UQモバイルのSIMのみ購入は損? 契約時の注意事項やおすすめのプランを解説!

書いた人: 恐竜也

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイルのSIMのみ購入は損? 契約時の注意事項やおすすめのプランを解説!

UQモバイルをSIMカードのみで契約しようと考えている方は、使い方によっては端末セットで契約する方が実質的にお得になる場合があります。

なぜなら、UQモバイルにはキャリアに近い契約形態を取るプランが存在し、2年間契約することを前提に月々の料金から割引が適用となり、端末を安く購入することも可能なんです。

それもなんと実質108円(端末頭金のみ)から端末をゲットすることもできます。

また、UQモバイルのSIMは少し特殊な形状をしており、利用端末との互換性を理解していないと無駄な費用を支払ってSIMカード交換を強いられる場合も。

この記事では、UQモバイルのSIMカードのみの購入を検討している人に、購入前に覚えておくべきことをまるごと解説します。自分に合った正しい契約でなるべくお得に使いましょう。

目次:

UQモバイルのマルチSIMとは?

UQモバイルのマルチSIMとは?

UQモバイルのSIMは少し特殊で、理解していないと後々困ることがあるので覚えておきましょう。まずUQモバイルには、SIMカードの種類が以下3種類あります。

・LTE用nanoSIM
・LTE用microSIM
・VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

LTE」「VoLTE」「マルチSIM」など、聞きなれない言葉ばかりですよね。ひとつずつ見ていきましょう。

まず、LTEとは回線の名称のことで、それ以前まで使われていた「3G」回線よりも高速通信ができる回線のこと。そしてVoLTEは「Voice over LTE」の略で、LTE回線を使って音声通話ができるもの。これにより、より安定した高音質な環境下での通話が可能に

マルチSIM

また、スマホによって対応するSIMカードの大きさが異なりますが、VoLTE用マルチSIMはminiSIM、nanoSIM、microSIMのどの大きさにも対応できます。希望のサイズに自分でサイズ調整ができるのです。

UQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧で、スマホ毎に対応するSIMについて記載があります。持ち込み機種を利用する場合は、確認した上でそれに対応したSIMを選択する必要があります。

例えば、iPhone7であれば、「SIM種別」の欄に「マルチSIM(nano)」と書かれているので、「VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)」であれば利用できるということになります。

UQモバイル公式サイト:動作確認端末一覧ページ
UQモバイル公式サイト:動作確認端末一覧ページ

異なるSIM種別・サイズを選択してしまうと、通信をすることができません。その場合はSIM交換手数料で別途3,240円が発生してしまうので、慎重に確認して選択しましょう。

マルチSIM(au VoLTE SIM)についてさらに詳しく知りたい方はこちら

UQモバイルでSIMカードのみの契約はSIMロック解除が必要?

UQモバイルはau回線を使った格安SIMです。

UQモバイルはau回線を使った格安SIMです。

持ち込み機種を利用したい場合は、原則auで購入したスマホ、あるいはSIMフリー機種ではない限り”SIMロック解除”という手続きが必要です。

そもそもSIMロック解除とは、販売したキャリア・あるいはそのキャリアと同じ回線を使う格安SIM以外のSIMカードを使えないようにする「SIMロック」という制御を解除する手続きです。

つまり、ドコモやソフトバンクで購入したスマホにUQモバイルのSIMカードを挿して使いたい場合にはSIMロックを解除する必要があるのです。

一部auスマホでもSIMロック解除が必要なケースもある為、持ち込み機種を利用する場合には、必ず事前にSIMロック解除が必要かどうかの事前確認をしましょう。

UQモバイルでSIMカードのみの契約はテザリングできる?

スマホをWi-Fiルーター代わりにすることができる機能の「テザリング」は、スマホによって対応可否状況が異なります。同様にUQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧で確認できます。

UQモバイルでSIMカードのみの契約はテザリングできる?

「対応サービス」欄の「テザリング」に丸がついていれば、UQモバイルでもテザリングを利用可能です。

au回線の格安SIMではiPhone・Androidともに、テザリングが対応していない機種が多い傾向にありますが、その中でもUQモバイルは比較的より多くの機種でテザリングが可能です。

UQモバイルのテザリングについての解説記事はこちら

UQモバイルのSIMのみ購入は損?「マンスリー割」を適用すると機種代金が安くなる

UQモバイルのSIMのみ購入は損?「マンスリー割」を適用すると機種代金が安くなる!

主にキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約する場合は、2年間契約を継続することを条件に月々の料金から割引が適用となり、実質的に端末を安く購入することが可能ですが、格安SIMでは最低利用期間を短くする代わりにそのような割引がないケースがほとんどです。

その為、格安SIMの一つであるUQモバイルも、一見既に利用予定の端末を持っているのであれば、SIMのみだけを契約をして無駄を省くことが得策のように思えますが、UQモバイルの場合はそうでもありません。

なぜなら、UQモバイルには「マンスリー割」という割引があり、これを利用するとスマホを格安で購入することができるからです。

マンスリー割について

「マンスリー割」は、対象プランへの加入と同時に対象機種を購入すると、2ヶ月目から25ヶ月目までの24ヶ月間、端末代を割引してくれるというもの。

マンスリー割を適用させるには、次のプランに加入する必要があります。

・おしゃべりプランS/M/L
・ぴったりプランS/M/L

おしゃべり・ぴったりプランはキャリアでのプラン同様に、基本料金プラン内にかけ放題が組み込まれており、2年間の最低利用期間が設けられています。

逆に、以下のその他プランはマンスリー割の適用対象外です。

・データ高速プラン
・データ高速+音声通話プラン
・データ無制限プラン
・データ無制限+音声通話プラン

マンスリー割はスマホ代金を24回払いの分割で購入したい時だけでなく、一括購入時でも適用されます。どちらの場合でも割引金額は変わりません。

注意したいポイントが、2年以内にUQモバイルを解約してしまうとマンスリー割が途中で終了してしまうこと。その時点で、違約金と端末の残債請求が強いられるので注意しましょう。

使い方によってはSIMのみ契約ではなく、端末セット契約がおすすめ!

おしゃべり・ぴったりプランが自分の使い方には合っていると判断した場合は、端末セットで契約することをおすすめします。マンスリー割によって、端末を実質108円から購入できるからです。

マンスリー割は、機種によって割引金額が異なります。一部を表にまとめてみました。(以降全て税込価格で記載)

機種 端末代 マンスリー割の
割引金額(毎月)
実質負担額
iPhone 6s 32GB 59,724円 2,052円 10,476円
iPhone 6s 128GB 72,684円 2,052円 23,436円
R17 Neo 38,988円 540円 26,028円
AQUOS sence 2 39,396円 432円 26,028円
nova lite 3 31,644円 1,296円 540円
P20 lite 31,212円 756円 13,068円
AQUOS sence 31212円 1,296円 108円
おてがるスマホ 01 36,828円 648円 21,276円

iPhone 7についてはプラン(S/M/L)によってマンスリー割の割引金額が異なります。

機種 端末代 プランS プランM/L 実質負担額
マンスリー割の割引金額(毎月)
iPhone 7 32GB 67,932円 864円 1,404円 34,236円
iPhone 7 128GB 80,892円 864円 1,404円 47,196円

このように、例えば「nova lite 3」や「AQUOS sence」では実質1,000円以下でスマホを購入することができるのです。

これに通信料が加算されますが、SIMのみ契約時よりもプラス108円から程度で、2台目スマホや利用予定端末が何か故障などで壊れてしまった場合のサブスマホ用として持っておくことができるメリットを考えると、割安です。

UQモバイルのおすすめプランは?

UQモバイルのおすすめプランは?

もちろん使い方次第なので、データ専用SIMのみで十分という人もいるでしょう。使い方に合わせたおすすめのプランをご紹介します。

まず使い方には主に以下3つのケースが考えられます。

①通話は使わず、データ通信のみ使いたい
②ネット中心で、通話はあまり使わないけど使えるようにしておきたい
③ネットも電話もたくさん使いたい

まず、①のケースにおいて、おすすめのプランは以下の通り。

・データ高速プラン(データ専用)
・データ無制限プラン(データ専用)

これらのプランは2台目のサブスマホやタブレット用でデータ通信をしたい人にはおすすめです。無制限プランも上手く使えばかなり便利です。

UQモバイルの無制限プランについての解説記事はこちら

次に、②のケースにおいて、おすすめのプランは以下の通り。

・データ高速+音声通話プラン
・データ無制限+音声通話プラン

これらのプランは、通話は可能ですが、20円/30秒で通話料金が発生します。通話機能は欲しいがLINEやSkypeのような無料アプリで代用しての通話がメインの人にはおすすめです。

最後に③のケースにおいて、おすすめのプランは以下の通り。

・おしゃべりプラン
・ぴったりプラン

キャリアと同じような契約環境が欲しい人にはおすすめ。マンスリー割が適用できるのもこれらのプランのみです。

また、これらのプランのみ、よりデータ通信も制限を気にせずたっぷり使いたい人向けに、モバイルWi-Fi:WiMAXとセット契約することでさらに月額料金が安くなります。

まとめ

まとめ

セット契約で端末の大幅割引があるMVNOはほぼなく、せっかくUQモバイルを利用するのであれば、その恩恵をできるだけ受けておきたいところです。

かつ、UQモバイルで販売している端末での利用であればSIMロック解除やテザリングに関する心配は必要ありません。

ある程度通話もできるようにしておきたいと考えていた人で、おしゃべり・ぴったりプランを契約するのであれば、SIMのみ契約ではなく端末セット契約でよりお得に利用することをおすすめします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

名古屋市在住のフリーWebライター。SEOに強い記事執筆が得意。その他の執筆ジャンルはお金、インタビュー、マーケティングなど。初心者ライター向けの講師としても活動中。Twitter:@ryu_n_11