安さが魅力のワイモバイルはちゃんと繋がるの?サービスエリアと速度をまとめてチェック

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
安さが魅力のワイモバイルはちゃんと繋がるの?サービスエリアと速度をまとめてチェック

ワンキュッパのCMが人気の「Y!mobile(ワイモバイル)」。
月額料金は1,980円からで、データ容量が2倍になるキャンペーンや、通信速度の速さも評されており、スマホ代を安くしたいユーザーであれば気になる存在であるのは間違いないでしょう。

これだけ評価が高ければ間違いないとはいえ、料金や速度以外で気になるのが「通信エリア」です。今回はワイモバイルの「エリア」について、知っておきたいことをまとめてご紹介していきます。

目次:

>>ワイモバイル公式はこちら


ワイモバイルの通信エリア

ワンキュッパのお買得な料金と愉快なCMで人気のワイモバイル
ワンキュッパのお買得な料金と愉快なCMで人気のワイモバイル

格安SIMの宣伝で、例えば「NTTドコモの回線を利用しているから、全国どこでも使える」といった謳い文句や「auの回線を利用しているのでどこでも高速で使える」といった話を見聞きしたことがある人は多いはずです。

ワイモバイルの人気も高いのですが「そもそもワイモバイルって、どこの会社?」という人もまだまだ多いでしょうし、そうした疑問を抱く人からすれば「繋がらないんじゃ」という不安を抱いてしまうはずです。

ワイモバイルはソフトバンクの提供で、ソフトバンクと同じ通信回線を使用しています。

ワイモバイルはソフトバンクの通信回線を利用している
ワイモバイルはソフトバンクの通信回線を利用している

つまり、【ソフトバンクが利用できる場所=ワイモバイルが利用できる場所】であり、過去には繋がるエリアの広さや速度について、精力的に取り組みを宣伝してきたソフトバンクですので、ワイモバイルについても利用できるエリア、速度は十分に期待できるものとなっています。

プランはS/M/Lのシンプルな中から選ぶだけで、料金は1,980円から。
さらに10分以内の通話が何度も無料の通話定額がその中に含まれ、通信速度もかなり高速となっているワイモバイルですが、エリアについても問題なしとなればかなり魅力的ですよね。

さらにワイモバイルについて知りたい!という方は、以下の記事もオススメです。

ここは繋がる?通信エリアの確認方法

ワイモバイルの通信エリアはソフトバンクと一緒
ワイモバイルの通信エリアがソフトバンクと一緒で高品質なことがココにも書かれてます

ソフトバンクのエリアで繋がるワイモバイル。こう書くと「どこでも繋がりそう」な気がしてきますし、都市部であればまず問題ないでしょう

ただ、それでも「どこで使えるのか」を知りたいときはワイモバイルの公式Webサイトのエリアマップで確認する事が可能です。

公式サイト:エリア|Y!mobile(ワイモバイル)

関東近郊で圏外の場所は、ほとんどありません
関東近郊で圏外の場所は、ほとんどありません

上記は関東近郊の広域エリアでのワイモバイルの利用可能エリアです。
色が塗られていない場所はいわゆる「山奥」のような場所であり、普段人が入らないような場所ですから、ワイモバイルの利用可能エリアは普段の利用で困らないレベルといえるでしょう。

また、色の違いで通信速度の遅い3Gと高速な4Gのエリアがそれぞれ展開されていますが、3Gのみのエリアは少なく、サービスエリアのほぼ全域で高速通信が利用できると言えます。

サービスエリアのほぼ全域で高速通信が利用可能
サービスエリアのほぼ全域で高速通信が利用可能

音声・データ通信それぞれの利用について、スマートフォンで利用する限りであればどちらかしか使えないエリアもないため、安心して利用することができます。

ワイモバイルの通信エリアの評判は?クチコミをまとめてチェック

月額料金、速度、そしてエリアにも問題がないとわかったワイモバイル。
では実際に利用中のユーザーの声を確認してみましょう。

ワイモバイルは速い!繋がる!というユーザーの評価

これまでにモバレコでもご紹介してきた記事の通り、そして評判の通り通信速度は100Mbpsを超えるようなこともあり、山間部など繋がらなさそうな場所でも繋がり快適に利用できていることがわかります。

ワイモバイルは遅い、繋がらないというユーザーの声

先ほどとは反対に、ワイモバイルが遅い、繋がらないといったユーザーの声をご紹介。

速度に定評があるだけに遅い場面に遭遇すると評判も辛口です。これはどこの携帯電話会社、格安SIMなど関係なく場所や時間帯、さらに曜日によっても速度が大きく変わるため、絶対に速いなんてことはないので難しいところ。

地下については、携帯電話会社によって力を入れている場所が違ったりもするためワイモバイルが入って他社が入らない、繋がりづらいということもあるでしょう。

どうしても繋がらないときは「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用しよう

このマークが目印
このマークが目印

ソフトバンクのお父さんのマークが目印の、街中のWi-Fiスポット「ソフトバンクWi-Fiスポット」をワイモバイルユーザーも無料で利用することができます。

携帯電話会社が展開するWi-Fiスポットとしては古くからサービスを行っているため利用できる場所も多いので、どうしても速度が出ない、電波の入りが悪いなんてときにはこちらを利用してみるといいでしょう。

公式サイト:ソフトバンクWi-Fiスポット|通信|サービス|Y!mobile(ワイモバイル)

>>ワイモバイル公式はこちら


ワイモバイルの通信速度をチェック

ここまでにエリアと速度について確認してきました。続いて、実際の速度を筆者自身でも確認してみました。

HUAWEI P9にワイモバイルのSIMを入れて確認
HUAWEI P9にワイモバイルのSIMを入れて確認

測定にはSIMフリースマートフォンの「HUAWEI P9」を使用しました。
朝昼夕の混雑しやすい時間帯を狙い、それぞれ3回測定。測定時間帯毎の平均値と、すべての時間帯での平均値を以下にまとめました。

時間帯 下り速度 上り速度 Ping値
朝(8:00) 45,64Mbps 27.78Mbps 28ms
28.11Mbps 28.15Mbps 27ms
40.84Mbps 26.22Mbps 27ms
朝の平均値 38.19Mbps 27.35Mbps 27ms
昼(12:00) 21.78Mbps 29.06Mbps 28ms
24.09Mbps 29.00Mbps 28ms
43.52Mbps 28.05Mbps 28ms
昼の平均値 29.76Mbps 28.70Mbps 28ms
夜(18:00) 10.51Mbps 8.43Mbps 77ms
23.92Mbps 30.61Mbps 28ms
16.74Mbps 27.65Mbps 27ms
夜の平均値 17.05Mbps 22.23Mbps 44ms
全体の平均値 28.35Mbps 22.23Mbps 44ms

通信速度ですが、混雑する夜間でも平均で20Mbps近い速度が出るなど、使用していてストレスに感じるような「遅さ」になることはありませんでした

また、エリアについても筆者の埼玉の自宅から都内までの移動で他社が途切れがちになる場所が何カ所かあるのですが、そうした場所でも途切れる事なく通信を行う事もでき、発表会会場などの地下ホールや高層ビル内でも快適に通信が行えました。

速度、エリアについては十分過ぎるどころか、満足できるレベルです。

まとめ:ワイモバイルは「ちゃんと繋がる」からやっぱりオススメできる!

ワイモバイルのエリアですが、月額料金の安さで選んで速度やエリア、繋がりづらさに不満を感じることはないと言えます。

今のスマホの月額料金に不満があって、安くしたい!お得にしたい!という人は、ワイモバイルを選べば絶対に満足できるでしょう。

●ワイモバイルのエリアについてのポイントについておさらい

・ソフトバンクと同一のエリア
・サービスエリアのほぼ全域で4Gの高速通信が利用できる
・実行速度、繋がりやすさは大手携帯電話会社並

>>ワイモバイル公式はこちら


こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon