iPhoneをSIMフリー版で運用するメリット・デメリットを解説 キャリア版との違いは?

書いた人: Jetstream

カテゴリ: iPhone



iPhone キャリア・SIMフリー

iPhoneはキャリアモデル・SIMフリー版・SIMロック解除したキャリアモデルの大きく分けて3種類から選ぶことができます。

SIMフリー版は、従来Appleストアのみで購入できましたが、2019年11月からは、ビックカメラとヨドバシカメラでもSIMフリー版のiPhone単体購入ができるようになりました

キャリアモデルは、一部端末代金の免除を受けられ、実質的に端末代金を安価に抑えられるという利点があります。

一方でSIMフリー版のiPhoneは、好きなキャリアや格安SIMで、自分の使い方に応じて自由に運用できる点が利点ですが、iPhone本体の値引きなどはなく、定価で購入する必要があるので、端末代金はキャリアで割引プログラムを利用する場合よりも高くなります。

つまり、それぞれ一長一短というわけですね。

ちなみにキャリアで適用できる割引プログラムは、一定期間利用後に再度端末をキャリアに返却することが条件であり、返却あるいは割引プログラムを利用しなければ結果的にSIMフリー版でiPhoneを購入するよりも端末代金が高くついてしまう場合も。

今回はiPhoneをSIMフリーモデル(格安SIM)でiPhoneを運用する場合のメリットとデメリットをキャリアモデル(ドコモ・au・ソフトバンク)で運用する場合との違いに触れながら詳しく解説させていただきます。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

キャリアでiPhoneを運用する場合のメリットは?

iPhoneをキャリアで購入して運用するメリットは多い
iPhoneをキャリアで購入して運用するメリットは?

iPhoneをSIMフリー版で購入して利用するメリット・デメリットを知る前に、キャリア版でiPhoneを購入するメリット・デメリットを把握しておきましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアモデルiPhoneを購入して運用する際のメリットは、主に以下の3つです。

★メリットまとめ

・各種割引プログラムがある
・キャリア独自のiPhone補償サービス

メリット①:各種割引プログラムがある

iPhoneのキャリアモデルを購入する場合、端末に対する割引が行われる点もキャリアのメリットです。2020年5月現在、各社で行っているキャンペーンを簡単にまとめたものが以下になります。

【ドコモ】

<スマホおかえしプログラム>

プログラム加入者が36回分割払いで購入した対象機種をドコモへ返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。

適用条件はありますが、本来の機種代金の3分の1が免除されるということになります。

【au】

<かえトクプログラム>

端末ごとに”残価”が設定されており、残価を除いた分を23回分割で分割で購入し、25ヶ月目以降に端末をauに返却することで残価分が免除されるプログラムです。

残価設定型の割引プログラムは国内通信事業者ではauのみが実施しています。

【ソフトバンク】

<トクするサポート>

48回割賦で購入できるSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを対象したサービスです。

25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。つまり最大で元値の半額で端末を購入することができます。(※毎月390円のプログラム利用料が別途発生します。)

2020年3月27日以降に発売された機種は、プログラム利用料が発生しない「トクするサポート+」が適用できますが、現在販売中のiPhoneは全て「トクするサポート」が適用できます。

これらのような割引はApple StoreでSIMフリー版を購入する場合は無く、機種代金だけを見ればキャリアで購入する方が安く購入できます。

メリット②:キャリア独自のiPhone補償サービス

ケータイ補償サービス 画像
キャリア補償でさらに手厚いサポート

iPhoneにはApple独自の補償サービス「AppleCare(1年)」と「AppleCare+(2年)」が用意されていますが、ドコモ・au・ソフトバンクでは更に独自の補償サービスも用意しています。

各社で行っているキャンペーンをまとめたものが以下になります。

【ドコモ】

<ケータイ補償サービス>

水濡れ、紛失、全損など、全てのトラブルによってスマホが使えなくなったときの補償を提供するサービスです。

補償対象のスマホが壊れたときは一定期間内は無償で修理可能なほか、「ケータイデータ復旧サービス」の代金を割引してもらうこともできます。

【au】

< AppleCare+ & au端末サポート >

Appleの正規サービス「AppleCare+」が受けられ、また「AppleCare+」による2年間の保証終了後も、継続して2年間auが同等のサービスを提供するというサポートです。

さらに、iPhoneを紛失した際に電話一本で新品同等のものを受取ることができる補償がセットになっています。

【ソフトバンク】

<あんしん保証パック with AppleCare Services>

ソフトバンクで購入したiPhone、iPadが対象となる端末保証サービスです。
AppleCare+ 同等の保証に加え、紛失した際の端末交換や、画面割れ、水濡れなど故障した際の修理をソフトバンクオリジナルのサポートで対応してもらえます。

各キャリアの補償サービスは、それぞれ内容は異なりますがAppleCareでは足りていない部分を補うような手厚い補償サービスとなっています。

キャリアでiPhoneを運用する場合のデメリットは?

キャリアiPhoneは運用料金がネック
キャリアiPhoneは運用料金がネック

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアモデルiPhoneのメリットの一方で、デメリットとなる点は以下が主に挙げられます。

★デメリットまとめ

・格安SIMよりも通信費用は高い
・割引プログラムは端末を返却しなければいけない

デメリット①:格安SIMよりも通信費用は高い

運用費用が高いのは悩ましいこと
運用費用が高いのは悩ましいこと

キャリアの回線は安定していて速度も気にする必要がない分、運用費用が高くなります。特に2~5GB辺りのプランの運用費用は格安SIMの倍以上です。

ドコモでiPhone 11をセット契約した場合と、iPhone 11をApple Storeで単体購入し、LINEモバイルのSIMとの組み合わせで利用した場合の料金比較シミュレーションを行います。

  ドコモ LINEモバイル
料金プラン
音声+〜3GB
ギガライト(〜3GB)
4,378円/月×24
ベーシックプラン(3GB)
1,628円/月×24
iPhone 11
64GB
50,746円 ※1 82,280円
合計 155,818円 121,352円
差額 34,466円

※全て税込表記
※1:スマホおかえしプログラム適用時(24か月目に端末を返却した場合)

各キャリアは格安SIMに対抗するようなプランや割引サービスを提供はしていますが、それでも格安SIMには及ばないのが現実です。

たとえ割引プログラムを適用したとしても、キャリアで運用する場合は通信費が高いので、結果的に毎月結構な額を支払わなければいけなくなるというわけです。

デメリット②:割引プログラムは端末を返却しなければいけない

キャリアでは割引プログラムを利用して、iPhoneをお得に利用することが可能ですが、それは一定期間利用した後に再度購入元のキャリアに端末を返却することが条件です。

返却しない場合は結果的にSIMフリーでiPhoneを単体購入する場合よりも料金が高くなります。

  ドコモ Apple Store
iPhone 11 87,120円 82,280円

2年スパンで最新iPhoneに切り替えたい人にとってはメリットがありますが、そこまで頻繁にスマホを変えることない人にとっては少しデメリットとなるかもしれません。

SIMフリーでiPhoneを運用するメリットは?

SIMフリーは正にフリー
SIMフリーは正にフリー

これまでiPhoneのキャリアモデルのメリット・デメリットを解説してきましたが、次にSIMフリー版のメリット・デメリットを解説していきます。

まずiPhone SIMフリー版のメリットは以下が挙げられます。

★メリットまとめ

・格安SIMで利用料金をおさえることができる
・自分の使い方に合わせて運用しやすい

メリット①:格安SIMで利用料金をおさえることができる

運用費用は激安
運用費用は激安

タダでさえ本体代金が高いiPhoneを安く運用するために、SIMフリー版のiPhoneでは格安SIMでの運用が必要不可欠です。

SIMフリー版のiPhoneは本体価格の割引が用意されていないことが多いですが、その分格安SIMで毎月の運用費用を安くすることができます。

iPhoneをセットで販売しているMVNOは以下の通りです。

Apple
iPhoneシリーズ

販売サイトはこちら

メリット②:自分の使い方に合わせて運用しやすい

使い方に合わせて自由にSIMを選択!
使い方に合わせて自由にSIMを選択!

SIMフリー版のiPhoneには、SIMロック解除がかかっていないので、自分の使い方に最適なSIMを自由に契約・変更して利用することが可能です。

キャリア版の場合には、SIMロック解除をしない限り、同回線を使用したプランでしか利用することができません。

現在ではSIMロック解除の条件も緩和し、安易にロック解除をすることが可能ですが、少し手間が発生します。

SIMフリーでiPhoneを運用するデメリットは?

iPhone SIMフリー版のデメリットは?
iPhone SIMフリー版のデメリットは?

SIMフリー(格安SIM)でiPhoneを運用するデメリットには以下が主に挙げられます。

★デメリットまとめ

・速度が安定しないことがある
・キャリアメールやLINEの年齢認証が使用できない
・端末代が高い

デメリット①:iPhoneのパフォーマンスを発揮しきれない可能性あり

速度が不安定な場合も
速度が不安定な場合も

新規でSIMフリーiPhoneを購入する場合は、料金的な側面から格安SIMとセットで利用するケースがほとんどになってくると思います。

格安SIMは大手キャリアの通信の一部を使って提供されている仕組み上、利用が混み合う時間帯や地域によって著しく速度が低下する場合があります。

iPhoneは高品質なチップが組み込まれており、データを処理する速度は速いですが、通信速度が遅くては意味をなし得ません。

最高の通信と処理環境で利用するには、キャリアでiPhoneとSIMを契約するのがベストなのです。

デメリット②:SIMと端末の請求が別になる

例外として、格安SIMでもiPhoneをセット販売している業者もありますが、Apple StoreでiPhoneを購入し、SIMを別で契約する場合には基本的には端末とSIMの請求が別々となります。

請求元を一本化したい場合には、キャリアもしくはMVNOでセット契約することをおすすめします。

デメリット③:端末代が高い

Appleオンラインストア取り扱いiPhone
端末単体価格は高い

キャリアとSIMフリーの「iPhone 11」の本体代金比較をみてみましょう。以下、販売価格の比較表です。キャリア版は各社端末割引サービスを適用した場合の2年間の実質負担金額(税込)を記載しています。SIMフリー版はAppleで販売されている価格(税込)を記載しています。

iPhone 11 64GB 128GB 256GB
ドコモ 50,746円 56,026円 63,946円
au 53,935円 56,810円 63,250円
ソフトバンク 44,640円 47,520円 54,000円
SIMフリー 82,280円 87,780円 99,880円

※金額は全て税込み

最終的な実質負担金額が大きく違ってきます。2年間の利用として、プラン料金との合算が果たして4万円以上の差を格安SIM+iPhoneが埋められるのかというところがポイントです。

新たな選択肢「楽天モバイル」

楽天モバイル
2020年4月8日からサービスを開始した楽天モバイル

2020年4月8日より、本格的なMNOサービスを開始した「楽天モバイル」。ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアよりも、月額料金が安く、iPhoneを使う場合は格安SIMと同じようにSIMフリー版またはSIMロック解除したキャリアのiPhoneで利用するという、キャリアながら格安SIMのよさを持った通信事業者です

楽天モバイルの特徴と楽天モバイルでiPhoneを使う注意点を簡単にまとめてみます。

・シンプルな料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の特徴

月額料金 月額:2,980円(税抜)
※先着300万名対象で1年間無料
データ通信量 ・楽天回線エリア:完全使い放題
 
・パートナー回線接続時:5GB / 月
※5GB使い切っても最大1Mbpsで使い放題
通話 「Rakuten Link」アプリ利用で国内通話かけ放題
※アプリ未使用時は30秒/20円

※Rakuten UN-LIMITのプラン契約解除料は無料

上記のように、楽天モバイルの料金プランはシンプルで「Rakuten UN-LIMIT 2.0」の1つしかありません。楽天回線のエリア内であればデータ通信は無制限で利用することができます。

楽天回線エリア外だと、KDDI網のパートナー回線で使うことができ、データ通信量が5GB / 月になります。データ通信は使い切っても、1Mbps以上の速度で上限なしで利用することも可能。さらに、通話アプリの「Rakuten Link」を連携して使えば通話もかけ放題になります。

そんな楽天モバイルで、注意しておきたいところは「エリア」「対応端末」です。

エリア

楽天回線エリアは都内近郊、名古屋、大阪を中心に順次拡大中ですが、契約前には必ず自身の生活圏内でエリア対応しているか確認しておきましょう。
 
※参考:通信・エリア | 楽天モバイル

対応端末

下記の端末が対応端末となっています。その他は動作保証外とっています。
 
・AQUOS zero SH-M10
・AQUOS R2 compact SH-M09
・AQUOS sense2 SH-M08
・AQUOS sense plus SH-M07
・AQUOS R compact SH-M06
・AQUOS sense lite SH-M05
・Reno 10x Zoom
・AX7
・R17 Pro
・Find X
・HUAWEI P30 lite
・HUAWEI nova lite 3

このように、公式が発表する対応端末にiPhoneはありません。iPhone XR以降の機種であれば利用はできますが、動作保証外で利用は自己責任になります。

今ならプラン料金1年間無料のキャンペーンを行なっているので、iPhoneでの動作確認が不安な方もこの機会に試しで使ってみるのもおすすめです。

以下記事で実際にiPhoneで楽天モバイル(UN-LIMIT)を利用したレビューや注意点を詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

●300万名限定!プラン料金1年間無料
●事務手数料3,300円分ポイントプレゼント
●オンライン契約で3,000ポイントプレゼント
●Rakuten UN-LIMIT対象製品購入でポイント還元キャンペーン
●夏のスマホ大特価キャンペーン

【最新情報】iPhone SE(第2世代)販売中!

iPhone SE(第2世代) 画像

2020年4月20日(月)10:00から、ドコモ・au・ソフトバンクにて「iPhone SE(第2世代)」の予約受付、発売が2020年5月11日(月)にスタートしました。

各種キャンペーンや端末購入補助プログラムに加入することで、SIMフリー版よりも格安で利用することが可能です。

詳細は以下より公式サイトにてチェックしてみて下さい!

Apple
iPhone SE
(第2世代)

端末のご購入はこちら

まとめ

補償や同じ回線で長期利用する場合はiPhoneのキャリアモデルを選択すべきで、月々の運用料金や他社への乗り換えなども視野に入れた運用なのであればiPhoneのSIMフリー版を選択すべきでしょう。

SIMフリー版のiPhoneは一見高額に見えますが、格安SIMを利用すれば月額料金が抑えられるので、長期的にみればキャリアモデルのiPhoneよりも安価になる点も抑えておくべき項目です。

ぜひ今回の内容を参考にしていただければと思います。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Jetstream

Jetstream

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン