スマホで動画が見れない、再生できない時の原因と対処法まとめ

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: Android, ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホで動画が見れない、再生できない時の原因と対処法まとめ

大画面・高精細な液晶を持つ近頃のスマホでは、その用途として動画視聴を挙げる人が少なくないのも頷けます。

今年の5月に、モバイルに特化した調査研究機関・MMDが発表したスマートフォン利用に関する実態調査でも「動画」は「スマートフォンで利用しているアプリのジャンル」という質問項目で1位の「SNS・コミュニケーション」に続いて2位。スマホ利用者の55.5%が利用する、と回答しています。

それだけに、スマホで動画が見られない状態になってしまうとこれは一大事。この記事では、動画が「見れない」「再生できない」などの不具合に陥った時の原因と対処方法を紹介していきます。

※AndroidはAndroid6.0を搭載したNTTドコモ版Galaxy S7 Edge、iPhoneはiPhone 6s Plusの画面操作でご紹介します。

目次:

スマホでYouTubeの動画が見れない・再生できない場合

動画閲覧サイトでも最大手のYouTube。これが視聴出来なくなってしまうのはスマホライフでも大打撃です。可能性のあるものを一つ一つ潰していきましょう。

関連記事:

YouTubeがカクカク止まる原因は何!? 知れば納得、スマホ動画再生4つのポイント

本体の再起動、バックグラウンドアプリの終了

スマホのトラブルでは、何はともあれ一旦はスマホの再起動を試みましょう。長く電源を入れっぱなしにしておけば、ほかのアプリの挙動で何かしら邪魔になっていたり、空きメモリが少なくなっていたりと、様々な動作不安定の原因を持つようになるものです。

再起動を一度、試してみましょう

再起動を一度、試してみましょう

作業は面倒臭くなく、ほかのアプリが邪魔をするなどの原因を一掃できる、最も手っ取り早い対処法です。

スマホはそうそう電源を落とすものではないため、こういうときに一度は再起動しておけば、ほかのアプリの挙動も悪くなりにくくなるものでしょう。

キャッシュをクリアする

ネット系のサービスで定番の対応の一つ「キャッシュのクリア」ですが、YouTubeでも環境によってはこれが有効になる場合があります。

■Androidの場合 (アプリのキャッシュをクリア)
AndroidではYouTubeアプリのキャッシュを直接クリアできます。

設定アプリから「アプリケーション」→「アプリケーション管理」→「YouTube」と進み、YouTubeの管理画面を表示します。

設定画面から「アプリケーション」を選択

設定画面から「アプリケーション」を選択
「アプリケーション」画面で「アプリケーション管理」を選択

「アプリケーション」画面で「アプリケーション管理」を選択
「YouTube」を選択

「YouTube」を選択

管理画面から「ストレージ」を選択します。

「ストレージ」を選択します

「ストレージ」を選択します

これでキャッシュの操作ができる画面が現れます。「キャッシュを消去」をタップしましょう。

消去の上の数字が0になればOKです。

キャッシュの数字が0になったキャッシュの数字が0になった

キャッシュの数字が0になった

■iPhoneの場合

iPhoneではYouTubeアプリのキャッシュの削除はありません。ブラウザアプリのSafari経由で動画を見ている場合のキャッシュ削除を説明します。

ただしこの場合、Safari全体のキャッシュ・Cookieを削除することになるため、ウェブ閲覧に影響が出る可能性がありますのでご注意ください。

まず、Safariのブックマーク画面を出します。画面下のアイコンをタップします。

Safari画面下のブックマークアイコンをタップ

Safari画面下のブックマークアイコンをタップ

「履歴」をタップします。

「履歴」をタップ

「履歴」をタップ

画面右下の「消去」をタップします。

「消去」をタップ

「消去」をタップ

消去するデータの期間を選択します。例えば昨日からSafari経由のYouTube動画が見づらい、ということであれば、「今日と昨日」を選択してみましょう。

消去の範囲を選択する

消去の範囲を選択する

これは「今日と昨日」を選んだ場合ですが、数日前以前のデータのみが残るようになりました。

速度制限中か確認

多くのキャリアの契約では、動画を見るために必要な「高速データ通信」の使用量が月ごとに決まっています。毎月の高速データ通信の使用量が契約量を超えてしまいますと、メールやLINEのやりとりは出来るもの動画視聴などには適さない「低速データ通信」の状態になってしまいます。

YouTubeがカクカクとしているだけでなく、ウェブ閲覧もやたら遅い、SNSも遅いということであれば、速度制限に引っかかっている可能性が高いです。Wi-Fiのある場所でWi-Fi接続し、それで快適に見られるようであれば速度制限が原因であると言えるでしょう。

対処としては、その月の間はWi-Fi接続のときだけ動画を視聴するか、契約によっては追加の高速データ通信の権利を購入する、という手段が挙げられます。

アプリのアップデートを確認

アプリのバージョンは確認しておきたい所です。iPhoneならApp Storeのチェックを行います。Androidは基本的に最新アプリに自動更新するため特にアップデートのチェックは必要ありません。

App Storeを起動したら、右下の「アップデート」をタップします。

「アップデート」をタップする

「アップデート」をタップする

YouTubeアプリが更新出来るようであれば更新しましょう。

スマホで撮影した動画が見れない・再生できない場合

フルハイビジョンのみならず、4Kでの動画撮影も出来る機種もある近頃のスマホ。せっかく撮影したのに再生出来ないのではさみしい限りですね。

そんなときのチェックポイント・対応作業を説明します。

再起動をしてみる

YouTubeが視聴出来ないときと同じく、スマホの再起動はここでも是非試したい操作の一つです。チェックする際にも、再起動直後の状態で確認した方が余計な原因を排除出来ます。

iPhoneの再起動は一度電源をオフにし、もう一度オンにする

iPhoneの再起動は一度電源をオフにし、もう一度オンにする

また、iPhoneの場合はアプリのキャッシュ指定が出来ないものがほとんどです。再起動は必ず試しておきたい対処法です。

キャッシュの削除をする

Androidで動画を再生出来るアプリは沢山あります。ここではVLCを例に説明しますが、ほかの動画アプリでも操作は変わりません。

設定画面から「アプリケーション」を選択

設定画面から「アプリケーション」を選択
「アプリケーション」画面で「アプリケーション管理」を選択

「アプリケーション」画面で「アプリケーション管理」を選択
「VLC」を選択

「VLC」を選択

管理画面から「ストレージ」を選択します。

「ストレージ」を選択します

「ストレージ」を選択します

これでキャッシュの操作ができる画面が現れます。「キャッシュを消去」をタップしましょう。

「キャッシュを消去」を選択します

「キャッシュを消去」を選択します

「キャッシュを消去」の上の数字が0になればOKです。

SDカードの抜き差しをしてみる

保存した動画ファイルがSDカードだった場合は、SDカードを抜き差ししてみるなど、SDカード周りを確認しましょう。

SDカードの取り扱いについては、こちらをご覧ください。

関連記事:

スマホの「SDカード」が読み込まない。どうすればいい? トラブルの原因から考える対処法とその予防策

本体のデータ容量を確認する

本体容量に余裕が無いと、動画再生に限らず、様々なアプリで動作がおかしくなるケースが発生する可能性があります。

常にスマホ本体は数GBの空き容量があるよう、チェックしておきたいものです。

■Androidの場合

Androidでは、設定アプリから「ストレージ」を選択して確認しましょう

設定アプリから「ストレージ」を選択

設定アプリから「ストレージ」を選択

本体内のメモリが沢山使われているのであれば、アプリやKindleの書籍データ、音楽、写真など本体にあるデータを削除したりSDカードに移したりして本体メモリを解放します。
解放するには、下記の記事を御確認ください。

関連記事:

Androidスマホのストレージ容量不足を解決する3つの方法
“容量がいっぱい”にもう困らない!Androidスマホ向け「SDカードの選び方と使い方」

■iPhoneの場合

iPhoneの場合は移動先としてのSDカードがありませんので、iTunesやiCloudなどのクラウドサービスを活用して、写真や音楽データを外部に逃がす工夫をしなければなりません。

具体的な方法は、下記の記事を御確認ください。

関連記事:

iPhoneのストレ-ジ容量不足を解決する3つの方法

まとめ

動画再生の調子が悪い場合、とにもかくにも最初に試すのはスマホの再起動です。これはアプリの削除やデータ移行が必要ない作業ですので、最も影響が小さい形で対応を試せます。

また、高速データ通信をよく使い切ってしまう場合は、契約の変更かWi-Fi環境下での利用を心がけるようにして改善を図ることになります。

Wi-Fiについても当サイト内で様々な解説がありますので、ライフスタイルに合わせて上手にWi-Fiを使う作戦を考えてみてください。

Wi-Fiについてはこちら:

BIC SIMの無料Wi-Fi「Wi2 300」を使いこなすための登録・設定・接続方法
スタバやローソン、最近のWi-fiスポットが便利すぎる!覚えておきたい無料の公衆無線LANとその使い方
Wi-Fiがつながらない!そんなときに確認すべき6つのポイントとは?

動画再生はSNSと並んでスマホの主要な使い方の一つです。快適な動画ライフを送れるよう、環境と再起動にお気を付けください。

モバレコではスマホと格安SIMをおトクに販売中!

●モバレコ バリューストアならSIMフリースマホと格安SIMがおトクに購入できる

バリューストア

モバレコが運営する「モバレコ バリューストア」ではSIMフリースマホと、格安SIMをお得な値段で販売中です!スマホの買い替えを検討中の人や、SIMフリースマホ・格安SIMが気になる人はぜひチェックしてみてください。

  • 出かける必要なし、24時間オンラインで申し込みが可能
  • 購入してから自宅配送でラクラク
  • 最新SIMフリースマホも順次入荷
  • スマホ・格安SIMが公式よりおトク

◆モバレコ バリューストアの人気SIMフリースマホ

多くのSIMフリースマホを取り扱う、モバレコ バリューストアでは各メーカーの人気機種も取り揃えています。

ハイスペックでデュアルレンズカメラが魅力のHUAWEI Mate 9が12,160円OFF、コストパフォーマンスが高く人気のHUAWEI P10 liteは4,740円OFF、安定した操作性に高速レーザーオートフォーカス搭載のカメラが人気のASUS ZenFone 3 Laserも2,100円OFFとなっており、公式価格よりお安く販売中です。

※表記価格は全て税抜表記です
12,160円OFF!
HUAWEI Mate 9
HUAWEI Mate 9

販売価格:48,640円

>詳細はこちら

4,740円OFF!
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

販売価格:25,240円

>詳細はこちら

2,100円OFF!
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

販売価格:25,700円

>詳細はこちら

◆モバレコ バリューストアの人気格安SIMプラン

毎月のスマホ料金を下げてくれると、今人気の格安SIMもモバレコ バリューストアで取り扱っており、格安SIM購入時に必要となる”初期費用”を公式より安く販売しています。

通信速度が速く、au系で人気のUQ mobileは1,850円OFF、LTEの回線で使い放題で利用できるU-mobileは1,800円OFF、老舗で実績もありユーザーからの信頼が厚いIIJmioは2,670円OFFで販売しています。

※表記価格は全て税抜表記です
UQ mobile
UQ mobile
データ高速プラン(3GB) 月額:980円
初期費用:1,150円
>詳細
U-mobile
U-mobile
データ専用
LTE使い放題プラン
月額:1,480円
初期費用:1,200円
>詳細
IIJmio
IIJmio
ウェルカムパック(ミニマムスタートプラン) タイプD 月額:900円
初期費用:330円
>詳細

ソフトバンク モバレコ店

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。