ドコモからソフトバンクへお得に乗り換え(MNP)をする為に確認しておくべき4つのポイントを解説!

書いた人: 恐竜也

カテゴリ: ソフトバンク

ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)

この記事を見ている人は、ソフトバンクへの乗り換えを検討しているドコモユーザーの方が多いことと思います。

結論から言うと、以下の条件に該当するドコモユーザーはソフトバンクへ乗り換え(MNP)をするメリットがあります。

・毎月のデータ利用量を30GB以上使うドコモユーザー
・機種代金を完済している / 契約更新月にあるドコモユーザー
・ドコモで現在利用中の機種を下取りに出してもいいドコモユーザー

この記事では、ドコモからソフトバンクへMNPするときに確認しておきたい4つのポイントを解説していきます。ドコモについては、2019年6月から開始された新料金プランに沿って見ていきましょう!

※記事内の料金は全て税込みです。

目次:

1. ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)をすると料金が安くなるのかを確認する

ドコモ ソフトバンク 料金比較
ドコモとソフトバンクはどっちがお得?
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

まず、ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)をすることで料金が安くなるのかを見ていきましょう。

料金を今よりも安くしたいからという理由で乗り換えを検討している方がほとんどだと思いますので、まずは料金シュミレーションからしっかり実施していきましょう。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクの料金プラン
ソフトバンクの請求・料金の仕組み
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

ソフトバンクの通信プランには、現在「ミニモンスター」「ウルトラギガモンスター+」の2つのプランがあります。2つのうちから選べばいいのでシンプルですね。

ミニモンスターは、使った分だけ料金が加算されていく従量制のプランです。一方、ウルトラギガモンスターは50GBまで使えて一律料金となっています。

具体的な料金表をまとめてみました。

プラン名 ミニモンスター ウルトラギガモンスター +
月額料金 ~1GB:3,980円
~2GB:5,980円
~4GB:7,480円
~5GB越:8,480円
7,480円
データ容量 0~50GB 50GB
備考 1年目は1,000円引き ・1年目は1,000円引き
・Youtubeや各種SNSではデータ使用量無制限

このように、2GB以上の通信をする人はウルトラギガモンスター+の方がお得になる料金設定となっています。

また、これらのデータプランとは別で、長時間の通話を必要とする場合は、次の通話オプションを付ける必要があります。付帯しない場合は、20円 / 30秒の通話料金が別途発生します。

プラン名 準定額オプション
(5分間の無料通話)
定額オプション
(通話し放題)
料金 500円 1,500円

ドコモとソフトバンクの料金を比較

ドコモの料金プラン
ドコモの料金の仕組み
画像:ドコモ公式サイトより引用

ソフトバンクの料金プランについては改めて理解いただけたかと思います。では、それも踏まえてドコモとソフトバンクの料金を比較してみましょう。

ドコモ ソフトバンク
~1GB 2,980円 3,980円(初年度2,980円)
~2GB 5,980円(初年度4,980円)
~3GB 3,980円 7,480円(初年度6,480円)
〜4GB 7,480円(初年度6,480円)
~5GB 4,980円 7,480円(初年度6,480円)
~7GB 5,980円 7,480円(初年度6,480円)
〜30GB 6,980円(6ヵ月間5,980円) 7,480円(初年度6,480円)
〜50GB 7,480円(初年度6,480円)
通話オプション 700円(5分間無料)
1,700円(通話無制限)
500円(5分間無料)
1,700円(通話無制限)

※ソフトバンクの2GB以上は「ウルトラギガモンスター+」を契約した場合
※ドコモの~30GBは「ギガホ」を契約した場合

まとめると、次のような人はソフトバンクの方がおすすめです。

・データ通信30GB以上使う人

2. ドコモの契約更新月を確認する

ドコモの更新月表
ドコモの更新月表
画像:ドコモ公式サイトより引用

次に重要なことが、ドコモから乗り換え(MNP)をする前に必ず「契約更新月」を確認しておくことです。

契約更新月とは、解約や他社へ乗り換え(MNP)をしても違約金がかからない更新期間のことを言います。2019年10月以降、法改定に伴い、各社2年縛りを設けない新料金プランを発足させましたが、従来プランではこの契約更新月を設けており、「2年縛り」と呼ばれることも。

ドコモでは、契約更新月以外に解約またはMNPすると9,500円の違約金が発生します。決して安い金額ではないので、できるだけ契約更新月に乗り換え(MNP)をすべきです。

ドコモの契約更新月は、「契約満了日を含む3ヶ月間」です。例えば2019年8月にドコモでケータイを2年契約で購入した場合、2021年8月〜10月の間なら違約金がかかりません。

ドコモの契約更新月の確認方法は、「My docomo」から確認するほか、店舗や通話ガイダンスでも確認することができます。

また、ドコモは月末が締め日となっており、月の途中で解約しても料金は日割りになりません。そのため、乗り換え(MNP)をするなら月末付近に行うことをおすすめします。

3. ドコモを転出する場合に発生する費用を確認する

ドコモから他社へのMNP手順
ドコモを転出する場合にかかる費用は?
画像:ドコモ公式サイトより引用

前章で触れた、従来プランでは契約更新月以外に解約すると違約金がかかりますが、ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)をすると他にも以下のような費用がかかります。

・違約金(ドコモ側:9,500円)
・端末残債(ドコモ側:残っている場合)
・MNP手数料(ドコモ側:3,000円)
・契約事務手数料(ソフトバンク側:3,000円)

分割で購入した端末代金が残っていると、他社への乗り換え(MNP)、解約時にその残額を一括(もしくは分割)で支払わなければなりません。

そして、他社へ乗り換え(MNP)をするときには「MNP予約番号」というものを発行してもらう必要があり、その番号を使用してMNP手続きを完了した際には、手数料が発生します。

なお、契約事務手数料はソフトバンクで契約するときに必ず発生するもの。ソフトバンク側でキャンペーンなどによって割引がされる場合もあります。

4. ソフトバンクで実施中のキャンペーンを確認する

ソフトバンク オンラインショップ キャンペーンTOP
ソフトバンクのキャンペーンをチェックしよう!
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

では最後に現在ソフトバンクで実施されている、キャンペーンについて見ていきましょう。
ドコモからの乗り換え(MNP)に伴って適用できるキャンペーンは主に以下のものです。

・下取りプログラム(のりかえ)
・トクするサポート
・1年おトク割
・のりかえPayPayキャンペーン

キャンペーンは不定期での開催であることが多いので、常に情報をチェックしておくことをおすすめします。ひとつずつ解説します。

下取りプログラム(のりかえ)

下取りプログラム(のりかえ)
ソフトバンクの下取りプログラム(のりかえ)
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

下取りプログラムでは、それまで使っていた端末を「下取り」することで、その下取り金額分がPayPayボーナスとして還元されます。

下取りキャンペーンを適用するには、次の条件があります。

・それまで使っていた下取り対象端末をを下取りに出すこと
・ソフトバンクへMNPするときに、ソフトバンクで販売されている対象の端末を購入すること

下取り対象端末は、子供や高齢者向けの端末以外のほぼ全てとなっています。

下取り価格は、例えばiPhone 8、対象の最新Androidなら14,400円~19,200円程です。またスマホが破損していても、具合によっては下取りしてくれる場合があります。

もし下取りできなような故障端末でも、ソフトバンクではTポイントが最大9,000ポイント付与される「故障端末買取キャンペーン」が適用できるかもしれません。

トクするサポート

トクするサポート適用時料金イメージ表
ソフトバンクのトクするサポート
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

トクするサポートとは、対象機種を48回割賦で購入した場合、25ヶ月目以降に端末をソフトバンクへ返却すると、旧端末の残債が最大半額分無料になるサービスです。

画面が割れていたり電源が入らなかったりするとサポート対象外ですが、キレイに使用できていれば機種変更時に自動適用されます。

また、プログラム利用費として390円(不課税)×24ヶ月間分を支払うこと、次回もソフトバンクで機種変更をすることがプログラム適用条件として設定されていますが、今後もソフトバンクを継続し、且つ2年スパンで新機種へ変更していきたい人にはおすすめのサービスです。

1年おトク割

「1年おトク割」とは、以下のプランを契約した方の月額料金を、1年間1,000円割り引くキャンペーンです。

・データ定額50GB+(ウルトラギガモンスター+)
・データ定額ミニモンスター
・データ定額スマホデビュー

適用条件は、これまで1年おトク割を利用したことない方が、新規契約または機種変更で上記3プランのいずれかに加入することのみです。

ただし、契約途中で「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を申し込んだ場合は1年おトク割の割引が終了しますので、ご注意ください。

のりかえPayPayキャンペーン

のりかえPayPayキャンペーン

対象機種にオンラインショップから、もしくは電話で他社からのりかえをすれば、今なら最大2万円相当のPayPayボーナスをゲットできるキャンペーンです。

対象機種とPayPayボーナス額は以下の表の通りです。

対象機種 PayPayボーナス特典
iPhone 11 Pro 20,000円相当
iPhone 11 Pro Max 20,000円相当
iPhone 11 20,000円相当
iPhone 8(64GB) 20,000円相当
iPhone 7(32GB) 20,000円相当
Google Pixel 3a 15,000円相当
Google Pixel 3a XL 20,000円相当
Google Pixel 4 20,000円相当
Google Pixel 4 XL 20,000円相当
LG G8X ThinQ 20,000円相当
Xperia 5 20,000円相当
Xperia 1 20,000円相当
AQUOS R2 compact 20,000円相当
AQUOS zero 20,000円相当
AQUOS R3 20,000円相当
AQUOS sense3 plus 20,000円相当
Android One S5 10,000円相当
arrows U 10,000円相当
LG K50 10,000円相当

また、適用条件は以下の通りです。

・対象機種にオンラインまたは電話で他社からのりかえること
・機種の自宅受け取りを選択すること
・データプラン50GB+を契約すること
・トクするサポートへ加入すること

PayPayヘビーユーザーにとっては、最大2万円の恩恵はかなり大きいでしょう。また、ソフトバンクユーザーはPayPay残高を携帯料金支払いにも使うことができるため、ドコモからソフトバンクへのりかえを検討中の方はぜひこのお得なキャンペーン・キャッシュバックを利用しましょう。

どういうドコモユーザーがソフトバンクへ乗り換えるメリットがあるのか?

My docomo TOPページ
お得になるドコモユーザーは?

ここまでで解説した内容を踏まえて、どういうドコモユーザーがソフトバンクへ乗り換えするとメリットがあるのかをまとめました。

・毎月のデータ利用量を30GB以上使うユーザー
・機種代金を完済している / 契約更新月にあるユーザー
・ドコモで現在利用中の機種を下取りに出してもいいユーザー

毎月そんなにデータ通信をしないという人にとっては料金的なメリットはなさそうですが、逆に大容量のデータ通信を消費するという人にとってはソフトバンクがおすすめです。

またこの記事で紹介したキャンペーンをフル活用すると、よりソフトバンクの利用料金を安くすることができます。

もちろん、解説したプランに機種代金が加わるので、機種代金によって料金が高くなるかどうかも左右されてきます。契約する前にしっかりシミュレーションしましょう。

まとめ:ドコモからの乗り換え(MNP)はソフトバンクオンラインショップがおすすめ!

ソフトバンクオンラインショップTOPページ
公式オンラインショップがおすすめ!
画像:ソフトバンク公式サイトより引用

ドコモからソフトバンクへお得に乗り換え(MNP)をする前に確認しておくべき4つのポイントを改めておさらいします。

1. ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)をすると料金が安くなるのかを確認する
2. ドコモの契約更新月を確認する
3. ドコモを転出する場合に発生する費用を確認する
4. ソフトバンクで実施中のキャンペーンを確認する

この4つのポイントをしっかりおさえた上で、2年間の実質負担金額を計算しておけば、必ず今よりも安くなるかどうかを事前に把握することができるはずです。

なお、ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)をするときは、ソフトバンクオンラインショップから申し込みすることをおすすめします。そのメリットは主に以下の通り。

・24時間申し込み可能
・端末頭金無料

店頭での乗り換え手続きの場合、来店予約をしていなければ長時間の待ち時間が発生する場合があるところ、オンラインショップは24時間いつでも申し込み手続きを自分で進めることが可能です。

また、端末の頭金が機種によっては別途10,000円近くかかる場合も。費用も時間も節約したいならぜひオンラインショップを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

恐竜也

恐竜也

音と言葉を編集するフリーランス

プロフィール

1991年愛知県生まれ・在住。中京大学国際教養学部卒。

2016年からブロガーとして活動を始め、名古屋のWeb制作会社でライターとして勤務。その後、2018年1月にフリーランスのライターとして独立。

とにかく便利なものが好きで、パソコン・タブレット・スマホ・時計全てApple製品で統一。モバレコでは、スマホやアプリに関する情報を分かりやすく解説し、皆さんの生活が快適になる情報を発信します。
その他、インタビュー・お金・Webマーケティングのメディアでも記事執筆中。

ライター以外にも、お笑い芸人「ダイノジ」が主催するDJイベント、「ジャイアンナイト」の妹分チーム「ジャイコナイトナゴヤ」でDJとして活動中。

得意カテゴリー

スマホ・格安SIM・インタビュー・お金

ブログ・SNS

Twitter(@ryu_n_11)
https://mobile.twitter.com/ryu_n_11

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン