古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する方法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアのiPhoneからSIMフリーのiPhoneへデータ移行する方法

複数キャリアのSIMに対応したSIMフリー端末が入手しやすくなり、MVNOと呼ばれる低価格キャリアも多数登場している昨今、これまで使っていた大手キャリアのスマートフォンからSIMフリー端末へと移行するユーザーも少なからず増えてきています。

そこでハードルとなるのが、これまで使っていたスマホに保存された連絡先や写真、音楽といったデータの移行です。
大手キャリアでは、連絡先の移行を行うための機器やアプリを用意しており、例えばAndroidからiPhoneへの移行も、比較的スムーズに行えます。ですが、SIMフリー端末への移行となると、基本的に自分でデータを移すことになります。

そこで今回は、データの移行の中でも比較的難易度の低いiPhone同士でのデータ移行の方法を解説していきます。

iTunesを使用したデータの移行方法

iTunes

iPhone同士でデータを移行する場合、もっとも簡単な方法が、PCのiTunesを使用した方法です。

手順としては、PCにiTunesをインストールしている状態で、移行元となるiPhoneとUSBで接続。PCにバックアップを作成した後、PCから新しいiPhoneにデータを復元します。連絡先だけでなく写真や音楽、各種アプリもまとめて移行でき、難しい設定も不要です。
iTunesを利用した場合は、iTunes Storeで購入した以外にCDから取り込んだ楽曲データなども移行ができるため、通常はコチラの方法を推奨します。

以下で詳しく見ていきましょう。

移行元のiPhoneのデータをバックアップ

まずは移行元となる古いiPhoneのデータをPCにバックアップします。iTunesをインストールしてあれば、WindowsでもMacでもどちらでも構いません。
PCとiPhoneを接続したら、iPhoneの設定画面で「今すぐバックアップ」を選択します。その際、バックアップデータの保存先として「このコンピュータ」を選択しておきます。

iTunesのキャプチャ
PCとiPhoneを接続後、アイコンをクリック。
iTunesのキャプチャ
PCに古いiPhoneのバックアップを作成する。
iTunesのキャプチャ
バックアップ終了後、PCとiPhoneを接続解除。

新しいiPhoneにデータを移行する

移行元となる古いiPhoneのバックアップが済んだら、今度は新しいiPhoneをPCと接続します。
接続後、iTunesで「このバックアップから復元」を選び、バックアップデータを指定すると、データの移行が開始されます。
移行が済んだらiPhoneの初期設定を行えば、これまでのiPhoneと同じように利用することができます。

iTunesのキャプチャ
新しいiPhoneを接続しバックアップデータを指定。
iTunesのキャプチャ
新しいiPhoneにデータの復元が開始される。
iTunesのキャプチャ
データの移行が完了したらPCとの接続を解除。

iCloudを利用したデータの移行方法

iCloud

PCを使わずにデータの移行を行いたいユーザーは、iCloudを利用する方法もあります。

iTunesで購入したコンテンツデータ以外は移行できないなどの制限はありますが、連絡先や写真、アプリなど古いiPhoneに入っている主要なデータをiCloudに作成したバックアップから復元が可能です。
Wi-Fiを利用する必要がありますが、ワイヤレスで手軽に行うことができる点がメリットです。

なおTouch IDによる指紋の設定などは再度新しいiPhoneで行う必要があります。

移行元のiPhoneでiCloudにバックアップ

バックアップデータの作成はiPhone上から簡単に行えます。
設定アプリで「iCloud」を選択し、Apple IDでサインインを行った後、「バックアップ」項目を開きます。
続く画面で「今すぐバックアップを作成」を選ぶと、iCloud上にバックアップデータが作成されます。

iPhoneの画面キャプチャ
設定アプリを起動し
iPhoneの画面キャプチャ
iCloudを選択する。
iPhoneの画面キャプチャ
バックアップをタップし
iPhoneの画面キャプチャ
「今すぐバックアップを作成」を選択。

iCloudから新しいiPhoneを復元する

iCloud上にバックアップデータを作成したら、今度は新しいiPhoneでデータの復元を行います。
ここでは新しいiPhoneをリセットした状態で、セットアップから行っていきます。

基本的には画面の手順にそって行えばさほど難しくはありませんが、扱うデータが大きいため、モバイル通信ではなくWi-Fiを利用するようにしましょう。

iPhoneの画面キャプチャ
新しいiPhoneを起動し、設定を開始。
iPhoneの画面キャプチャ
ネットワークの設定でWi-Fiを選択する。
iPhoneの画面キャプチャ
「iCloudバックアップから復元」
をタップする。
iPhoneの画面キャプチャ
続く画面でiCloudにサインインを行う。
iPhoneの画面キャプチャ
iCloudのバックアップデータを選択する。
iPhoneの画面キャプチャ
復元が開始されるので待機。
終了後は自動的に再起動される。
iPhoneの画面キャプチャ
再起動後、初期設定が再開される。
iPhoneの画面キャプチャ
再度iCloudのパスワードを入力する。
iPhoneの画面キャプチャ
iPhoneが起動しアプリが自動的に
再インストールされれば移行完了。

iCloudバックアップ利用時の注意点

Wi-Fi経由で定期的にiPhoneのバックアップができて便利なiCloudバックアップですが、無料で利用できる容量は5GBまでと制限があり、写真やアプリなどが増えてくると、だんだんと容量が圧迫されていきます。
容量が足りなくなると、iCloudバックアップ作成時に「Not Enough Storage」というアラートが表示され、バックアップが中断されます。

これを回避するためには、アプリや写真、ビデオといったiPhoneに保存されているデータを整理する必要がありますが、手間なくバックアップを行うなら、有料ストレージの購入も検討しましょう。
容量のアップグレードは20GBで月額100円、200GBで月額400円と以前に比べてかなり価格も抑えられており、今後定期的にiPhoneをバックアップするにも十分な容量が確保できます。

なお、容量を占有する写真のバックアップは別のサービスで行うといった場合は、バックアップ項目から除外することも可能です。

iPhoneの画面キャプチャ
iCloudの容量が不足するとアラートが表示される。
iPhoneの画面キャプチャ
追加で容量を購入する場合は「容量」をタップ。
iPhoneの画面キャプチャ
「さらに容量を購入」を選択。
iPhoneの画面キャプチャ
20GB〜1TBで月額100円〜2400円まで
4つのプランを用意。
iPhoneの画面キャプチャ
「ストレージの管理」で
バックアップ項目を除外できる。
iPhoneの画面キャプチャ
バックアップする端末を選択する。
iPhoneの画面キャプチャ
チェックを外した項目はバックアップの対象外に。

まとめ

今回はiPhone同士のデータ移行を重点的に解説しました。PCでiTunesを使えばスムーズですが、環境がない人でもiCloudを用いることで端末だけで最低限の移行ができるはずです。

SIMフリー端末を利用する場合にはほかにも、APNの設定など注意すべき点がありますが、利用するキャリアにより設定内容は異なりますので、そちらは利用するSIM事業者のサイトなどで確認を行って下さい。

次回は、iPhoneからAndroidへの移行方法について解説していきたいと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!