スマホがネットに繋がらない!ネットに接続できなくなった時の原因から考える3つの対処法

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットワークに接続できません

日々スマートフォンを使用するなか、誰しも一度は「急にインターネットにつながらなくなってしまった」という経験があるのではないでしょうか。

スマートフォンがネットワークに接続できない原因はいくつか考えられますが、今回は主に考えられる原因を紹介するとともに、その対処方法についても説明していきます。

目次:

スマホがネットに繋がらない時に考えられる主な原因は?

そもそもスマホがネットに繋がらない時の原因としてはどういったものがあるのか。まずしっかりと理解しておきたいのはここの部分です。

主な原因として考えられることは、大きく次の3パターンに分類できます

★スマホがネットに繋がらない主な原因
・スマホの設定がおかしい
・スマホ本体の調子がおかしい
・その他(機器の故障、ネットワークトラブルなど)

1つ目の「スマホの設定がおかしい」に関してはスマホを触っていて意図せず設定を変更してしまっていた場合などが原因として考えられます。

また、2つ目の「スマホ本体の調子がおかしい」は詳細な原因こそわからないものの一時的に動作がおかしくなってしまった状態。

そして最後の「その他」でまとめた部分は、スマホ自体の故障、あるいは回線業者側でのネットワークトラブルといったことを指し示しています。

主にはこういったことがスマホがネットに繋がらない時の原因として考えられます。これを頭の片隅に入れた状態で、次からそれぞれに対して自分で行なうことができる対処方法をチェックしていってみましょう。

対処方法1:スマホの設定を見なおしてみよう

まずは設定項目がおかしくなっていないかをチェックしてみます。これはスマホの再起動などをせずともできる内容ですので、おかしいと思ったらはじめに試してみる手順として理解しましょう。

モバイルデータ通信がOFFになっていないか確認する

ネットに繋がらないと思ったらはじめにチェックしたいのは「モバイルデータ通信がオフになっていないか」ということ。

普段スマホを使う上であまり触ることがない設定項目かと思いますが、それだけに見落としがちにもなりやすいものです。

Androidを搭載したスマホの場合、そのほとんどは画面上端より下方向にスワイプすることで表示できるクイックアクセスパネル内に、モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるボタンがあるはずです。ここがオフになっていないかを確認しましょう。

Androidでのクイックアクセスパネル
アンテナピクトや上下に向いた矢印のマークであることが多い

なお、万が一クイックアクセスパネル内にボタンが見つからないという場合は、設定画面より【データ使用量】の項目を開くと、多くの機種においてはその中に【モバイルデータ】と書かれたスイッチを見つけることができるはずです。

Androidの設定画面
万が一見つからない場合は設定画面から

またiOSを搭載するiPhoneの場合は、設定画面より【モバイルデータ通信】の項目を開くと、こちらも【モバイルデータ通信】と書かれたスイッチを見つけることができます。

iphoneの設定画面、モバイルデータ通信の項目
設定画面にある【モバイルデータ通信】の項目をチェック

スイッチをオンにして無事ネットに繋がれば問題は解決。一方で元々オンになっている、オンにしたけど繋がらない、といった人は次の項目に進みましょう。

機内モードのON/OFFを試してみる

2つ目にチェックするのは「機内モード(フライトモード)になっていないか」です。

機内モードをオンにするとモバイルデータ通信の他、Wi-FiやBluetoothといった無線通信機能が一括でオフになります。気が付かないうちに機内モードになっていたというケースも(筆者の経験上)ありますので、忘れずにチェックしておきたいところ。

Androidスマホの場合は先程のモバイルデータ通信同様、クイックアクセスパネル、または設定画面より確認可能です。

Android、クイックアクセスパネルの飛行機のマーク
機内モードは飛行機のマーク

iPhoneの場合は画面下端から上方向にスワイプすることで表示できるコントロールセンターにて、オン/オフの状態を把握できます。

iPhone、コントロールセンターの飛行機のマーク
iPhoneでも飛行機のマークを探す

なお、スマホがネットに繋がらない際、ここで併せて試しておきたいことが一度フライトモードのオン/オフを切り替えてみること。非常に単純なことですが、フライトモードをオン→オフとしてみるだけでも問題が解決するケースが結構多かったりもするものです。

APN設定を見直してみる

設定内容をチェックする際、最後に確認したいのは「APN情報の設定がおかしくなっていないか」ということ。

これは主にはSIMフリーのAndroidスマホ、あるいはキャリアが販売していたスマホをMVNOのSIMで使用する場合にいえることですが、AndroidスマホではAPN情報を手動で入力できる反面、何かの拍子にAPN情報の選択が解除されてしまうといったケースがあります。

Androidスマホでは、設定画面より【もっと見る】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に項目を選択することでAPN情報の設定画面を開くことができるものが多いです。

Android、APN情報の設定画面
リストにAPN情報があるか、チェックが入っているかを確認

ここでまず確認すべきは、使用したいAPN情報にチェックが入っているか。使用しているSIMカードに適していないものが選択されていればもちろん通信はできませんし、また何かの拍子にチェックが解除されてしまうというケースが(少なくとも筆者の経験上では)まれにあります。

またMVNOのSIMを使用しており、APN情報も自分で登録したという人は、APN情報の登録内容におかしい部分がないか目を通してみることも有効な手段といえます。

Android、アクセスポイントの編集画面
自分で登録したAPN情報であれば内容の確認も

APN情報の登録方法を忘れてしまった、なんて人はこちらの記事を併せてチェックしてみてください。

AndroidスマホのAPN設定方法の確認はこちら

なおiPhoneの場合は、基本的にAPN情報の登録は各回線業者が提供しているAPNプロファイルというものをダウンロード・インストールすることで行ないます。

iPhone、APNプロファイルのインストール画面
iPhoneの場合はAPNプロファイルを再インストール

iPhoneで通信ができないという人は、Wi-Fiに接続できる環境であれば、このAPNプロファイルを再インストールしてみましょう。

iPhoneのAPN設定方法の確認はこちら

対処方法2:より物理的なアクションを試してみよう

設定を一通り確認したけど、まだスマホはネットに繋がらない。そんな人は次に、より物理的なアクションを3つほど試してみましょう。

スマホを再起動してみる

スマホの調子がおかしい。けれど設定に変な部分はない。そんな時にとても有効な手段であるのが「スマホの再起動」です。スマホに限らず電子機器においては「困ったらまずは再起動」といってもよいほど、万能な対処方法であったりもします。

Androidスマホ、iPhoneともに電源キー(電源ボタン)を長押しすることで再起動や電源オフのメニューが表示されますので、一度電源を切って再び起動してみましょう。

スマホ側面の電源ボタン
主にスマホの側面に配置されている電源ボタンを長押し
iphoneの「電源オフ」画面
iPhoneでは再起動の項目がないので、一度電源を切り、再度入れる

SIMカードを抜き差ししてみる

再起動したが問題は解決しない。そんな場合に続いて試したいのが「SIMカードを抜き差ししてみる」こと。スマホが通信をするにあたり必要な情報が保存されているのがSIMカードですので、これを抜き差しすることで問題が解消することもあります。

SIMカード自体は本体側面にスロットが設けられているもの、あるいはリアカバーを外した中にスロットが設けられているものなど様々。これは自分が使っている機種に併せて対応してみてください。

AndroidのSIMカードスロット
SIMカードスロットの場所は端末によって様々

なお、特に本体側面にスロットが設けられている機種の場合、ホットスワップと呼ばれる仕組みに対応していない機種では、SIMカードの抜き差しが検知された時点でスマホが再起動されてしまいます。プレイしていたゲームをセーブせぬまま再起動されてしまった……なんてことにならないためにも、開いているアプリは一通り閉じてからSIMカードを抜き差しするようにしましょう

しばらく電源OFFで置いておく

再起動をしても、SIMカードを挿しなおしてみても解決しない。こんな状況において時間に余裕があるのであれば、「電源をオフにした状態でしばらく放置しておく」という対処方法も挙げることができます。

この際ひとつ覚えておきたいのは、もし使っている機種がバッテリーの取り外しが可能であるなら、バッテリーを外しておいておくということ。バッテリーを外すことでスマホ内の回路への電力供給が完全にストップし、しっかりと休ませることができます。

対処方法3:キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡する

ここまで6種類の手順を説明してきました。しかしこれらをすべて試してもダメだった。そんな場合はスマホ自体の故障、あるいは回線業者側で一時的なネットワークトラブルが発生している、といったことも考えられます。

そのため最終手段として、「キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡」をしてみましょう。

NTTドコモやソフトバンク、auといったキャリアで回線を契約している場合は、最寄りのショップに足を運んでも構いませんし、サポート窓口へ電話、パソコンや別のスマホからオンラインサポートへ問い合わせといった方法が利用できます。

一方でMVNOで回線を契約している場合、その多くは実店舗を構えていないことがほとんど。そのためこちらはサポート窓口へ電話、あるいはオンラインサポートからの問い合わせといった方法がメインになるでしょう。

まとめ:機種変更も検討してみるべし

docomo公式サイトの機種一覧ページ

上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。

補償サービスに加入していない場合はなおさらです。故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。

スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。

販売サイトはこちら

機種の買い替えならドコモがおすすめ

機種変更をするならドコモがおすすめです。おすすめをする理由は以下の通り。

・安心安定の通信速度、サポート力
・最新機種のラインナップが最も豊富
・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい
・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。

手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。

ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。

料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。