データ削除、それで大丈夫?Androidスマホをカンペキに初期化する方法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホのデータ削除、それで大丈夫?Androidスマホをカンペキに初期化する方法

「スマホを売ることになったから、なかのデータを全部消したい」
「端末の調子が悪くなってしまった・・・動かない!」

このように、スマホを売ったり譲ったり、あるいはまったく動かなくなってしまったようなときには「スマホの初期化」を考えてみましょう。しかし、他人が使うようになるケースでは注意が必要です。

「画像はちゃんと消えている?」「おサイフケータイの利用履歴はちゃんと削除されている?」などなど、きちんとした初期化をしないと十分に削除されていないケースもあるのです。

スマホやパソコンでファイルを「ゴミ箱へ移動」したり「削除」した場合、人の目からは見えなくなります。しかし、多くはファイルの目次情報だけを削除したような状態です。

たとえば本をイメージした場合、削除したのは「目次」だけで、「本文」は読めてしまう状態にあります。これだと一見ファイルを削除したように見えても中にある実データへ直接アクセスできる危険性もあるのです。

こういう心配を解決すべく、スマホの初期化やデータの削除について解説します。

目次:

知っておきたい「Androidの初期化」のこと

単に「初期化」を選んでも完全にデータを消せない
単に「初期化」を選んでも完全にデータを消せない

一般的にAndroidスマホの初期化というと「工場出荷状態に初期化」を指します。
スマホに関連付いたGmailやSNSなどのアカウント情報を解除し、スマホ内に残っている画像やスクリーンショット・音楽データ、インストールしたアプリやアプリの設定など、端末購入後に追加されたデータが見えなくなります

この「工場出荷状態に初期化」では、前述の「目次情報だけの削除」である可能性があります。
スマホの再インストールなどであれば問題はありませんが、売却や譲渡の場合はスマホ内の個人情報がきちんと削除されていなければ気持ち悪いものです。

実データに直接アクセスされないためにも、

1)端末を暗号化し、データだけ覗いてもわからない状態にする
2)その上で初期化する(目次情報を削除する)

という手順を踏むのがより安全に初期化する方法となります。

1. 端末/データの暗号化をする

スマホのデータ暗号化は、スマホの設定アプリから行います。
ここではNTTドコモのGalaxy S5を使用し、その手順を見ていきます。

設定アプリの「セキュリティ」から「端末の暗号化」をタップします。

設定から「セキュリティ」→「端末の暗号化」をタップ設定から「セキュリティ」→「端末の暗号化」をタップ
設定から「セキュリティ」→「端末の暗号化」をタップ

「端末の暗号化」をタップすると暗号化の注意が出てきます。

暗号化の注意画面が出てくる
暗号化の注意画面が出てくる

この端末の場合、

  • 暗号化には1時間以上かかる
  • 暗号化の前にバッテリーが80%以上になるよう充電する
  • 数字を1つ以上含む、6文字以上のロック解除パスワードを設定する

と三つの指示が出ています。

ロック解除用の復号パスワードの設定を行い、「端末の暗号化」をタップしましょう。設定した復号用パスワードを入力して進みます。

「端末の暗号化」をタップ
「端末の暗号化」をタップ

「高速暗号化」のチェックについては、現在データが詰まっている部分だけ暗号化するかどうか、というオプションです。端末売却・譲渡時の場合には端末の全領域に暗号化をかけたいので、チェックを入れないようにしてください。

高速暗号化のチェックははずしておく
高速暗号化のチェックははずしておく

暗号化が始まると、再起動が数回かかりながら処理が進みます。

暗号化中の画面
暗号化中の画面

筆者のGalaxy S5(容量32GB)の場合、暗号化処理に約30分かかりました。

暗号化が終了したらこれまで通り使用可能です。ただし起動時に復号用パスワード必ず入力しなければなりません。

Nexusシリーズなど一部のスマホでは最初から暗号化されている

Nexusシリーズなどではすでに暗号化されているケースもあります。Nexusシリーズの場合は手元の端末の暗号化状況を確認してみてください。

Nexus 6Pでは最初から暗号化されていた
Nexus 6Pでは最初から暗号化されていた

Nexus 6Pでは最初から暗号化処理がされているようでした。あらかじめ暗号化処理がされているスマホでは単に初期化処理を行えば問題ないと思われます。

2. Androidの初期化をする

スマホ内のデータを暗号化したら、続いてAndroidの初期化を行います。

設定アプリから「バックアップとリセット」を選択し「工場出荷状態に初期化」しましょう。

設定から「バックアップとリセット」を選択
設定から「バックアップとリセット」を選択

これで暗号化したスマホの情報が、他人に見られない形で初期化することができました。

おサイフケータイのデータの削除には注意が必要

おサイフケータイを利用したことがある人は、購入履歴などのデータも消去したいところです。しかし、おサイフケータイのデータ消去に関しては登録時のSIMカードが必要なケースがあったり、消去が完了していない場合、買い取り業者が買い取りを断るケースもあります。

おサイフケータイのデータは、新しい機種に適切に移行するか確実に消去しましょう。移行をすると古い端末からデータを自動的に消去してくれる場合もあります。

各おサイフケータイアプリの機種変更手順

おサイフケータイのアプリごとにデータの移動方法が異なるのでそれぞれ確認しておきましょう。主なリンクを以下に掲載いたします。

各おサイフケータイのデータ移行について

おサイフケータイデータの消去を確認する

おサイフケータイのデータ移行では登録時に使っていたSIMカードとのペアが大切になる場合があります。おサイフケータイのデータの引っ越しはスマホの機種変更手続きをする前に行った方がトラブルが少なくなります。
データの引っ越しは自力で行い、どうしても消せないデータが出てきてしまった場合にショップに依頼すると良いでしょう。

おサイフケータイアプリから使用量を参照する
おサイフケータイアプリから使用量を参照する

おサイフケータイアプリのメニューから「メモリ使用状況」を選択すると、おサイフケータイのデータが残っているかどうかがわかります。

メモリのグラフが0ならデータは何も残っていない
メモリのグラフが0ならデータは何も残っていない

このメモリが0であれば、データは何も残っていないことがわかります。これなら安心です。

メモリのグラフが0でなければキャリアショップで削除を依頼しよう
メモリのグラフが0でなければキャリアショップで削除を依頼しよう

データを移行してもメモリにデータが残っている場合、キャリアのショップに行ってメモリの削除をお願いすると良いでしょう。

まとめ

スマホを買い取ってくれる中古ショップでは「当店でデータ消去をします」といった説明が書いてある場合もあります。その場合も慎重を期して、自分でスマホの暗号化→データ消去を行っておくか、データ消去の具体的方法を問い合わせるなどしておくと良いでしょう。
どちらにしてもおサイフケータイの情報消去は利用者が行わなければなりませんのでご注意ください。

また、TwitterやFacebookなど複数の端末で操作できるアプリに関しては特別必要ありませんが、LINEや一部ソーシャルゲームでは、一台のスマホでの操作しか認められていない場合があります。

スマホを買い換える場合など、LINEアカウントの移行が必要になります。下記のリンクをご覧の上、データのバックアップや移行準備をしっかり行っておいてください。

こちらの記事も読んでみる:

スマホが壊れたらLINEはどうなる!? もしもの時のために準備しておきたいこと

LINEはアカウントの設定をしっかりして移行に備える
LINEはアカウントの設定をしっかりして移行に備える

個人情報漏洩のリスクが騒がれる時代、個人のスマホといえども確実に行いたいものです。気になるデータが残らないよう、また大切なデータの移行漏れにお気を付けください。

こちらの記事も読んでみる:

iPhoneからAndroidのスマートフォンへデータ移行する方法まとめ
AndroidスマホからiPhoneへデータ移行する方法まとめ

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。