータ移行は、スマホを乗り換えるとき以外であまり活用することがありませんが、いざというときに困らないよう手順をしっかり確認しておきましょう。

写真を見ながらでいいので、間違えのないようゆっくりデータ移行を進めてみてください。

また記事の冒頭でもお伝えしましたが、AndroidスマホからiPhoneへ連絡先を移行する場合、ご自身の環境に合わせた移行方法を選択するのがベストです。

・普段からGmailを利用されていて、ご自宅にWi-Fi環境が整っている方
⇒「Googleアカウント」を利用した電話帳(連絡先)の移行方法

・Gmailは利用していないが、ご自宅にWi-Fi環境が整っている方
⇒「JSバックアプリ」アプリを利用した電話帳(連絡先)の移行方法

・ご自宅にWi-Fi環境が整っていない方
⇒「microSDカード」と「パソコン」を利用した電話帳(連絡先)の移行方法

通信費がかからないよう、できるだけWi-Fi環境の整った場所で行うことをオススメします。

こちらも読んでみる:

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ごきげんよう!モバレコ編集部です。みなさん鍋の準備はいいですか? ついにiPhone Xが発売されましたね。Androidの方も冬春モデルとしての発表数がまだ少ないので、この後追加で色々と発表されるのではと予想しております! モバレコ編集部にも新人が追加されるんですよ。スマホも編集部員も新しいメンバー追加ってワクワクしますね! そんなこんなで11月もよろしくモバァ!