mineo(マイネオ)にすればiPhone 7の月額料金が安くなる!? 実際に使ってみた感想も紹介

書いた人: とくめい

カテゴリ: mineo ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 7をmineo(マイネオ)にのりかえれば今よりもっと月額が安くなる!? 実際に使ってみた

申し込みガイドはこちら

格安SIMが普及し始めてから数年が経過し、徐々に周りの人達も乗り換え始めているのではないでしょうか。大手キャリアでは毎月7千円近く支払っていたスマホ代が、格安SIMに乗り換えると2千円以下に抑えることも可能です。

今キャリアを利用中の方はiPhoneユーザーが多く、「今使っているiPhoneをそのまま使えないか」と相談を受けることもしばしば。今年はiPhone 7発売から2年が経過するので、分割払いが終わる更新月に合わせて乗り換えを検討している人が増えてくると思います。

この記事ではiPhoneユーザーに向けて格安SIMの「mineo」に乗り換えたときの料金や、mineoのiPhone対応状況、実際に使ってみた感想などをご紹介します

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

目次:

mineoのiPhone 7対応状況

mineoは今使っているiPhoneでも使えます!
mineoは今使っているiPhoneでも使えます!

mineoではドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しており、mineoのSIMに差し替えることでドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリーのiPhoneでも利用できます。


今、お使いのiPhoneが対応しているかはmineoの動作確認端末一覧ページにまとめられています。検索条件のフォームから「カテゴリ」「メーカー」「機種名」などから絞り込んで、下の表から利用しているキャリアのiPhoneを探します。

「iPhone 7」で絞り込んだ様子
「iPhone 7」で絞り込んだ様子
対応状況のチェック方法
対応状況のチェック方法

上記のように「iPhone 7」で絞り込むと、キャリア別にSIMカードの種類、音声通話・データ通信・テザリング・SMSの対応状況が比較できます。◎は対応が保証されており、◯は利用可能、×は利用不可となっています。

2018年2月15日(木)からmineoでもiPhone 7/iPhone 7 Plusの取り扱いが始まり、mineoとセットでSIMフリーのiPhoneが購入できるようになりました。SIMフリー版のiPhoneであれば、SIMカードを挿入して設定するだけですぐに使い始められます。

一部の組み合わせではSIMロック解除が必要

キャリアで購入したiPhoneでは「SIMロック」と呼ばれるロックが掛かっており、同じキャリアの回線でしか使用できないようになっています。他社回線を利用するにはSIMロック解除手続きをすることで利用できるようになります。

mineoはトリプルキャリアに対応している為、基本的にSIMロック解除が必要となるケースは少ないですが、例えば、例外として、auのVoLTE(nano)を利用する場合は、auのiPhoneで利用する場合でもSIMロック解除が必要となるためご注意ください。従来のnanoSIMであればSIMロック解除不要で利用できます。

その他、SIMロック解除の手続き方法・解除できる条件に関しては、各キャリアの公式サイトなどをご確認下さい。

実際にmineoでiPhone 7を使ってみた

実際にmineoでドコモのiPhone 7を使ってみました。この記事を読みながら一緒に設定してみましょう。

SIMピンを使ってSIMトレイを取り出す
SIMピンを使ってSIMトレイを取り出す
SIMカードをmineoに差し替える
SIMカードをmineoに差し替える

まずは今使っているSIMカードからmineoのSIMカードに差し替えます。右側面にあるSIMトレイをSIMピンを使って取り出します。SIMカードを取り外すときは電源を落としてから行いましょう。

SIMトレイを元の位置に戻す
SIMトレイを元の位置に戻す

向きや表裏に注意しながらSIMカードをトレイに乗せて、トレイを元の位置に差し込みます。SIMカードを差し替えたら電源を入れて下さい。

ネットに繋ぐにはAPN設定が必要です
ネットに繋ぐにはAPN設定が必要です

SIMカードを差し替えただけではまだネットはつながりません。格安SIMを利用するにはAPNの設定が必要となります。APNの設定にはWi-Fi環境が必要となるため、あらかじめ用意しておきましょう。

APNはAccess Point Nameの略で、インターネットの接続先の設定を意味します。キャリアで購入したときは、あらかじめ接続先が設定されていますが、格安SIMでは自分で指定しなければいけません。

設定から【一般】をタップする設定から【一般】をタップする
設定から【一般】をタップする

まずはiPhoneの設定から既存のAPN情報を削除します。設定画面から【一般】→【リセット】と進みます。

ネットワーク設定をリセットをするネットワーク設定をリセットをする
ネットワーク設定をリセットをする

続いて「ネットワーク設定をリセットする」をタップします。すると再起動が掛かるため、しばらく待ちましょう。

APN構成プロファイルをダウンロードする
APN構成プロファイルをダウンロードする

再起動が完了したらmineoのAPN構成ファイルをダウンロードします。
ダウンロードをするにはSafariを利用して下さい。Safari以外のブラウザで開くとエラーになる可能性があります。

プロファイルをインストールする
プロファイルをインストールする

ダウンロードするとプロファイルのインストール画面に飛びます。右上の【インストール】をタップします。

警告画面が表示される警告画面が表示される
警告画面が表示される

警告画面が表示されますが、そのまま進みましょう。【インストール】を2回タップしてインストールして下さい。

完了をタップする
完了をタップする
設定が完了するとネットに繋がります
設定が完了するとネットに繋がります

インストールが完了したら右上の【完了】を押したら設定完了です。左上に「4G」や「LTE」などの表示が出たらインターネットに接続できるか確認してみましょう。

暫く待っても電波を掴まない時は、機内モードのオン/オフ切り換えや一旦再起動してみると繋がることがあるので試してみて下さい。

実際にキャリアから乗り換えて暫く使ってみましたが、通信エリアはドコモ・au・ソフトバンクと同じのため、電話やネットなどは特に問題なく使えました。ネットの通信速度については集中する時間帯だと遅くなってしまいますが、その他の時間帯であれば概ね快適です。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

キャリアで使っていたiPhoneをmineoに乗り換えてみたらいくら?

キャリアで使っていたiPhoneをmineoに乗り換えてみたらいくら?

乗り換え後の料金をイメージしやすくするために、auからmineoに乗り換えた場合を例にして料金を比較してみました。mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線のプランがあるので、ドコモ・ソフトバンク回線から乗り換えた場合でも同じくらい安くなります。

※1(ピタッとプラン) ※1(フラットプラン) (デュアルタイプ)
500MB 2,480円 1,310円
1GB 2,480円
2GB 3,480円
3GB 4,480円 1,510円
5GB 5,480円
6GB 6,480円 2,190円
10GB 6,480円 3,130円
14GB 6,480円
20GB 6,480円 5,500円 4,590円
30GB 7,500円 6,510円

※1.auのピタッとプラン・フラットプランについては、「誰でも割」加入時かつ「ビッグニュースキャンペーン」適用時の金額です。「ビッグニュースキャンペーン」については1年間のみの適用で、新規契約もしくは機種変更と同時にピタッとプラン・フラットプランを申し込みした場合のみ適用となります。

利用するプラン・データ容量によって毎月の料金は変動しますが、mineoに乗り換えることで月額料金を半額以下にすることも可能です

1番差が大きいのは6GBのプランです。auのピタッとプランでは6GB~20GBまでの料金が一定となり、6GBを超えたときは20GBまで使わないと損をしてしまいます。ビッグニュースキャンペーンは1年間のみ適用なので、2年目以降は上記金額に1,000円プラスされます。

mineoでは6GBプランが2,190円、その1つ上の10GBプランは3,130円から利用できるので、自分に合ったデータ容量が選べます。1年でも2年でも料金は変わらず、ずっと使い続けられます。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

mineoのメリットを紹介

mineo回線を長期で利用している筆者がオススメするmineoのメリットをいくつかご紹介します。

mineo独自のシェアサービス

mineoでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができ、さらに家族や友達、mineoユーザー間でシェア出来るサービスが用意されています。

  • 家族で分け合える「パケットシェア」
  • 友人同士で分け合える「パケットギフト」
  • mineoユーザー同士でシェアできる「フリータンク」
家族間で分け合える「パケットシェア」
家族間で分け合える「パケットシェア」

パケットシェアは家族間(同一eoID)でシェアグループを予め組んでおくことで、データ容量を共有する機能です。パケットシェアではDプラン・Aプラン・Sプランのいずれにもシェアすることができます

友人にパケットを送り合える「パケットギフト」
友人にパケットを送り合える「パケットギフト」

パケットギフトでは離れてクラス家族や親しい友人などにもデータ容量をシェアできます。マイページからパケットギフトを発行すると8桁のコードが表示されるので、このコードを相手に教えてマイページに入力してもらうとシェアされる仕組みです。

mineoユーザーみんなでシェアする「フリータンク」
mineoユーザーみんなでシェアする「フリータンク」

フリータンクではmineoユーザー同士でデータ容量をシェアできます。データ容量が余ったらパケットをフリータンクに入れて、足りなくなった人を助けることができる機能です。

データ容量が足りなくなった時は最大1GBまで引き出すことができ、翌月分の容量として加算されます。引き出すにはデータ残量が1GB未満になっていることが条件です。

格安SIM初心者でも安心の「マイネ王」がある

mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」
mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」

mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」は、全国のmineoユーザーとの交流・質問できる場所としてオープンしました。mineoユーザーでなくても登録できるので、契約前に利用者の口コミや本音をチェックすることができます。

mineoスタッフが更新する「スタッフブログ」や、ユーザー同士で自由に書き込めるQ&A、掲示板やアイデアファームなど様々なテーマで盛り上がっています。格安SIM初心者でも安心して利用できるように、アイコンに初心者マークを表示して書き込めます。

筆者もmineoを利用した当初から登録しており、日々様々な話題が書き込まれているので観ていて飽きないです。ためになる情報もたくさんあるので良かったら覗いてみて下さい!

au・ドコモ・ソフトバンク回線に対応している

au・ドコモ回線に対応している

※2018年9月からmineoはソフトバンク回線にも対応しました。

格安SIMでは初のau・ドコモ・ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応しています。家族で利用する回線が異なる場合でも先述したパケットシェアが利用できるので、1人だけではなくみんなでmineoを利用すればもっとお得に活用できます。

マルチキャリア対応の利点としては、対応端末が圧倒的に多くなること。今使っているスマホをそのまま流用することで初期費用を安く抑えられるのもメリットです。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

まとめ:mineoに乗り換えてお得にiPhone 7を使おう

mineoに乗り換えてお得にiPhone 7を使おう

iPhone 7はこれまでのiPhoneから大幅に進化したモデルということもあり、発売から1年半経過した今でも現役で使っているユーザーも多いです。大手キャリアで契約中の方は2年縛りが切れるタイミングに合わせてmineoに乗り換えてみると、今まで以上にiPhoneがお得に使えます

難しそうに思える初期設定も、マニュアルを見ながら手順を追って設定するだけであっという間に完了しました。たったこれだけで毎月数千円も安くなるというから驚きです。
料金以外にもmineoスタッフやユーザー同士のコミュニティの強さや、みんなでパケットをシェア出来るシステムにも魅力の1つです。

まだ格安SIMを使ったことがない初心者も、既に使いこなしている上級者まで、mineoは多くの人にオススメできる会社です。家族や友人を誘ってmineoに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

mineoの料金プランはこちら

mineo

●mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ……音声通話付きプラン
  • シングルタイプ……データ通信専用プラン
  • Dプラン……ドコモ回線を使用したプラン(ドコモ端末などに対応)
  • Aプラン……au回線を使用したプラン(au端末などに対応)
  • Sプラン……ソフトバンク回線を使用したプラン(ソフトバンク端末などに対応)

●データ通信専用(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話機能付き(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,400円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,600円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,280円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,220円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

●データ通信専用(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話機能付き(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

●データ通信専用(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 790円
シングルタイプ 3GB 3GB 990円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,670円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,610円
シングルタイプ 20GB 20GB 4,070円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,990円

●音声通話機能付き(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,750円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi