ワイモバイルのメールについて徹底解説!設定方法や2つあるメールアドレスの違いは?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ワイモバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイル メール

Y!mobile(ワイモバイル)は格安SIMを販売していますが、MVNOではなくソフトバンクのサブブランドという位置づけになります。

ワイモバイルには「Y!mobile メール」と「~@ymobile.ne.jp」の2つのメールアドレスがあります。この2つにどのような違いがあるのか、疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?今回は「Y!mobile メール」と「~@ymobile.ne.jp」の特徴や設定方法を中心にワイモバイルのメールについてご紹介します。

目次:

Y!mobile メールを利用する

ワイモバイルのメールサービスは、ブラウザやタブレット、パソコン等でWebメールとしても扱えるメールアドレス「@yahoo.ne.jp」と、キャリア用に使えるメールアドレス「@ymobile.ne.jp」の2種類があります。
まずは「@yahoo.ne.jp」について特徴や使い方などをご案内します。

Y!mobile メールの特徴

PCからでもサブ端末からでもワイモバイルのメールは使える
PCからでもサブ端末からでもワイモバイルのメールは使える

ワイモバイルのメールアドレス「@yahoo.ne.jp」は。容量の制限が無く使えるメールサービスとなっています。

yahooとついているので「@yahoo.co.jp」と一緒に思えるかもしれませんが、もともとYahoo! BBの会員向けに発行されていた専用アドレスなので、誰でもカンタンに取得出来る他のフリーメールに比べて「@yahoo.ne.jp」のほうが信用度が高くなります。

また契約しているスマホだけでなく、タブレットやパソコンからも利用が出来るので、使う人の環境に合わせた使い方が出来るのも大きな特徴と言えるでしょう。

My Y!mobileでメールアドレスを取得する

ワイモバイルのメールアドレスを取得するには、登録に「Yahoo! JAPAN ID」が必要になるので、持っていない方は事前に取得しておきましょう。

まずは初期設定から
まずは初期設定から

スマホからでもパソコンからでもメールアドレスの設定は出来ますが、今回はスマホからの手順をご案内します。

まずは「My Y!mobile」にログインをして、「設定サポート」の項目から「Y!mobile 初期登録をはじめる」をクリック。

参照:My Y!mobile ログインページ

登録情報の追加では使えるアドレスを推奨
登録情報の追加では使えるアドレスを推奨

Yahoo! Japan IDを持っているか聞かれるので「はい」を選択してログインします。
登録情報の追加が必要になることがあるので、現在使っているメールアドレスを入力します。持っていない場合は、フリーメールで大丈夫なので事前に取得しておきましょう。

Yahoo! Japan IDと同じだとワイモバイルのメールと混合しやすい
Yahoo! Japan IDと同じだとワイモバイルのメールと混合しやすい

「@yahoo.ne.jp」の@以前を決めるページになるので、好きなものを入力しましょう。初期状態だとYahoo! Japan IDの@以前が入力されます。

Yahoo! Japan IDとメールアドレスは別物
Yahoo! Japan IDとメールアドレスは別物

これで「@yahoo.ne.jp」のメールアドレスの設定は完了です。
フリーメールである「@yahoo.co.jp」と、ワイモバイルから発行される「@yahoo.ne.jp」の2つのアドレスがある状態になるので、間違わないように管理しましょう。

また、iPhoneやAndroidなどでメールの設定をする場合、「My Y!mobile」ではなくて「Yahoo! JAPAN ID」のパスワードを使うことになります。

「@yahoo.ne.jp」の登録情報確認

右上のメニューからでも確認できます
右上のメニューからでも確認できます

メールアドレスとパスワードを確認するには、「My Y!mobile」にログインして「メール設定(yahoo.ne.jp)」をタップします。

メールアドレスを変えたい場合は続けて変えられる
メールアドレスを変えたい場合は続けて変えられる

ワイモバイルで契約している電話番号と、「Yahoo! JAPAN ID」のパスワードを入力して「Y!mobile メールアドレスの変更」画面が表示されればパスワードは合っています。
メールアドレスは「変更前メールアドレス」に表示されます。

メール設定に必要な情報
メール設定に必要な情報

パソコンで「@yahoo.ne.jp」を利用する場合の、受信メールサーバと送信メールサーバーはymobileimap.mail.yahoo.ne.jpとアドレス、パスワードとなります。

iPhoneでのメール設定方法

「@yahoo.ne.jp」のメールをiPhoneで使うための設定方法を見ていきましょう。

設定の中にある「アカウントとパスワード」をタップ
設定の中にある「アカウントとパスワード」をタップ
その他をタップ
その他をタップ

アカウントを追加」をタップした後に出て来るメールサービス一覧の中から「その他」をタップします。

「メールアカウントを追加」をタップ
「メールアカウントを追加」をタップ

メールアカウントを追加」をタップして、メールアカウントの設定画面に入ります。

情報入力画面
情報入力画面

任意の名前、メールアドレス、パスワードの3つを入力します。説明に関してはメールアドレスを入力した際に、自動で入力されます。

「保存」を選択したら完了
「保存」を選択したら完了

メールにチェックがついていることを確認して「保存」を選択します。その後に「yahoo.ne.jp」のアカウントが追加されていれば設定完了です。

この画面になったら、打ち間違いかも
この画面になったら、打ち間違いかも

このような表示になった場合は、メールアドレスかパスワードが間違っている可能性が考えられます。打ち間違いなら正確に入力し直して、わからない場合は再確認しましょう。

Androidでのメール設定方法

Androidの場合、それぞれのメーカーによりメール設定の仕方が異なります。ワイモバイル公式アプリ「Y!mobile メール」で設定方法をご案内します。

「ログイン」をタップ
「ログイン」をタップ

アプリを起動して「ログインする」をタップします。

「ログイン」画面
「ログイン」画面

「Yahoo! JAPAN ID」か「@yahoo.co.jp」のメールアドレス(もしくは電話番号)と、パスワードを入力します。

リスト型か会話型の選択とテーマカラーの設定画面リスト型か会話型の選択とテーマカラーの設定画面
リスト型か会話型の選択とテーマカラーの設定画面

リスト型か会話型を選択した後に、テーマカラーを設定すれば初期設定は完了です。
リスト型は従来のメールのやり取りを模倣した形式で、会話形はチャット形式でメールのやり取りが出来る形式となっています。

Wi-FiやSMSの設定Wi-FiやSMSの設定
Wi-FiやSMSの設定

Wi-Fi接続がされていない場合は、Wi-Fiに接続してメールの受信をするか聞かれます。
パケットを大量消費する可能性があるので、出来るだけWi-Fiに接続した状態でメールを受信したほうがいいでしょう。

SMS(電話番号でメッセージをやり取りする機能)アプリに変更するかどうか尋ねられた場合、「Y!mobile メール」で行いたい場合は「はい」を、Androidの標準アプリで行いたい場合は「いいえ」をタップします。

MMS(~@ymobile.ne.jp)を利用する

MMSという単語は見覚えが無いかもしれませんが、簡単に言うとソフトバンクが用意した携帯専用のメールサービスと考えてください。

ワイモバイルはMVNOではなく、ソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクのメールサービスをそのまま引き継いでいます。

MMSのメールアドレス自体はワイモバイルの場合「@ymobile.ne.jp」となっており、パソコン用のメールアドレスと違ってキャリアのメールアドレスとなります。

~@ymobile.ne.jpの特徴

キャリア用メールも別のアドレスとして使える
キャリア用メールも別のアドレスとして使える

「@ymobile.ne.jp」はPHSを除いたスマホやケータイ専用に割り振られるアドレスです。

ワイモバイルで契約した直後にランダムのメールアドレスが設定されていて、実際に使うには一度MMSのメールアドレスを変更する必要があります。

携帯専用のメールアドレスになっているので、パソコンや他の端末で使うことは出来ません

~@ymobile.ne.jpの初期アドレスの変更方法

MMS形式である「@ymobile.ne.jp」のメール利用はワイモバイルのSIMを利用している端末でしか出来ませんが、メールアドレスの変更は別の端末やパソコン上からも行えます

「My Y!mobile」にログインしてからメールアドレスの変更をするので、実際にログイン出来るか事前に確認しておきましょう。

右上のメニューからでも飛べる
右上のメニューからでも飛べる

ログインをしたら、「設定サポート」をタップした後に「メール設定 MMS(ymobile.ne.jp)」をタップします。

ソフトバンクはワイモバイルの親会社
ソフトバンクはワイモバイルの親会社

メールアドレスが表示されているヨコの「確認・変更」をタップ。

My SoftBankのページになっていますが、ワイモバイルはソフトバンクのメールサービスを利用しているので、このまま設定を続けて大丈夫です。

以前のアドレスがあるなら引き続き利用可能
以前のアドレスがあるなら引き続き利用可能

新しく設定する」にチェックを入れて、任意のアドレスを入力したら「次へ」をタップ。

以上でMMS(@ymobile.ne.jp)の設定は完了です。

SMSを利用する

SMSを発展させたものがMMSとなるので、ワイモバイルのMMS(@ymobile.ne.jp)が使えればほとんど出番が無いかもしれませんが、電話番号同士のショートメッセージをやり取りするSMSも利用出来ます。

もちろんSMSの利用も可能
もちろんSMSの利用も可能

SMSは電話番号のみで70文字までのテキストをやり取り出来るメールサービスで、契約しているプランに応じた料金が1通ごとにかかります。

参考までに、スマホプランS/M/L、ケータイプランSS、ケータイプラン、データプランS/L、シェアプランの場合だと1通送るのに3円かかります。

電話番号を対象としたサービスなので、かけ放題プランに含まれているように一見見えますが、残念ながらかけ放題対象外となっています。また、発信者番号を非通知に設定している場合であっても、相手先に発信者番号を通知して送信されます。

利用する際の注意点

陥りがちな注意点について
陥りがちな注意点について

ワイモバイルのメールサービスを利用する上で、気をつけたい点がいくつかあります。
大事な内容となっているので、事前に知っておきましょう。

・解約すると使えなくなる
色んな端末で使える「@yahoo.ne.jp」も、キャリアメールである「@ymobile.ne.jp」も、ワイモバイルが提供するメールサービスになるので、解約すると当然使えなくなります。

・「@yahoo.ne.jp」と「@yahoo.co.jp」は異なる
ワイモバイルで使えるメールアドレスとして「@yahoo.ne.jp」はご紹介しましたが、「@yahoo.co.jp」とは異なります。
カンタンに言うと、neが付いているほうがワイモバイルのメール、coが付いているメールが誰でも取得出来るフリーアドレスといった感じです。

・メールが届かない場合がある
「@yahoo.ne.jp」のY!mobile メールは、フリーメールではありませんが端末関係なく扱えるWebメールとなっているので、迷惑メールのフィルターでキャリアメール以外をブロックしている人に送信した場合は、メールがはじかれてしまう可能性があります。

対策として、自分のメールアドレスが届くように迷惑メールの設定で指定アドレス受信が出来るようにしてもらうか、キャリアメールの「@ymobile.ne.jp」を使う方法があります。

まとめ

ワイモバイルでのメール設定についてご紹介しました。
メールアドレス自体が2つあるので「設定が面倒」と感じるかもしれませんが、基本的にはY!mobile メールである「@yahoo.ne.jp」だけでいいかもしれません。

ただ、初めてメールを送る人向けや、学校によっては連絡網を携帯メール(キャリアメール)で行っている場合があるので、MMSの「@ymobile.ne.jp」も必要であれば設定しておきましょう。

またY!mobile メールに設定しても、引き続きYahoo! メールを利用できるので、ヤフオクやLOHACOなど、長年Yahoo! メールを使っている人も安心ですね

2つのメールアドレスを使いこなして、快適なワイモバイルライフを!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp