auの「家族割プラス」とは? 割引内容・適用条件・「家族割®」との違いを解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
au 家族割

家族にauユーザーが多い場合は、「家族割プラス」をオススメします。これは、家族でauスマホの特定のプランに加入していると通信料金が割引されるサービスです。適用条件がややこしいうえに、似たような名前の「家族割®」というサービスもあるため、わかりづらいという声が多いようです。

ここでは家族割プラスの割引内容や適用条件、他のサービスとの違いをわかりやすく解説します。

目次:

家族割プラスの割引内容

家族割プラス 画像
家族割プラスの割引内容

「家族割プラス」とは、家族にauユーザーが複数いる場合、通信料金が永年割引となるサービスです。家族にauユーザーが多ければ多いほど割引が多くなりお得です。
具体的には、家族内にauユーザーが2人いれば500円、3人以上いるご家庭では1,000円の割引が適用されます。さらに、auスマートバリューに加入していれば、別の場所に暮らしている50歳以上の家族も家族割プラスのグループに含めることが可能です。

家族割プラスの適用条件

家族割プラスの適用条件 画像
家族割プラスの適用条件

家族割プラスが適用される条件には大きく分けて「家族であること」、「対象プランに加入していること」の二つがあります。この二つの条件について、詳しく見ていきましょう。

「家族」の条件を満たすこと

家族であることが一つ目の条件です。基本的には、同居している必要があります。しかし、別居でも50歳以上でauスマートバリューに加入していれば、グループに含めることが可能です。

auスマートバリューとは

auスマートバリュー 画像
auスマートバリューとは

auスマートバリューとは、スマホの月額料金にプランごとの割引が適用されるお得なサービスです。加入するためにはauスマホやケータイ以外にも「auひかり+電話」、または「auスマートポート」を契約する必要があります。割引料金はスマホやケータイのプランによって変わります。

【例】

・新auピタットプランN(1GB超~7GBまで)→ 毎月永年500円割引
・auデータMAXプランPro → 毎月永年1,000円割引

※価格はすべて税抜

auひかりや電話、auスマートポートを利用しているなら、ぜひ加入したいサービスですね。

対象プランに加入すること

「家族割プラス」が適用されるプランについての説明前に、まずは家族割プラスには次の2種類があるということに注意してください。

・「割引対象」のプラン
・「カウントのみ」のプラン

家族割プラスの割引額は、基本的に家族の人数が2人の時に500円、3人以上の時に1,000円です。家族が「割引対象」になるプランに入っていれば、家族割プラスの人数にカウントされ、かつ月額料金の割引対象です。

しかし「カウントのみ」の場合、家族割プラスの人数には入りますが割引対象にはなりません。これを踏まえたうえで、それぞれの対象プランをご紹介します。

【家族割プラスの適用条件】

割引対象 受付中 ・auデータMAXプラン Netflixパック
・新auピタットプランN
・auフラットプラン7プラスN
・auデータMAXプランPro
2019年9月30日
受付終了
・新auピタットプラン
・auフラットプラン7プラス
・auデータMAXプラン
カウント
のみ
スマホ 受付中 ・auピタットプランN(s)
・auフラットプラン20N
・auフラットプラン25 NetflixパックN
2019年9月30日
受付終了
・auピタットプラン(s)
・auフラットプラン20
・auフラットプラン25 Netflixパック
・auフラットプラン30
・auフラットプラン5(学割専用)
ガラケー ・VKプラン
・VKプランS
・VKプランM
・スーパーカケホ(ケータイ)
・カケホ(ケータイ)

家族割プラスの割引額は以下のとおりです。

【家族割プラスの割引額】

対象プラン 家族割プラスの割引 auスマートバリューに加入の場合はさらに割引適用
2人 3人以上
auデータMAXプラン Netflixパック 1,000円 1,000円
auデータMAXプランPro
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン※auフラットプラン7プラス※
500円 1,000円 1,000円
新auピタットプランN
新auピタットプラン※
~7GB 500円 1,000円 500円
~4GB
~1GB

※価格はすべて税抜
※2019年9月30日に受付終了

【例】

・auフラットプラン7プラスNで家族割プラスの対象が3人以上 → 毎月1,000円の割引
(さらにauスマートバリューに加入していれば1,000円の割引を受けられるため、毎月合計2,000円の割引となる)
・auデータMAXプラン Netflixパックを契約している → 例外的に対象の家族が2人でも家族割プラスの割引額が1,000円

※価格はすべて税抜

「カウントのみ」のプランに注意

「カウントのみ」のプランの場合、家族割プラスの契約回線数には入りますが、割引されません。3人家族(父・母・娘)の例で詳しくみてみましょう。

【家族割プラスの対象プランの具体例】

(家族)
プラン名
(父親)
auフラットプラン7プラス
(母親)
LTEプラン+LTEプラン
(娘)
auフラットプラン20
割引対象 割引対象 カウントのみ
割引額 500円/月割引 割引対象外 割引対象外

上記の家族の例では、家族割プラスが適用されるのは、父親と娘の2回線、割引対象の父親のみが毎月500円割引です。

しかし、母親と娘は割引対象外、もし同居の家族にカウント対象の家族がいない場合は、そもそも家族割プラスは適用されません。仮に娘がカウント対象外の回線だった場合には、父親の回線も割引されないのです。

ただし、auスマートバリューに加入中の別のところに住んでいる祖父母がいれば、家族割対象の回線を2回線確保でき割引を受けられます。

家族割プラスの申し込み方法

申し込み画面
家族割プラスの申し込み方法

家族割プラスに申し込む場合にはWeb申し込みや電話、auショップでの申し込みがあります。

・Web申し込み

スマートフォンでau IDのアカウントをお持ちの方は、Web申し込みができます。au IDにログインしてお申し込みください。メッセージアプリを使って申し込むことも可能です。

●対応するメッセージアプリ
+メッセージ、My auメッセージ、LINE

対応のメッセージアプリには上記3種類があります。auの公式サイト(スマートフォン・携帯電話に関するお問い合わせ)からそれぞれのアイコンをタップしてお申し込みください。auケータイ(EZweb)の場合は、EZwebからMy auにログインすることで申し込みができます。
メールでの問い合わせも可能です。auお問い合わせフォームから、お問い合わせください。

・電話での申し込み

電話サポート予約をすることで、都合のいい時間帯に担当者から電話をもらえ申し込むことも可能です。ただ電話サポート予約はMy auのログインが必要になります。都合のいい日時を指定することで、電話による申し込みをスムーズに行えます。

・auショップでの申し込み

auショップでも申し込みができます。以下の書類を用意してショップで申し込んでください。

「契約者本人の確認書類(運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証など)」
※契約者が未成年者の場合は、追加で以下も必要です。
「親権者の同意書、および、フィルタリングサービス申出書」
「親権者の本人確認書類」

本人確認書類はコピーではなく原本が必要ですので、ご注意ください。

auスマートバリュー加入済なら申し込みは不要

もし、すでにauスマートバリューに加入しているなら、家族割プラスは自動的に加入しているため申し込みは不要です。

「家族割プラス」と「家族割®」は別の割引特典

au家族割® 画像
「家族割プラス」と「家族割®」は別の割引特典

auには「家族割プラス」の他に「家族割®」というサービスがありますが、この二つはまったく異なるサービスです。家族割®に家族で加入すると、料金プランに応じた家族間の通話料やSMS(ショートメッセージ)送信料に割引が適用されます。ここでは「家族割®」について詳しく見ていきたいと思います。

「家族割®」は家族間の通話料・SMS送信料が割引となるまったくの別サービス

家族割®に家族で加入すると家族間の国内通話、SMS(ショートメッセージ)送信料が24時間無料です。ただし、すべてのプランで割引が適用されるわけではなく、プランによっては「2年契約」などへの加入も必要です。
加入プランごとの家族割®の割引内容を、表でまとめたものが以下になります。
割引内容は「2年契約N/2年契約/2年契約(自動更新なし)に加入しているか」「1年契約(auご利用年数11年目以降)/スマイルハート割引に加入しているか」によって変わります。

【家族割®の割引内容】

料金プラン 2年契約N/2年契約/2年契約(自動更新なし)/ 1年契約(auご利用年数11年目以降)/スマイルハート割引 家族間
通話料金
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン7プラスN/20N/25 NetflixパックN
新auピタットプランN
auピタットプランN(s)
加入 / 未加入 無料
VKプラン/VKプランS/VKプランM
LTEプランS
ジュニアケータイプラン
mamorino Watchプラン

※受付終了プラン
auデータMAXプラン(通話オプションなし)
auフラットプラン7プラス(通話オプションなし)
新auピタットプラン(通話オプションなし)
auフラットプラン5(学割専用)/20/25 Netflixパック/30(シンプル)
auピタットプラン(シンプル)
LTEプランジュニアスマートフォンプランシニアプランプラン
Zシンプル/プランSSシンプル/プランEシンプル/プランSシンプル

加入 無料
未加入 30%割引(指定割併用の場合、60%割引)
カケホ(ケータイ)/スーパーカケホ
(ケータイ)
※受付終了プラン
auデータMAXプラン(通話定額・通話定額ライトご加入時)
auフラットプラン7プラス(通話定額・通話定額ライトご加入時)
新auピタットプラン(通話定額・通話定額ライトご加入時)
auフラットプラン5(学割専用)/20/25
Netflixパック/30(カケホ/スーパーカケホ)
auピタットプラン(カケホ/スーパーカケホ)
auピタットプラン(s)
カケホ/スーパーカケホ
スーパーカケホ(a)
カケホ(3Gケータイ)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
加入 無料
未加入 割引なし

家族間SMSの送信料は、上記いずれの場合も無料です。

2年契約等に未加入の場合には基本使用料が割引に

2年契約N/2年契約/2年契約(自動更新なし)に加入していない場合は、基本使用料が割引となります。
対象プランはVKプラン/VKプランS/VKプランM/LTEプランS/LTEプランで、割引率は25%です。ただしほとんどの人は、よりお得な2年契約に入っているので恩恵はあまりないかもしれません
また2019年10月1日からは解約料が撤廃されました。
解約料とは2年契約など契約期間に縛りがあるプランを、途中解約すると支払う必要があるものです。しかし解約料が撤廃されたことで、2年契約に加入するデメリットがほぼなくなりました。そのため実質的には、ほとんどの人が家族間の通話料はSMS料金の割引が適用されているのです。

au家族割®の適用条件

家族割®に適用される家族とは、以下のいずれかを満たす場合です。なお、家族割®を適用できる回線数は最大10回線までです。

・同一性で同一住所の家族
書類は不要です。

・同一世帯で姓が異なる家族
健康保険証、または、住民票(続柄記載のあるもの)

・単身赴任などにより別居している家族
遠隔地用健康保険証

・別居している親子(義理の親子含む)
戸籍謄本(発行3ヶ月以内)、または、本人確認書類+家族関係申告書

・パートナーシップ関係の家族
地方自治体などで発行される、パートナーシップ関係が証明できる公的証明書

同一姓で同居している家族以外は、家族であることを証明する書類が必要ですのでご注意ください。

まとめ

「家族割プラス」を利用すれば、スマホの月額使用料が毎月500円から1,000円割引されます。家族にauユーザーが多い場合、それぞれ割引になれば月額利用料を抑えることが可能です。auスマートバリューに加入すれば、さらに割引を受けられます。

同じauに「家族割®」というよく似た名称のサービスがありますが、内容はまったく違います。これは家族間通話料やSMS送信料が割引、または無料になるというものです。まったく違うサービスですが、適用条件にマッチすれば加入してもいいのではないでしょうか?家族間のスマホ通話料金を抑えられるようになります。このようにauにはお得な家族間のサービスが充実しています。まだ利用していないご家族は、ぜひお試しください!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp