カテゴリ: IIJmio

格安SIMでテザリングするなら大容量プランもあるIIJmioがおすすめ!

LTE登場と共に爆発的に広がった「テザリング」。

今やこの機能があるおかげでどこでもノートパソコンでインターネットが利用できますし、Wi-Fiタブレットでも外出先で通信することができます。Wi-Fiスポットに依存せずにインターネット通信を手に入れることができるのです。

筆者は格安SIMのひとつ「IIJmio」を利用していますが、外出先で仕事をする事も多いため、このテザリング機能に依存しまくっています。

そんな筆者が感じたIIJmioでテザリングをおすすめする理由や、注意点、ポイントなどをご紹介しましょう

※別途記載がない限り、記事内の価格は全て税込表記です。

目次:

そもそも「テザリング」って何だ?

まずはベーシックなところを抑えておきましょう。そう、「テザリング」の正体です。

これは「スマホに届いているモバイルデータ通信を、Wi-Fiによって分配する機能」。つまり、スマホがモバイルWi-Fiルーターのようになるわけです。

スマホが受信した電波をWi-Fiで分配しています
スマホが受信した電波をWi-Fiで分配しています

この機能を利用すれば、Wi-Fi接続機能しかないノートパソコンやWi-Fiタブレット、ゲーム機などでも、スマホを介してインターネットに接続できるというわけですね。

テザリングの特徴や注意点に関しては、『外出先のネットに心強い!テザリングの設定、料金、注意点までまるわかりガイド』で解説しているので、そちらも合わせてチェックしてください。

IIJmioでテザリングするおすすめの理由

格安SIM(IIJmio)でテザリング、そこには多々のメリットがあります。引き続きそれらを解説していきましょう。

テザリングオプション料金がかからない

まず一番大きいのが無料でできるという点ですね

キャリアだと当たり前のようにオプション料金が発生します。「テザリングオプション」などがそれで、こちらの契約が無いとテザリングを利用できません(まぁ、特定のプラン契約でペイされたりするんですけどね)。

一方でIIJmioを始めとする多くの格安SIMでは、テザリングは基本プランの一部。何の機器をテザリングしようとも、追加料金はかからないのです

IIJmioのタイプDプラン料金表
IIJmioのタイプDプラン料金表。これらの料金の中でテザリングもし放題です(高速データ容量は消費します)

つまり、「ミニマムスタートプラン(音声通話機能付き)」を契約するとすれば、テザリングを利用したとしてもかかる費用は1,760円だけ。

通話料金は別途話した分だけ22円/30秒かかりますが、キャリアのようにISP料金(spモードなど)といったデータ通信用の謎な別料金もかかりません。

バースト機能によって低速時でもソコソコいける

IIJmioでは高速通信容量を「クーポン」という単位で付与しています。これはユーザーが自由にON/OFFを切り替えられ、高速通信が不要な時はあえてクーポン(高速通信容量)を消費しない低速の200kbpsで通信するといったこともできるんです。

この低速時に役立つ機能が【バースト転送】です。

バースト転送は通信開始時のちょっとだけ読み込みを高速化
バースト転送は通信開始時のちょっとだけ読み込みを高速化

IIJmioでは低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」に対応しているんです。

テキストが主体のコンテンツやメールなどであれば、高速通信容量を使わずとも比較的快適に通信できちゃうというわけですね。

これはテザリング時というよりも、低速時であればIIJmioのデータ通信全般に言えることなので、スマホでの利用時にも効果が現れますよ。

余ったデータ量は翌月持ち越し可能!

使いきれなかったら切り捨て御免!というわけではなく、クーポン(高速通信容量)は翌月まで繰り越しできます

たとえば翌月出張が多めで、移動時にたくさんテザリングをする予感! となれば、今月は外出先での通信を控えたり、クーポンをあえてOFFにして節約するといったやりくりも可能です。節約好きにはたまらない機能ですね。

豊富な大容量プラン・オプションがある

テザリングするとなるとやはり、スマホでWebを見ているよりも大量のデータを消費します。

また、Windowsの自動更新をOFFにし忘れていたりすると、知らぬ間に数GBのデータをダウンロードされているといったトラップも……。やはりテザリングを多用するのであれば、大容量データが利用できるプランが理想的です。

こういったシーンにも対応できるように、IIjmioでは大容量プランも用意されています。

「ファミリーシェアプラン」は12GBの高速通信容量があって月額3,586円~(音声通話機能1回線付きの場合)、さらに最大10枚までSIMカードを追加することができます。複数台の通信機器を持っている人や、家族でIIJmioに移りたいという人におすすめのプランです。

テザリングユーザーや動画視聴などが多い人に嬉しい大容量オプション
テザリングユーザーや動画視聴などが多い人に嬉しい大容量オプション(参考:IIJmio

また、IIJmioは基本プランとは別に+20GB/月、+30GB/月の大容量オプションも用意されました。

料金は+20GBのオプションで月額3,410円、30GBのオプションで5,500円とそれなりの値段はするものの、キャリアと比べると半額から2/3程度の価格で大容量データ通信が可能になるのです。これは見逃せません!

IIJmioのココがおすすめ

・テザリングオプション料金がかからない
・バースト転送機能がついていてWEBサイトの読み込みも速い
・余ったデータ容量は次月に繰り越しができる
・テザリングにオススメな大容量プラン・オプションがある

IIJmioの通信速度を測ってみた

スマホ iPhone 7 Plus
テザリング接続端末 MacBook 12インチ(2016)
場所 群馬県太田市某所
検証日 2017年7月4日
検証サイト SPEEDTEST.NET

15時、持ち出し仕事の多い時間帯でのチェック

快適に利用できる午後のノマドタイム
快適に利用できる午後のノマドタイム
  • 平日昼間、15時00分
  • Ping 71ms/下り8.55Mbps/上り13.30Mbps

筆者としてはちょっと移動時に持ち出し仕事。もしくは気分転換に外で仕事するかー! ということが多い時間帯で、最も仕事が捗る時間帯です。

この時間帯でのテザリング率は非常に高く、頼りにしています。速度も下りで8.55Mbpsと固定インターネットに比べたら快速というわけではありませんが、十分に実用範囲ですね。

お昼時・混雑時間帯でのチェック

かなり忍耐が求められるお昼休み時。休みましょう。
かなり忍耐が求められるお昼休み時。休みましょう。
  • 平日昼間、12時10分
  • Ping 99ms/下り0.56Mbps/上り2.57Mbps

一方で、最も混雑するであろう時間帯の計測がこちらです。通信品質への評価の高いIIJmioですが、さすがに混む時ァは混む。下り0.56Mbpsはかなり厳しくWebページ表示にストレスがかかります。

メールであれば問題なくやりとりできますが、複数のWebページを見比べたり、資料をダウンロードするといったことをするべき時間帯ではありません。休め! 仕事を中断してTwitterでも眺めつつ休むのです!

この結果でも分かるとおり、格安SIMには、キャリアと比べると維持費が安くなることは事実ですが、混雑時間帯にウィークポイントがあることもまた事実です

外出時に平均して快適に通信したいというのであれば、格安SIMではなくキャリア残存ルートというのも、悪い選択肢ではないのかもしれません。コストを取るか、それとも快適さを取るかです。

IIJmioでテザリングする際の注意点

テザリングは便利ですが、注意すべきポイントもいくつかあります。ここで紹介する4点には特に留意しましょう

テザリング対応端末の確認を

格安SIMにおいてテザリングはオプションではなく標準機能。しかし、テザリングできるかできないかは端末や利用するSIMカードによっても変わります。

自分が利用したい端末、利用したい格安SIMがテザリングに対応しているのか?といった情報は、必ず契約前にチェックしておきましょう。

IIJmioをはじめ、多くのMVNOでは動作端末の検証結果を掲載しています
IIJmioをはじめ、多くのMVNOでは動作端末の検証結果を掲載しています

IIJmioの場合は、「動作確認端末」のページよりチェックすることができます。NTTドコモ網を利用した「Dプラン」、au網を利用した「Aプラン」共に対応表から該当する端末を確認しましょう。

通信制限に注意!

IIJmioの利点のひとつ、大容量オプションの紹介でも触れましたが、テザリングは接続する機器によっては多くのデータ通信を短期間に消費します。

そのため、ついつい使いすぎてしまって高速データ通信容量を使い切ってしまうということも……。

クーポン(高速通信容量)を確認でき、ON/OFFも切り替えられます
「IIJmioクーポンスイッチ」アプリはクーポン(高速通信容量)を確認でき、ON/OFFも切り替えられます

そのため、現在どのくらいデータを使用していて、今月はどのくらい余裕があるのか? をシッカリと確認しつつ使いましょう。

利用データ量はIIJmioのクーポンアプリ「IIJmioクーポンスイッチ(iOS,Android)」や、IIJmio会員専用ページから確認できます。

予備バッテリーがあると安心

テザリング中のスマホは、LTEのモバイルデータ通信を受信しつつ、Wi-Fiでそれを分配するといった負担の大きな処理を行ないます。

そのため、バッテリー消費も多く気がつけば残り数%に……! といった事も多々あるので注意しましょう。

テザリングを常用するのであれば、スマホ1回分は充電できるモバイルバッテリーを用意しておくと良いでしょう。

充電器とモバイルバッテリーがこれ1台で!
充電器とモバイルバッテリーがこれ1台で!

筆者はAnkerのモバイルバッテリーとスマホ充電器がセットになった「Anker PowerCore Fusion 5000」を携帯しています。電源が無い時はモバイルバッテリーとして。コンセントがあれば、充電器として利用できます。

らに移動時の仕事の相棒であるMacBook 12インチも充電速度が遅いながらも充電できて最強です。189gとちょっと重めだけどオススメですよ。

テザリング方法を事前に確認しておく

iPhone、Androidごとにテザリングの方法は異なり、自分の利用するスマホに合わせて利用方法を事前に確認しておきましょう。

  • iPhone……「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」からスイッチを「オン」にする
  • Android……「設定」→「その他」→「テザリングとポータブルアクセス」→「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」→ON/OFFスイッチを「ON」にする(HUAWEI P9 Liteの場合)

またWi-Fiでのテザリングだけでなく、USB接続やBluetooth接続でのペアリングなども利用できます。

それぞれの方法やメリット・デメリットなどは、『[画像付き]iPhoneのテザリング設定方法』『[画像付き]Androidスマートフォンのテザリング設定方法』を参照ください。

まとめ

外出先で大量にテザリングするなら単価の安い格安SIMが狙い目です。

キャリアでもテザリングは利用できますが、テザリングにオプション契約が必要だったり、データ通信量も割高です。

一方で格安SIMであればテザリング無料、さらにIIJmioならキャリアと同レベルの+20GB、+30GBといった大容量のデータオプションも用意されていて、単価も安め。通信速度面での不安もありますが、コストパフォーマンスは抜群です。

もし、格安SIMでも外出先でテザリングしたいと考えているのであれば、IIJmioは選択肢に入れて検討しておきたいMVNOです

格安SIMを「品質」で選ぶならIIJmioがオススメ

※編集部追記

IIJmioは多くのユーザーを抱えながらも比較的安定した通信速度や品質が評価されている格安SIMです。キャリアからIIJmioに乗り換えると大幅に料金を節約できます。

●月5GB前後の料金比較
au(ピタットプラン・5GB以内) 7,128円
IIJmio(ライトスタートプラン・6GB) 2,442円
差額 4,686円

※価格は全て税込

例えばauから乗り換えて、5GB程度の通信をした場合をみてみると、月間4,686円の節約になります。年間を通せば56,232円という嬉しい結果に。

5万円あれば旅行もできますし、家族や友人、恋人と週末ちょっと贅沢な外食に出かける回数も増やせますね!もちろん、将来のためにしっかり貯蓄するのも堅実です。格安SIMに乗り換えると少しだけ生活が豊かになります♪

●IIJmioのおすすめポイント

ドコモ回線au回線、2回線の利用が可能
・余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができる
・通信容量としてカウントされない低速通信へ手動で切り替えできるため、毎月のデータ容量をコントロールできる
料金プランを無料で変更できる
・通信の老舗で通信の品質に定評がある

なお、実はビックカメラオリジナルの格安SIMパッケージ「BIC SIM」は、IIJmioの契約ですが、ビックカメラオリジナル特典としてWi2 300のWi-Fiスポットが無料で付帯してきます(全国のマクドナルドなどでも利用できますよ)。

BIC SIM
IIJmioユーザーですが、実は筆者は「BIC SIM」を購入しました。現在はパッケージデザインは変更されていると思われます

契約はIIJmioながらもWi-Fiスポットで比較的快適なインターネットが可能です。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

小暮ひさのり

小暮ひさのり

フリーライター

プロフィール

編集プロダクションを経て独立。PC誌やWEB媒体を中心にデジタルアイテムのトレンドを追っているテクニカルライター。

特技はお掃除で、特に水回り系のお掃除が得意。ハウスクリーニングアドバイザーの資格も所有している。

得意カテゴリー

ガジェット・お掃除

ブログ・SNS

ヒサノライフ
http://hisanolife.blogspot.com
Twitter(@Hisano_kg)
https://twitter.com/Hisano_kg

メディア実績

【雑誌・書籍】

  • 「NHK趣味どきっ! いまからスマホ 一週間でマスター! スマホの基本」
  • 「大人のためのLINEのトリセツ」シリーズ
  • 「家族で年間10万円以上ダウン! 格安スマホ&SIM入門」
  • 「MacBook仕事術」シリーズ
  • 「Chanto」
  • 「Mac Fan」
  • その他多数

【Web記事】

  • ギズモード・ジャパン
  • まぐまぐニュース
  • ウレぴあ
  • デジモノステーション・ウェブ
  • その他多数

【動画掲載】

  • Yahoo!クリエイターズ

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン