ソフトバンクの審査基準は?審査に落ちる原因と対策方法まとめ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク 審査

スマートフォンを購入するときに便利なのが、端末料金を24回や48回に分けて毎月支払う「分割購入」です。

しかし、この分割購入を使うには、審査に通らなければなりません。ただし、仮にこの審査に落ちてしまったとしても、できる対策はいくつかあります。

今回の記事では、ソフトバンクで回線契約をする際に行われる審査について・その内容、審査に落ちてしまう理由、落ちないように・落ちてしまったときの対策について詳しく解説をします。

今から機種変更・新規契約をお考えの方には必見の内容です!

目次:

ソフトバンクの審査基準

ソフトバンク 審査 イメージ①
ソフトバンクの審査基準は?

ソフトバンクでの審査基準は、主に以下のようなものが代表されます。

・滞納している料金がないこと
・支払い方法が請求書払いになっていないこと
・1回線に対する割賦が既に3回線ないこと

これらのいずれかの基準を満たしていない場合は、審査がとおる可能性がぐっと低くなってしまうため注意が必要です。

詳しい内容については後述しますが、ソフトバンク側としても「当初の約束どおりに、確実に支払いをしてくれる人」と契約したいと考えるのは自然なことですよね。

とはいえ、実際のところソフトバンクによる審査には明確な基準は、公式からは明言されていません。公開することで抜け道を探されてしまうことも考えると、致し方のない部分だともいえます。

また、高額の端末購入を伴う場合は、端末料金の支払いも加味されるため、より厳しい審査が待っています。

数万円〜十数万円の値段になることも珍しくないのがスマートフォンです。分割で購入する際は、「信用情報機関(CIC)」の審査基準も満たさなくてはなりません。

ソフトバンクの審査は2種類

ソフトバンク 審査 イメージ②
2種類のソフトバンクの審査内容とは?

ソフトバンクで契約をする際の審査は、「契約審査」と「分割審査」の2種類です。

確実に必要であるのは、ソフトバンクが行う契約審査で、高額な端末の購入を伴う場合は、分割審査があわせて行われます。

これらの審査は、ソフトバンクの契約履歴と、「株式会社CIC」という信用情報機関の保有する個々人の信用情報を参照して行われます。

住宅ローンやクレジットカードの契約審査にも携わる機関で、収入や他商品のローン情報・返済状況など、個人の経済状況が密接に関係しています。

契約審査

契約審査を簡単に言い表すと、「契約をしても問題ない人物であるかを審査する」というものです。公式に明言はされていませんが、基準とされていると考えられるものは以下の3つ。

・滞納している料金がないこと
・支払い方法が請求書払いになっていないこと
・1回線に対する割賦が既に3回線ないこと

ソフトバンクに対して(主に金銭的に)問題を起こす可能性がある人物でないか、が重要視されます。

また、多くの数の回線契約を嫌う理由としては、契約者の支払い能力の限界を危惧する面の他に、振り込め詐欺などの違法行為に使用される可能性を考慮したものであると考えられます。

分割審査

分割審査は、契約に高額端末の分割購入が伴う場合に、「本当に支払い能力がある人物であるかを審査する」ものです。端末料金だけでなく、月々の回線料金の支払いも加味しての審査となるため、比較的厳しい基準を設けている審査だと考えられます。

しかし、この審査は購入する端末の金額によって状況が変わります。その境目となるのは一般的に値段が10万円を超える場合からとされています。10万円を超えるようだと、年収の申告や信用情報の参照が必要となり、厳しい審査が入ります。

一方、10万円以下の端末であれば、審査はそれほど厳正なものではなくなるため、あまり気を張る必要はないでしょう。

しかし、今では10万円を超える端末も珍しくはありません。最新のiPhoneや最新機種のハイスペックスマホを分割購入する際は、その金額に注意が必要です。キャンペーンなどを利用して安くすることができないかも十分に調査しましょう。

また、この審査は分割購入の場合に行われるものであるため、端末を一括支払いで購入する際には、考慮する必要はありません。

CICのサイトでは、手数料500〜1,000円を支払うことによって、自分の信用情報をあらかじめ調べることが可能です。しかし、結果が「問題なし」という状況であっても審査の通過を確約するものではないため、目安程度に考えておくほうが無難でしょう。

ソフトバンクの審査にかかる時間は?

ソフトバンクでの審査にかかる時間は、明確にどのくらいとは明示されていません。

しかし、オンラインショップでの購入の場合は、申し込みから郵送での端末到着までが3営業日程度、ソフトバンクショップでの購入であれば、即日端末の持ち帰りができることが裏付けといえるでしょう。

ソフトバンクの審査に落ちてしまう原因

ソフトバンク 審査 イメージ③
ソフトバンクの審査が通らない要因は?

ソフトバンクが行う「契約審査」に落ちてしまう理由は比較的明確で、ショップスタッフから詳細を教えてもらえることも多くあります。

一方の「分割審査」では、「総合的な判断で」などと理由が明確ではない場合もあるため、今までの支払い状況・現在の経済状況を省みる必要があります。

・支払いの滞納がある
・強制解約させられたことがある
・他のローンがある
・クレジットヒストリーが残っていない

このなかには、すぐにでも対策を取れるものがあります。今一度自身の状況を整理し、該当する原因はどれなのか、確認しましょう。

支払いの滞納がある

現在契約中のソフトバンク回線、または乗り換え元となる他社回線の契約に支払いの滞納分がある場合、ほとんどの確率で契約審査に落ちてしまうと考えられます。

ソフトバンクからしてみれば、「料金を支払う気がない人」と見えてしまうため、当然のことだと言えてしまいます。

とくに分割審査では、回線での滞納状況だけでなく、その他の商品の支払い状況も審査の対象であるため、注意が必要です。

強制解約させられたことがある

料金の不払いや不正使用などで強制解約された過去がある場合、契約審査に多大な悪影響があります。

この理由に関しては覆しようのないものであるため、対処をとることが大変難しく、すぐに回復する方法はありません。

「実際に料金を支払わず、踏み倒した人」となってしまうため、信用としては低い人物だと見られてしまいます。そのため、また一から時間をかけて、信用を積み上げなくてはならないような状況です。

また、携帯だけでなく、他の商品での金融事故も調査の対象となるため注意が必要です。

他のローンがある

住宅ローンやマイカーローンなど、複数ないしは高額のローンを抱えている場合は、安定した支払いに難ありと判断され、審査に落ちてしまうことがあります。今一度、現在のローン状況について見直しをしましょう。

この理由は、つまるところローンの与信枠が、限度いっぱいに達しているということです。

与信枠は収入などが大きく関係するため、個人個人その金額に違いがあります。与信枠を具体的な数字で見ることは難しいですが、基準の1つとして把握しておきましょう。

クレジットヒストリーが残っていない

クレジットカードを今まで作ったことがなかったり、ローンを組んだことがなかったりする場合、上記のCICの調査対象がないという状態であるため、審査不能という理由で障害になる可能性があります。

履歴がないというのは、イコール信用がないと判断されることもあるため、覆すには一朝一夕では難しいものがあります。

この理由には、契約者の年齢も多分に考慮される部分があり、学生などヒストリーの有無が重要視されない場合もあります。

契約審査に落ちた場合の対処法

ソフトバンク 審査 イメージ④

ソフトバンクの契約審査に落ちてしまった場合でも、その後適切な対処をすることによって次回の審査が通る可能性は十分にあります。

審査に落ちた理由が以下のようなものであれば、それぞれに対応している対処法をお試しください。

・支払いに滞納がある → 未納金があれば速やかに支払う
・金融事故を起こした → 支払いの履歴がきれいになるのを待つ
・クレジットヒストリーがない → クレジットヒストリーを作る

未納金があれば速やかに支払う

ソフトバンク回線にかかわらず、現在契約中の回線契約に未払分があり、それが原因で契約審査に落ちてしまった場合は、その未納分を速やかに支払うことによって、次回の審査を通過できる可能性があります。

審査に通らなかった明確な理由があり、回線契約が強制解約されるほど悪質な状況でもないため、この対処法による状況の改善には十分期待できます。

審査の通過の確約はできませんが、まず試してみる価値はある対処法です。

支払い履歴が綺麗になるのを待つ

利用料金の支払いの滞りが複数ヶ月に渡るなどして契約を強制解約されてしまったり、自己破産をしたりなどの金融事故を起こしてしまった人は、CICの信用情報のブラックリストに掲載されていることが考えられます。

こうなってしまうと、短期間で状況の改善を図ることはほぼ不可能です。一度ブラックリストに載ってしまうと、その情報は約5年間保存され、ソフトバンクでの分割購入を含む各種ローンを組んだり、クレジットカードを契約したりできません。

情報は5年経つときれいになるとされているため、その後他の支払いを滞りなく行なっていくことで支払い履歴がきれいになり、やっと以降の審査に対しての障害がなくなるといえます。

ただ、ブラックリストに載ったからといってまったくローンに通らないということでもありません。まずは数年間真面目に支払いをして信用を作り、審査にチャレンジしてみてもいいでしょう。

クレジットヒストリーを作る

クレジットカードを持ったことがない、今までローンを組んだことがないという方の場合は、クレジットヒストリーがまったくないため、このクレジットヒストリーを作ることが有効な対処法となります。

もっとも簡単な方法が、クレジットカードを発行して、適度に使用をすること。滞りなく支払いを済ませていくことで信用が積み上がっていくため、無理のない範囲で利用する必要があります。

カード会社などに条件はないため、年会費などがかからない・簡単に作ることができるクレジットカードで問題ありません。

クレジットカードの支払い・返済を滞納してしまうと、逆にクレジットヒストリーに傷がつき、より審査にとおりづらくなってしまいます。十分に注意をして使用しましょう。

分割審査に落ちた場合の対処法

対処法はコレ!

端末の分割購入審査に落ちてしまった場合、これは「商品の値段に見合った支払い能力がない」とみなされているため、対処には購入の「方法」を変更する他ありません。

この分割審査自体を回避するか、分割審査をとおりやすくするために購入金額を安くするか、大まかに2パターンの対処方法が考えられます。

・一括払いをする
・古い機種を下取りに出す
・キャンペーンを利用する
・型落ちの機種で申し込む

一括払いをする

端末を一括払いで購入してしまえば、そもそも分割審査が行われないため、確実に目当ての機種を購入することが可能です。

しかし、その端末が高額のものである場合、一度に大きな金銭的負担がかかるため、別のところでの支払いに滞りが出てしまう可能性があります。

各々の経済状況を鑑みて、十分な検討をしなくてはなりません。

古い機種を下取りに出す

以前使っていた古いスマホや携帯を下取りに出すことで、全体の料金が下がり審査がとおりやすくなります。

分割審査は、「商品の値段に対して購入者に支払い能力があるかどうか」がもっとも大きな判断基準とされているため、商品の値段を下げる対処は大変効果的です。

下取りに出す機種によっては数万円の割引を受けられることもあるため、10万円を超える端末を10万円以下に抑えることができれば、審査の通過の期待値も大幅に上がります。

キャンペーンを利用する

上記の下取りと同様に、さまざまなキャンペーンを駆使して端末料金を下げることができれば、これも審査通過の可能性を引き上げる有効な対処法となります。

公式サイトやキャンペーンサイトなどをくまなくチェックし、活用できるキャンペーンはもれなく利用するように努めましょう。下取りと併用することもおすすめです。

また、ソフトバンクでは端末購入に、「Tポイント」が使用できます。これらポイントで端末価格を下げることができれば、より効果的ですね。

型落ちの機種で申し込む

希望の機種を諦めることになりますが、型落ち品などのより安い機種で申し込むことによって、分割審査に通る可能性は高くなります。

最新機種が発売されると、同じシリーズの型落ち機種は、端末料金が比較的安くなります。搭載している機能など、妥協できる部分があれば検討してみましょう。

まとめ

ソフトバンク 審査 イメージ⑤

ソフトバンクで回線契約をする場合、2種類の審査に通過しなくてはなりません。

・契約審査
・分割審査

ソフトバンクが行う契約審査は、「契約希望者は契約を通しても問題ない人物であるかどうか」を審査し、分割審査は高額端末を購入する際、「その端末の料金を支払う能力が本当にあるかどうか」を審査します。

これらの審査には、今までの支払い履歴や信用情報、収入などが密接に関係しており、審査に落ちてしまうということは、何かしらの原因があるということです。

金融事故など重大な理由の場合は、再度信用を積み上げるために長期的に対処に取り組まなければなりませんが、未納分の料金支払いや、キャンペーンの利用などですぐに対処ができるものもあります。

自身の状況を今一度顧みて、適切な対処をしていきましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp