カテゴリ: ソフトバンク

ソフトバンク iPad

ソフトバンクでiPadを利用しよう!販売機種・料金プラン・キャンペーンまとめ

機能面はもちろん、デザインもスタイリッシュで人気端末であるiPadをソフトバンクで利用したいと考えているユーザーは多いのではないでしょうか?

本記事では、そんなユーザーへ向けてソフトバンクでのiPadを運用するための料金プランや販売機種など詳しく解説していきます。

販売開始直後の最新機種からこれまでリリースされてきた人気機種までを網羅した記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

ソフトバンクで取り扱われているiPad機種

ソフトバンク iPad 取り扱い 機種
ソフトバンクオンラインショップより引用[1]

ここではソフトバンクで取り扱いのあるiPad機種と価格を紹介します。

▼ソフトバンクで取り扱われているiPad機種

  • iPad(第9世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)・11インチiPad Pro(第3世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad(第8世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチ iPad Pro(第2世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)

発売日が比較的新しい機種であるiPad(第9世代)・iPad mini(第6世代)・12.9インチiPad Pro(第5世代)・11インチiPad Pro(第3世代)・iPad Air(第4世代)をスペック解説を交えながら紹介します。

iPad(第9世代)

iPad(第9世代)
ソフトバンクオンラインショップより引用[2]

10.2インチの大画面ディスプレイなので一度にさまざまな作業が可能です。Smart KeyboardとApple Pencil(第1世代)を使うと、よりパフォーマンスの幅が広がります。

高画質な12メガピクセルのカメラとHDビデオ撮影で、動画の撮影や編集も楽に行うことができます。ログインやサインインをワンタッチで安心かつ簡単に行えるのも魅力のひとつです。

発売日 2021年9月24日
サイズ 約250.6×174.1×7.5mm
ディスプレイ 約10.2インチ
重さ Wi-Fi:約487gWi-Fi+Cellular:約498g
最大稼働時間(フル充電) 最大10時間
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
周波数 5GHz/2.4GHz

▼Wi-Fi + Cellular モデルの販売価格

64GB 1,320円×48ヵ月(63,360円)
256GB 1,755円×48ヵ月(84,240円)

iPad mini(第6世代)

iPad(第6世代)
ソフトバンクオンラインショップより引用[3]

持ち運びに便利なミニサイズでありながら、性能面では「iPad」に引けを取らない性能を持っているモデルです。

8.3インチのLiquid Retinaディスプレイから放たれる高画質な発色と良質なコントラストで、どんな明るさでも見やすい画面となっています。

発売日 2021年9月24日
サイズ 約195.4×134.8×6.3mm
ディスプレイ 約8.3インチ
重さ Wi-Fi:約293gWi-Fi+Cellular:約297g
最大稼働時間(フル充電) 最大10時間
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
周波数 5GHz/2.4GHz

▼Wi-Fi + Cellular モデルの販売価格

64GB 1,845円×48ヵ月(88,560円)
256GB 2,265円×48ヵ月(108,720円)

12.9インチiPad Pro(第5世代)・11インチiPad Pro(第3世代)

12.9インチiPad Pro(第5世代)・11インチiPad Pro(第3世代)
ソフトバンクオンラインショップより引用[4]

iPad Pro(第5世代)は、Macに搭載されているM1チップが入っているiPadです。iPadシリーズの中ではもっともハイスペックなモデルでストレージも最大2TBまであるため、iPadをパソコン代わりに使ったり、動画や音楽などを編集したりしたい人に向いています。

第5世代と第3世代の大きな違いはディスプレイです。第3世代は従来の「Liquid Retina」ですが、第5世代はディスプレイの背面に1万個のミニLEDが埋め込まれているので、より繊細な色合いを楽しめますよ。

世代 第5世代 第3世代
発売日 2021年5月21日 2021年5月21日
サイズ 約280.6×214.9×6.4mm 約247.6×178.5×5.9mm
ディスプレイ 約12.9インチ 約11インチ
重さ Wi-Fi:約682g
Wi-Fi+Cellular:約685g
Wi-Fi:約466g
Wi-Fi+Cellular:約470g
最大稼働時間(フル充電) 最大10時間 最大10時間
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
周波数 5GHz/2.4GHz 5GHz/2.4GHz

▼Wi-Fi + Cellular モデルの販売価格

世代 第5世代 第3世代
128GB 3,285円×48ヵ月(157,680円) 2,505円×48ヵ月(120,240円)
256GB 3,555円×48ヵ月(170,640円) 2,775円×48ヵ月(133,200円)
512GB 4,095円×48ヵ月(196,560円) 3,315円×48ヵ月(159,120円)
1TB 5,160円×48ヵ月(247,680円) 4,380円×48ヵ月(210,240円)
2TB 6,240円×48ヵ月(299,520円) 5,460円×48ヵ月(262,080円)

iPad Air(第4世代)

iPad Air(第4世代)
ソフトバンクオンラインショップより引用[5]

音楽や動画を手軽に楽しみたい人におすすめのモデルです。シリーズ最軽量なので持ち運びしやすく操作性も抜群です。

「A14 Bionic」チップ搭載で、速くてパワフルな動作を可能にしています。Smart Keyboard、Magic Keyboard Folio、Apple Pencil(第2世代)にも対応しているため、Macとの連携作業もスムーズにこなせるでしょう。

発売日 2020年10月27日
サイズ 約247.6×178.5×6.1mm
ディスプレイ 約10.9インチ
重さ Wi-Fi:約458gWi-Fi+Cellular:約460g
最大稼働時間(フル充電) 最大10時間
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
周波数 5GHz/2.4GHz
発売日 2020年10月27日

▼Wi-Fi + Cellular モデルの販売価格

64GB 1,770円×48ヵ月(84,960円)
256GB 2,160円×48ヵ月(103,680円)

その他ソフトバンクでの取り扱いiPad

iPad
ソフトバンクオンラインショップより引用[6]

ソフトバンクでは、先にご紹介したモデル以外にもiPadも販売しています。

▼iPad(第8世代)

発売日 2020年9月23日
ディスプレイ 約10.2インチ
Wi-Fi + Cellular モデル価格 32GB 1,080円×48ヵ月(51,840円)
128GB 1,290円×48ヵ月(61,920円)

▼12.9インチ iPad Pro(第4世代)

発売日 2020年3月27日
ディスプレイ 約12.9インチ
Wi-Fi + Cellular モデル価格 128GB 2,625円×48ヵ月(126,000円)
256GB 2,865円×48ヵ月(137,520円)
512GB 3,345円×48ヵ月(160,560円)
1TB 3,810円×48回(182,880円)

▼11インチ iPad Pro(第4世代)

発売日 2020年3月27日
ディスプレイ 約11インチ
Wi-Fi + Cellular モデル価格 128GB 2,205円×48ヵ月(105,840円)
256GB 2,430円×48ヵ月(116,640円)
512GB 2,910円×48ヵ月(139,680円)
1TB 3,390円×48ヵ月(162,720円)

▼iPad(第7世代)

発売日 2019年10月4日
ディスプレイ 約10.2インチ
Wi-Fi + Cellular モデル価格 32GB 1,080円×48ヵ月(51,840円)
128GB 1,290円×48ヵ月(61,920円)

▼iPad mini(第5世代)

発売日 2019年3月30日
ディスプレイ 約7.9インチ
Wi-Fi + Cellular モデル価格 64GB 1,335円×48ヵ月(64,080円)
256GB 1,695円×48ヵ月(81,360円)

これらは発売からしばらくたっているため値下げされ、最新モデルより安く販売されています。最新機種に比べればCPUは少々劣りますが、それでも動画を見たりオンラインゲームをプレイする程度なら十分なスペックです。

最新モデルにこだわらない人、価格重視の人は上記旧iPadの購入も視野に検討してみるとよいでしょう。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

ソフトバンクのiPadで利用できる料金プラン

ソフトバンク iPad イメージ①

ソフトバンクでiPadを利用するにはプランを選んで契約をしなければなりません。ソフトバンクでは、全部で3つのタブレット料金プランを展開しています。

▼ソフトバンクのiPad(タブレット)専用プラン

  • データシェアプラン
  • データ通信専用50GBプラン
  • データ通信専用3GBプラン

それぞれ特徴があるので、普段使用するデータ容量や頻度に応じて最適なプランを選択しましょう。各料金プランの特徴を詳しく解説していきます。

データシェアプラン

ソフトバンク データシェア
ソフトバンク公式サイトより引用[7]

データシェアプランは、親回線(ソフトバンク契約しているスマホ)のデータ容量を、子回線(iPad)とシェアするプランです。

1つの親回線に対して、子回線は最大5つまで登録可能です。

親回線が「メリハリ無制限」を契約している場合、最大30GBまでデータシェアすることができます。ソフトバンクで2台持ちをしたいユーザーは、データシェアプランがおすすめです。

▼データシェアプラン:iPad(第9世代)64GBを購入した場合の月額利用料

機種本体代金(48回払い) 1,320円
データシェアプラン料金 1,078円
合計 2,398円

データ通信専用50GBプラン

データ通信専用50GBプラン
ソフトバンク公式サイトより引用[8]

ひと月に使用できるデータ容量が最大50GBという大容量データプランです。ソフトバンクで提供しているタブレットプランであれば、このプランが最大容量になります。

ソフトバンク回線を契約していないユーザーや、iPad単体で大容量通信をしたい方はこのプランがおすすめです。

▼データ通信専用50GBプラン:iPad(第9世代)64GBを購入した場合の月額利用料

機種本体代金(48回払い) 1,320円
データ通信専用50GBプラン料金 データプラン50GB 4,202円
基本プラン 1,078円
合計 6,600円

データ通信専用3GBプラン

データ通信専用3GBプラン
ソフトバンク公式サイトより引用[9]

月3GBまでデータを利用できる、ライトユーザーやWi-Fi環境がある場所での利用がメインである方におすすめのプランです。

プラン料金は月額1,408円ですが、契約翌月から5年間は「5年おトク割」が適用され月額990円で利用できます。

また、今なら3ヵ月間のプラン料金が無料になりますので、月3GBのデータ容量で足りる人は、データ通信専用3GBプランがおすすめです。

▼データ通信専用3GBプラン:iPad(第9世代)64GBを購入した場合の月額利用料

機種本体代金(48回払い) 1,320円
データ通信専用3GBプラン料金 データプラン3GB 330円
基本プラン 1,078円
5年おトク割(5年間) -418円
3ヵ月基本料無料特典(3ヵ月間) -990円
合計 初月 日割り+1,320円
2~4ヵ月目 1,320円
5~49ヵ月目 2,310円
50~61ヶ月目 990円
62ヵ月目~ 1,408円

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

ソフトバンクでiPadを運用する維持費

ソフトバンク iPad 料金 シミュレーション

ここからはソフトバンクでiPadを運用した場合にかかる維持費を、下記3つのパターンでシミュレーションしていきます。

  • データシェアプランで2台目を利用する
  • iPad単体でデータ通信を利用する
  • SIMフリーiPad+格安SIMで運用する

データシェアプランで2台目を利用する場合の維持費

「データシェアプラン」で2台目を利用する場合の維持費をシミュレーションしてみましょう。

▼シミュレーション条件

  • 親回線:メリハリ無制限(端末残債なし)
  • iPad契約プラン:データシェアプラン
  • iPad:ソフトバンクオンラインショップで「iPad(第9世代 64GB)」を購入

▼メリハリ無制限×データシェアプラン

親回線 子回線
月間データ容量 無制限 最大30GB
プラン料金 7,238円 1,078円
端末代 0円 1,320円×48ヵ月
月額料金 7,238円 2,398円
合計 9,636円

このパターンだと、スマホとiPadを両方持ったとしても月10,000円以内で運用できることがわかります。

データシェアプランは月30GBまでしか利用できませんが、30GBあればYouTube(標準画質)を月60時間視聴できますので、ヘビーユーザーでない限り十分足りる容量です。

iPad単体でデータ通信を利用する場合の維持費

iPad単体でデータ通信をする場合、月50GBまで利用できる「データ通信専用50GBプラン」、または月3GBまで利用可能な「データ通信専用3GBプラン」のいずれかを契約します。

ここでは、それぞれのパターンでシミュレーションしてみましょう。

▼シミュレーション条件

  • iPad契約プラン:データ通信専用50GBプラン
  • iPad:ソフトバンクオンラインショップで「iPad(第9世代 64GB)」を購入

▼データ通信専用50GBプラン

月間データ容量 50GB
プラン料金 5,280円
端末代 1,320円×48ヵ月
月額料金合計 6,600円

「データ通信専用50GBプラン」の場合、月50GB使えて、端末代を含め6,600円で利用できます。

データ専用なら格安SIMを別途契約する手段もありますが、格安SIMで50GBとなると10,000円/月を超えるケースもありますので、ソフトバンクで契約したほうがお得です。

▼シミュレーション条件

  • iPad契約プラン:データ通信専用3GBプラン
  • iPad:ソフトバンクオンラインショップで「iPad(第9世代 64GB)」を購入

▼データ通信専用3GBプラン

月間データ容量 3GB
プラン料金 初月 日割り
2~4ヵ月 無料
5~61ヵ月 990円
62ヵ月~ 1,480円
端末代 1,320円×48ヵ月
月額料金合計 初月 1,320円
2~4ヵ月 2,310円
5~61ヵ月 990円
62ヵ月~ 1,408円

「データ通信専用3GBプラン」の場合、月3GBまでの利用ではありますが割引が適用され月額990円という格安価格でiPadを利用できます。

48カ月間は端末分割代として1,320円かかりますが、基本のプラン料金が安いため、月額料金は最高でも2,310円です。

自宅のWiFiと併用できる人、あまりデータ通信を利用しない人は、「データ通信専用3GBプラン」の契約がおすすめです。

SIMフリーiPad+格安SIMで運用する場合の維持費

最後は参考に、iPadも契約プランもソフトバンク以外を利用した場合でシミュレーションしてみます。

今回は、最新のSIMフリーiPadを販売している「Apple store」で端末を購入し、データSIMは大容量プランを契約できる格安SIMの「エキサイトモバイル」を利用したケースで見てみましょう。

▼シミュレーション条件

  • iPad契約プラン:エキサイトモバイル(Flat定額料金プラン:50GB)
  • iPad:Apple Storeで「iPad(第9世代 64GB)」を購入

▼SIMフリーiPad×格安SIM(50GB)

月間データ容量 50GB
プラン料金 11,088円
端末代 18,933円×3ヵ月
月額料金合計 ~3ヵ月目 30,021円
4ヵ月目~ 11,088円

iPadをApple Storeで購入した場合、一括払いか3回払いしか選択できませんので、3ヵ月間は月額料金は高額になることを認識しておきましょう。

4ヵ月目からはプラン料金のみになりますが、50GBとなると格安SIMでも料金は高くなりますので、それでも維持費は約11,000円になります。

ただし、3GBだとエキサイトモバイルは月額1,100円で利用できるため、ソフトバンクで「データ通信専用3GBプラン」を契約するなら格安SIMで契約したほうがお得になるケースもあります。

▼SIMフリーiPad×格安SIM(3GB)

月間データ容量 3GB
プラン料金 1,100円
端末代 18,933円×3ヵ月
月額料金合計 ~3ヵ月目 20,033円
4ヵ月目~ 1,100円

このシミュレーションだと、端末分割費用が発生する3ヵ月間は約20,000と高額ですが、端末代を完済したあとの4ヵ月目からは1,100円で利用可能です。

「データ通信専用3GBプラン」の料金は、5年目まで990円ですが、6年目からは1,408円に値上がりしますので、同じ契約内容で5年以上iPadを運用する場合は、格安SIMを検討してみたほうがいいでしょう。

ちなみに、格安SIMはエキサイトモバイルより安く利用できるサービスもあります。例えばイオンモバイルの【3GB / 858円】などです。

このように、格安SIMは低用量ならソフトバンクより安く利用できるケースもあることを認識しておきましょう。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

ソフトバンクでiPadをお得に利用するためのポイント

ソフトバンク iPad 安い ポイント

ソフトバンクでiPadを利用する場合、コストを押さえるにはいくつかのポイントに気をつける必要があります。

▼ソフトバンクでiPadをお得に利用するためのポイント

  • 不要なオプションはつけない
  • 適切な料金プランを選ぶ
  • オンラインショップで購入する

ひとつずつ解説していきます。

不要なオプションはつけない

まず、不要なオプションや付属品はつけないことを注意しましょう。

例えばソフトバンクでは、端末故障について保障してくれる「あんしん保証パック」といったサービスを展開しています。もちろん故障の際には大きなメリットがあるオプションですが、ランニングコストを落としたいのであれば適用しない方がよいでしょう。

アクセサリ類も同様です。ケースやスタンド、キーボードなど付属品はたくさん販売されていますが、本当に必要なものかしっかり用途を確認してから購入することをおすすめします。

適切な料金プランを選ぶ

自分の利用用途や使用頻度に合わせて最適な料金プランを選択しましょう。ソフトバンクのiPad(タブレット)専用プランは、それぞれ以下の人におすすめです。

▼ソフトバンクの各プランにおすすめのユーザー

データシェアプラン ・iPadのデータ容量が月30GBで足りる人
・スマホで「メリハリ無制限」を契約している人
データ通信専用50GBプラン ・ソフトバンクでiPadを単体利用したい人
・iPadのデータ容量が月50GBで足りる人
データ通信専用3GBプラン ・ソフトバンクでiPadを単体利用したい人
・iPadのデータ容量が月3GBで足りる人
・WiFiと併用できる人
・安さ重視でソフトバンクのiPadを運用したい人

オンラインショップで購入する

タブレットを購入するなら、ソフトバンクオンラインショップを活用しましょう。ソフトバンクオンラインショップには以下のようなメリットがあります。

① 手間や時間がかからない
② 24時間いつでも利用できる
③ 頭金が発生しない
④ 送料無料で利用できる
⑤ 受取方法が選べる
⑥ 最短で翌日には受取可能
⑦ キャンペーンが実施されている
⑧ Tポイントが使える

オンラインショップからiPadを購入すれば、店頭のように勧誘を受けることなくじっくりプランや端末を選択できるため、無駄な料金が発生しにくくなります。

またソフトバンク公式キャンペーンなどを適用することも可能で、iPadを購入したあとも送料無料で自宅に届けてくれるため安く手間なく購入することができるでしょう。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

ソフトバンクのiPadで利用できるキャンペーン

ソフトバンク iPad イメージ②

ソフトバンクにはiPadを利用する上で適用できるキャンペーンを実施しています。

また、キャンペーンはそれぞれ併用が可能なので利用できるものをすべて申し込むと割引額が大きくなるのでおすすめです。

適用すればよりコストを押さえてiPadを運用できるので、ぜひチェックしてみてください。

下取りプログラム(タブレット)

現在自分が持っているタブレットを下取りに出し、その下取り金額がPayPayポイントまたは端末代割引として還元されるキャンペーンです。

下取り金額は機種によって異なります。ソフトバンクの査定により、問題のないタブレットなら正規品として、故障や破損がある場合には破損品と判断されます。

▼下取り価格を見る
下取り対象機種 正規品 破損品
12.9インチ iPad Pro(第4世代) 55,200円相当 16,560円相当
11インチ iPad Pro(第2世代) 48,000円相当 14,400円相当
12.9インチ iPad Pro(第3世代) 27,360円相当 7,920円相当
11インチ iPad Pro 21,600円相当 6,480円相当
iPad Air(第4世代) 20,400円相当 6,120円相当
iPad(第8世代) 20,400円相当 6,120円相当
iPad(第7世代) 12,000円相当 3,600円相当
iPad mini 5 12,000円相当 3,600円相当
iPad Air 3 12,000円相当 3,600円相当
12.9インチiPad Pro(第2世代) 12,000円相当 3,600円相当
10.5インチiPad Pro 9,600円相当 2,880円相当
iPad(第6世代) 9,600円相当 2,880円相当
iPad(第5世代) 9,600円相当 2,880円相当
9.7インチiPad Pro 5,400円相当 1,680円相当
12.9インチiPad Pro(第1世代) 9,600円相当 2,880円相当
iPad mini4 9,600円相当 2,880円相当
iPad Air2 9,600円相当 2,880円相当
iPad mini3 5,400円相当 1,680円相当
iPad Air 5,400円相当 1,680円相当
iPad mini2 2,400円相当 720円相当
iPad Retinaディスプレイモデル 2,400円相当 720円相当
iPad mini 2,400円相当 720円相当
iPad(第3世代)※ソフトバンク製品のみ 2,400円相当 720円相当
iPad2※ソフトバンク製品のみ 1,600円相当 360円相当
iPad※ソフトバンク製品のみ 1,600円相当 360円相当

※2021年11月11日時点の情報

下取り額は頻繁に更新されますので、下取りプログラムを利用したい方は、申し込み前に公式サイトで最新価格を確認しておきましょう。

トクするサポート+

iPadを購入する際に支払い方法を48回の分割払いとし、さらに購入時点でトクするサポート+へ申し込むことで適用できるキャンペーンです。

端末本体代金の支払いが24回を迎えた時点で新たな機種に買い替えると、それまで支払っていた端末本体代金の残り24回分が最大で支払い不要となります。

iPad(第9世代)の64GBは定価66,360円ですが、トクするサポート+を利用して25ヵ月目に端末を返却すると、実質31,680円で利用可能です。

iPadを2年スパンで買い替えたい人には非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ソフトバンクでiPadを購入する際はぜひ加入しておきましょう!

おうち割 でんきセット

ソフトバンクのインターネット契約とソフトバンク電気を組み合わせて契約すると、インターネットサービスの料金が永年毎月110円割引されるキャンペーンです。

それぞれの端末ごとに通信料金100円/対象となるインターネットサービスは、固定回線・スマホ・ケータイ・タブレットで、もちろんiPadも含まれます。

割引対象端末は最大10回線となっているため、家族が契約しているiPhoneやAndroidなども一緒に料金を押さえることが可能です。

※iPadを「データシェアプラン」で契約している方は割引対象外です。

おうち割 光セット

ソフトバンク光の固定回線とスマホやタブレットをセットで契約することで、最大10回線の端末利用料金が毎月最大1,100円割引になるキャンペーンです。

これはソフトバンクユーザーにはとくに人気のあるキャンペーンで、家族全員の各端末に適用されるので、家族にソフトバンクユーザーが多ければ多いほど、家族内の通信費削減を期待できます。

おうち割光セットといえば「光回線とスマホ」というイメージがあるかもしれませんが、実はiPadも対象です。スマホとiPadの2台持ちユーザーで、光回線を利用していればコストを大きく押さえることができます。

※iPadを「データシェアプラン」で契約している方は割引対象外です。

ソフトバンクでiPadを購入する方法

ソフトバンク iPad イメージ③

ソフトバンクで最新のiPadを購入する方法としては、「ソフトバンクオンラインショップ」と「ソフトバンクショップ(店頭)」の2パターンがあります。

ここでは、それぞれの購入方法について解説していきます。

ソフトバンクショップで購入

ソフトバンクショップで購入するメリットは、実際に実物を見れたり、手にとって確認できたりする点です。また、ショップの専門スタッフと直接話ができるので、不安や疑問点などをその場で解消できます。

ただし、週末などは混雑する可能性が高く、待ち時間が長くなるケースも多発しています。現在、コロナの影響で来店予約を入れなければ対応してもらえないケースもありますので、ソフトバンクショップへ行く際は、必ず「来店予約」から予約を入れておきましょう。

ちなみに、ソフトバンクショップは購入したいiPadを来店日まで確保しておくことはできません。最新モデルは早々に売り切れる場合が多いので、確実に購入したい人は、できるだけ発売日にお店へ行くことをおすすめします。

▼準備するもの

  • 本人確認書類の原本※
  • 利用中の端末+USIMカード
  • 申込印(なければ不要)

※運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・保険証など

▼手順

  1. ソフトバンクショップに来店予約をする
  2. 予約を取った日時にソフトバンクショップへ行く
  3. 機種変更したいことを伝える
  4. 購入したいタブレットを選ぶ
  5. 在庫があれば購入手続き、なければ予約する
  6. ソフトバンク側で機種変更可能か審査する
  7. 機種変更にあたっての注意・確認事項を案内してもらう
  8. 手続き完了!

オンラインショップで購入

オンラインショップで購入するメリットは、24時間いつでも好きな時に購入できるという点です。普段忙しくてなかなかショップに足を運べないという人でも、自宅でオンラインショップサイトを閲覧し、機種の選択から購入手続きまで行うことができます。

オンラインショップで購入したiPadは「自宅に郵送してもらう」か「希望する店舗に受け取りに行く」のどちらかの方法で受け取ります。郵送してもらう場合の送料は無料です。

店頭に取りに行くと、その場でスタッフと話すことができるので不安や疑問があったり、初期設定に自信がなかったりする場合は店頭受取を選択するとよいでしょう。

オンラインショップは売り切れやすい最新モデルも発売と同時に購入手続きに入れますので、最新iPadの購入方法としては最適な方法といえるでしょう。

▼必要なもの

  • 支払い口座情報が確認できるもの※1
  • 本人確認書類の原本※2

※1 クレジットカード・通帳など
※2 運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・保険証など

▼手順

  1. ソフトバンクオンラインショップを開く
  2. 欲しいタブレット端末を選択し「購入する」へ進む
  3. 契約方法・年齢・受取方法を選択
  4. 必要事項を項目に沿って入力
          ・端末情報(カラーなど)
          ・契約者情報
          ・支払い設定
          ・本人確認書類の提出(画像アップロード)
  5. 審査
  6. ソフトバンク側で購入可能か審査する
  7. 審査完了後、端末が配送される
  8. 指定住所で端末を受け取る
          ※端末を店頭受け取りにした場合、店舗から連絡を貰い受け取りに行く
  9. 手続き完了!

 在庫状況の確認方法

オンラインショップの場合、在庫確認は以下のように途中まで購入手続きを進めることで確認できます。

▼在庫確認方法

1. 購入希望端末を選択
2. 「購入する」をタップ
3. 手続き内容、契約者年齢、受取方法を選択
4. 「機種選択に進む」をタップ
5. カラーを選択
6. 容量の上に表示される在庫状況を確認

このとき、「在庫あり」と記載があればそのまま購入できますが、「在庫なし」の場合は購入できません。ただし、「予約商品」と記載があった場合は、現在在庫がないものの、商品が入荷され次第発送可能です。

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

まとめ

ソフトバンク iPad イメージ④

ソフトバンクでiPadを運用する場合は、毎月のデータ消費量やスマホの契約状況にあわせて以下3プランから自分似合うものを選びましょう。

データシェアプラン ・iPadのデータ容量が月30GBで足りる人
・スマホで「メリハリ無制限」を契約している人
データ通信専用50GBプラン ・ソフトバンクでiPadを単体利用したい人
・iPadのデータ容量が月50GBで足りる人
データ通信専用3GBプラン ・ソフトバンクでiPadを単体利用したい人
・iPadのデータ容量が月3GBで足りる人
・WiFiと併用できる人
・安さ重視でソフトバンクのiPadを運用したい人

また、ソフトバンクでiPadを購入する際は、「トクするサポート+」や「下取りプログラム(タブレット)」を利用することで、端末代の実質料金を安くできます。

iPadはソフトバンクショップかオンラインショップのどちらからでも購入できます。

ただしオンラインショップの方がリアルタイムで在庫確認・申し込みができ、オプション勧誘などもないためおすすめです。

ソフトバンクでiPadを利用したい方は、本記事を参考に、自分の生活に最適な1台を見つけてください。

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン