スマホのタッチパネルが反応しない!を解決できる6つの対処法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホのタッチパネルが反応しない!を解決できる6つの対処法

とりあえず強く画面を押す! は間違いです。

スマホのタッチパネル。時に全然反応しなくなることってありませんか? 電子書籍を読んでいても、ページめくりが上手くいかなかったりとか、ゲームでミス操作してしまったりとか。ひどい時は、タッチ操作ができなくてメールやネットがチェックできないし、電話も受けられない! なんて悲鳴も。ここではそんな時にとるべき対処法を紹介しましょう。

目次:

タッチパネルってどういうしくみ?ディスプレイの構造を知る

タッチパネルは、大きくわけて「抵抗膜方式」と「静電容量方式」という2種類があります。

ニンテンドー3DSなどは、押す力で反応する抵抗膜方式です

ニンテンドー3DSなどは、押す力で反応する抵抗膜方式です

抵抗膜方式はいわゆる「押す力」に反応するタッチパネルで、ペンや指で押すことで反応します。ゲーム機などで採用されています。

スマホでは画面に微弱な静電気が流れています

スマホでは画面に微弱な静電気が流れています

そして多くのスマホで使われているのが、静電容量方式。こちらは「電気」に反応するタッチパネル。簡単に言うと、スマホの画面が静電気で覆われており、指でタッチすることでセンサーでタッチ場所を読み取っているのです。画面に触れるというよりも、画面を覆っている静電気に触れているというしくみです。

つまり、スマホのタッチパネルが反応しないからといって力任せに強く押したり(間違い)、バンバン叩いたり(大間違い)というのは意味がないんです。静電気が通わない原因を追求する必要があります。

反応しない!をケース別に分けて対処法を考える

1.指の乾燥を疑え!

指がパサパサだったりしませんか?

指がパサパサだったりしませんか?

指は気がつかないレベルですが、汗や水蒸気が分泌されています。これのおかげで触ったものには指紋が残りますし、静電気を通電しタッチパネルが反応します。しかし、指が過度に乾燥していたりするとタッチパネル上の静電気を通さず、反応しないことがあります。対処法としては、指を濡らしてみること。

おしぼりをギュッと触るだけでOK

おしぼりをギュッと触るだけでOK

指を濡らすと言っても、びしょびしょの指で操作すると故障の原因にもなるので適度で。そう、おしぼりで指を湿らせるくらいで十分です。おしぼりなんて無いよ!という場合は、はぁ〜っと指に息を吹きかけてもOKです。

この症状の切り分けは本当に簡単で、自分以外の人に触ってもらうこと。他人が反応しているのに自分だけが反応しないようなら、これが原因の可能性があります。

2.その画面、汚れてない?

意外と汚れがちなんです

意外と汚れがちなんです

画面が汚れていたりするとセンサーが反応しなかったり、汚れ部分をタッチと認識してしまって誤反応してしまうことも。スマホのディスプレイは思っている以上に汚れがちなので、ちゃんと清掃してみましょう。

最近のスマホはGorilla Glass(ゴリラガラス)など、耐傷性の高い硬質ガラスを採用しています。そのため適当な素材、例えばTシャツやティッシュペーパーで拭いても傷つけるようなことは少なくなっています。しかし、大事なスマホですしTシャツゴシゴシはなるべく避けたいところ。

東レインターナショナル スマートフォントレシー(Amazoより)

東レインターナショナル スマートフォントレシー(Amazoより)

紳士淑女のみなさんはハンカチを携帯しているとおもうので、せめてそちらで。そして汚れの落ちやすさも考えるのであれば、メガネクロスやちゃんとしたスマホクリーナーなどの汚れ落ちを考慮した素材で優しく拭きとりましょう。

え?スマホそんなに汚れないって? そう思う方は、通話するスタイルで耳に当ててから画面を見なおしてみましょう。…どうでしょうか?

3.保護シートを付けていません?

保護シートも劣化するんです

保護シートも劣化するんです

大画面化が進み露出する面積が増えた以上、スマホの保護シート、保護ガラスは必須です。これらは基本的に装着してもタッチ感度に関しては問題ないようにはなっています。しかし、長年使っていると、一部が浮き上がってしまったり、汚れが侵入したりして、正常なタッチを阻害してしまったりすることも。

こちらに関しての見極めは簡単で、保護シートを剥がして画面を綺麗に拭いてから再び試してみましょう。保護シートを剥がすのは勇気が要りますが思い切りが肝心です。

4.アプリやブラウザで負荷をかけすぎ?

重いアプリで遊んでいるとなりがちです

重いアプリで遊んでいるとなりがちです

正常な動作ですと、使っていないアプリはバックグラウンドでしばらく稼働した後に待機状態になるため、CPUやメモリは圧迫しません。しかし、バックグラウンドで動作するアプリを複数起動していたり、アプリ自体がハングアップ(停止)して、異常な負荷を欠けることもあります。こうなるとセンサーからの反応を処理しきれなくて、タッチ操作が上手く行かなかったり、反応が遅くなってしまうんです。

タッチがまだなんとか操作できるようなら、アプリをすべて終了してみましょう。

●アプリを終了する

Androidでのアプリ終了方法

Androidでのアプリ終了方法

Androidの場合はアプリ切り替えボタンをタップして、起動しているアプリを左にスワイプしていきましょう。【×】ボタンでもOK。

iPhoneでのアプリ終了方法

iPhoneでのアプリ終了方法

iPhoneではホームボタンをダブルクリックしアプリ切り替え画面を表示。アプリを上にスワイプしましょう。

●強制終了する

なお、タッチがすべて受け付けないようでしたら、強制終了を試しましょう。

Androidでの強制終了方法

Androidでの強制終了方法

Androidは機種によって操作が異なります。一例としてNexus 5の場合ですと、「電源ボタン」を押し続けることで強制再起動がかかります。

iPhoneでの強制終了方法

iPhoneでの強制終了方法

iPhoneでは【電源ボタン】+【ホームボタン】の長押しで強制終了。押し続けていると、自動的に再起動します。

●溜まりすぎたタブや履歴を削除する

ブラウザの履歴やタブが溜まりすぎていても、負荷が増える傾向があります。タブを使ってもいいのですが、動作が怪しい場合はタブを一度全部閉じてみましょう。

Android(Chrome)でのタブ終了方法

Android(Chrome)でのタブ終了方法

AndroidのChromeではタブがアプリ切り替えボタンから表示されます。アプリの終了と同じく、タブを閉じていきましょう。閲覧履歴を消去するには、メニューボタンから【履歴】→【閲覧履歴データの消去】とタップします。

iPhoneでのタブ終了方法

iPhoneでのタブ終了方法

iPhoneのSafariではタブ切り替えボタンをタップして、表示されているタブを左にスワイプしてタブを消します。閲覧履歴を消去するには、ブックマークボタンから【履歴】→【消去】とタップすればOKです。

5.トレンドなあの機能が邪魔してるかも?

手袋したままでもOKなのですが…

手袋したままでもOKなのですが…

最近では「手袋モード」というモードを搭載したスマホもあります。その名の通り手袋を装着していても操作できるという設定で、タッチパネルの感度を上げることで、手袋など電気を通しづらい素材でもタッチできるようにできます。

これ、冬場などはすごく便利な機能なのですが、有効にしておくと胸ポケットに入れておくだけで「ねえ、触った!? 今触ったよね?」と、勝手にスマホが起動しちゃったり、手袋無しで操作しようとすると、タップ位置が正しく認識されないといったトラブルにもつながります。手袋装着時以外は手袋モードは有効化しないほうが良いでしょう。

6.それでもダメなら…修理だ!

ここまでやって直らなかったら最後の手段

ここまでやって直らなかったら最後の手段

これらを試してもダメだった…。となれば、パネルかセンサー自体が不調をきたしている可能性があります。つまり、機器的な破損・トラブルによる修理コースです。キャリアの場合は簡単で、ショップの窓口か、サポートセンターの修理受付に電話して症状を伝えましょう。

若干ハードルが高くなるのが、MVNOのSIMフリー端末の場合。MVNOは窓口が少ないので、まずは電話やメールでサポートセンターへの連絡が良いかもしれません。もちろん、近所にサポートカウンターがある場合はそちらへどうぞ。
具体例としてはこちらにまとめてあります

なお、修理となると端末を送らねばならないため、事前にバックアップを取っておきましょう。Androidの場合がこちら。iPhoneではこちらで解説しています。

まとめ:簡単なステップから順に原因を探っていく

タッチパネルの不調と言っても、さまざな原因があります。そのため、すぐに試せるものから順番に試していき、原因を切り分けていくのがベストです。ひょっとしたらすごく簡単に直るかもしれませんよ。

ただし、「タッチパネルの一部分だけ反応しない!」や「タッチパネルに怪しい線が…!」といったことが判明したら、それはかなり重度な症状かもしれません……。その部分のタッチセンサーか、パネル自体がやられてしまっている可能性が高いので、修理コース行きが濃厚です。

画面に線が入ってしまったiPad Airさん

画面に線が入ってしまったiPad Airさん

事実、僕のiPadは画面に線が入ってその周囲のタッチの反応が鈍くなっています。すごく悲しい…。気合で使っていますが、この子も本当は修理に出したい。

タブレットだってこんなトラブルが起こるんです。スマホともなれば毎日持ち歩いて、ズボンのポケットに乱雑にねじ込んだり、ソファにぽーんって投げ置いたりと、気がつけば雑に扱っていることもあるわけです。しかし、スマホってよくよく考えたら精密機器の塊で、モノによっては高額な修理コースになる場合もあるんです。おお、恐ろしや…。

なるべく綺麗に!なるべく丁寧に!なるべく大事に!

タッチパネル不調に限らず、ソフトウェア、ハードウェア共にスマホの面倒をしっかり見てあげて、スマホのトラブルを未然に防ぎましょう。

また、ショップ窓口やサポートセンター等に連絡し、自身で解決しない場合は最新の端末の購入を考えてみるのもいいと思います。最近はSIMフリーの端末でも性能がいいものがたくさん出てきています。

詳しくは「人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング」こちらの記事で紹介していますので、ご参考にどうぞ。

キャリアのおすすめスマホをご検討の場合は、「最新おすすめスマホはこれだ! 2016夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】」こちらの記事で紹介していますので、ご参考にどうぞ。

記事内の関連記事:

SIMフリースマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説
Androidスマホのバックアップ方法
iPhoneのバックアップ方法

モバレコではスマホと格安SIMをおトクに販売中!

●モバレコ バリューストアならSIMフリースマホと格安SIMがおトクに購入できる

バリューストア

モバレコが運営する「モバレコ バリューストア」ではSIMフリースマホと、格安SIMをお得な値段で販売中です!スマホの買い替えを検討中の人や、SIMフリースマホ・格安SIMが気になる人はぜひチェックしてみてください。

  • 出かける必要なし、24時間オンラインで申し込みが可能
  • 購入してから自宅配送でラクラク
  • 最新SIMフリースマホも順次入荷
  • スマホ・格安SIMが公式よりおトク

◆モバレコ バリューストアの人気SIMフリースマホ

多くのSIMフリースマホを取り扱う、モバレコ バリューストアでは各メーカーの人気機種も取り揃えています。

ハイスペックでデュアルレンズカメラが魅力のHUAWEI Mate 9が12,160円OFF、コストパフォーマンスが高く人気のHUAWEI P10 liteは4,740円OFF、安定した操作性に高速レーザーオートフォーカス搭載のカメラが人気のASUS ZenFone 3 Laserも2,100円OFFとなっており、公式価格よりお安く販売中です。

※表記価格は全て税抜表記です
12,160円OFF!
HUAWEI Mate 9
HUAWEI Mate 9

販売価格:48,640円

>詳細はこちら

4,740円OFF!
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

販売価格:25,240円

>詳細はこちら

2,100円OFF!
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

販売価格:25,700円

>詳細はこちら

◆モバレコ バリューストアの人気格安SIMプラン

毎月のスマホ料金を下げてくれると、今人気の格安SIMもモバレコ バリューストアで取り扱っており、格安SIM購入時に必要となる”初期費用”を公式より安く販売しています。

通信速度が速く、au系で人気のUQ mobileは1,850円OFF、LTEの回線で使い放題で利用できるU-mobileは1,500円OFF、老舗で実績もありユーザーからの信頼が厚いIIJmioは2,670円OFFで販売しています。

※表記価格は全て税抜表記です
UQ mobile
UQ mobile
データ高速プラン(3GB) 月額:980円
初期費用:1,150円
>詳細
U-mobile
U-mobile
データ専用
LTE使い放題プラン
月額:1,480円
初期費用:1,500円
>詳細
IIJmio
IIJmio
ウェルカムパック(ミニマムスタートプラン) タイプD 月額:900円
初期費用:330円
>詳細

ソフトバンク モバレコ店

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。