楽天モバイルとUQモバイルの違いを比較 どっちがおすすめ?

書いた人: NINO

カテゴリ: 格安SIM

楽天モバイル UQモバイル

毎月の固定費となる通信料金はできる限り安く済ませたいもの。

そんなことから、テレビでもよくCMが流れている「楽天モバイル」や「UQモバイル」といった、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べて通信料金が安価なサービスの人気が高まってきています。

そこで本記事では、この「楽天モバイル」と「UQモバイル」に焦点をあてて、両者の特徴や料金プラン等のサービスを比較して解説します。

目次:

【結論】楽天モバイルとUQモバイルの違いとは?

楽天モバイル UQモバイル 違い

楽天モバイルとUQモバイルで提供されている主なサービス項目を以下一覧表に簡単にまとめています。

詳しい比較は後ほど解説しますが、まずはこちらで両者の概要をおさえておきましょう。

※横にスクロールできます。

項目 楽天モバイル UQモバイル 特記事項
料金プラン 2,980円/月
(楽天エリア:無制限パートナーエリア:5GBまで)

スマホプランS:1,980円/月(3GB)

スマホプランR:2,980円/月(10GB)

各種割引適応前の正規価格
最短契約期間
(契約期間縛り)
設定なし 設定なし
通話オプション
内容/料金
Rakuten Link経由でかけ放題:月額無料

かけ放題:1,700円/月

10分かけ放題:700円/月

60分/月までかけ放題:500円/月

通常通話はいずれも20円/30秒
データチャージ料金 1GB:500円 100MB:200円
500MB:500円
楽天モバイルは最大1GB刻みに追加オプション有
最大下り
通信速度
最大400Mbps 最大400Mbps
速度制限時の
上限速度
最大1Mbps スマホプランS:最大300kbps
スマホプランR:最大1Mbps
使用回線 楽天エリア:楽天モバイル自社回線
パートナーエリア:au回線
au回線 楽天モバイルは5G対応(対応エリアのみ)
iPhoneの
販売状況
×
(ただし対応機種持込で通信利用可)

(iPhone SE,iPhone 7,au認証iPhone 8)
UQモバイルのau認証iPhone 8は高品質のリユース品
実店舗の有無

※表示はすべて税抜き

楽天モバイルとUQモバイルの料金プランを比較

ここでは、楽天モバイルとUQモバイルの両社の料金プランを細かくみていきます。

楽天モバイルの料金プランの特徴

楽天モバイル 料金プラン

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」は、月額2,980円で5Gを含む4Gデータ通信が使い放題という点が最大の特徴です。

では、楽天モバイルの料金プラン概要を見てみましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vの料金プラン概要
月額料金 2,980円(税抜)
データ通信容量 楽天エリア:無制限
パートナーエリア:月間5GBまで
音声通話オプション Rakuten Linkアプリ経由で
国内通話かけ放題
※通常利用は20円/30秒
SMS Rakuten Linkアプリ経由で
使い放題
※通常利用は3円/70文字
契約事務手数料 3,300円(税込)
最低契約期間 設定なし
(いつでも解除料不要)
データ容量超過後の
上限通信速度
最大1Mbps
データチャージ 1GB:500円
2GB:1,000円
3GB:1,500円
4GB:2,000円
5GB:2,500円
その他 セキュリティ対策等の
各種オプション有

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT V」の1つのプランのみ提供しています。プラン内容がわかりやすく、月額2,980円でデータ通信が使い放題というシンプルな構成であり、これまでの携帯業界にはなかった革新的な内容が多く盛り込まれています。

楽天モバイルはドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第4の大手キャリアとしての位置付け。これまでの大手3社の料金プラン相場が概ね7,000円前後であることと比較すると、約半額以下の料金設定で、しかも楽天エリア利用が可能であればデータ通信使い放題となる点で、他社よりもお得感を大きく出しています。

最低利用期間の設定もなく、いわゆる2年縛りの拘束もないので、いつでも契約解除が無料で可能です。

他社によくあるような各種条件適用による実質割引や縛りといったものもありません。ユーザーにとってはとても理解しやすい料金プランだと思います。

音声通話は、楽天モバイルが提供するRakuten Linkアプリ経由での通話なら、国内通話が時間無制限でかけ放題となります。このRakuten Linkアプリの利用料金は無料なので、基本の2,980円プランのみで、音声通話も利用し放題になる点も破格であると評価できます。

現在楽天モバイルでは、通信基地局を順次拡大している最中で、まずは通信パートナーであるau回線のローミング使用しながら、通信サービスを提供しています。そのため、データ通信が使い放題となるのは楽天回線エリアのみで、パートナーのau回線エリアでは5GB/月というデータ容量制限が設定されています。

2020年10月時点では、大都市圏を除き、ほぼ全国的にパートナー回線エリア利用となるため、将来的な順次拡大に期待しつつも、実質的には使い放題ではなく5GBの制限があるという認識でいた方が良いです。

UQモバイルの料金プランの特徴

UQモバイル 料金プラン

UQモバイルは、auのサブブランドとして展開され、安定した通信環境かつ格安で手頃な料金プラン内容が特徴の通信サービスです。UQモバイルのプラン概要をみてみましょう。

UQモバイルの料金プラン概要
プラン名 スマホプランS スマホプランR
月額料金 1,980円 2,980円
データ通信容量 月間3GBまで 月間10GBまで
音声通話オプション かけ放題:1,700円/月
10分かけ放題:700円/月
通話パック(60分/月):500円/月
SMS 3円/70文字まで
契約事務手数料 3,300円(税込)
最低契約期間 設定なし
(いつでも解除料不要)
データ容量超過後の
上限通信速度
最大300kbps 最大1Mbps
データチャージ 100MB:200円
500MB:500円
(有効期間90日間)
その他 セキュリティ対策等の
各種オプション有

UQモバイルは大手3キャリアであるau傘下のサブブランドとして通信サービスを展開しています。

通信エリアがauの範囲と同じであるため、高品質なデータ通信を大手キャリア同様に使用できます。

利用環境にもよりますが、データ通信速度に苦戦している他社格安SIMよりも相当速い通信速度があると定評です。

UQモバイルのデータ通信プランはいくつか提供されていて、中でもスマホ向けの料金プランとして、「スマホプランS」と「スマホプランR」が人気です。

スマホプランSとスマホプランRは、月間で利用可能なデータ通信量に違いがあり、スマホプランSは月間3GBで1,980円、スマホプランRは月間10GBで2,980円という内容です。

データ通信をそこまで使わないライト層のユーザーであれば、スマホプランSでも十分。
月額料金も2,000円を切っているため、スマホ維持にかかる固定費を大きく圧縮できると思います。

ネットもゲームも動画もスマホをそれなりに使いたい人はスマホプランRがおすすめ。月間10GBまで利用でき、月額料金は2,980円です。

必要に応じて、通話かけ放題のオプションが付けられるので、通話する頻度に応じて、適切なオプションを追加することをおすすめします。

また、現在のUQモバイル料金プランでは、従来の2年契約縛りを廃止し、契約解除料が発生しない自由なプランになっているため、これからUQモバイルを使おうと考えているユーザーでも安心して利用できるかと思います。

2年間の料金比較シミュレーション

契約解除料が両社とも発生しないとはいえ、一度通信契約をしたら長期間にわたり、通信サービスを利用することになりますよね。

そこで、2年間利用し続けると総額でいくらくらいになるのか、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」とUQモバイル「スマホプランR」を契約したと仮定し、シミュレーションしてみます。

楽天モバイルとUQモバイルの2年間料金比較
項目 楽天モバイル
「Rakuten UN-LIMIT V」
UQモバイル
「スマホプランR」
月額料金
(税抜)
2,980円 2,980円
2年間総額料金
(税抜)
71,520円 71,520円

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」とUQモバイル「スマホプランR」を比較した場合、両プランともに月額料金が2,980円であるため、2年間利用での総額は71,520円という結果になります。

料金自体の差は全くない状態なので、あとはプランで提供されているサービス内容の違い(データ通信量・通信エリア等)で判断すると良いでしょう。

参考として、各社の代表的な割引サービス適用して比較してみます。楽天モバイルでは、先着300万人限定の1年間無料キャンペーン、UQモバイルは家族契約でお得になるUQ家族割適用とした2台目以降の料金を使います。

参考:各種割引有りの場合
(楽天モバイル:1年間無料キャンペーン、UQモバイル:UQ家族割適用の2台目以降)
項目 楽天モバイル
「Rakuten UN-LIMIT V」
UQモバイル
「スマホプランR」
月額料金
(税抜)
1年目:0円
2年目:2,980円
2,480円
2年間総額料金
(税抜)
35,760円 59,520円

楽天モバイルの1年間無料の恩恵はかなり大きく、各社の割引を適用した場合の結果は約2倍近い差額が発生することになります。

価格重視で選ぶのであれば、このキャンペーンや割引適用後の価格も意識しておくと良いでしょう。

楽天モバイルとUQモバイルの通信速度を比較

楽天モバイル UQモバイル 速度

ここでは、モバレコ編集部にて実際に計測した楽天モバイルとUQモバイルの通信速度結果をご紹介します。

測定条件は以下の通りです。

楽天モバイル UQモバイル
調査場所 東京都内
調査時間 (朝)10:00~10:30
(昼)12:00~13:00
(夜)17:00~18:00
毎週の平日、3つの時間帯で調査
調査機種 Rakuten Mini ZenFone 3
調査方法 OOKLA SPEED TESTアプリを使用し、朝、昼、夜で上り・下りを3回ずつ計測し、その平均を調査

2020年9月時点、各時間帯での平均通信速度は以下の通り。

楽天モバイル UQモバイル
(朝)10:00~10:30 下り:54.3Mbps 下り:125.8Mbps
上り:28.8Mbps 上り:11.5Mbps
(昼)12:00~13:00 下り:59.4Mbps 下り:27.8Mbps
上り:30.8Mbps 上り:0.88Mbps
(夜)17:00~18:00 下り:42.5Mbps 下り:125.0Mbps
上り:30.4Mbps 上り:8.09Mbps

UQモバイルは非常に高速な結果を記録していますが、一方で楽天モバイルは最も使用が混み合うお昼の時間帯含め、一日中安定的な速度を記録しています。

UQモバイルは他社MVNOと比較しても、トップレベルで高速な通信が可能です。

楽天モバイルは自社回線としてのサービス展開や5G通信をはじめ、これから更なる改善も期待できそうです。

楽天モバイルとUQモバイルの販売端末を比較

楽天モバイル UQモバイル 販売端末

楽天モバイルとUQモバイルでは、それぞれセット端末として、ハイエンドな性能を持つスマホから、手頃な価格で使いやすいエントリーモデルまで、さまざまな端末が販売されています。

またOS別でいけば、iPhoneはあるのか?Androidはあるのか?と気になる人も多いはず。

ここでは、楽天モバイルとUQモバイルでの販売端末について簡単にまとめました。

iPhoneの販売状況

日本のスマホシーンでは特に人気のあるiPhone端末。楽天モバイル、UQモバイルの両社でのiPhone販売状況は以下のとおり。

楽天モバイル UQモバイル
iPhone機種名 ×(取扱なし) ・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 8(au認証リユース品)

楽天モバイルでは、iPhone端末は販売されていません

一方で、UQモバイルでは、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 8(au認証リユース品)の3機種が販売されています

UQモバイルで取扱いされているこの3機種は、iPhoneシリーズの中でもエントリーモデルとして分類されているものや数世代前の型落ちモデルであり、必要最低限の機能は十分に揃いつつも、かなり安い価格で入手できます。

特に、iPhone SE(第2世代)は2020年4月に発売したばかりの比較的新しい端末で、手の平サイズのコンパクトな4.7インチディスプレイ、フラッグシップのiPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップ搭載、ポートレート撮影可能な高画質カメラといった、格安モデルながら高性能な機能を搭載していることで人気の高い端末です。

セット端末としてiPhone購入を考えているのであれば、UQモバイル一択となります。

楽天モバイルでiPhoneを使いたい場合は、持ち込みで使用する必要があります。

その際、キャリアで購入したiPhone端末は、そのキャリアでの通信回線しか利用できなくなるSIMロックがかけられているので、必ず移行前キャリアにてSIMロック解除を行っておきましょう。

Apple直営店で購入したSIMフリー端末であれば、SIMロック解除は必要ありません。

Androidの販売状況

楽天モバイル・UQモバイルともにAndroid端末は豊富なラインナップを各社揃えています。
Android端末の販売状況を一覧にしてみました。

機種名 楽天モバイル UQモバイル
Rakuten BIG
(楽天オリジナル端末)
×
Rakuten mini
(楽天オリジナル端末)
×
Rakuten Hand
(楽天オリジナル端末)

(今秋発売予定)
×
OPPO Reno3 A
HUAWEI nova 5T ×
OPPO A5 2020 ×
OPPO Reno A 128GB ×
AQUOS R5G ×
AQUOS sense3 plus ×
AQUOS sense3 lite ×
AQUOS sense3 basic ×
AQUOS sense3 ×
arrows RX ×
Galaxy A41 ×
Galaxy A20 ×
Galaxy A7 ×
Xperia Ace ×
Galaxy S10 ×
Galaxy note 10+ ×
BASIO 4 ×

機種ラインナップを見ると、楽天モバイルは全体的にAndroid端末の種類が豊富で、入門的な機種から、ハイエンドのフラッグシップモデルまで、ユーザーニーズに細かく応じた端末選択が可能です。

さらに、楽天モバイルでは、Rakuten mini、Rakuten BIG、Rakuten Handといった楽天モバイルのブランドオリジナルの端末を3機種扱っています

これら楽天ブランドのオリジナル端末は、性能が優れているのはもちろんのこと、端末価格が安く、楽天ポイントの還元も大きく受けられます。

さらに、楽天モバイルのオリジナル端末はeSIMを採用し、物理SIMを挿して通信設定することもなくすぐに使い始められるので、設定に不慣れな方にもおすすめです。

UQモバイルでは、iPhoneの取扱いがある分、Android端末のラインナップは楽天モバイルに比べると少ないように感じます。

一方で、人気のGalaxyシリーズ端末の取扱いが充実しているといったメリットもあります。

楽天モバイルとUQモバイルの店舗情報を比較

楽天モバイル UQモバイル 販売端末

楽天モバイルやUQモバイルは、WEBでの申し込みはもちろん、実店舗での申し込みが可能です。

料金プランが非常にお得な格安SIM各社では、一般的に店舗運営コストを抑えるため、実在する店舗を構えていない場合が多く、WEBサポートがメインとなります。

一方で、第4の大手キャリアとなる楽天モバイルやauサブブランドであるUQモバイルは、料金プランが格安でありながらも、実在する店舗を多く構えています。

そのため、契約や設定が不安な方や、対面サポートを希望する方でも、手厚い対応が受けられる体制が両社とも全国的に整っています。

【楽天モバイルショップでできる主な手続き】

・新規申し込み
・SIMサイズ変更
・機種変更
・セット端末の展示
・アクセサリー販売
・楽天ひかり申し込み
・楽天でんき申し込み など

【UQスポット(UQ専売ショップ)でできる主な手続き】

・新規(MNP)申し込み
・機種変更
・セット端末の展示
・修理受付
・契約情報変更(住所・連絡先・料金プラン・オプション)
・UQ WiMax関連手続き など

専門のスタッフが常駐する店舗として、楽天モバイルショップ、UQスポットがそれぞれあり、契約手続きはもちろん、機種変更やSIMカードサイズ変更など、各種手続きが可能。

また、家電量販店やレンタルビデオ店、リユース店などに併設する店舗として、楽天モバイル・UQモバイルともに取り扱い店は全国に展開されています。

各店舗ごとに対応している手続きが異なるため、楽天モバイルの最寄り店舗UQモバイルの最寄り店舗を事前に検索し、どの手続きが可能か事前に確認しておきましょう。

余裕があれば、待ち時間が少なくなる来店予約をおすすめします。

楽天モバイルとUQモバイルのキャンペーン・特典を比較

通信キャリアとお得に契約したいのであれば、ぜひ各社が展開しているキャンペーンを活用したいところ。

ここでは、楽天モバイルとUQモバイルで提供されているお得なキャンペーンについて解説します。

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイル キャンペーン

楽天モバイルでは多くのキャンペーンが行われています。中でも抑えておきたいのが以下3つのキャンペーンです。

・Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料キャンペーン
・Rakuten UN-LIMIT V お申し込みキャンペーン(ポイント還元)
・SPU(スーパーポイントアップ)

楽天モバイルのキャンペーンで絶対と言って良いほど活用したいのが「Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料キャンペーン」です。

先着300万人を対象に、月額2,980円の利用料金が文字通り1年分無料になる内容です。初期契約手数料が1回限り3,300円かかるだけで、その後1年間はずっと無料で使えるため、超太っ腹なキャンペーンとなっています。

しかも、いつでも契約解除料なしで解約できるので、楽天モバイルの使い心地を試す機会としてもピッタリです。

「Rakuten UN-LIMIT V お申し込みキャンペーン」では、申し込みと同時に対象の楽天モバイル取扱端末を購入し、音声通話がかけ放題になるRakuten Linkアプリを利用することで、端末代金・事務手数料・オンライン特典として最大で26,300円相当の楽天ポイントが還元されるプログラムです。

「SPU(スーパーポイントアップ)」は、楽天ポイントを活用している楽天経済圏のユーザーにとっては嬉しい特典です。楽天市場での買い物時に、楽天モバイル契約によって付与されるポイントが+1倍となります。

その他の楽天サービス加入の有無によって最大16倍まで増えるポイントアップの一部となるため、楽天ユーザーは見逃せないメリットとなるでしょう。

UQモバイルのキャンペーン

UQモバイル キャンペーン

UQモバイルでもユーザーがお得になる多くのキャンペーンが実施されています。
代表的なものをいくつか紹介します。

・UQ家族割
・スマホ下取りプログラム

UQ家族割は、UQモバイルを家族で契約した場合に、2回線目以降の通信料金を毎月500円割引となります。

最大9回線まで登録できるため、家族4人全員でUQモバイルを利用するなど、複数人でUQ家族割を適用させることで、UQユーザーが増えれば増えるほどお得になります。

スマホ下取りプログラムは、MNPを使って新規契約するユーザーと機種変更するユーザーを対象に、これまで使っていた端末を下取りしてもらえます。

店頭はもちろん、郵送でも下取り可能です。対象機種やそれぞれの下取り額は事前に公式サイトをチェックしておきましょう。

楽天モバイルはこんな人におすすめ!

楽天モバイル

楽天モバイルは、第4の大手キャリアとしてサービスを開始し、これまでの他社になかったようなデータ通信無制限利用やシンプルな料金プランが特徴です。

サービス開始したばかりで、通信基地局拡大中のため、パートナー回線を除く楽天通信エリアがまだ未熟な印象ですが、楽天エリアに在住しているのであれば、データ無制限の恩恵は大きく受けられると思います。

【楽天モバイルがおすすめな人】

・楽天回線エリアに居住しデータ無制限で利用したい人
・1年無料キャンペーンでとりあえず長期間費用を抑えて使いたい人
・楽天市場や楽天ポイントを多く活用している人
・音声通話を時間無制限で無料利用したい人
・大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の費用よりも大幅に安く抑えたい人

UQモバイルはこんな人におすすめ!

楽天モバイル

UQモバイルはauのサブブランドとしてサービス提供されていて、料金プランの安さに加え安定かつ高速に利用できる通信品質に定評があります。

UQモバイルがおすすめな人をまとめてみました。

【UQモバイルがおすすめな人】

・大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の費用よりも大幅に安く抑えたい人
・通信速度や通信回線の安定など、品質の高い通信環境を求める人
・家族全員で利用を考えている人
・データ無制限ほど利用せず、データ通信利用がライトなユーザー
・楽天回線エリアに居住していない人
・セット端末でiPhone購入を考えている人

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン