iPadを上手に活用するために!iPadの基本設定・便利な使い方7選

書いた人: NINO

カテゴリ: iPhoneの基本設定, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPadを上手に活用するために!iPadの基本設定・便利な使い方7選

iPad(アイパッド)」は、スマートフォンよりも大きい画面で操作や閲覧がしやすく、2台持ちのセカンド端末や自宅用として人気の高いApple製のタブレットです。
「iPadの大画面でインターネットや動画を楽しみたい!」「初めてのタブレット端末として人気のiPadを購入した!」「iPadを両親にプレゼントした!」とiPadを手に入れることまではできたものの、「何から設定すればいいかわからない」と悩まれている方もいるのではないでしょうか?

今回は、iPadの基本設定や便利な使い方を厳選して紹介します。内容も初心者の方向けになっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

検証端末:iPad Pro 9.7インチ 128GB
バージョン:iOS9.3.5

目次:

1. 「Wi-Fi設定」まずはネットに繋げよう

iPadを利用するにはインターネットの通信環境が当然必要になります。
自宅で契約しているインターネットを無線LANとしてワイヤレスで飛ばしているご家庭もあると思います。この無線ワイヤレスによるインターネット通信が「Wi-Fi(ワイファイ)」です。
快適にiPadを使用する際は、このWi-Fiと呼ばれるアクセスポイントに接続する必要があります。

Wi-Fiというと自宅だけでしか利用できないといったイメージもありますが、最近ではコンビニやコーヒーショップが公共の場でWi-Fiを無料で提供する公衆無線LANサービスも充実してきています。

関連記事:

スタバやローソン、最近のWi-fiスポットが便利すぎる!覚えておきたい無料の公衆無線LANとその使い方

また、格安SIMのサービスの一部として公衆無線LANを無料できるといったものもあります。

関連記事:

BIC SIMの無料Wi-Fi「Wi2 300」を使いこなすための登録・設定・接続方法

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアで購入したものなど、iPadの端末モデルによっては、Wi-Fiに接続していなくても携帯電話回線で通信ができる端末もありますが、使えば使うほど毎月契約しているデータ通信量を浪費してしまいます。

以上より、iPadはWi-Fiに接続してから使用することが基本です。

Wi-Fi接続を設定する方法

まずは「Wi-Fi設定」ということで、Wi-Fiのアクセスポイントに接続する設定方法を解説します。

iPadのホーム画面から歯車のアイコンをした「設定」を開きます。

「設定」アプリを開く
「設定」アプリを開く

左側の設定項目一覧から「Wi-Fi」を選択。続いて、右側のWi-FiのスイッチをON(緑色の状態)にします。

「Wi-Fi」をONにする
「Wi-Fi」をONにする

Wi-Fiネットワーク名(アクセスクセスポイント)の一覧が表示されるので、接続したいネットワーク名を探し、タップします。

アクセスポイントを選択
アクセスポイントを選択

Wi-Fiネットワークに設定してあるパスワードを入力します。

パスワードを入力
パスワードを入力

入力完了したらポップアップ右上の「接続」をタップします。

パスワード入力後に接続
パスワード入力後に接続

パスワード入力が認証されるとWi-Fiに接続されます。Wi-Fi接続されるとiPad画面左上の通信キャリア表示横にある電波強度を示すアンテナピクトがWi-Fiマークに変わります。

接続完了後にWi-Fiマークに表示切替
接続完了後にWi-Fiマークに表示切替

ネットワーク名が表示されない、Wi-Fiに接続できないというトラブルが発生した場合は、こちらの記事を参考に確認してみてください。

関連記事:

Wi-Fiがつながらない!そんなときに確認すべき6つのポイントとは?

以上で、Wi-Fiの設定は完了です!
これで通信速度やデータ通信量を気にすることなく、iPadで快適にインターネットを利用することができるようになりました。

2. 「パスワード登録」パスコードロックを設定する

iPadにおける「パスコードロック」はセキュリティ対策として非常に重要な設定項目です。
パスコードロックをしていないと、万が一iPadを紛失してしまった場合に端末の中に入っている連絡先・メール・写真といった個人情報が流出してしまう恐れがあります。ここはしっかりと設定しておきましょう。

パスコードを設定する方法

まず「設定」を開きます。

「設定」を開く
「設定」を開く

左側のメニュー項目一覧から「Touch IDとパスコード」を選択後、右側画面の「パスコードをオンにする」をタップします。

パスコードをON
パスコードをON

最新のiOS9.3.5では設定するパスコードの桁数はデフォルトで6桁です。任意の数字6桁をパスコードとして入力します。
注意点としては、設定後にパスコードを忘れてしまうと、復旧するのに膨大な手間がかかる他、最悪の場合は元の状態に復元できなくなる恐れもあります。絶対に忘れない数字にしましょう!

6桁のパスコードを入力
6桁のパスコードを入力

確認でもう一度6桁のパスコードを入力します。

もう一度入力
もう一度入力

これでパスコードの設定は完了です。
iPadを使用する際、画面が暗転しているロック状態から解除するときに毎回入力が必要になります。

パスコードを任意の桁数に変えたい場合

デフォルトでは6桁のパスコードですが、普段の生活を考えると「6桁」という数字はあまり馴染みがないです。むしろ「4桁」の方がよく使いますよね。
桁数が多い方がセキュリティ性は当然向上しますが、6桁という馴染みのない桁数で数字自体を忘れてしまっては意味がありません。

そこで、パスコード設定の番外編として、6桁ではなく4桁のパスコードを設定する方法を紹介します。

「設定」>「Touch IDとパスコード」と進み、右側の「パスコードを変更」をタップします。

パスコードを変更
パスコードを変更

先ほど設定した6桁のパスコードを入力します。

設定済みの6桁パスコードを入力
設定済みの6桁パスコードを入力

次に、新しいパスコードを入力せずにその下にある「パスコードオプション」をタップします。

パスコードオプションを選択
パスコードオプションを選択

パスコードオプションでは、6桁の数字ではなく以下の3種類のパスコード設定をすることができます。

・「カスタムの英数字コード」→6桁よりさらに桁数が多い英数字を組み合わせたパスコードを設定
・「カスタムの数字コード」→6桁よりさらに桁数が多い数字パスコードを設定
・「4桁の数字コード」→4桁の数字パスコードを設定

パスコードオプションの種類
パスコードオプションの種類

今回はこの3つの中から「4桁の数字コード」を選択します。

再び最初に設定した6桁のパスコードを入力します(注:複数回入力を間違えると設定できなくなるので慎重に入力)

最初の6桁パスコードを入力
最初の6桁パスコードを入力

新しく設定したい4桁の数字パスコードを入力します。

新たな4桁の数字パスコードを入力
新たな4桁の数字パスコードを入力

確認で再度4桁の数字パスコードを入力します。

確認でもう一度4桁の数字パスコードを入力
確認でもう一度4桁の数字パスコードを入力

これで4桁の数字パスコードへ変更が完了しました。6桁より4桁の方が覚えやすいし、日常手的に使いやすいと考えている方は設定してみてください。

指紋認証「Touch ID」を使用する

iPadを使用する度にパスコードを入力するのを少し面倒に感じることもあると思います。指紋認証システムである「Touch ID」に対応している以下の機種であれば、パスコードを入力することなく、ホームボタンに指をかざすだけでロック解除ができます。

対応機種であれば大変便利なので、ぜひとも設定しておくことをオススメします。

【iPadのTouch ID対応機種】
・9.7インチ iPad Pro
・12.9インチ iPad Pro
・iPad mini 4
・iPad Air 2
・iPad mini 3

では、Touch IDの設定方法です。

ホーム画面から「設定」>「Touch IDとパスコード」と進み、「指紋を追加」をタップします。

指紋を追加
指紋を追加

画面に表示される指示に従って、指紋登録したい指をホームボタンの上に置いてスキャンします。
注意点としてはホームボタンを押さのではなく、指をのせるだけで大丈夫です。
全体をスキャンするため適宜少しずつ指をずらして置きましょう。

指紋を追加
指紋を追加

「完了」と表示されたら指紋登録が正常にできています。

Touch IDの設定完了
Touch IDの設定完了

これでロック画面解除の際にパスコードを入力しなくてもホーム画面に入ることができます。

3. 「メール設定」iPadでメール設定をする

ECサイトでのショッピング、家族・友人との連絡、会員登録の際などメールを使う場面はたくさんあります。
iPadは画面が大きいのでキーボード表示も大きいですから、PCを利用しているような感覚で操作のしやすい環境でメール文面を作成することができます。

今回は、フリーメールでオススメなGoogleのメールサービス「Gmail」を設定する方法を紹介します。

iPadにGmailを設定する方法

ホーム画面から「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」と進み、「アカウントを追加」をタップします。

Gmailアカウントを追加
Gmailアカウントを追加

メールサービスの一覧からGmailである「Google」を選択します。

Googleを選択
Googleを選択

Gmailのメールアドレスを入力します。

Gmaiのメールアドレスを入力
Gmaiのメールアドレスを入力

続いてメールアカウントのパスワードを入力します。入力したら「次へ」を選択します。

パスワードを入力
パスワードを入力

画面右上の「保存」をタップします。

アカウントを保存
アカウントを保存

これでGmailアカウントの設定は完了です。設定できている方はメール受信できているか確認してみましょう。

ホーム画面から「メール」を開きます。

「メール」アプリ
「メール」アプリ

受信ボックスにメールが受信されていればOKです。

メールボックスを確認
メールボックスを確認

4. 「Apple IDを取得」アプリをダウンロードする前に

iPadをフルに楽しく便利に使いこなすには、App Storeから「アプリ」をインストールすることから始まります。その前段階として、アプリをダウンロードするためには「Apple ID」を設定する必要があります。

また、Apple IDはアプリのダウンロードだけでなく、Appleが提供するApple MusicやiCloudといった便利サービスでも使えます。
このApple IDを取得していないと、iPadを持っていてもほとんど活用できないので必ず設定しましょう。

Apple IDを新規取得して設定する方法

ホーム画面から「設定」>「iTunes & App Store」と進み、「Apple IDを新規作成」をタップします。

Apple IDを新規作成
Apple IDを新規作成

まずは所属する国として「日本」を選択します。選択後、ポップアップ右下の「次へ」をタップ。

国を設定
国を設定

サービス規約が表示されるので下へスクロールし確認後に「同意する」をタップする。

規約確認
規約確認

もう一度規約確認のポップアップが出るので、「同意する」を選択。

再び規約の確認
再び規約の確認

メールアドレス、パスワード、秘密の質問、生年月日などのアカウント情報を入力していきます。
秘密の質問はIDやパスワードを忘れてしまった場合に必要になるので、確実な回答を入力し心配な場合は手元に控えておきましょう。

アカウント情報を入力
アカウント情報を入力

アカウント情報の入力が完了したら、一番下にある「次へ」を選択します。

アカウント情報を入力し終えたら「次へ」と進む
アカウント情報を入力し終えたら「次へ」と進む

支払い情報としてクレジットカードを登録します。カードの各項目を確認しながら情報を入力していきます。

クレジットカード情報を入力
クレジットカード情報を入力

クレジットカードに引き続き、住所情報を入力します。完了したら一番下にある「次へ」を選択。

住所情報を入力
住所情報を入力

ここまででApple ID登録の第1段階が終了。
Apple IDとして登録したメールアドレスに確認メールが届くのを待ちます。

確認メールの送信
確認メールの送信

Apple IDの確認メールが届いたら、メール文中にある「今すぐ確認」というリンクを開きます。

確認メール
確認メール

すると、インターネットブラウザのSafarが起動し、Apple IDの確認ページに移行します。先ほど設定したApple IDのメールアドレスとパスワードを入力します。

Apple IDの確認
Apple IDの確認

正しい内容を入力し認証されたら、メールアドレス確認が完了しますので「完了」をタップします。

Apple IDの確認が完了
Apple IDの確認が完了

すると、そのままアプリをダウンロードする「App Store」が開きますので、設定完了したApple IDでサインインします。「サインイン」を選択。

「サインイン」を選択
「サインイン」を選択

Apple IDのパスワードを入力します。

Apple IDのパスワードを入力
Apple IDのパスワードを入力

ログインすると「おめでとうございます」と表示されます。これでApple IDの新規取得と設定は完了です。ポップアップ画面右上の「終了」をタップします。

Apple IDの設定完了
Apple IDの設定完了

Apple IDを設定完了するとアプリを購入できる「App Store」、音楽や映画などを購入できる「iTunes Store」、本を購入できる「iBooks」という3つのアプリが新たに追加されます。

次の項目では、この中からアプリを購入できる「App Store」を使用して、実際にアプリをインストールしてみます。

5. アプリをダウンロードする方法

では、App Storeでアプリをインストールしてみたいと思います。
今回はさまざまな動画コンテンツが無料で見られる「YouTube」(ユーチューブ)のアプリをインストールしてみます。

YouTubeアプリをインストールする方法

まずは、青いアイコンの「App Store」を開きます。

Apple IDの設定完了
Apple IDの設定完了

画面右上に検索窓があるのでタップします。するとキーボードが現れるので「youtube」と入力して「検索」をタップします。

YouTubeを検索
YouTubeを検索

検索結果一覧が表示されます。アプリ名がYouTube、発行元がGoogle Inc.となっている検索結果一番左上のものを確認します。そして、「入手」というボタンをタップします。

YouTubeの検索結果
YouTubeの検索結果

続いて「インストール」をタップします。

インストールをタップします
インストールをタップします

設定したApple IDのパスワードを入力します。

パスワードを入力
パスワードを入力

指紋認証のTouch IDを設定している場合は、Touch IDを使って購入するか問われます。今後、パスワード入力ではなく指紋認証を使ってアプリインストールしたい場合は「OK」、指紋認証ではなく直接パスワード入力でアプリインストールしたい場合は「今はしない」を選択します。

Touch IDの使用確認
Touch IDの使用確認

次に、他のアプリを購入するときに再度パスワードを入力するかどうか聞かれます。
すぐに他のアプリをインストールするので、いちいちパスワード入力は面倒というようであれば「15分後に要求」を選択しても構いませんが、セキュリティ上の観点からオススメは「常に要求」を選択した方が良いです。

パスワードの確認周期
パスワードの確認周期

パスワード入力が終わるとアプリのダウンロードが開始されます。ダウンロードの進捗状況は円で確認できます。

ダウンロード開始
ダウンロード開始

ダウンロードが完了すると「開く」というボタンに変わるので、タップしてYoutubeを開きます。

ダウンロード完了
ダウンロード完了

初めてYouTubeを起動するとGoogleのアカウントを設定している場合、表示されます。

YouTubeアプリを起動
YouTubeアプリを起動

特にアカウント設定等を行わずYouTubeアプリを使用開始する場合は「ログアウト状態でYouTube」を使用するを選択します。

ログアウト状態で使用
ログアウト状態で使用

これでアプリインストールは完了です。あとは、トップページから気になる動画を選択して視聴しましょう。

6. 「スクリーンショット」画面をメモ代わりに

インターネットを使って調べごとをしている時にメモをしたい時ってないですか?
画面を見ながら横に紙とペンを用意してスラスラと。メモをする内容が少ない文字であればまだ良いですが、文字数が多かったり、画像だったりするとメモをとりづらいですよね。

そんな時に便利なコマンドが「スクリーンショット」です。iPadに表示されている画面をそのまま写真データとして保存できるのでメモ代わりに使用することができます。

スクリーンショットを撮る方法

では、スクリーンショットを撮る方法を紹介します。
スクリーンショットはiPadの「ホームボタン」と「電源ボタン」を同時押しすると撮影できます。

ホームボタンと電源ボタン
ホームボタンと電源ボタン

スクリーンショット撮影すると画面が一瞬白くなり「パシャ」っという撮影音が出ます。

ホームボタンと電源ボタンを同時押しして撮影
ホームボタンと電源ボタンを同時押しして撮影

撮影したスクリーンショットは「写真」アプリに保存されています。閲覧したい場合は「写真」アプリを開きます。

写真アプリを起動
写真アプリを起動

スクリーンショットというフォルダに保存されています。

スクリーンショットの保存先
スクリーンショットの保存先

スクリーンショットは,、ちょっとしたメモを取りたいときにボタンを押すだけで簡単にとれるのでぜひ活用してみてください。

7. iPadで「Kindle」の電子書籍を読む

iPadでは画面上で書籍を読める「電子書籍」を見ることができます。
今回はAmazonが提供している「Kindle」という電子書籍サービスをiPadのアプリを使って利用してみます。
なお、Kindleを利用するには別途Amazonのアカウントが必要で、Amazon内のKindleストアで書籍購入しておく必要があります。

Kindleアプリをインストールする方法

まず、iPadのホーム画面から「App Store」を開きます。

App Storeを起動
App Storeを起動

右上の検索窓に「Kindle」と入力し検索します。検索結果一番左上の「Kindle」を「入手」>「インストール」と進みダウンロードします。

Kindleをインストール
Kindleをインストール

Kindleを起動後、メールアドレスとパスワードを入力し、Amazonのアカウントにログインします。

Kindleにログイン
Kindleにログイン

ログインするとアカウントの書籍データと同期が始まり、同期が完了するとKindleで購入した書籍データが表示されます。

Kindleアカウントと同期
Kindleアカウントと同期

一覧から読みたい書籍を開きます。設定メニューでは文字の大きさや背景の色などを、個人の好みに設定できるので読みやすい仕様にすることができます。

文字の大きさ背景色なども好みに変更することができる
文字の大きさ背景色なども好みに変更することができる

Kindleを使えば、いつでもどこでも手軽に電子書籍が読むことができますし、本屋に行かなくてもAmazonを使ってインターネット上で購入できるので、自宅でも簡単に購入できます。ぜひKindleで読書してみてはいかがでしょうか。

まとめ

iPadを楽しく活用
iPadを楽しく活用

今回は、iPadを購入したら最初にぜひ設定したい項目や便利な使い方として以下の7つを紹介しました。

・ネットにつなげるWi-Fi設定
・セキュリティ性を向上させるパスワードロックの設定
・iPadにGmailを使えるようにするメール設定
・アプリ購入やAppleのサービスを利用できるApple IDの取得・設定
・アプリをダウンロードする方法(YouTube)
・画面をメモ代わりにするスクリーンショットを撮る方法
・iPadで「Kindle」の電子書籍を読む方法

これらは一番最初の初期設定やちょっとした活用方法なので、ぜひとも設定してほしい項目です。

この他にもiPadを便利に楽しく使う方法はたくさんあります。
操作に慣れてきたら、ぜひ色々なアプリをApp Storeからインストールして試してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。