Wi-Fiがつながらない!そんなときに確認すべき6つのポイントとは?

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Wi-Fiがつながらない!そんなときに確認すべき6つのポイントとは?

スマホの通信料は決して安くありません。うっかり動画を長時間見てしまうとあっという間に定額分を使い切ってしまい、それ以降の通信速度が遅くなったり通信費がかさんだりします。

通信料の節約にWi-Fiを利用したデータ通信は欠かせません。また、Wi-Fi通信はその大元の通信が光回線であればキャリアや格安SIM事業者の高速データ通信よりも圧倒的にスピードが速いものです。

しかし、つながるはずのWi-Fiが接続できないとなると、ストレスも溜まるもの。家でも外出先でも、ネットにつながらないとやはり不便です。

ここではそんなWi-Fiが接続できないときのチェックポイントを6つご紹介いたします

目次:

1. スマホのWi-FiがONになっているか

そもそもスマホのWi-FiがONになっていなければ、Wi-Fi接続できるはずがありません。

そんなことするわけない!と思うかもしれませんが、よくあるのは「機内モード」にしてしまっているため、Wi-FiがOFFになってしまっていることです。

機内モード
機内モード

バッテリー節約のために機内モードにするケースもありますが、Wi-Fiを利用したい場合には機内モードを終了させるか、機内モードにしながらもWi-Fをオンにして使えるようにしましょう。

(iPhone)赤丸が機内モード、黄丸がWi-Fi
(iPhone)赤丸が機内モード、黄丸がWi-Fi
(Android)画面上から下にスワイプしてオン/オフを設定(Android)画面上から下にスワイプしてオン/オフを設定
(Android)画面上から下にスワイプしてオン/オフを設定

2. Wi-Fiの設定を確認する

自宅など一度接続が済んでいるところであればWi-Fiの設定ミスはありません。しかし、カフェや空港などの施設で接続を試みる時には、SSIDやパスワードの入力が間違っている可能性があります。きちんと接続設定したと思っても、もう一度設定して確認しましょう。

3. Wi-Fiスポットの利用申し込みを確認する

NTTドコモ・ソフトバンク・auでは、それぞれWi-Fiスポットのサービスがあります。契約をしておくとWi-Fiのある所で自動的にWi-Fi接続されるのですが、当たり前ながら契約がなければ利用不可です。

サービスの概要は以下をご参照ください。

各キャリアのサービス概要:

無料Wi-Fiスポット:

4. 電波状況を確認する

1~3を確認し、スマホのWi-Fi設定がONになっており、契約はしっかりできている。なのになぜか繋がらないということであれば、電波状況を確認しましょう。

電波の状態を最も簡単に確認するのは、スマホのWi-Fiのアイコンを見て強度を確認することです。Wi-Fiのアイコンがすべて明るくなっていれば電波は強く、暗い部分があれば電波が弱いことを表します。

Wi-Fiの強度によってアイコンの色使いが変わる
Wi-Fiの強度によってアイコンの色使いが変わる

電波が弱いことが分かれば、より電波の強い所へ場所を変える工夫をしましょう。場所の移動先の候補としては、アクセスポイントと呼ばれるWi-Fiの基地局の近く、より人の少ない場所、電子レンジなど強い電磁波を飛ばす機器から離れたところなどが考えられます。

また、AndroidにはWi-Fiの強度を確認できるアプリがあります。例としてNetwork Signal Infoがあります。

アプリをインストール:

ネットワーク信号情報 Network Signal Info – Google Play の Android アプリ

5. Wi-Fiのオン/オフを試す

スマホのWi-Fiが何らかの理由で調子が悪くなったことが原因になる場合があります。そんなときはWi-Fiのオン/オフを試みてください

そのほかのトラブルでも定番の対応ですが、スマホの再起動も試してみると良いでしょう。メモリ周りなど、そのほかの理由でWi-Fiに影響が出ている場合には、根本の問題解決につながります。

6. Wi-Fiルーターの再起動を試す

いろいろ確認したけれど自宅のWi-Fiがつながらなくなっている場合は、自宅のWi-Fiルーター(アクセスポイント)をチェック、あるいは再起動を試みましょう。

無線LANのルーターは他の機器とケーブルで接続されていますので、抜けていないことを確認します。

結線をし直しても、または結線が問題ないのに繋がらない場合は、Wi-Fiルーターのプラグをコンセントから抜き、1分ほど経ってから再度プラグをコンセントに挿します。必要があればルーターの電源スイッチを入れます。

再起動してしばらく経つと起動や各種ネットワークの接続が完了しますので、再びスマホから接続を確認します。

まとめ

Wi-Fi経由でインターネットにうまくつながらない場合の処方は大きく分けて2つに分けられます。

チェックポイント
・初めて接続するWi-Fiがつながらない → 1,2,3のポイント
・一度接続したことがあるWi-Fiがつながらない → 4,5,6のポイント

もしスマホ、タブレット、パソコンなどWi-Fiの子機となり得る端末を複数持っているのであれば、他の端末で接続出来るかどうかを確認することで原因の切り分けができるようにもなります。併せて確認してみましょう。

スマホの「困った!」はココで解決!

スマホガイド

スマホのトラブル 対策ガイド
「調子が悪い」「故障かな?」と思ったらまずはココ。iPhone、Android、格安SIM・格安スマホにまつわるトラブル対処法をあなたの症状別に探すことができます。

モバレコではスマホと格安SIMをおトクに販売中!

●モバレコ バリューストアならSIMフリースマホと格安SIMがおトクに購入できる

バリューストア

モバレコが運営する「モバレコ バリューストア」ではSIMフリースマホと、格安SIMをお得な値段で販売中です!スマホの買い替えを検討中の人や、SIMフリースマホ・格安SIMが気になる人はぜひチェックしてみてください。

  • 出かける必要なし、24時間オンラインで申し込みが可能
  • 購入してから自宅配送でラクラク
  • 最新SIMフリースマホも順次入荷
  • スマホ・格安SIMが公式よりおトク

◆モバレコ バリューストアの人気SIMフリースマホ

多くのSIMフリースマホを取り扱う、モバレコ バリューストアでは各メーカーの人気機種も取り揃えています。

ハイスペックでデュアルレンズカメラが魅力のHUAWEI Mate 9が12,160円OFF、コストパフォーマンスが高く人気のHUAWEI P10 liteは5,680円OFF、安定した操作性に高速レーザーオートフォーカス搭載のカメラが人気のASUS ZenFone 3 Laserも2,100円OFFとなっており、公式価格よりお安く販売中です。

※表記価格は全て税抜表記です
12,160円OFF!
HUAWEI Mate 9
HUAWEI Mate 9

販売価格:48,640円

>詳細はこちら

5,680円OFF!
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

販売価格:24,296円

>詳細はこちら

2,100円OFF!
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

販売価格:25,700円

>詳細はこちら

◆モバレコ バリューストアの人気格安SIMプラン

毎月のスマホ料金を下げてくれると、今人気の格安SIMもモバレコ バリューストアで取り扱っており、格安SIM購入時に必要となる”初期費用”を公式より安く販売しています。

通信速度が速く、au系で人気のUQ mobileは1,850円OFF、LTEの回線で使い放題で利用できるU-mobileは1,500円OFF、老舗で実績もありユーザーからの信頼が厚いIIJmioは2,670円OFFで販売しています。

※表記価格は全て税抜表記です
UQ mobile
UQ mobile
データ高速プラン(3GB) 月額:980円
初期費用:1,150円
>詳細
U-mobile
U-mobile
データ専用
LTE使い放題プラン
月額:1,480円
初期費用:1,500円
>詳細
IIJmio
IIJmio
ウェルカムパック(ミニマムスタートプラン) タイプD 月額:900円
初期費用:330円
>詳細

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。