カテゴリ: ドコモ

ドコモiPad

【2022年】ドコモのiPadの維持費はいくら?よくある質問や2台持ちを安く運用する方法をも解説

ドコモユーザーの中にはスマホ契約に加えて、Apple製品のタブレット端末「iPad」の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

「iPad」はスマホよりも画面が大きく、ビジネスでの利用や、家族で共有する端末として使えるなど、幅広い場面での活躍が期待できます。

テレワークのように、自宅など会社以外の場所で働く方にも、持ち運びしやすくPC並みの操作性を持つiPadはおすすめです。

本記事では、ドコモでiPadを使うと一体どれくらいの維持費がかかるのか?どのようにしたら安く運用できるのか?という点にフォーカスを当てて解説していきます。

※2022年7月にApple製品の価格改定があり、 記事内容も合わせて最新の内容にしています。

新型iPhone 14 シリーズ登場!

新型iPhone 14 シリーズ
予約開始日 発売日
9月9日(金) 21時〜 9月16日(金)
※iPhone 14 Plusのみ10月7日(金)

最新のiPhone 14シリーズの予約・購入で
乗り換え・新規最大22,000円割引

予約・購入はこちら

ドコモのiPadシリーズ販売価格まとめ

ドコモ iPad
ドコモオンラインショップより引用[1]

「iPad」といっても、現在ドコモで取り扱いのあるiPadには複数の種類があり、それぞれ画面サイズやカメラ性能、ストレージ、処理能力、対応機能等のスペックが異なります。

自分のライフスタイルにあった機種を選定することはもちろんですが、機種を購入するための予算を工面する販売価格を考慮することも重要です。

まずは各iPadモデルのドコモでの販売価格についてまとめました。なお、現在ドコモオンラインショップにて販売中のモデル・容量を抜粋しています。

▼iPadモデルの価格順

①iPad Pro
②iPad Air
③iPad mini
④iPad

iPadの販売価格

ドコモ iPad
ドコモオンラインショップより引用[2]

ドコモで販売しているiPad(無印)は第8世代・第9世代の2機種です。

なるべく端末価格を抑えたい人、価格・スペックどちらのバランスもちょうどよいコスパ重視のユーザーにiPad(無印)はおすすめです。

最もスタンダードなiPadであるため、スペックは基本的なものを全て搭載しているエントリーモデルとも言うべき存在です。

▼iPad (第8世代)・iPad (第9世代)の詳細
端末名 iPad (第8世代) iPad (第9世代)
発売日 2020年9月23日 2021年9月24日
OS iPadOS 14 iPadOS 15
ディスプレイ 10.2インチ 10.2インチ
大きさ 幅 :174.1 mm
高さ:250.6 mm
厚さ:7.5 mm
幅 :174.1 mm
高さ:250.6 mm
厚さ:7.5 mm
重さ 495 g 487 g
メモリー
(ROM)
32GB・128GB 64GB・128GB

▼iPad(第9世代)の販売価格

端末名 通常価格 24回払い
64GB 78,760円 3,282円×24回
128GB 103,070円 4,295円×24回

▼iPad(第8世代)の販売価格

端末名 通常価格 24回払い
32GB 55,440円 2,310円×24回
128GB 販売終了

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPad Proの販売価格

ドコモ iPad Pro
ドコモオンラインショップより引用[2]

iPad Proシリーズは、iPadの中でも処理性能が優れている上位モデルです。そのスペックの良さと大きな画面サイズから、ノートPCのように使いたいユーザーにおすすめです。

iPadと接続できる「Magic Keyboard」というアクセサリが発売されているので、これを使えば、キーボードのように文字を打ち込む事が可能です。

プロ仕様とも言うべきハイスペックな本体で、画像や動画編集、ビジネス用途であれば、満足のいくパフォーマンスを発揮してくれます。

▼iPad Pro(第2世代)~ (第5世代)の詳細を見る
端末名 12.9インチiPad Pro (第4世代) 12.9インチiPad Pro (第5世代)
発売日 2020年3月27日 2021年5月21日
OS iPadOS 14 iPadOS 15
ディスプレイ 12.9インチ 12.9インチ
大きさ 幅 :214.9 mm
高さ:280.6 mm
厚さ:5.9 mm
幅:214.9 mm
高さ:280.6 mm
厚さ:6.4 mm
重さ 643 g 684 g
メモリー
(ROM)
128GB・256GB・512GB・1TB 128GB・256GB・512GB・1TB・2TB
端末名 11インチiPad Pro (第2世代) 11インチiPad Pro (第3世代)
発売日 2020年3月27日 2021年5月21日
OS iPadOS 14 iPadOS 15
ディスプレイ 11インチ 11インチ
大きさ 幅 :178.5 mm
高さ:247.6 mm
厚さ:5.9 mm
幅 :178.5 mm
高さ:247.6 mm
厚さ:5.9 mm
重さ 473 g 468 g
メモリー
(ROM)
128GB・256GB・512GB・1TB 128GB・256GB・512GB・1TB・2TB

▼12.9インチiPad Pro(第5世代)

端末名 通常価格 24回払い
128GB 183,150円 7,631円×24回
256GB 198,440円 8,268円×24回
512GB 228,030円 9,501円×24回
1TB 288,530円 12,022円×24回
2TB 348,700円 14,529円×24回

▼12.9インチiPad Pro(第4世代)

端末名 通常価格 24回払い
256GB 146,520円 6,105円×24回
512B 170,280円 7,095円×24回
1TB 194,832円 8,118円×24回

▼11インチiPad Pro(第3世代)

端末名 通常価格 24回払い
128GB 140,690円 5,862円×24回
256GB 155,870円 6,495円×24回
512GB 185,900円 7,746円×24回
1TB 245,960円 10,248円×24回
2TB 306,130円 12,755円×24回

▼11インチiPad Pro(第2世代)

端末名 通常価格 24回払い
512GB 販売終了
1TB 販売終了

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPad Airの販売価格

ドコモ iPad
ドコモオンラインショップより引用[2]
▼iPad Air (第4世代)・iPad Air(第5世代)の詳細を見る
端末名 iPad Air (第4世代) iPad Air (第5世代)
発売日 2020年10月28日 2022年3月18日
OS iPadOS 15 iPadOS 15
ディスプレイ 10.9インチ 10.9インチ
大きさ 幅 :178.5 mm
高さ: 247.6 mm
厚さ:6.1 mm
幅 :178.5 mm
高さ: 247.6 mm
厚さ:6.1 mm
重さ 460 g 462 g
メモリー
(ROM)
64GB・256GB 64GB・256GB

▼iPad Air(第5世代)

端末名 通常価格 24回払い
64GB 104,554円 4,356円×24回
256GB 124,630円 5,192円×24回

▼iPad Air(第4世代)

端末名 通常価格 24回払い
64GB 86,328円 3,597円×24回
256GB 104,544円 4,356円×24回

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPad miniの販売価格

ドコモ iPad mini
ドコモオンラインショップより引用[2]

iPad miniは何といってもコンパクトなサイズ感が魅力です。端末の持ち運びを多く予定している方、メモや読書など、紙のようにタブレットを使いたいユーザーにおすすめです。

特に最新の「Pad mini (第6世代)」では新しいCPUを搭載しており、コンパクトな端末でも重たいアプリの起動等も軽く動作できます。iPad(第9世代)でも搭載されている「センターフレーム機能」なども利用できるようになっているので、コンパクトながらも性能はかなり高いと言えるでしょう。

▼iPad mini(第5世代)・iPad mini(第6世代)の詳細を見る
端末名 iPad mini (第5世代) iPad mini (第6世代)
発売日 2019年3月30日 2021年9月24日
OS iPadOS 14 iPad OS 15
ディスプレイ 7.9インチ 8.3インチ
大きさ 幅 :134.8 mm
高さ: 203.2 mm
厚さ:6.1 mm
幅 :134.8 mm
高さ: 195.4 mm
厚さ:6.3 mm
重さ 308.2g 297g
メモリー(ROM) 64GB・256GB 64GB・256GB

▼iPad mini(第6世代)

端末名 通常価格 24回払い
64GB 108,350円 4,515円×24回
256GB 119,900円 4,996円×24回

▼iPad mini(第5世代)

端末名 通常価格 24回払い
64GB 販売終了

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

ドコモのiPadの料金プラン

ドコモ iPad 料金プラン

ここではiPadでデータ通信を利用するために必要なドコモのタブレットプランを紹介します。ドコモでiPadを使うには、大きく分けて2つの方法があります。

スマホを主回線としてタブレットをサブ機として利用する方法と、タブレット単体でデータ通信を利用する方法です。

次項で詳しく解説します。

ドコモとiPadを2台持ちする場合

ドコモではスマホとiPadを2台持ちで運用するユーザーへ向けて「データプラス」を提供しています。

データプラスはスマホのドコモ回線契約を主とし、スマホのプランに応じた利用可能データ量をシェアできるプランです。また、「データブラス」と「5Gデータプラス」の2種類提供されていますが内容に変わりはありません。

4G回線のiPadを利用するなら「データプラス」、5G回線のiPadを利用するなら「5Gデータプラス」での契約となります。

スマホ対象プラン名 ・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ プレミア
・ギガホ・ギガライト
データ利用量 5Gギガホ プレミア 無制限
ギガホ プレミア 60GB
5Gギガライト・ギガライト 7GB
データプラスの月額料金 1,100円

注意点としては、データプラスの契約だとiPad端末に電話番号が発行されるわけではないため、通話は出来ないことを認識しておきましょう。もちろんLINEやZOOMといったアプリを通した通話は可能です。

iPad単体でデータ通信を利用する場合

ドコモではタブレット専用プランというものは提供していません。ですが、タブレット単体での利用をしたいユーザーはスマホと同様のプランを契約することで端末単体でのデータ通信・通話が可能となります。

プラン名 データ利用量 最大月額料金
5Gギガホ プレミア 無制限 7,315円
ギガホ プレミア 60GB 7,205円
5Gギガライト・ギガライト 7GB 6,765円
5Gギガホ 新規申し込み終了

ただし小容量プランである5Gギガライト・ギガライトを契約するのであれば、ドコモのサブキャリア「ahamo」で契約したほうが料金を抑えることが可能です。

ahamoの料金については次項で解説します。

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

ドコモのサブキャリア「ahamo」でもiPadが使える

ドコモのサブキャリア「ahamo」でもiPad端末単体での通信が可能です。

ドコモでiPadのみを契約するユーザーや、ドコモを契約していてもデータ通信料が20GBに収まるのであればahamoの契約が最も月額料金が安く最もおすすめです。

ただしahamo公式サイトで端末は販売していないので、ドコモオンラインショップなどを利用して端末を自身で用意し、端末が到着してからahamoへプラン変更もしくはSIMのみ契約で新規契約手続きを実施する必要があります。

プラン名 データ利用量 月額料金
ahamo 20GB 2,970円
▼ahamoのiPad対象端末を見る
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air(第2世代)
  • iPad Air(第1世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini(第4世代)
  • iPad mini(第3世代)
  • iPad mini(第2世代)

月々の維持費をシミュレーション

ドコモのiPadの維持費はいくら?2台持ちを最安値で運用する方法を解説
ドコモオンラインショップより引用[3]

ここからは実際ドコモでiPadを運用する際の維持費をシミュレーションしていきます。

ここでは下記3つのパターンに分けて解説するので、ご自身の利用用途に近いものを参考にしてみてください。

  • データプラスで2台目を利用する場合
  • iPad単体でデータ通信を利用する場合
  • SIMフリーiPad+格安SIMで運用する場合

データプラスで2台目を利用する場合の維持費

まずはデータプラスで2台目を利用する場合の維持費をシミュレーションします。

▼シミュレーション条件

  • 主回線として5Gギガホ プレミアを契約中
  • タブレットはiPad(第9世代)の64GBを購入
  • ドコモオンラインショップで購入(36回払い)
iPad(第9世代)の端末代金 2,188円 / 月×36回
月額料金 5Gギガホ プレミア 7,315円
データプラス 1,100円
タブレット・スマホのデータ通信量 無制限
合計月額料金 10,603円

主回線の料金が大きく占めますが、データプラス自体の利用料金は毎月1,100円とシンプルな内容です。合計すると、月々10,109円で利用できるという試算です。

データプラスの留意事項として、2台目のiPadで利用できるデータ量は、主回線のギガプランに依存します。

もし小容量の5Gギガライト・ギガライトでデータプラスを利用する場合だと、iPad・スマホの合計データ通信量が7GBとかなり少なくなるため注意しましょう。

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPad単体でデータ通信を利用する場合の維持費

続いてiPad単体でデータ通信を利用する場合の維持費をシミュレーションします。

▼シミュレーション条件

  • タブレット用プランとしてahamoを契約する
  • タブレットはiPad(第9世代)の64GBを購入
  • ドコモオンラインショップで購入(36回払い)
iPad(第9世代)の端末代金 2,188円 / 月×36回
ahamoの月額料金 2,970円
タブレット・スマホのデータ通信量 20GB
合計月額料金 5,158円

iPad単体でデータ通信を利用したいのであれば料金が圧倒的に安いahamoの契約がおすすめです。

ドコモのサブキャリアではありますが回線はドコモと全く同じものを利用しているため、通信の安定性に変わりはありません。

また、月額料金をdカードで支払うと毎月1GB増量、dカードGOLDで支払うと毎月5GB増量するサービスも実施しています。さらにデータ通信量が不足した場合は1GBあたり550円で購入することができるので安心です。

他にも海外通信が申請なしで20GBまで無料、通話料金が1回あたり5分間無料といった特典もついています。

SIMフリーiPad+格安SIMで運用する場合の維持費

最後にSIMフリーiPad+格安SIMでの運用を想定したシミュレーションを実施します。

▼シミュレーション条件

  • タブレットはiPad(第9世代)の64GBを購入
  • Apple Storeで購入(36回払い※)
  • 格安SIMではmineo (シングルタイプ)を契約

※本来Appleの支払いは一括払いが原則ですが、比較のため36回分割払いで試算

iPad(第9世代)の端末代金 2,188円 / 月×36回
mineo(シングルタイプ:5GB)の月額料金 1,265円
タブレットのデータ通信量 5GB
合計月額料金 3,453円
iPad(第9世代)の端末代金 2,188円 / 月×36回
mineo(シングルタイプ:10GB)の月額料金 1,705円
タブレットのデータ通信量 10GB
合計月額料金 3,893円

今回はドコモのプランにはないデータ専用プランでシミュレーションしてみました。

iPad側でどれだけのデータ通信量を使いたいかにもよりますが、自分が使いたい容量に合わせて調節がしやすく、よりお得に利用できる手段であると言えます。

主回線とはデータ容量を一緒にしたくない、支払いを分けたい、安くすませたい人にはこちらがおすすめです。

ただし、実際にはApple Storeでの機種購入代金は、ショッピングローンを使わない限り一括払いが原則なので、初期費用が大きくかかる点は十分注意しましょう。

ドコモでiPadを利用するときよくある質問

ドコモ iPad よくある質問

ここまでドコモで販売しているiPadのスペック・価格や料金プランについて解説してきました。

これらを踏まえて、iPadの購入や契約によくある質問をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

iPadのみを購入することはできる?

A.iPadのみ購入できます。

ドコモのiPadを端末のみ購入したい場合は、オンラインショップで機種を選んだあと、「カートに入れる」ボタンの下にある「機種だけ購入(白ロム)の場合はこちら」を選択してください。

すると、機種だけ購入する場合の申し込み画面へ進むので、そのまま手続きを行いましょう。

ただし、iPadのみ購入する場合はキャンペーンによる割引やdポイントプレゼントが適用されないので、新規契約での購入となります。

しかし、機種によっては36回払いで「スマホおかえしプログラム」、24回払いで「いつでもカエドキプログラム」を利用できます。

これらはiPadをドコモに返却すると端末残債が支払不要になるプログラムなので、常に最新端末を使いたい方は利用してみるといいでしょう。

SIMのみ契約をすることはできる?

A.SIMのみ契約できます。

ドコモでは、標準・miini・nano・eSIMと、4種類のSIMを販売しています。いずれもSIMのみ契約できますので、手元にiPadがある方は、ドコモでSIMのみ契約するのも可能です。

ただし、SIMのみ契約する場合は、iPadのSIMロック解除(ドコモ版の場合は解除不要)と、SIMのサイズ確認を事前に行っておきましょう。

SIMカード(回線のみ)申し込み希望の人はこちらもチェック

ドコモで中古iPadは使える?

A.利用できます。

中古のiPadを利用することはできますが、他社キャリアから販売されたiPadを利用するのであればSIMロック解除が必要となるため注意しましょう。

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

ドコモでiPadを安く購入するためのポイント

ドコモ iPad 最安
ドコモオンラインショップより引用[4]

ここからはドコモで安くiPadを運用するためのポイントを紹介します。全部で4つに分けて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

①「ドコモオンラインショップ」を活用する

ドコモで端末を買うのであれば、ドコモオンラインショップの利用がおすすめです。

ドコモショップ(店頭)では機種代金以外に契約事務手数料3,300円や、代理店独自の手数料である頭金が数千円から数万円発生します。ドコモオンラインショップの場合はこれらが全て無料です。

また、オンラインショップで限定開催されている不定期のキャンペーンもあり、dカードを使えばdポイントが2%貯めることができます。

オンラインショップでは、実店舗でありがちな待ち時間も発生せず、いつでもどこからでもWEB環境さえあればいつでもアクセスでき注文できるのも嬉しいポイントです。

また、筆者がよく利用するのが「チャットサポート」です。料金プランから割引について、手続き方法などをオペレーターがリアルタイムで回答してくれます。答えも分かりやすくレスポンスも早いため満足度はかなり高く、サポート体制もばっちりだと言えるでしょう。

▼おすすめポイント

  • 事務手数料が無料
  • 2,750円以上で送料無料
  • 待ち時間なし
  • 最短2日でお届け
  • ドコモショップでも受け取りできる
  • dポイント2%が貯まる
  • スタッフがサポート充実

②「dカード GOLD」を契約する

ドコモを継続して利用していくのであれば、dカード GOLDの契約はかなりオススメです。

ドコモ利用分のポイント還元率は驚異の10%もあります。11,000円分利用したら毎月1,000ポイントも貯まります。1年で12,000ポイントにもなるので、11,000円の年会費の元も取れてしまいます。

さらに代表回線で家族利用分も全部支払っているのであれば、もっとポイントが貯まりやすくなるでしょう。

貯めたポイントはドコモの利用料金分として充当することができるので、さらにドコモの利用料金を安くすることも可能です。

dカード GOLDについての詳細はこちら

③「下取りプログラム」キャンペーンを利用する

下取りプログラムは、iPadやタブレット、スマホ購入時にお持ちの機種を下取りに出すだけで、最大75,000円が還元されるキャンペーンです。

iPhone・iPad・Androidなど、ほとんどの端末が下取りの対象端末であり、下取り同等額のdポイントが付与されます。

キャンペーン名 下取りプログラム
期間 2014年12月1日〜
内容 携帯電話等の購入費用から最大75,000円を割引
適用条件 ・ドコモで端末購入
・手持ち端末の下取りを申し込み
・dポイントクラブ / ドコモビジネスプレミアクラブへの加入
・iPadやタブレット、スマホの状態が下取り可能条件に当てはまっていること
手続方法 端末購入時に申請

④「端末購入割引」キャンペーンを利用する

端末購入割引は、ドコモ契約時に対象端末をセット購入すると、5,500~22,000円の端末代が割引されるキャンペーンです。
対象端末は随時更新されているので、チェックしてみると良いでしょう。

ただしオンラインショップで購入する場合は、機種によって還元方法がdポイントプレゼントになる場合もあります。

キャンペーン名 端末購入割引
期間 2019年10月12日~
内容 端末の販売価格から割引、またはdポイントプレゼント
適用条件 ・ドコモ契約時に対象端末をセット購入
・個人名義、法人名義であること
申込方法 対象端末をセット購入する

ネット回線を見直すとドコモスマホの料金が安くなる!

ドコモ

スマホとネット回線の契約先をまとめることで、ランニングコストが抑えられることを知っていますか?

ドコモではスマホとネット回線のセット割引を提供しており、最大1,100円の割引が毎月入ります。ドコモのプランを契約しているご家族も対象で、最大20回線まで適用できます。

ご自身とご家族が毎月使用しているデータ通信量と合ったスマホプランを契約しているか確認し、あわせてネット回線も契約を見直しましょう。

ドコモスマホとセット割が組めるネット回線は2つあります。ドコモユーザー・ドコモプランの契約を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光・home5G は
ドコモスマホとのセット割がお得!

ドコモ光×home5G

ドコモ光おすすめポイント

  • 新規工事費無料
  • V6プラス対応ルーター貸出
  • 開通までモバイルWi-Fi貸出

光回線を初めて使う人も安心なサービス!

home 5Gおすすめポイント

  • 契約期間の縛りナシ
  • 高品質&安定した通信
  • 固定回線の代わりとしてもおすすめできる通信速度

ドコモ回線使用で最大4.2Gbpsの高速通信が可能!

まとめ

本記事では、ドコモ版iPadの維持費や、2台持ちを最安値で運用するための方法について解説しました。

ドコモでは現在10機種のiPadシリーズを販売しています。
無印・Pro・Air・miniとそれぞれ特徴があるため、利用用途にあわせて端末を選ぶとよいでしょう。

また、これらの端末をドコモで利用するには、主回線とセットで使う「データプラス」、スマホと同様のプランである「ギガプラン」、ドコモのサブキャリアである「ahamo」のいずれかで契約する必要があります。

この機種とプランでiPadを運用コストを安くするには下記4つのポイントを意識しましょう。

▼ポイント

①「ドコモオンラインショップ」を活用する
②「dカード GOLD」を契約する
③「下取りプログラム」キャンペーンを利用する
④「端末購入割引」キャンペーンを利用する

iPadは性能が高く、そのぶん代金も比較的高く設定されています。少しでも安く利用できるよう、ぜひ本記事を参考によく検討してから購入するか判断することをおすすめします。

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン