iPhoneロック画面のパスコードを忘れてしまった時の対処法と予防策

書いた人: でこい

カテゴリ: エラー・トラブル解決, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
あれ?解除できない。iPhoneロック画面のパスコードを忘れてしまった時の対処法と予防策

セキュリティ対策のためにiPhoneのパスコードを定期的に変えたり、複雑なものにしていると、ふとした時に「つい忘れてしまった・・・」ということも少なくないと思います。

今回は、iPhoneのロックが解除できなくなってしまったという場合の対処法を紹介します。いざという時のために覚えておきましょう。

※編集部追記
iPhone 5S以降は指紋認証の「Touch ID」、iPhone Xは「Face ID」に対応しています。本記事はiPhone 5Sを使用して執筆した記事のため、あくまでも「パスコードを使ったロック解除の基本」とお考えください。

販売サイトはこちら

目次:

iPhoneのパスコードを間違え続けたら、どうなるの?

iPhoneのパスコードはセキュリティ対策としての機能。もし間違い続けてしまうと、iPhoneが一定時間利用できなくなるロックがかかります。

間違え続けるとiPhoneが一定時間使えなくなる
間違え続けるとiPhoneが一定時間使えなくなる

数分ならまだしも、数十分間も使えなくなってしまうことも・・・。そのため、たとえパスコードを忘れてしまったとしても、むやみやたらに適当な数字を入力するのはやめましょう。

パスコードロック解除失敗回数に伴う使用不能時間は以下の通りです。

■解除失敗回数と使用不能時間
・6回失敗 -> 1分間使用不可能
・7回失敗 -> 5分間使用不可能
・8回失敗 -> 15分間使用不可能
・9回失敗 -> 60分間使用不可能
・10回失敗 -> 60分間使用不可能
・11回失敗 -> iTunesに接続しない限り使用不可能

なお、ご存知とは思いますがiPhoneにはパスコード以外のロック解除方法もあります。

それについては以下の記事をご覧ください。

パスコードを忘れてしまった…そんなときの対処方法

実際にパスコードを忘れてしまった場合の対処方法を説明したいと思います。ご自身の状況・環境によって対処方法が異なるため、パターン別に紹介します。

PCでiTunesに繋げて復元する

iPhoneと同期させたことのあるiTunesがあれば、この方法を使いましょう。

同期したことのあるコンピュータにデバイスを接続し、iTunes を起動します。パスコードの入力画面が表示される場合は、同期してある別のコンピュータで試すか、リカバリモードを使いましょう。

iTunesでデバイスが同期され、バックアップが作成されるまで待ちます。

同期とバックアップが終わったら、【[デバイス名] を復元】をクリックします。

iTunesから復元
iTunesから復元

復元中に「設定」画面が表示されたら、【iTunesバックアップから復元】をタップします。

バックアップがあればそれを使う
バックアップがあればそれを使う

iTunesでデバイスを選択します。各バックアップの日付とサイズを見比べて、適切なものを選択します。

復元したいバックアップを選択
復元したいバックアップを選択

iPhoneを探す機能でログインしなおす

別のデバイスから、icloud.com/findにアクセスし、Apple IDでサインイン。

iCloudのアクセス画面
iCloudのアクセス画面
iCloudにサインインしたら、iPhoneを探すを選択
iCloudにサインインしたら、iPhoneを探すを選択

「iPhoneを探す」を選択するとブラウザが開くので、ブラウザウインドウの上部の【すべてのデバイス】をクリックします。

すべてのデバイスをクリック
すべてのデバイスをクリック

データを消去するデバイスを選択します。

消去したいデバイスを選択
消去したいデバイスを選択

【[デバイス] の消去】をクリックして、デバイスのデータとそのパスコードを消去します。

消去をクリックするとデータが消去される
消去をクリックするとデータが消去される

その後、バックアップから復元するか新しいデバイスとして設定します。

なお、デバイスがネットワークに接続されていないと「iPhoneを探す」を使って消去することができないので注意が必要です。

リカバリモードを使う

iTunesと同期したことがない場合や、iCloudで「iPhone を探す」を設定していない場合は、リカバリモードを使ってデバイスを復元する必要があります。

この手順を実行すると、デバイスのデータとそのパスコードが消去されます。

デバイスをPCに接続してiTunesを起動し、デバイスを強制的に再起動します。

電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。Appleロゴが表示されても指は離さず、リカバリモードの画面が表示されるまで押したままにします。

リカバリモードの画面
リカバリモードの画面

「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、【復元】を選択します。

復元を選択
復元を選択

iTunesでデバイスのソフトウェアがダウンロードされます。ここで15分以上かかると、リカバリモードは終了するので、もう一度デバイスを再起動させる手順からやり直します。

復元が終わるまでしばらく待ちましょう。終わったらデバイスを設定して、使えるようにします。

PCが無い場合、使えない場合

PCが無い、使えない場合の対処法を説明します。

この方法はあらかじめ設定しておく必要があるのですが、事前に【設定】>【パスコードロック】>【データを消去をオンにする】を実行しておくことで、意図的に10回パスコードを間違えてデータを完全に消去するという方法もあります。

10回間違えるとデータを削除する設定10回間違えるとデータを削除する設定
10回間違えるとデータを削除する設定

iCloudでバックアップを取っていれば、データを復元することも可能です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

また、AppleストアへiPhoneを持ち込んで初期化してもらうという方法もあります。ただし、この場合はもちろんデータの抽出はできないので、完全にまっさらになってしまうということを理解しておきましょう。

パスワードを忘れないための予防策と事前にやっておきたいこと

パスワード管理アプリを利用する

何にも増してベストなのはパスワードを忘れないこと。そのための予防策として、パスワード管理アプリを利用するのがオススメです。

マスターのパスワードさえ覚えていれば、あらゆるパスワードを一括で管理できるため、もし忘れてしまったとしても安心です。

ダウンロードはこちら: Passwords Lite – 最強のパスワード管理器 – App Store

バックアップは必ず取っておこう

こまめにバックアップは取っておきましょう
こまめにバックアップは取っておきましょう

まとめ:もしものために、パスコードを忘れたときの対策を覚えておこう

iPhoneのパスコードがわからなくなった場合の対処法を紹介しました。

iPhone 5s以降はTouch IDも使えるようになっているので、ロックが解除できなくなるということは減ったと思います。

しかし、再起動した場合などパスコードでのロックが必要になる時もあります。そのため、もしもパスコードを忘れてしまった場合などに備えて、今回ご紹介したことを覚えておくとどこかで役に立つかもしれません。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。