実は新品iPhoneと交換できる!意外と知らないエクスプレス交換サービスの便利な使い方

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: まとめ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
実は新品iPhoneと交換できる!意外と知らないエクスプレス交換サービスの便利な使い方

Appleが提供しているサービスの1つである「エクスプレス交換サービス」。

実はエクスプレス交換サービスを利用すれば、修理ではなく、新品のiPhoneと交換することができることをご存知でしょうか。

ここではサービス内容をおさらいした上で、エクスプレス交換サービスの利用方法やメリットについてご紹介します。

エクスプレス交換サービスの3つのメリット

エクスプレス交換サービスの3つのメリット

エクスプレス交換サービスを利用することで、主に下記3つのメリットを得ることができます。

1.修理料金で、新品のiPhoneと交換できる
2.申込後、宅配業者が自宅まで取りに来てくれる
3.iPhoneを手放す期間がなくなる

ここではそれぞれのメリットについてご紹介します。

1. 修理料金で、新品のiPhoneと交換できる

実はAppleが提供しているサービスの中には、iPhoneを新品のiPhoneと交換するというものはありません。しかしエクスプレス交換サービスを利用した場合、修理という名目で、使用中のiPhoneを新品のモデルとして交換してくれます。

つまり修理料金で、新品のiPhoneを手にすることができるということになります。本来iPhoneが故障した場合には、新しいiPhoneモデルに買い換えるか、中古の白ロムを手に入れる必要がありますが、エクスプレス交換サービスを利用すれば、今まで使っていたiPhoneと同じモデルにはなりますが、低価格でiPhoneを手に入れることができるのです。

2. 申込後、宅配業者が自宅まで取りに来てくれる

エクスプレス交換サービスへの申し込みを済ませると、後日Apple指定の業者が自宅まで来てくれます。そのため近くにAppleStoreやApple正規サービスプロバイダがない方でも利用しやすいという利点があります。

3. iPhoneを手放す期間がなくなる

iPhoneを修理するとなれば、修理が終わるまでの期間はスマホを利用できないため、代替機を用意するか、スマホを使わずに過ごさなければなりません。

しかしエクスプレス交換サービスでは宅配業者に故障したiPhoneを渡すだけではなく、その場で新品のiPhoneを受け取ることが可能となります。つまりiPhoneを手放す期間がなくなるというわけです。

また宅配業者は、申込後、約2~3日、最短で翌日に自宅まで着てくれます。そのためiPhoneが全く起動しなくなったとしても、iPhoneを手放している期間を最小限に抑えることができます。

新品のiPhoneはいくらで交換できるの?

新品のiPhoneはいくらで交換できるの?

エクスプレス交換サービスでは修理料金を支払うことで、故障したiPhoneと新品のiPhoneを交換することができます。

では具体的にいくらぐらいの料金を支払う必要があるのでしょうか。サービス利用にかかる費用は下記の通りです。

エクスプレス交換サービス利用料金
モデル 保証対象外修理サービス料金
iPhone 6s Plus 38,800円
iPhone 6s 34,800円
iPhone 6 Plus 38,800円
iPhone 6 34,800円
iPhone SE 31,800円
iPhone 5s 31,800円
iPhone 5c 31,800円
iPhone 5 31,800円

本来の修理サービスであれば、画面が損傷したり、バッテリーが消耗が激しくなったりと、修理内容により料金が異なります。しかしエクスプレス交換サービスの場合は、新品のiPhoneとまるっと交換をすることになるため、画面割れやバッテリー交換の料金ではなく、保証対象外の料金を支払う必要があります。

なおAppleCare +の保証期間が過ぎていたり、AppleCare +未加入の場合は、保証対象外料金と別途で3,300円を支払うことでサービスの利用が可能に。

とはいえiPhoneが故障した際、再度iPhoneを購入しようとすれば、場合により10万円近くを支払はなければなりません。

しかしエクスプレス交換サービスを利用すれば、AppleCare+に未加入でも約3万円~4万円という額で新品のiPhoneを入手できます。

クレジットカードの登録が必要

クレジットカードの登録が必要

エクスプレス交換サービスでは、申込時に必ずクレジットカードを登録する必要があります。

本来であれば、新品のiPhoneの受け取り時に、故障したiPhoneを交換しなければなりませんが、故障したiPhoneを引き渡したくないという場合は、新品のiPhoneの代金を支払うことで継続して故障したiPhoneを手元に置いておくことが可能です。

つまり故障したiPhoneの引渡しが行われないケースに備えて、クレジットカードの承認枠が確保されることになります。

配達業者がAppleへ配送し、確認が取れ次第、承認枠は解除されます。

交換時まで準備しておくこと

交換時まで準備しておくこと

ここではサービスを申し込んだ後、宅配業者が自宅に来るまでの間に、準備すべきことを確認しておきましょう。

iPhoneをバックアップする

新品のiPhoneとの交換となるため、一度交換をしてしまえばデータはすべて紛失してしまいます。そのためiPhoneを起動できる場合は、必ずバックアップを取っておきましょう。

またLINEユーザーの方は、アカウントの引き継ぐための準備を行っておきましょう。

iPhoneのバックアップ、LINEのアカウント引き継ぎの手順については、下記をご参照ください。

関連記事:

新しいiPhoneへデータを移行する方法
LINEのアカウントを引き継ぐための方法まとめ

「iPhoneを探す」をオフに設定する

iPhone交換時には、必ず「iPhoneを探す」をオフにしておく必要があります。その理由は、AppleIDなしでiPhoneを初期状態にすることができなくなるためです。

「iPhoneを探す」をオフに設定していないと、iPhoneの交換ができなくなってしまうので、あらかじめ設定しなおしておきましょう。

「iPhoneを探す」の設定手順:
「ホーム画面」 → 「設定」 → 「iCloud」 → 「iPhoneを探す」をオフに設定

まとめ

満足満足。

iPhoneが故障した際、最新のiPhoneモデルを購入しようとすれば、10万円近い端末代金を支払う必要があります。

一方で修理に出そうとすれば、修理中はiPhoneを使用せずに過ごさなければなりません。

この両者を解決してくれるのが、エクスプレス交換サービスです。

修理サービスの1つであるため、故障したiPhoneを持っていなければ利用できませんが、AppleCare+に加入していなくても、低価格でiPhoneを利用できるのは嬉しいですね。

こちらも読んでみる:

iPhoneの保証は必要? AppleCare+加入時の修理料金とサポート内容まとめ

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?