ソフトバンクへのMNP手順を徹底解説!お得なキャンペーンもある今がのりかえのチャンス!

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクへのMNP手順を徹底解説!お得なキャンペーンもある今がのりかえのチャンス!

大手携帯電話会社の一社であるSoftBank(ソフトバンク)。国内で最初にiPhoneの取り扱いを開始した会社であり、今でもiPhoneといえばソフトバンク!なんて人も多いはず。
今回はそのソフトバンクへMNPをする手順、そしてソフトバンクへMNPする際のお得なキャンペーンについてご紹介いたします。

目次:

MNPの第一歩。「MNP予約番号」を取得しよう

ソフトバンクを契約したい!といった場合、方法は「新規契約」と「MNP」の2種類が存在します。
新規契約の場合、ソフトバンクで新たな電話番号を取得することになりますが、やはり大手携帯電話会社の契約といえば「今使っている携帯電話番号をそのままに、違う会社に移す」方法である「MNP」を選択する人の方が多いでしょう。

MNPでの契約は、通常の契約時に必要な書類以外に「MNP予約番号」が必要です。
MNP予約番号の取得は今使っている携帯電話会社での手続きとなり、携帯会社のショップや電話、契約者向けのマイページでの手続きとなります。
取得には時間がかかる場合があるので、予め今の携帯会社で「MNP」を取得してから、ソフトバンクの契約に向かうのがベストです。

以下に大手携帯電話会社である「NTTドコモ」と「au」でのMNP予約番号の取得手順をまとめました。
なお、格安SIMからソフトバンクへのMNPも可能。格安SIMでのMNP予約番号の取得手順は大手携帯電話会社とほぼ同じで、電話かマイページでMNP予約番号を取得するようになっています。

電話でMNP予約番号を取得する

最も一般的な方法は電話による取得

最も一般的な方法は電話による取得

MNP予約番号の取得方法ですが、151や157と呼ばれている、携帯電話会社の電話窓口での取得方法が一般的な方法です。
注意点として「契約者本人からの電話」でないとMNP予約番号の発行を行うことができません。

携帯電話会社 お客様センター
NTTドコモ 携帯から:151
固定電話から:0120-800-000
au 携帯から:157
固定電話から:0077-75470

電話での手続きの注意点として、曜日や時間帯、時期によっては電話が繋がりづらいことが挙げられます。
オペレーターに繋がるまで数十分待つようなことも考えられるため、夕方以降にソフトバンクへのMNP手続きを行いたいと考えた場合、昼間のうちに電話しておくのがベストです。

また、電話口で今使っている携帯電話会社との解約で発生するデメリット(契約解除料やポイントの失効など)について説明を受けるため、聞こえづらかった、理解できなかったといったことも考えられます。
メモを用意して気になるものは書き出す、少しでも「?」が浮かぶようであれば聞き返すようにしましょう。

代表的な注意事項やデメリットとして

  • 2年契約の解除料(10,260円(税込)が発生する)
  • 電話機本体の分割残債が残ること
  • 今貯まっているポイントが失効すること
  • 固定回線とのセット割がなくなりMNPした先の携帯料金があがる可能性

などについて説明されることが多いでしょう。

キャリアショップでMNP予約番号を取得する

一番安心なのはキャリアショップでの手続き

一番安心なのはキャリアショップでの手続き

MNP予約番号の取得でもっとも安心できるのはキャリアショップでの手続きでしょう。
説明される内容は電話と全く同じながら、対面でひとつひとつ確認を行いながらの手続きとなるため安心感は段違いです。

また、MNPしたい電話番号が家族割引の代表回線や請求の代表回線の場合、電話やネットからでは手続きが行えない場合もありますが、キャリアショップでの手続きであればそうした場合でも代表回線の変更や請求先の変更を同時に行えるため、MNP予約番号の発行がスムーズに行えます。

ですが、電話以上にキャリアショップの窓口は混雑していることが多く曜日や時間帯によっては数時間待ちになることも。
来店予約など予め行く日・時間帯を決めていくのがベストです。

ネット(マイページ)でMNP予約番号を取得する

契約者専用ページから番号が取得できる場合も。

契約者専用ページから番号が取得できる場合も。

NTTドコモであれば「My docomo」、auであれば「My au」といったネットの契約者専用のマイページからMNP予約番号を取得することも可能です。
電話、キャリアショップと違い受付時間内であれば手元のPCやスマホからMNP予約番号の取得が可能なため待ち時間が存在しないのが大きなメリットです。
ここまでにご紹介した方法と違い「表示される注意事項にすべて目を通し理解すること」がネット(マイページ)での注意点です。

親切丁寧に加入中のプランに応じた解除料や分割残債について説明されるわけではないため、大事な部分をしっかりと控えておかなければなりません。
また「MNP予約番号を発行する」という単一の手続きを実施するため、MNP予約番号の発行前に解除が必要なプラン・オプションの変更が発生する場合、手続きを一度中断してそれらを解除しなければ手続きを進めることができないといった不便さも存在します。

発行されたMNP予約番号と、それ以外の必要書類を準備しよう

発行されたMNP予約番号は書面やSMSで届くかマイページに表示される

発行されたMNP予約番号は書面やSMSで届くかマイページに表示される

MNP予約番号】が発行されたら、それらを控えたメモや書面、またはSMSなど予約番号がわかるように準備をします。
MNP予約番号を万が一紛失してしまうと、再度発行するのに電話をかける、ショップへ行くなど二度手間になってしまうため取り扱いには注意が必要です。
また、MNP予約番号の有効期限は発行日を含め15日以内となっているため取得後はなるべく早くソフトバンクのMNP契約の手続きを行うようにしたいところ。

契約に必要な書類の準備も忘れずに

契約に必要な書類の準備も忘れずに

MNPでソフトバンクの契約を行う際に必要なのはMNP予約番号だけではありません。
通常の新規契約同様に「免許証」や「健康保険証」といった公的機関が発行する現住所記載、有効期限内の本人確認書類や「銀行のキャッシュカード」「クレジットカード」といった毎月の支払いに利用するカードなども必要になってきます。

例えば「現住所は実家。今の住まいに住所を変更していない」といった場合や、何かしらの事情で本人確認書類の再発行手続きを行っており手元にない場合など、必要書類の用意が難しい、代わりの書類で代用できないかといった場合もあります。

また、上にも書いた通りMNP予約番号の有効期限も存在するため、こうしたケースに該当する場合はなるべく早く、他の書類で代用ができるのか、再発行にどれだけかかるのかを確認するようにしましょう。

詳しくはソフトバンクの以下のページにまとまっていますので、こちらを確認し必要な書類を揃えておきましょう。

ご来店前の準備 新規・のりかえ(MNP)・機種変更 | ご購入方法(ご予約方法) | ショップ | ソフトバンク

ここに掲載されている書類が用意できない場合でも、書類の発行元や記載内容、2点以上の組み合わせで手続きが行える書類が存在します。
そうした場合には近くのソフトバンクショップや、電話窓口に相談してみるのもおすすめです。

ソフトバンクのMNP契約の手続きはどこで行えるか

MNP予約番号、そして契約の必要書類が揃ったら実際にソフトバンクの契約です。
契約を行える場所は大きくわけて3つ。「ソフトバンクショップ」「家電量販店などの取扱店」「ソフトバンクオンラインショップ」があります。
以下にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

ソフトバンクショップ

ソフトバンクのことなら専門店へ

ソフトバンクのことなら専門店へ。キャリアショップが充実しているのも大手携帯会社のメリット。

大手携帯電話会社のメリットとも言えるのが専門ショップである「キャリアショップ」の店舗数です。
お住まいの街にショップがない!なんてことはほとんどないほど駅前や主要な幹線道路沿い、ショッピングモール内などにソフトバンクショップがあるはずです。

ソフトバンクショップのメリットとしては「専門店」であること、これに尽きます。
詳しさはもちろん、ショップでしか行えない手続きも存在するためソフトバンクの契約に際して行いたいことをすべてまとめて行えるのはショップならでは。

家電量販店などでは断れがちがな操作説明などもひとまとめに受けられるのはショップのメリットでもあるので、契約内容だけでなく新しいケータイ・スマホにも自信がないという人はショップでの手続きがおすすめです。

デメリットは「待ち時間」。これはMNP予約番号の発行のために元の携帯電話会社のショップを利用する際同様に、曜日や時間帯、時期によっては数時間の待ち時間が発生する場合があります。

家電量販店

家電量販店

幹線道路沿いのお店から、都市部の大型店まで取扱店の多い家電量販店

ショップ以外で契約できる場所として定番なのが「家電量販店」です。
郊外の幹線道路沿いから、都市部の駅前まで、家電量販店であればだいたいどこでもソフトバンクの取り扱いがあり、MNPでの契約手続きを行うことが可能です。

メリットとしては店舗数の多さ、そして契約・販売に特化しているためショップと比べ待ち時間が少ないことが挙げられます。
また、ショップとは違う家電量販店独自のキャンペーンも実施されていることが多く、家電量販店のポイント還元のお得さなどを活かすことが可能です。

他にも、周辺機器・アクセサリの取り扱いも多いため、MNP契約の手続きにあわせ必要なものを買い揃えやすいのもメリットといえます。

デメリットは、ショップと比較すると販売に特化しているため契約に伴って行いたいと考えていた手続きの一部が行えないことです。
家電量販店での購入の後、ショップへ行かなければ手続きが行えないとなると二度手間になる場合もあるため、ここは注意が必要です。

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクの公式オンラインショップという手もあります

ソフトバンクの公式オンラインショップという手もあります

どうしても近くにお店がない、営業時間の都合行くことが難しいといった場合、ネットを利用して「MNP契約」を行えるソフトバンクオンラインショップもおすすめです。
公式オンラインショップなのでソフトバンクが実施しているお買い得なキャンペーンはもちろん、機種在庫も豊富に揃えられています。

また、お店独自のオプションサービスに加入させられるようなこともないため、この点では最も安心してMNP契約を行える場所ともいえるでしょう。

デメリットとしては、自分で機種やプランを選ばなければなりません。
相談を行いながら選ぶといったことができないため、予め自分でソフトバンクのサイトやカタログを元に下調べができる人向けです。
月額料金・プランに自信がない場合はソフトバンク公式サイトに用意された料金シミュレーターを利用し、その内容を控えておくといいでしょう。

お支払いシミュレーション | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクのお得なMNPキャンペーン

最後に、注目しておきたいソフトバンクへMNPで会社を乗り換えて契約をするメリットともいえるキャンペーンをいくつか紹介していきます。

以前より「MNP=お買い得」というのは常識となっていますが、キャンペーンは常に内容が変わるため、今現在実施中のキャンペーンで「これだ!」というものがあれば乗り換えてしまうのがおすすめです。

のりかえ下取りプログラム

iPhone 7・7 Plusも実質0円に

iPhone 7・7 Plusも実質0円に。見逃せません。

スマホ購入時、お得に買い換えるために定番となっているのが「下取り」です。
ソフトバンクは各社の中でも最初に下取りを開始した会社でもあり、下取りによる割引・仕組みがよく考えられているため利用できる場合は是非利用したいところ。

すでに発売から3年以上が経過したiPhone 5sであっても乗り換え下取りプログラムを適用した場合、iPhone 7 32GBの実質負担は0円になります。
下取りによる割引は2年間にわたり月額料金から割り引かれる仕組みになっているため、これからソフトバンクを契約する!といった場合、次の契約更新まではお得に使えるようになる仕組みとも言えます。

また、MNPで契約をする際「新しいケータイ・スマホが手元に来てからデータを移したりするので自宅に持ち帰りたい」という人が大半です。

「下取り」と聞くとその場で今現在使用中のケータイ・スマホをお店に預けなければならないイメージですが、ソフトバンクの下取りであれば「後日郵送して下取りを行う」ことが可能です。
新しいケータイ・スマホにデータをしっかり移行してから元のケータイ・スマホを郵送で送る手順で毎月お得に、最新のiPhone 7が実質0円で購入できるため、のりかえ下取りプログラムは忘れずに購入時、申し込むようにしましょう。

のりかえ下取りプログラム | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

スマホデビュー割

今使っているケータイが「ガラケー」であれば、こちらも必見です

今使っているケータイが「ガラケー」であれば、こちらも必見です

MNPに限らないキャンペーンですが、現在実施中の「スマホデビュー割」も見逃せないキャンペーンです。
現在利用しているケータイが従来型のケータイ(いわゆるガラケー)であれば、ソフトバンクのiPhone・スマートフォンの契約で、月額料金が2,100円割引されます。
この割引も「次に機種変更を行うまで」なので、あまり買い換えをしない人であれば長期にわたりお買い得に利用することが可能です。

例えば、自分のケータイ・スマホをソフトバンクにMNPする際、家族も一緒にMNPをして同じ会社にまとめるのはよくあるパターン。
この際、家族に従来型のケータイを使っている人がいればお得に最新のスマホに買い換えられるためかなりお買い得といえるでしょう。

スマホデビュー割 | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

学割モンスターU18・学割モンスターU25

超有名ミュージシャンも登場するCMで話題のソフトバンクの今年の学割

超有名ミュージシャンも登場するCMで話題のソフトバンクの今年の学割

また、今の時期ならではの「学割」も見逃せないキャンペーンです。
今年のソフトバンクの学割は18歳以下を対象とした「U18」と従来通り25歳以下を対象とした「U25」の2種類が用意された「学割モンスター」です。

18歳以下であれば最安で18歳になるまで毎月2,980円で利用可能。
25歳以下であれば大容量20GB「ギガモンスター」が一年間、毎月1,000円割引で利用可能になっています。

これからケータイ・スマホを初めて買うという学生さんはもちろん、25歳以下で新生活にあわせケータイ・スマホを買い換えるなんて人は圧倒的にお買い得。
もちろんお子様が対象になるので、家族まとめてのりかえて家計の通信費用をがっつり削減!なんてのにもおすすめです。

ソフトバンクの学割 SUPER STUDENT | モバイル | ソフトバンク

MNPの手順はちょっと大変。だけど、乗り換えるだけのメリットも多いキャンペーンも充実

今使っている携帯電話会社から、ソフトバンクへのMNP(のりかえ)の手順と、現在実施中のソフトバンクのお得なキャンペーンのご紹介でした。
1年で最も携帯電話の買い換えが増えるのがこの3月。そして学割の実施シーズンは家族全体で携帯電話の料金を見直すタイミングです。

どうしても複雑、面倒なMNPの準備ですが、時間と予定を決めて自分に最もあった方法で予約番号の取得さえクリアできれば意外と後はスムーズに行えます。
学割などのお得なキャンペーンも活かして、是非ソフトバンクへのMNPを検討してみてはどうでしょうか。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon