LINEMO(ラインモ)でiPhoneは使える?乗り換え手順や注意点も解説!

書いた人: とくめい

カテゴリ: LINEMO(旧:LINEモバイル)

LINEMO(ラインモ)でiPhoneは使える?

2021年3月にスタートしたソフトバンクの新料金プラン「LINEMO」。20GBで税込2,728円の安さが魅力のオンライン専用ブランドです。

ブランド名に”LINE”とあるように、LINEアプリとの連携でお得な特典が受けられます。
LINEアプリの通話やトークなどのデータ消費がゼロになる「LINEギガフリー」に加えて、追加料金なしでLINEクリエイターズスタンプが使い放題になります。

本記事では、LINEMOをiPhoneで使うときのメリットや注意点、申し込みから初期設定まで詳しく解説しています。

※別途記載がない限り、記事内の価格表記は税込です。

ソフトバンクの新プラン「LINEMO」

ソフトバンクの新プラン「LINEMO」
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」

ソフトバンクから3月17日に登場した新プラン「LINEMO」は、申込みや各種手続き、サポートを全てオンライン専用にすることで、従来プランよりも料金を大幅に値下げしています。

月間データ容量は20GB使うことができ、容量超過後は最大1Mbpsで通信可能です。LINEのトークや写真・動画のやり取りなどは通信量にカウントされません。

月額料金 税込2,728円
データ容量 月間20GB(+LINEギガフリー)
低速時の速度 最大1Mbps
通話料金 税込22円/30秒
国内かけ放題 5分:税込550円
キャンペーンでLINEMO加入から1年間0円

時間無制限:税込1,650円
キャンペーンでLINEMO加入から1年間 税込1,100円

テザリング可否 対応
eSIM対応可否 対応
特典 追加料金なしで「LINEクリエイターズスタンプ」が使い放題→月額240円の「LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)」が契約期間中ずっと無料

LINEMOでiPhoneを使う方法は「端末持ち込み」のみ

LINEMOでは、現時点で端末の販売は行っていません。

・現在使用中の端末をSIMロック解除してそのまま使用
・新たにSIMフリー端末を購入

のどちらかを選ぶことになります。

現在使用中の端末をそのまま利用する場合、ソフトバンクやワイモバイルの機種であってもSIMロック解除手続きが必要です。契約中の会社のマイページから事前にSIMロックを解除しておきましょう。

LINEMOで使えるiPhoneの種類は?

LINEMOはiPhoneで利用することができます。公式で動作確認が取れている端末はiPhone 6s以降です。音声通話・データ通信・SMS・テザリングに対応しています。

※横にスクロールできます。

eSIM 音声通話 データ通信 SMS テザリング
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone SE(2020・第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone X ×
iPhone 8 ×
iPhone 8 Plus ×
iPhone 7 ×
iPhone 7 Plus ×
iPhone SE(第1世代) ×
iPhone 6s ×
iPhone 6s Plus ×

iPhone XSシリーズ以降は、物理SIMに加えてデータをダウンロードして使用する「eSIM」にも対応しています。

eSIMであれば、申し込みをしたあとSIMカードの到着を待つ必要がなく、契約後に送付されるメールのURLからすぐに開通手続きを行えます。

LINEMOでiPhoneを使う場合の料金シミュレーション

LINEMOでiPhoneを使うと一体いくら下がるのか比較してみました。

●LINEMOと大手キャリアの無制限プランを料金シミュレーション

※横にスクロールできます。

LINEMO ドコモ(ギガホプレミア) au(使い放題MAX 5G) ソフトバンク(メリハリ無制限)
月間データ容量 20GB 無制限 無制限 無制限
月額料金 2,728円 7,205円 7,238円 7,238円
1年間の料金 32,736円 86,460円 86,856円 86,856円
2年間の料金 65,472円 172,920円 173,712円 173,712円
LINEMOとの差額
1ヶ月 4,477円 4,510円 4,510円
1年 53,724円 54,120円 54,120円
2年 107,448円 108,240円 108,240円

LINEMOの月額料金は大手キャリアの無制限プランの半分以下に。1年間で5万円、2年間で10万円以上も安くなる計算です

自宅にWi-Fi環境があり、データ使用量が20GBまでに収まる使い方なら、LINEMOのほうがスマホ代を大幅に節約できます。

LINEMOでiPhoneを使うメリット

筆者が実際に使ってわかった、LINEMOでiPhoneをつかうメリットは下記の3つ。

・月額料金が安くなる
・大手キャリアのソフトバンクと同じ通信品質
・LINEのギガカウントフリーがある

月額料金が安くなる

料金シミュレーションでも触れたように、LINEMOは月間20GBで税込2,728円という月額料金の安さが最大のメリットです。

20GBあれば動画視聴やテザリングなどをしても余裕があり、よほど極端な使い方をしない限りは通信量をオーバーしてしまう心配もありません。ブラウザで調べ物をしたり、地図アプリの利用などであれば容量を気にせず使えます。

データ消費の多いYouTubeの動画視聴を例にすると、中画質(480P)で0.6GB/1時間、最高画質(1080P)なら2GB/1時間のデータ容量を消費します。最高画質であれば中画質なら33時間、最高画質なら10時間でゼロになる計算です。

大手キャリアのソフトバンクと同じ通信品質

今までの格安SIM(MVNO)回線は混雑時に弱く、お昼のランチタイムや夜の22時台などに通信速度が遅くなりやすい傾向がありました。

大手キャリアのソフトバンクと同じ通信品質

LINEMOは大手キャリアのソフトバンクと同じ回線を使用しています。筆者も実際に利用していますが、時間帯問わず速度が遅いと感じることはありません。

キャリアから回線を借りて運営しているMVNO回線と比べて、大手キャリア同等の通信品質を格安で利用できるのは非常に魅力的です。

LINEのギガカウントフリーがある

LINEMOではLINEの音声通話・ビデオ電話に加えて、画像や動画ファイルのやり取りのデータ消費量がゼロになるギガカウントフリーに対応しています。

LINEのギガカウントフリー
LINEの主要機能がギガカウントフリー

データ容量を使い切った(速度制限に掛かった状態)としても、LINEアプリは高速通信で利用できます。ギガフリー対象・対象外の機能は下記の通りです。

●ギガフリー対象 / 対象外機能の一覧

機能名 対象/対象外
Face Play
各タブトップの表示
音声通話・ビデオ通話の利用
トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
トークでの位置情報の共有 ×
トークでのShoppin’トークの利用 ×
トークでのジフマガの利用 ×
トークのみんなで見る機能による画面シェア
トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧 ×
Liveの利用 ×
各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
タイムラインの表示・投稿・シェア
ディスカバー(写真・動画)の表示
ニュース記事詳細の閲覧 ×
ウォレットタブのLINE Payの利用
ウォレットタブのLINE家計簿の利用
設定および各項目の表示・編集
友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
プロフィールの表示・編集・投稿
検索の利用
OpenChatの利用 ×
スタンプショップの利用 ×
着せかえショップの利用 ×
LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど) ×
LINE Liteの利用 ×
海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用 ×
他社サイトへの接続(URLなどをクリック) ×
他社アプリへの遷移 ×

※トークでの位置情報の共有、Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部LINEギガフリーの対象外があります。
※OS・ブラウザ・アプリケーションのバージョンアップまたはアップデート、Wi-Fiからの切り替えその他の技術的要因により、ギガフリーの対象外となることがあります。

LINEMOでiPhoneを使う際の注意点

LINEMOは”オンライン専用ブランド”という特性上、従来のプランとはサービス内容が異なります。LINEMOを申し込む前に3つの注意点をチェックしておきましょう。

・申し込みからサポートまですべてオンライン
・iPhoneの販売を行っていない
・人によっては割高になる可能性も

申し込みからサポートまですべてオンライン

店舗でのサポートは受けられない
店舗でのサポートは受けられない

LINEMOはオンライン専用ブランドのため、ソフトバンクやワイモバイルのように店舗で申し込みやサポートを受けることができません

不明点やトラブルが合った場合、専用サイトやLINEのチャットサポートを通じて問い合わせる必要があります。店舗によるサポートが必要であれば、ソフトバンクやワイモバイルのプランも検討してみてください。

iPhoneの販売を行っていない

iPhoneの販売を行っていない
iPhoneのセット販売は行っていない

LINEMOは現状、iPhoneおよび端末のセット販売を行っていません

iPhoneをこれから購入したい人や、現在利用中の端末が故障している場合は、家電量販店やAppleストア、通販などを通じてiPhoneを購入しておきましょう。

中古ショップで購入する場合、SIMロック解除済の端末を選ばないとLINEMOが使えないので注意してください。

人によっては割高になる可能性も

LINEMOは現時点で月間20GBのプランのみです。月に20GBも使わない人とっては割高になる可能性があります。

大手キャリアのオンライン専用ブランドが登場したことで、格安SIM各社でも月額料金の値下げが行われています。月に3GBぐらいでも十分!という方は、他社のプランのほうが安くなることもあるため、自分の使い方に合わせて選んでみてください。

そのほか、固定回線とのセット割や家族割等の割引サービスをフル活用していた人も高くなる可能性がある点は注意が必要です。

LINEMOでiPhoneを使えるようにするための手順

LINEMOを申し込んでiPhoneで使えるようにする手順をご紹介します。

1.必要なものを用意する
2.オンラインでLINEMOに申し込む
3.届いたSIMカードを挿入する
4.APN設定をする

必要なものを用意する

まずは申し込みに必要なものを用意します。用意するものは、現在利用中の携帯電話会社によって異なります。

▼ソフトバンクから乗り換え
1.My SoftBankのアカウント
2. SIMロック解除された端末
3. ソフトバンクで設定した暗証番号
4. 契約者と同一名義のクレジットカード

▼ワイモバイルから乗り換え
1. My Y!mobileのアカウント
2. SIMロック解除された端末
3. ワイモバイルで設定した暗証番号
4. 契約者と同一名義のクレジットカード

▼新規契約・ソフトバンク・ワイモバイル以外から乗り換え
1. 本人確認書類
2. SIMロック解除された端末
3. MNP予約番号(他社から乗り換えのみ)
4. 契約者と同一名義のクレジットカード

本人確認書類は、以下のいずれかが必要です。

▼本人確認書類に使えるもの
・運転免許証
・健康保険証+補助書類
・マイナンバーカード
・在留カード+補助書類

SIMロックがされたままの端末は利用できないため、申し込み前に必ずSIMロックを解除してください。

オンラインでLINEMOに申し込む

オンラインでLINEMOに申し込む

LINEMOの公式サイトにアクセスし、「今すぐ申し込む」ボタンから画面の指示に従って進めていきます。

届いたSIMカードを挿入する

※eSIMで申し込んだ場合、この項目はスキップして下さい。

届いたSIMカードを挿入する
SIMカードを挿入する

SIMカードが到着したら、iPhoneにSIMカードを挿入します。

本体側面のSIMスロット部分に空いた穴にSIMピンを挿してSIMトレイを取り出します。端末の電源を切り、裏表や向きを確認してSIMカードを載せて元の場所に戻します。

APN設定をする

LINEMOのSIMカードで通信できるようにするため、APN設定を行います。Wi-Fi環境を使って下記URLをSafariで開き、APN構成ファイルをダウンロードします。

プロファイルのダウンロード先:LINEMO公式サイト | iPhone・iPadのAPN設定

ダウンロードが完了したら、iPhoneの設定画面の「モバイル通信」→「モバイルデータ通信」と進み、LINEMOで利用する回線を選択してください。

設定画面に戻り、「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップします。右上の「インストール」をタップするとインストールが開始します。

パスワードを求められたときは、画面に従ってパスコードを入力してください。パスコードはロック解除などに使用する通常6桁の数字です。

インストールを選択して「次へ」を押すと、こちらで設定は完了です。
設定を完了しても「4G」または「5G」表示にならない場合は、機内モードのON→OFFをお試しください。

まとめ

LINEMOをiPhoneで使うときのメリットや注意点について紹介しました。20GBの大容量で動画視聴やテザリングもたっぷり使えるので、iPhoneを安く使いたい人にとって有力な選択肢となりそうです。

普段からLINEのサービスをよく使う方や、通信速度の遅さに悩んでいる方にオススメです。オンライン専用ブランドの特性を理解したうえで、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン