iPhoneはキャリアかSIMフリー版のどっちがお得? それぞれのメリット・デメリットをチェック!

書いた人: Jetstream

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneはキャリアかSIMフリー版のどっちがお得? それぞれのメリット・デメリットをチェック!

iPhoneはキャリアモデル・SIMフリー版・SIMロック解除したキャリアモデルの大きく分けて3種類から選ぶことができます。SIMフリー版は、従来Appleストアのみ購入できましたが、2019年11月からは、ビックカメラとヨドバシカメラでもSIMフリー版のiPhoneの購入ができるようになりました

キャリアモデルはキャリアの回線と同時契約となる変わりに、iPhone本体の価格が値引きされたり、一部免除されるなど、回線と一緒に使い続けることで割引を受けられるという利点があります。

一方でSIMフリー版のiPhoneはキャリアにとらわれず、好きなキャリアや格安SIMで運用できる点が利点ですが、キャリアの回線契約を行わないのでiPhone本体の値引きなどはなく、そのままの金額で購入する必要があります。

つまり、それぞれ一長一短というわけですね。

ちなみにSIMロック解除したキャリアモデルもSIMフリー版と同様に好きなSIMで運用することは可能ですが、元の回線契約を解約したり他社に乗り換えたりしてしまうと、割引が解除されて契約解除金などと共に支払わなくてはいけなくなります。

今回はキャリアモデル(ドコモ・au・ソフトバンク)とSIMフリーモデル(格安SIM)でiPhoneを運用する、それぞれの場合でのメリットとデメリットを詳しく解説させていただきます。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

キャリアでiPhoneを運用する場合のメリット

iPhoneをキャリアで購入して運用するメリットは多い
iPhoneをキャリアで購入して運用するメリットは多い

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアモデルiPhoneを購入して運用する際のメリットは、主に以下の3つです。

★メリットまとめ

・安定した通信速度
・各種割引サポートがある
・キャリア独自のiPhone補償サービス

キャリアでiPhoneを運用する場合のメリット① 安定した通信速度

速いは正義
速いは正義

格安SIMでは満たすことができないキャリアのメリットといえば、やはり安定した通信速度で快適に利用できる点といえるでしょう。特に回線が混みあいがちな朝・昼・夕方の時間帯も通信速度を気にすることなく動画視聴などを行うことができます。

また最近では10GB以上の大容量プランもそれなりに安価に提供されているので、速度だけでなく通信量もあまり気にする必要はなくなっています。

iPhoneをキャリアで購入して運用すれば、このメリットの恩恵を受けることができ、iPhoneのポテンシャルを存分に生かすことができるわけです。

キャリアでiPhoneを運用する場合のメリット② 各種割引サポートがある

アップグレードプログラムNX 画像
各種サポート

iPhoneのキャリアモデルを購入する場合、端末に対する割引が行われる点もキャリアのメリットです。2020年1月現在、各社で行っているキャンペーンを簡単にまとめたものが以下になります。

【au】

<アップグレードプログラムNX>

条件を満たせば今まで使っていた機種の変更代金の支払いをauが負担してくれて、新しい機種に変更できるというプログラムです。
具体的には対象機種を36回払いで購入し、24回分まで端末代金を支払って古い端末を回収してもらい、機種変更すると最大12ヶ月分の残りの支払代金が不要になるというものです。

【ドコモ】

<スマホおかえしプログラム>

プログラム加入者が36回分割払いで購入した対象機種をドコモへ返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。
適用条件はありますが、本来の機種代金の3分の1が免除されるということになります。

【ソフトバンク】

<トクするサポート>

48回割賦で購入できるSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを対象したサービスです。
25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。つまり最大で元値の半額で端末を購入することができます。

これらのような割引はApple StoreでSIMフリー版を購入する場合は無く、機種代金だけを見ればキャリアで購入する場合よりも実質的な負担が大きくなります。

キャリアでiPhoneを運用する場合のメリット③ キャリア独自のiPhone補償サービス

ケータイ補償サービス 画像
キャリア補償でさらに手厚いサポート

iPhoneにはApple独自の補償サービス「AppleCare(1年)」と「AppleCare+(2年)」が用意されていますが、ドコモ・au・ソフトバンクでは更に独自の補償サービスも用意しています。
各社で行っているキャンペーンをまとめたものが以下になります。

【au】

< AppleCare+ & au端末サポート >

Appleの正規サービス「AppleCare+」が受けられ、また「AppleCare+」による2年間の保証終了後も、継続して2年間auが同等のサービスを提供するというサポートです。
さらに、iPhoneを紛失した際に電話一本で新品同等のものを受取ることができる補償がセットになっています。

【ドコモ】

<ケータイ補償サービス>

水濡れ、紛失、全損など、全てのトラブルによってスマホが使えなくなったときの補償を提供するサービスです。
補償対象のスマホが壊れたときは一定期間内は無償で修理可能なほか、「ケータイデータ復旧サービス」の代金を割引してもらうこともできます。

【ソフトバンク】

<あんしん保証パック with AppleCare Services>

ソフトバンクで購入したiPhone、iPadが対象となる端末保証サービスです。
AppleCare+ 同等の保証に加え、紛失した際の端末交換や、画面割れ、水濡れなど故障した際の修理をソフトバンクオリジナルのサポートで対応してもらえます。

各キャリアの補償サービスは、それぞれ内容は異なりますがAppleCareでは足りていない部分を補うような手厚い補償サービスとなっています。

キャリアでiPhoneを運用する場合のデメリット

キャリアiPhoneは運用料金と契約期間がネック
キャリアiPhoneは運用料金と契約期間がネック

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアモデルiPhoneのメリットの一方で、デメリットとなる点は以下が主に挙げられます。

★デメリットまとめ

・格安SIMよりも通信費用は高い
・契約期間の縛りがある

キャリアでiPhoneを運用する場合のデメリット① 格安SIMよりも通信費用は高い

運用費用が高いのは悩ましいこと
運用費用が高いのは悩ましいこと

キャリアの回線は安定していて速度も気にする必要がない分、運用費用が高くなります。特に2~5GB辺りのプランの運用費用は格安SIMの倍以上です。10GB以上の大容量プランであればそれらのプランと比べて運用費用は高くありませんが、格安SIMの大容量プランと比べるとこれまた高めです。

各キャリアは格安SIMに対抗するようなプランや割引サービスを提供はしていますが、それでも格安SIMには及ばないのが現実です。

iPhoneはただでさえ本体代金が高額になるので、キャリアでは高い運用費用も上乗せされて、結果的に毎月結構な額を支払わなければいけなくなるというわけです。

キャリアでiPhoneを運用する場合のデメリット② 契約期間の縛りがある

キャリアは囲い込みの施策が強い
キャリアは囲い込みの施策が強い

以前はキャリアモデルは基本的に2年ごとの更新契約、つまり2年縛りという囲い込みがありました。しかし、2019年10月にキャリア各社が新料金プランを発表したことで解約金の見直しが行われ、契約期間の縛りが緩和されました。

対象 2年契約 違約金
au 以下のプランを契約したユーザー
auデータMAXプラン Netflixパック
新auピタットプランN
auピタットプランN(s)
auフラットプラン7プラスN
auフラットプラン20N(シンプル)
auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)
auデータMAXプランPro
あり
2年契約の場合、月額料金が170円/月 割引される
2年契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円
 
※対象プラン以外の契約ユーザーの解約金は9,500円
ドコモ 10/1以降に
「ギガホ」
「ギガライト」
「ケータイプラン」
を契約したユーザー
あり
2年契約の場合、月額料金が170円/月 割引される。
※2019年9月30日以前に契約したユーザーの割引は1,500円。
2年契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円
 
※2019年9月30日以前に契約したユーザーの解約金は9,500円
ソフトバンク 9/13以降に
申し込みをしたユーザー
なし なし
※従来のプランの場合、今まで通り2年契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は9,500円(プランにより解約金は異なる)

※価格は全て税抜き

どのキャリアも10月1日以降に契約したプランで適応になるので、適応前のプランを継続した場合は、以前の契約解除料が発生するので注意してください。

SIMフリーでiPhoneを運用するメリット

SIMフリーは正にフリー
SIMフリーは正にフリー

これまでiPhoneのキャリアモデルのメリット・デメリットを解説してきましたが、次にSIMフリー版のメリット・デメリットを解説していきます。

まずiPhone SIMフリー版のメリットは以下が挙げられます。

★メリットまとめ

・通信料金は安い
・契約期間の縛りがない

SIMフリーでiPhoneを運用するメリットまとめ① 格安SIMで利用料金が安くなる

運用費用は激安
運用費用は激安

タダでされ本体代金が高いiPhoneを安く運用するために、SIMフリー版のiPhoneでは格安SIMでの運用が必要不可欠です。SIMフリー版のiPhoneは本体価格の割引が用意されていないことが多いですが、その分格安SIMで毎月の運用費用を安くすることができます。

SIMフリーでiPhoneを運用するメリットまとめ② 契約期間の縛りがない

縛られない!自由だー
データ通信SIMは契約期間の縛りがない

格安SIMは、データ通信SIMの場合には最低利用期間がなく、音声通話SIMの場合でもブランドによっては最低利用期間が設定されていません。例えばmineoは音声通話SIMの最低利用期間なしです。

より安い格安SIMやより高速で安定している格安SIMに気軽に乗り換えることができる点が格安SIMのメリットで、そのSIMにとらわれない自由な使い方がメリットと言えるでしょう。

機種とプランの支払いが分離しているので、柔軟に機種やプランを変えていきたい人にはおすすめです。

SIMフリーでiPhoneを運用するデメリット

iPhone SIMフリー版のデメリットは?
iPhone SIMフリー版のデメリットは?

SIMフリー(格安SIM)でiPhoneを運用するデメリットには以下が主に挙げられます。

★デメリットまとめ

・速度が安定しないことがある
・キャリアメールやLINEの年齢認証が使用できない
・端末代が高い

SIMフリーでiPhoneを運用するデメリット① 速度が安定しないことがある

速度が不安定な場合も
速度が不安定な場合も

通信速度の安定性は格安SIMの永遠のテーマと言えるでしょう。もともとキャリア回線の一部を借り入れて運用しているのが格安SIMなので、キャリアよりも高速で安定した通信となることはあり得ません。どれだけキャリアのに近づけるかが勝負所です。

ただやはり元キャリアの回線が優遇されるので、混みあう時間帯にストレスが溜まってしまうことは否めないでしょう。せっかく最新のiPhoneをSIMフリーで購入したにも関わらず、快適な通信で運用できないことがあるのがマイナス点です。

モバレコでは独自のシステムを用いて24時間365日、格安SIM各社の快適さを計測しています。通信のつながりやすさ、動画再生の安定性など計7項目を総合的に評価した“24時間速度ランキング”もぜひ参考にしてみてください。

モバレコ格安SIM 24時間速度ランキング
複合的な総合速度測定!ランキングは毎週更新!

SIMフリーでiPhoneを運用するデメリット② キャリアメールやLINEの年齢認証が使用できない

LINEの年齢認証が出来ない
LINEの年齢認証が出来ない

近頃は@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jp・@softbank.ne.jpといったキャリアメールを活用しているユーザーもあまりいないかと思われますが、格安SIMではキャリアメールを利用することはできません。

格安SIMでもフリーメールなどが用意されている場合もありますが、気軽に他社に乗り換えることができる格安SIMのメールアドレスを長く運用するというのも、あまり現実的とは言えないですよね。

そして一部のユーザーにとっては格安SIM最大のデメリットとなるのが、LINEの年齢認証問題です。LINEの年齢認証は基本的にキャリアの認証を利用するため、格安SIMにすることで年齢認証を行うことができなくなります。

格安SIMでLINEの年齢認証をサポートしているのはLINEモバイルのみです。この辺も格安SIMの永遠のテーマと言えるかもしれません。

SIMフリーでiPhoneを運用するデメリット③ 端末代が高い

Appleオンラインストア取り扱いiPhone
とにかく高い

一部の格安SIMでは数年の契約を前提とした端末割引サービスが用意されていますが、あくまでも格安SIM指定の端末に対する割引となります。

最新のSIMフリーのiPhoneを格安SIMで運用する場合、以前はAppleからSIMフリーのiPhoneを購入して自前で用意したSIMを挿して運用する方法のみでした。しかし2019年11月からは大手家電量販店でもSIMフリー版iPhoneの取扱いを開始したため、入手するハードルが下がりました。

キャリアとSIMフリーの「iPhone 11」の本体代金比較をみてみましょう。以下、販売価格の比較表です。キャリア版は各社端末割引サービスを適用した場合の2年間の実質負担金額(税込)を記載しています。SIMフリー版はAppleで販売されている価格(税込)を記載しています。

iPhone 11 64GB 128GB 256GB
ドコモ 58,080円 63,360円 71,280円
au 60,480円 64,320円 72,960円
ソフトバンク 44,640円 47,520円 54,000円
SIMフリー 82,280円 87,780円 99,880円

※金額は全て税込み

最終的な実質負担金額が大きく違ってきます。2年間の利用として、プラン料金との合算が果たして4万円以上の差を格安SIM+iPhoneが埋められるのかというところがポイントです。

まとめ

補償や同じ回線で長期利用する場合はiPhoneのキャリアモデルを選択すべきで、月々の運用料金や他社への乗り換えなども視野に入れた運用なのであればiPhoneのSIMフリー版を選択すべきでしょう。

SIMフリー版のiPhoneは一見高額に見えますが、格安SIMを利用すれば月額料金が抑えられるので、長期的にみればキャリアモデルのiPhoneよりも安価になる点も抑えておくべき項目です。

ぜひ今回の内容を参考にしていただければと思います。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Jetstream

Jetstream

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream