iPhoneのカメラが壊れたかな?と思ったときの5つの対処法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのカメラが壊れたかな?と思ったときの5つの対処法

「iPhoneのカメラが起動しない!」「ピントが合わない!」
そんなトラブルに遭遇したときにはありませんか。

iPhoneのカメラは今や生活必需品と言っていいほどなじみ深い機能ですね。この記事では、そんな大事なカメラの調子が悪くなったときに役立つ対処法を紹介します。どんな症状なのかをしっかりと把握して適切な対処を取れるようにしておきましょう。

目次:

カメラアプリが起動しないときは余計なアプリを終了させる

iPhoneのカメラはセンサーやレンズといったハードウェアの部分と、ユーザーが実際に操作するソフトウェアの2つで構成されています。

カメラのアイコンをタップしてもカメラが起動しない場合は、ソフトウェアの方に問題が起きている可能性があります。そんなときには、起動しているアプリをタスクマネージャーで終了させると不具合が解消されることがあります。同時に動いているアプリが重い場合や、何かしらの不具合を起こしてほかのアプリに影響が出ている場合には、この方法が有効なので試してみましょう。

ホームボタンを2回押し、使用していないアプリの画面を上方向にスワイプして終了させる
ホームボタンを2回押し、使用していないアプリの画面を上方向にスワイプして終了させる

この操作を行ってもカメラが起動しない場合は、iPhoneを再起動させましょう。

また、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」でiPhoneのOSが最新かどうか確認し、システムを最新にアップデートすることで改善する場合もあります。

OSを最新に更新すると不具合が解消される場合がある
OSを最新に更新すると不具合が解消される場合がある

カメラのピントが合わないときは被写体をタップしてみよう

写真のピントが合わない場合や、どうしてもピンボケ写真になってしまう場合は、被写体とiPhoneの間に柵や透明なガラスがないかどうかを確認しましょう。動物園などで撮影しようとすると、動物ではなく手前の柵やガラスにピントが合ってしまうことがよくあります。こう言った撮影シーンでは、柵やガラスにiPhoneを近づけて、画面に映った被写体を指でタップしてピントを合わせてから撮影するとうまく撮れる場合があります。

また、被写体に近づきすぎるとピントは合いません、ピントがうまく合わない場合は、iPhoneを被写体から10cm以上離して撮影するように心がけましょう。

上記のケース以外でピントが合わない場合には、オートフォーカスに不具合がある場合があります。カメラを起動して遠くの被写体、近くの被写体をタッチしてピントが合うかチェックしてみましょう。もしどちらかに固定されているような状態の場合、次項のレンズのクリーニングを行ったのちに、iPhoneを再起動してみてください。それでも同じ症状が改善されないようであれば故障の可能性があります。

画面をタップして近いところと遠いところでピントが合うかチェックする

写真にゴミや汚れが写る場合はクリーニングをしてみよう

写真にゴミや汚れが写る場合はiPhoneのカメラのレンズが汚れている可能性があります。ブロアなどでレンズのチリやホコリを飛ばしてから、クリーニング用のクロスやセーム革などで優しく拭き取りましょう。

ブロアでレンズに付着したチリやホコリを飛ばす
ブロアでレンズに付着したチリやホコリを飛ばす
柔らかい素材のクリーニングクロスやセーム革などで優しく汚れを落とす
柔らかい素材のクリーニングクロスやセーム革などで優しく汚れを落とす

ホコリや細かい砂などがレンズに付着した状態でクリーニングすると細かい傷を付ける原因となるので注意が必要です。ブロアが手元にない場合は息で吹き飛ばすだけでもいいので、できるだけ表面の付着物を飛ばしてからクリーニングするようにしましょう。

レンズの汚れやホコリを落として状況が改善しない場合はカメラユニット内に不具合が起きている可能性がありますので修理に出しましょう。

iPhoneのデータ復元(初期化)で直ることも

iPhoneを長く使っていると、何かしらの不具合によってアプリに不具合が生じてくることもあります。カメラが起動しない、もしくは、アプリがすぐに落ちてしまうなどの不具合が頻発するのであれば、パソコンにデータのバックアップを取ってから、「復元」もしくは「初期化」をしてみると解消される場合もあります。復元、初期化の方法は下記の記事を参考にしてください。

iPhoneのバックアップ方法

復元はiPhoneを一旦初期化して、バックアップした状態に戻すことを指します。

初期化はiPhoneを購入した状態に近い何も入っていない状態に戻すことで、アプリの不調を改善するには効果があります。しかし、アプリや音楽データや写真データはすべてなくなってしまうので注意が必要です。

連絡先などをiCloudにバックアップしておけば、そこから必要最小限のデータを呼び出すことが可能ですが、復旧作業に手間がかかるので上級者向けの対処方法です。

復元や初期化をしても不具合が解消されなければ修理へ出しましょう

ユーザーが対処できるのはカメラアプリの不調に対するアクションのみです。「アプリの終了」「再起動」「iPhoneの復元・初期化」はその対処法です。

上記の対処法でも症状が改善しない場合は、カメラを構成するハードウェアに不具合が出ている可能性があります。アップルストアや正規サービスプロバイダに相談してみましょう。

正規サービスプロバイダはアップルのサイトから探せます
正規サービスプロバイダはアップルのサイトから探せます

気になる修理費用は、購入から1年以内の自然故障の場合であれば無償で修理が可能です。また「Apple Care+ for iPhone」に加入している場合は保証期間は2年となります。

落下や水没など、自然故障修理対象外の場合は交換するパーツ(ガラスが割れている場合やフレームが歪んでいる場合など)に応じて金額が変動します。

このような無償修理補償対象外のケースでも「Apple Care+ for iPhone」に加入していれば2回まで7,800円(税込)で修理・交換が可能なので、不安がある人はiPhone契約時に加入しておくようにしましょう。

まとめ

iPhoneのカメラのレンズが汚れている場合は、きれいに写真が撮れないだけではなくピント合わせがうまくできないこともあります。おかしいな、と思ったらまずはレンズの汚れを確認しましょう。

カメラアプリが起動しない、または、すぐ終了してしまうという場合は再起動をしてみてください。iPhoneのカメラは精密機械なので、落下などのショックや水濡れは厳禁です。特にショックを与えた場合は、徐々にピントが合わない、写りがおかしくなるなど症状が悪化していく場合があるので、早めに修理に出すことをオススメします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?