カテゴリ: ソフトバンク

ソフトバンク MNP

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する手順!他社へ乗り換える前にすべきことは?

携帯料金の値下げや格安SIMの登場で、携帯電話の番号を変えずにキャリアの乗り換えができるMNP(番号ポータビリティ)の利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

ソフトバンクユーザーが他社キャリアに乗り換えたくなったとき、スムーズに手続きを進めるために行うべき事前準備やチェックするべきポイントが存在します。

今回の記事では、ソフトバンクから転出をするケースでのMNPについて、手順・注意点などを詳しく解説していきます。場合によっては乗り換えを必要とせず機種変更した方がいいケースもあるので、ぜひ手続きの参考にしてみてください。

ソフトバンクから転出する方法

ソフトバンクから転出する方法
ソフトバンクから転出する方法

まずは早速ソフトバンクから転出(MNP)する方法を解説していきます。ソフトバンクで利用していた携帯番号を変えずに他社の回線を利用するまでには、以下の順での手続きが必要です。

  1. MNP予約番号の発行
  2. 他社にて転出(MNP)の手続き
  3. 端末のSIMロック解除
  4. 乗り換え先のSIMカード挿入

1. MNPの予約番号を発行

まずは「MNP予約番号」を発行しましょう。MNP予約番号とは、電話番号を他社との契約に引き継ぐために必須である10桁の番号を指します。

MNPの予約番号は以下3つのソフトバンクの窓口から取得できます。

※クリックすると詳しい発行手順までスクロールします

2. 乗り換え先でMNP転入手続き

続いては転入先のキャリアに申し込み手続きを行います。申込は「新規契約」か「のりかえ(MNP)」の2つから選べるので、のりかえ(MNP)を選択しましょう。

手続き自体は新規申し込みと同じく契約者情報や利用したいプラン選択など、項目に沿って入力していけば問題ありません。ここでソフトバンクで発行したNMP予約番号の入力が求められるので、事前に控えておくと手続きがスムーズです。

また、この申込が出来たからと言ってソフトバンクの契約は終了しません。乗り換え先のキャリアからSIMカードが到着し、回線切り替え手続きを行うと解約です。スマホが使えない期間などはないので安心して申し込みましょう。

3. 端末のSIMロック解除

基本的に端末には、契約しているキャリアのSIMカードしか利用できなくするためのロックがかかっています。このままだと他社SIMカードを挿入しても利用が開始できません。

ただし、SIMフリーというSIMロックがされていない端末も発売されています。SIMフリーを利用している場合この項目は飛ばしてOKです。

SIMロックを解除をするには、オンライン(My SoftBank)での手続きが一般的です。SIMロック解除は新しいSIMが届いてからでも、事前にしておいてもOKです。

▼ SIMロック解除手順

  1. 「My SoftBank」へログイン
  2. 「SIMロック解除をする携帯電話機の製造番号(IMEI番号)」を入力
  3. 「次へ」をタップ(クレジットカード設定を求められる場合は入力)
  4. 「解除手続きする」をタップ
  5. SIMロック解除完了

最後の画面に「解除コード」が発行されます。解除コードは、ソフトバンク以外のSIMカード挿入時に必要ですので、スクリーンショットやメモなどで控えておきましょう。

4. 乗り換え先のSIMカード挿入

最後に乗り換え先のSIMカードを端末に挿入し、「回線切り替え手続き」を実行しましょう。方法はキャリアごとに違いますが、WEBや電話で手続きが可能です。一般的に送られてくるSIMカードと一緒に手順書が同封されているので、チェックしましょう。

これらの手順でソフトバンクからの乗り換えが完了です。乗り換えが完了したタイミングで、ソフトバンクの契約は自動解約となります。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

▲目次に戻る

ソフトバンクから転出する前にすべきこと

ソフトバンク 手続き
ソフトバンクから転出する前にすべきこと

実際に乗り換えを行う前に「本当に乗り換えが必要なのか」を見直しましょう。

  1. 料金プランの見直し
  2. 違約金が発生するかチェック
  3. 適用されている特典をチェック

1. 料金プランの見直し

乗り換える理由が「今の料金が高い」という場合、料金プランの見直しを実施しましょう。乗り換え先で事務手数料や初期費用といった料金が発生することがあるので、料金がそこまで変わらない・安くならないのであればプラン変更がおすすめです。

また、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)間で乗り換える場合は契約解除料・契約事務手数料が無料になりました。この3つのブランド内で提供されているプランで比較するとよいでしょう。

2. 違約金が発生するかチェック

契約内容によっては、ソフトバンク回線を解約すると契約解除料が発生する場合があるので注意が必要です。

契約解除料が発生するかどうかは、My SoftBankへログインすることで確認できます。My Softbankの「基本プラン」にある「更新期間」に契約更新月が表示されている場合は発生します。記載がなければ発生しません。

また、あらかじめソフトバンクのLINE公式アカウントとMy SoftBank情報を連携していれば「LINEでかんたん確認」の項目からすぐに確認することも可能です。

具体的な違約金解除料に関してはプランによって異なるので、ソフトバンク公式サイトよりチェックするようにしましょう。契約解除料は解約申込月の利用料金とあわせて請求されます。

3. 適用されている特典をチェック

ソフトバンクには、ユーザー限定特典がいくつか存在します。ソフトバンクを解約し他社へ乗り換えることで特典を受けることが出来なくなることは認識しておきましょう。

例えば、長期継続特典として2年に1度初回3,000円分の「Pay Payボーナス」の還元を実施しています。また、契約年数や利用金額に応じて最大5%の「Pay Payボーナス」が毎月付与されています。

そのほかにも、Yahoo!ショッピング特典やクーポンなどもありますが、乗り換えてしまうとこれらの特典が利用できなくなってしまうことも考慮しておきましょう。

ソフトバンクでMNP転出手続きをする際の注意点

ソフトバンク MNP 注意
MNP転出手続きの注意点

MNPに必須であるMNP予約番号を発行する際には、いくつか注意すべき点があります。これらをチェックしてから、MNP予約番号を発行しましょう。

1. 有効期限は15日間

MNP予約番号は、取得してから15日間の有効期限があります。有効期限が切れるとそのMNP番号は使えなくなってしまいますが、無料で再取得が可能です。

ただし、有効期限が迫っているMNP予約番号では申し込みを受け付けていない場合が多いので注意しましょう。

乗り換え先のSIMカードは発送から到着・開通まで数日はかかります。この期間にMNP予約番号の有効期限が切れてしまうと番号の移行が出来なくなってしまうので、有効期限前のMNP予約番号では手続きを行っていないのです。

乗り換えの際は、MNP予約番号の取得後なるべく早めに乗り換え先のキャリアに申し込みを行いましょう。

2. 修理受付中の手続き不可

ソフトバンクでは、端末の修理受付を実施しています。この修理受付中は、MNPの転出手続きを行えないので注意しましょう。

端末が戻ってくるまでは乗り換え先はどこにするか事前に調べておき、修理した端末が手元に戻ってきてからMNP予約番号を発行することがおすすめです。

3. MNP予約番号の情報漏洩は厳禁

取得したMNP予約番号は他人に教えるような情報ではありません。

もしも、MNP予約番号が漏洩してしまった場合、悪用されてしまう危険性もあるので、MNP予約番号は決して第三者に教えないようにしましょう。

第三者にMNP予約番号が知られてしまったら、すぐに予約番号の取り消し手続きを行いましょう。予約番号の取り消しは以下の窓口に問い合わせてください。

ソフトバンク番号ポータビリティお問い合わせ窓口:*5533

4. ソフトバンクの解約手続きは不要

ソフトバンクの解約手続きは不要です。

転出手続きを行い、乗り換え先に契約の申し込みを実施するとSIMカードが届きます。このSIMカードを端末に挿入・開通手続きを行ったタイミングでソフトバンクの契約は自動的に解約となります。

もし乗り換え希望だったのに解約手続きをしてしまうと、転出そのものが出来なくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

▲目次に戻る

他社のりかえ(MNP)に必要なもの

ソフトバンク MNP イメージ

MNP予約番号の発行のために必要なものは、手続きを行う窓口によって違います。

ソフトバンクショップ
  • 端末
  • 本人確認書類
  • 委任状(契約者本人以外が手続きを行う場合)
電話窓口
  • 電話番号
  • 暗証番号(不明でも可)
My SoftBank
  • My SoftBankのログインIDパスワード

My SoftBankのログインIDは電話番号、パスワードは自身での変更をしていなければ契約時にソフトバンクからショートメールで開示されているものです。

他社のりかえ(MNP)にかかる費用

MNP 費用
他社のりかえ(MNP)にかかる費用

MNPを実施する際に発生する料金には、ソフトバンク・乗り換え先それぞれで発生する費用と2種類があります。

■ ソフトバンク

  • 契約解除料
  • 端末代金

■ 乗り換え先

  • 契約事務手数料

契約解除料

ソフトバンクで契約をしているプランや契約をしたタイミングにより、解約違約金が発生するケースがあります。

2019年9月13日以降に提供が始まったプランでは、契約期間はなく契約解除料も発生しません。それ以前に契約したものであれば、一般的に2年間の自動更新契約が設定されており、更新月以外に解約を行うと、9,500円の違約金がかかります。

利用開始月を1ヶ月目として、24~26ヶ月目の3ヶ月間が更新月です。この期間であればMNP転出を行っても違約金の支払いは不要となります。

端末代金

ソフトバンク端末を分割で購入していて、MNP転出の時点で残債金がある場合、残債は引き続き分割払いとして支払っていくことになります。

解約後も分割で支払を希望する場合は、端末代金はソフトバンクへ、通信料金は乗り換え先に支払う必要があります。どこに何を支払っているのか、乗り換えのタイミングで分からなくならないように確認しておきましょう。

もし一括で支払いたい場合はMy Softbankから申請が必要です。端末代金や購入タイミングにより、最後の支払いが数万円と高額になるケースもあるので注意しておきましょう。

ちなみに端末代金が安くなる「トクするサポート+」プログラムを利用している方は、解約後も特典利用は可能です。

乗り換え先での契約事務手数料

乗り換え先のキャリア・MVNOでは、契約すると基本的に事務手数料の支払いが発生します。

事務手数料は初月分の支払いとあわせて請求されます。契約事務手数料はキャリアによってまちまちですが、3,300円程度のところが多いです。

このようにMNP先での料金支払いも、ソフトバンクの最後の請求と近いタイミングで発生することを念頭にいれておきましょう。

ソフトバンクでのMNP予約番号の発行方法

MNP予約番号 発行方法
ソフトバンクでのMNP予約番号の発行方法

続いてMNP予約番号の具体的な発行方法について解説します。MNPに必要な予約番号は電話・店頭・オンラインでから手続きが可能です。

電話

まずは指定の窓口まで電話しましょう。音声ガイダンスで案内が入るので、案内に沿ってダイヤルを操作をすると最終的にオペレーターにつながります。

音声ガイダンスの途中に4桁の暗証番号の要求がありますが、不明であれば入力せずに次のステップに進むことができます。

その後本人確認を実施し、問題なければMNP予約番号の受け取りが可能です。

本人確認の際にMNP手続きを行いたい電話番号・契約内容(名義や住所など)が必要です。基本的な情報を把握していれば、特別準備するものはありません。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口

  • 受付時間:9:00〜20:00(年中無休)
  • ソフトバンク携帯電話から:*5533
  • 一般電話から:080-0100-5533

店頭(ソフトバンクショップ)

ソフトバンクショップ店頭で手続きを行う場合、ソフトバンク回線を契約している端末と本人確認書類を持参し、ショップスタッフに他社のりかえ(MNP)をしたいと伝えましょう。その後、必要な手続きの案内が入ります。案内通りに手続きを進めれば問題ありません。

本人確認書類・補助書類は以下のものが利用できます。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 身体障害者手帳等
  • 健康保険証
補助書類
  • 住民票(原本)
  • 公共料金の領収書
  • ソフトバンクで発行された請求書
  • ソフトバンクで発行された領収書

基本的には契約者本人が手続きする必要がありますが、委任状が用意できている場合、代理人でも手続き可能です。

オンライン(My SoftBank)

最も手間のかからない方法がMy SoftBankでの手続きです。下記手順でMNP予約番号を発行しましょう。

▼ 発行手順

  1. My Softbankへログインし「設定・申し込み」まで進む
  2. 「設定変更」から「契約者情報の変更」を選択
  3. 「番号ポータビリティー(MNP)予約関連手続き」を選択
  4. 「番号ポータビリティー」(MNP)予約」を選択
  5. 発行完了

MNP予約番号が発行されるので、念のためスクリーンショットなどで控えておきましょう。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

▲目次に戻る

ソフトバンクでのMNP予約番号の発行方法

乗り換え MNP ポイント
MNPでの乗り換え時の費用を抑えるポイント

MNPで乗り換えを行うおすすめのタイミングを紹介します。次第ではまとまった金額が一気に請求されます。

これらの費用を最小限に抑えるためには、できる限り以下のタイミングでの手続きを行うことが望ましいです。

締め日に転出する

最初のポイントは、ソフトバンクの締め日に転出することです。

ソフトバンクの契約は、毎月「10日」「20日」「末日」の3種類のうちのいずれかが締め日として設定されています。それを超えると翌月の契約期間に突入し、月額料金が発生します。

例えば、毎月10日が締め日であるユーザーが11日に転出(解約)した場合です。ソフトバンク回線の利用ができなくなった後も、1日でもソフトバンクの契約が続いていれば月額料金の支払い義務が発生します。

つまり、乗り換え先キャリアの初月分の支払いとほぼ丸1ヶ月重複してしまうのです。

締め日に関しても更新月と同様にMy SoftBankから確認できるため、締め日当日、または直前に転出できるように日程を調整しましょう。

更新月に転出する

解約違約金の支払いを避けるためには、更新月内にMNPを完了させましょう。

ソフトバンクの更新時期は、利用開始月を1ヶ月目として24~26ヶ月目の3ヶ月間です。期間としては広く取られていますので、期間内に手続きが完了するよう余裕をもって手続きを実施しましょう。

更新月以外で解約をした際にかかる違約金の金額は、一般的な2年自動更新契約の場合で9,500円です。

ただし、2019年9月13日以降に提供が開始されたプランであれば契約期間の縛りがないため、どのタイミングでMNP転出を行っても違約金はかかりません。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

▲目次に戻る

引き止めポイントが貰えるかも!

解約 MNP引き止めポイント
MNP引き止めポイントが貰えるかも!

ソフトバンクでMNPをしようとすると、お得に機種変更できる解約・MNP引き止めポイントが配布される事があります。MNP引き止めポイントはソフトバンクで機種変更する際に利用が可能です。

昔のような高額違約金も減りキャリアの乗り換えが一般的になりましたが、ソフトバンクとしては契約を継続してもらいたいためこういった特典を用意しているのでしょう。

引き止めポイントは顧客ごとの対応となっており、公式に実施していると発表はしていません。そのためいつから開始されており、いつ終了するのかも分かりませんが、MNP引き止めポイントが貰える間は活用することをおすすめします。

MNP引き止めポイント

MNP引き止めポイントは電話手続きで貰うことができます。

MNP予約番号を取得する際に、オペレーターから「乗り換え理由のヒアリング・ポイントの失効・利用していた特典がなくなってしまう」などの案内があります。

つまりは「ソフトバンクで契約を継続しませんか?」という引き止めなのですが、そういったやり取りの中で、MNP引き止めポイントが提示されるという流れです。

具体的に付与されるポイント額は様々で、契約期間や機種変更する端末などよって変わります。最大3万円相当のポイントが付与されるようです。

解約引き止めポイント

ソフトバンクでは解約引き止めポイントも存在します。My SoftBankの解約関連ページをしばらく閲覧していると、最大1万円相当のポイントが付与されるといった内容です。

こちらも解約による他社流入を防ぐための、非公開に実施されているキャンペーンだと言えます。

オペレーターとのやり取りは必要ありませんが、主にソフトバンクの長期ユーザーに付与されていると言われています。ネットの声を見てみると、最低でも2年前後ないと受け取るのは難しいかもしれません。

とはいえソフトバンクから乗り換え・解約を考えているのであれば、チャレンジする価値はあります。My SoftBankの解約ページをチェックしているとSMSが送信されてくるので、受信できるようにしておきましょう。

まとめ

まとめ
まとめ

ソフトバンクからMNPで他社キャリアに乗り換えする場合、大まかな流れは以下のようになります。

  1. MNP予約番号の発行
  2. 他社にて転出(MNP)の手続き
  3. 端末のSIMロック解除
  4. 乗り換え先のSIMカード挿入

MNP予約番号は電話・店頭(ソフトバンクショップ)・オンライン(My Softbank)のいずれかから取得できます。特に電話からMNP予約番号の発行をすると、MNP引き止めポイントがもらえることがあるのでおすすめです。

とはいえMNP引き止めポイントは全員が貰えるわけではありません。ただし、契約年数などの条件によって付与額は異なり、オペレーターによっては引き止めポイントの提案をしない場合もあるということを覚えておきましょう。

また、何度か電話しているうちにポイントが貰えたなんて声もあるので、試してみるとよいでしょう。

もちろん他社に乗り換えた方が自分にとってお得だと判断できる場合は、ポイントの受け取りを断って問題ありません。ペナルティは存在しないので安心してください。

また、MNP予約番号を発行したからといって必ずしも乗り換えする必要はありませんし、反対に、引き止めポイントの提案があったからといって必ずしもソフトバンクに留まる必要はありません。

本記事ではソフトバンクからMNPをする方法などについて解説しました。ぜひこの記事を参考に、MNPやプランの見直しをしてみてください。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン