iPhoneの電源が入らない、起動しない!そんなときどうする!?

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの電源が入らない、起動しない!そんなときどうする!

いつものようにiPhoneを使おうとしたら、電源が入らなくなっている!
どうしよう、困った!

突然こういったことが起きた場合、ホント焦りますよね。電話もできないし、メールの確認やメッセージアプリでの相談もできない。そしてネットにつながらないので対処法をiPhoneで調べることもできず、手詰まりとなってしまいます。

そこで今回は、今まさにiPhoneの電源が入らなくなっている方や、もし今後電源が入らなくなってしまった人に試してみてほしい対処方法を紹介していきます。

電源が入らなくなる原因は、ソフトウェアに起因するものとボタンの経年劣化になどに起因するものがあります。この原因を切り分けるために次に挙げる対処法を実行して、それでも改善が見られない場合はiPhoneを修理に出すことを検討してみてください。

目次:

まずは電源ボタンとホームボタンを長押しする

電源ボタンを押してもまったく起動しない場合、

まずは電源ボタンとホームボタンを10秒ほど長押しします。

画面にアップルのロゴが表示されてiPhoneが使えるようになればOKです。念のため、パソコンのiTunesでiPhoneのデータをバックアップしておくことをオススメします。

電源ボタンとホームボタンを10秒間長押ししましょう
電源ボタンとホームボタンを10秒間長押ししましょう

もし10秒以上押しているにもかかわらずアップルのロゴが出ない場合は、次の対処法を試してみてください。また、アップルロゴの画面から先に進まない場合は3番目の「パソコンを使ってDFUモードで復元する」を試してみましょう。

アップルロゴが表示されて起動する場合と、このまま固まってしまう場合があります
アップルロゴが表示されて起動する場合と、このまま固まってしまう場合があります

それでもダメなときは1時間以上充電する

単純にバッテリー残量がなくなって起動しない場合がありますので、iPhoneが起動できるだけの充電をしてみましょう。画面にバッテリー充電中の表示が出た場合は、充電が終われば電源が入る可能性があります。

ケーブルを接続したところ、バッテリー残量が0だった……
ケーブルを接続したところ、バッテリー残量が0だった……

ケーブルを接続しても充電中の表示が出ない場合は、次のことを確かめてみましょう。

  • iPhone付属のACアダプターとケーブルで充電しているか
  • モバイルバッテリーを使っている場合、バッテリーの充電残量は十分あるか
  • ケーブルを変更しても充電できないか

つまりはiPhoneがしっかりと充電できる状態になっているかを、確認するということですね。それでも充電できない場合や、充電が完了しているにもかかわらず電源が入らない場合は、次の対処方法を試してみてください。

パソコンを使ってDFUモードで復元する

iPhoneを初期化または復元する場合は、通常はケーブルで接続したパソコンのiTunes上から行います。今回のようにiPhoneの電源が入らない場合は、パソコンのiTunesからiPhoneを認識させることができないので、DFU(Device Firmware Upgrade)モードを利用して強制的にiTunesに認識させます。

DFUモードにするには、

  1. まずiTunesが入ったパソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続する
  2. iPhoneの電源ボタンとホームボタンを10秒以上長押しし、
  3. ホームボタンを押したままの状態で電源ボタンからのみ指を離し、さらに10秒ほどそのままの状態で待つ
iTunesがリカバリーモードのiPhoneを認識。これでiPhoneを復活させることができます!
iTunesがリカバリーモードのiPhoneを認識。これでiPhoneを復活させることができます!
画面の指示に従ってiPhoneを復旧します
画面の指示に従ってiPhoneを復旧します
iPhoneが無事に復旧しました。バックアップデータがあれば以前と同じ状態に戻せます
iPhoneが無事に復旧しました。バックアップデータがあれば以前と同じ状態に戻せます

パソコンのiTunesでリカバリーモードのiPhoneが見つかれば、そのまま復元が行えます。この操作でも症状が改善されない場合は、ボタンの不具合などが考えられます。

それでも改善しないときはアップルストアに相談しましょう

apple store

上記の方法を試してもiPhoneの電源が入らない場合は、電源ボタンの接触不良や、深刻な不具合などが考えられますのでアップルストアのGenius Barに相談しましょう。

近くにアップルストアがある場合は直接相談することも可能ですが、時間帯によっては予約でいっぱいということもあるので、Web上であらかじめ予約してから行ったほうがいいでしょう。

Genius Bar の予約はこちら

予約が完了したら、あとはiPhoneを持って当日アップルストアへ行けばOKです。なお、修理の際にやむなくデータを消去しなければならない場合もあるので、事前にバックアップを取っておきましょう。ちなみにGenius Barの予約は「Apple Store」アプリからも行うことができます。

配送で修理も可能

近くにアップルストアがなかったり、忙しくて行く時間がないという方には配送で修理を依頼することも可能です。来店予約の手順と同様に、専用ウェブサイトでサポート方法の選択画面まで進み、「配送修理」を選択しましょう。あとは、iPhoneのシリアル番号を入力して、集荷希望住所や希望時間などの必要事項を入力すれば、アップル専用業者が集荷に来てくれます。

気になる修理代金は

修理代金ですが、保証期間内およびAppleCareに加入している場合は、無償で修理可能です。

ただし、落下や水濡れなどの損傷が見られた場合は、修理代金が別途発生します。保証対象外修理の場合でも、AppleCareに加入していれば7,800円(2回まで)の一律料金で修理可能です。未加入の場合は機種によって異なりますが、例えばiPhone 6の場合で34,800円、iPhone 6 Plusの場合で38,800円の費用が発生します。

なお、保証対象外修理の場合は金額が高くなるので、端末代金の支払が済んだ機種であれば、機種変更を検討してみるのもいいかと思います。

まとめ

iPhoneの電源が入らなくなった時の対応について解説してきましたが、単純に経年劣化による電源ボタンの接触不良の場合なら、非正規の修理業者で修理してもらうことも可能です。保証期間が切れている場合やすぐに直したい場合は、アップルで修理するより早くて安いこともあります。ただし保証期間内の場合、非正規の修理業者を利用すると、アップルやキャリアの保証が受けられなくなる可能性がありますので注意しましょう。

突然、電源が入らなくなった場合に備えて、iPhoneのバックアップだけはこまめに取っておくことをオススメします。

ソフトバンク モバレコ店

メールマガジン

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

いよいよ2017年も残すところわずか!年末に向けて、世の中全体が慌しくなってきましたね。モバレコ編集部も年末年始のドタバタを少しでも軽減するため、月初から通信速度MAXで突っ走っていきます♪もちろん手抜きはしませんよ~。2017年、やり残しの無いよう、全力でいくモバァ!!