auの最新キッズ携帯まとめ! 料金プランや安全機能、注意点も解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

au キッズ携帯

auでは、ジュニア・キッズ向けの携帯・スマホを提供しています。防犯機能や、目の届かない場所で子どもの安全を守るためのGPS機能も備わっていて、もしものときも安心です。

今回はauの最新キッズ携帯「マモリーノ」や、キッズ向けスマホ「ミライエフォルテ」の機能と料金プランを紹介します。
最後にauキッズ携帯の注意点もまとめていますので、契約を検討している方は判断材料の一つとして、確認をしてみてください。

目次:

子どもにはキッズ携帯を持たせよう!

キッズ携帯利用中 イメージ画像
子どもにはキッズ携帯を持たせよう!

固定電話しかなかった時代は、自宅の電話番号くらいは記憶していました、しかも昔はいたるところに公衆電話がありました。

しかし、時代が大きく変わり、今の子どもたちは以下のような状況での生活が当たり前となっています。

・昼夜問わず、子どもを狙う犯罪が増えている
・固定電話を設置する家庭が少なくなったため、友達の家で何かあっても気軽に親へ連絡できない
・公衆電話が身近にないため、外出先で何かあっても親へ連絡できない
・子どもが自宅の電話番号または親の携帯番号を覚えていない
・習い事などの行き帰りで子どもが一人になるタイミングが多い

この状況でお子さんに不測の事態があった場合、連絡が取れない状況は非常に不安です。
お子さんにはキッズ携帯を持たせておくことを強くオススメします!

auのキッズ携帯の便利な機能

auの最新キッズ携帯である「マモリーノ5」には、電話機能だけでなく以下のように子どもを守るための便利機能も多数備わっています。

・防犯ブザー
・GPS
・居場所通知
・セコム通報
・在宅通知(子どもが帰宅したことを親のスマホに通知してくれるサービス)
・出かけるよアラーム(習い事などの出発時間が迫ると通知してくれるサービス)
・出ないときガード(電話に出ない際、お子さんの居場所を確認できるサービス)
・着信自動応答(自動的に通話状態となりハンズフリー通話ができるサービス)
・電池残量通知(電池残量が少なくなると親のスマホに通知が行き、キッズ携帯側でも充電を促す音声アナウンスが流れるサービス)

これらはすべて無料で利用できるサービスです。
有料オプションを追加すれば、防犯ブザーを引いたと同時にセコムがお子様のもとへ急行してくれる現場急行サービスも利用できるので、より安心です。

小学校高学年~中学生にはキッズ向けスマホも

子どもの年齢が上がると大人のようなスマホを持ちたがりますよね。
しかし、本格的なスマホを持たせるにはまだ早いとお考えの場合は、「ミライエフォルテ」のようなジュニアスマートフォンをオススメします。

「ミライエフォルテ」は、auキッズ向けスマホの最新機種です。
行動範囲が広くなり、LINEやネット検索を多用しはじめる小学校高学年~中学生のお子さんにピッタリな以下の機能が備わっています。

・カメラ付き防犯ブザー(防犯ブザーを作動させると自動的に周辺の景色が撮影され、画像と位置情報が親のスマホへ転送されるサービス)
・フィルタリング(有害サイトを自動で閲覧禁止できるサービス)
・アプリ使用制限(アプリごとに使用の可否が設定できるサービス)
・利用時間制限(端末の利用時間を自由に設定できるサービス)
・あんしん文字入力(暴言や中傷する言葉を子どもが入力しようとすると、警告が表示されるサービス)

このほかにも「ミライエフォルテ」にはGPSや防犯ブザー、居場所通知機能といったキッズ向けの基本的な防犯機能も備わっているので安心です。

auキッズ携帯の最新機種・料金プランを解説!

auキッズ携帯の料金は、一般向けのauケータイプランと異なり「ジュニアケータイプラン」という専用プランが適用されます。
この項目では、auキッズ携帯の最新機種「マモリーノ5」と旧機種「マモリーノ4」の料金をご紹介していきます。

あわせてジュニアスマートフォンの最新機種「ミライエフォルテ」の料金もご紹介していきますが、「ミライエフォルテ」は2019年10月1日から一般向けのスマホ料金プランが適用されるようになりました。
ただし、auは25歳以下なら学割が適用されますので、こちらでは学割について詳しく解説していきます。

マモリーノ5(mamorino5)

マモリーノ5 画像
マモリーノ5(mamorino5)

2019年2月22日に発売されたauキッズ携帯の最新機種である「マモリーノ5」の機能と料金は以下のとおりです。

【機能】

・防犯ブザー
・居場所通知
・ココセコム
・電池残量通知
・遠隔ロック
・学校モード
・おもしろピアノ

【料金】

プラン名 ジュニアケータイプラン
契約期間 2年(自動更新)
本体価格 15,840円
(660円×24回)
基本料金 2年定期契約 500円
定期契約なし 1,500円
通話料 20円/30秒
※家族間通話無料
国内SNS利用料 送信:3円/通
受信:無料
総額月額料金 2年間:1,160円
3年目以降:500円

※価格はすべて税抜
※auチャットサポートにてヒアリング / 2019年11月時点

マモリーノ5はジュニアケータイプランが適用されるため、月額500円で利用できます。ただし、ジュニアケータイプランは自動更新なしの2年定期を契約できないので、更新月以外に解約をすると9,500円の解約金がかかることを覚えておきましょう。

マモリーノ4(mamorino4)

マモリーノ4 画像
マモリーノ4(mamorino4)

2018年2月2日に発売されたauキッズ携帯「マモリーノ4」の機能と料金は、以下のとおりです。

【機能】

・防犯ブザー
・居場所確認機能
・ココセコム
・電池残量通知
・遠隔ロック
・学校モード
・ボイスチェンジ

【料金】

プラン名 ジュニアケータイプラン
契約期間 2年(自動更新)
本体価格 15,840円
(660円×24回)
基本料金 2年定期契約 500円
定期契約なし 1,500円
通話料 20円/30秒
※家族間通話無料
国内SNS利用料 送信:3円/通
受信:無料
総額月額料金 2年間:1,160円
3年目以降:500円

※価格はすべて税抜
※auチャットサポートにてヒアリング / 2019年11月時点

マモリーノ4もマモリーノ5同様、2年自動更新のジュニアケータイプランが適用されます。よって解約をする際は、2年に1回来る更新月に手続きをしなければ9,500円の解約金が必要なので、ご注意ください。

ミライエフォルテ(miraie f)

ミライエフォルテ 画像
ミライエフォルテ(miraie f)

ミライエフォルテは2019年9月30日までジュニアスマートフォンプランという専用プランが契約できていました。しかし、2019年10月1日からは一般のスマホ同様auの新プランのみ契約可能となっています。

ただし、auには25歳以下の方向けに学割が用意されているため、ミライエフォルテは通常の料金プランより安く利用できます。

ミライエフォルテの機能一覧は以下のとおりです。

【機能】

・カメラ機能付き防犯ブザー
・GPS
・緊急通報位置通知
・フィルタリング
・アプリ使用制限
・利用時間制限
・アプリ利用チェッカー

ミライエフォルテはauのスマートフォンプランであれば、お好きなプランを契約できます。ただし学割が適用となるのは5つのデータ定額プランのみとなっており、従量課金制の「新auピタットプランN」は学割が適用されません

また学割は契約後6ヶ月間のみ適用され、7ヶ月目からは一般プランと同額での利用です。通常料金と学割適用料金の差額は以下の表でご確認ください。
※編集部更新:2020年2月1日よりauデータMAXプランProの月額料金が値下げになりました。

【料金プラン】

プラン名 通常料金 学割適用料金
auデータMAXプランNetflixパック 4,880円 3,480円
auデータMAXプランPro 5,480円 3,480円
auフラットプラン25 Netflixパック 5,150円 4,130円
auフラットプラン20N 4,000円 2,980円
auフラットプラン7プラスN 3,480円 2,980円
新auピタットプランN 1,980~4,480円

※価格はすべて税抜
※契約から6ヶ月間の2年契約N適用時の料金を記載

ミライエフォルテのその他料金は以下のとおりです。

【端末料金】

本体価格 32,976円
(1,374円×24回)
※税込
通話料 通話オプションなし 20円/30秒
※家族間通話無料
通話定額ライト
※5分以内の国内通話が無料
1年間+500円/月
2年目以降+700円/月
※5分超過時:20円/30秒
通話定額
※国内通話24時間無料
+1,700円/月
国内SNS利用料 送信:3円/通
受信:無料
総額月額料金 通話オプション無 2年間:月額料金+1,374円
3年目以降:月額料金のみ
通話定額ライト 1年目:月額料金+1,874円
2年目:月額料金+2,074円
3年目以降:月額料金+700円
通話定額 2年間:月額料金+3,074円
3年目以降:月額料金+1,700円

※価格はとくに記載のある場合を除きすべて税抜

ミライエフォルテの総額月額料金は、どのプランを契約するかによって大きく異なります。ただし、新auピタットプランN以外のプランなら学割が適用できますので、お子さんに持たせるのであれば、お得な学割の利くプランを選択してみてはいかがでしょうか。

auのキッズ携帯に関する注意点

キッズ携帯の注意点 イメージ画像
auのキッズ携帯に関する注意点

auのキッズ携帯を契約する際は、以下の点に注意をしてください。

保護者がauユーザーでないとデメリットが大きい

auのキッズ携帯は、保護者が他キャリアユーザーであってもお子さん名義で単独契約が可能です。ただし保護者が他キャリアユーザーの場合、家族間通話が無料にならなかったり、子どもの位置情報を把握する「安心ナビ」が利用できなくなったります。

キッズ携帯は保護者の方がお子さんの位置を把握したり、もしもの際すぐ連絡が取れるようしたりすることが主な利用目的です。
よって、auでキッズ携帯を契約する際は原則として、保護者がauユーザーであることが大前提といえるでしょう。

解約金が9,500円と高め

マモリーノ4またはマモリーノ5向けの「ジュニアケータイプラン」は、2年自動更新プランのみとなっています。そのため、更新月以外に解約をすると9,500円の違約金が発生するので注意をしてください。

格安スマホの方が安くなる場合もある

TONE e19 画像
格安スマホの方が安くなる場合もある

auのキッズ向けスマホである「ミライエフォルテ」は、現在auスマホの一般向けプランしか契約できません。よって、キッズスマホの場合は格安スマホを契約したほうが安くなるケースもあります。

格安スマホの中でも、キッズ携帯としておすすめなのがトーンモバイルで利用できる「TONE e19」です。お子様を見守る機能が満載なうえにシンプルな料金プランなため、ご家族様がお子様に持たせる最初のスマホとして選ぶ方が多いようです。以下に「ミライエフォルテ」と「TONE e19」の料金を比較してみました。

「TONE e19」も「ミライエフォルテ」同様、位置情報通知やフィルタリング設定、アプリ制限などが利用できますので、ぜひ選択肢の候補に入れてみてください。

miraie f TONE e19
キャリア au トーンモバイル
利用回線 au ドコモ
本体価格 32,976円(税込) 19,800円
月額料金 1,980~5,980円 1000円
通話料 20円/30秒 17円/30秒

※価格はとくに記載のある場合を除きすべて税抜

auキッズ携帯の申し込み方法・解約方法

申し込み方法 イメージ画像
auキッズ携帯の申し込み方法・解約方法

auキッズ携帯を申し込む際は、auショップへ以下の物を持参し、手続きを進めてください。

・お子さんの本人確認書類
親権者同意書およびフィルタリングサービス申出書
・親権者本人の確認書類
・クレジットカードまたはキャッシュカード

また、解約をする際は契約者本人がauショップへ以下の物を持参し、手続きを行います。

・印鑑(サインでも可)
・本人確認書類
・解約をするキッズ携帯本体

まとめ

2019年11月現在、auの最新キッズ携帯は「マモリーノ5」、キッズ向けスマホは「ミライエフォルテ」となっています。
どちらも防犯機能や、GPS機能といった安心機能が備わっているため、もしものときも安心です。

ただし、「マモリーノ5」は月額500円のジュニアケータイプランを利用できますが、「ミライエフォルテ」は2019年10月1日よりauスマホ向けプランのみ契約可能です。

キッズスマホに関してはトーンモバイルのような格安スマホを契約したほうが割安になることもあるので、キッズスマホをご検討中の方は、格安スマホも選択肢の一つとして検討してみましょう。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン