UQモバイルの海外プランは通話・SMSのみ! 料金やネットを使う方法も解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: UQ mobile

UQモバイル 海外

UQモバイルでは、音声通話ありのプランであれば、海外でも音声通話・SMSが利用できます。

しかし、海外向けのインターネットサービスは提供がないので、希望される方は、別途レンタルポケットWiFiや海外SIM、公衆無線LANを使いましょう。

今回は、UQモバイルを海外で利用する方法、国際ローミングサービスの料金についてご紹介します。海外でUQモバイルを利用する注意点についてもふれますので、渡航の参考にぜひ読んでみてください。

目次:

UQモバイルは海外でも使える!

UQモバイルは海外でも使える!
UQモバイルは海外でも使える!

格安SIMのUQモバイルは、海外でも通話・SMSが利用できる、「国際ローミングサービス」を提供しています。国際ローミングサービスとは、海外の通信事業者と提携し、国外でも通信サービスを受けられる仕組みです。

UQモバイルの国際ローミングは通話とSMSのみ可能

日本国内において、UQモバイルが提供しているサービスは、主に以下の3つです。

・音声通話(海外OK)
・SMS(海外OK)
・インターネット(海外NG)

このうち、音声通話・SMSのみが、海外でも利用できます。料金など詳しい内容については、次の項目で詳しく解説します。

【注意】データ通信のみのプランでは国際ローミングが利用できない

UQモバイルの提供するプランの中には、注意するプランがあります。
それは音声通話のないプランです。

・データ高速プラン
・データ無制限プラン

以上の二つは日本国内はもちろん、海外で音声通話を行うことはできません。
データ通信のみのプランであり、そもそも音声通話がつかないプランになります。

この二つのプランは、海外で通話を希望される場合、国際ローミングサービス以外の手段を講じなければなりません。海外SIMの購入などを検討しましょう。

なお、全プランSMS機能は標準搭載しているので、どのプランでも国内・海外問わず、SMSは利用できます。

海外でインターネットにつなぐならWiFi・海外用SIMを活用しよう!

UQモバイルでは海外のインターネットサービスを提供していません。海外でインターネットサービスを希望するならば、海外用SIMの購入・レンタルWiFi・WiFiスポットの利用が必要です。

海外用SIMは、その名のとおり、渡航先の携帯会社が販売している現地用のプリペイドSIMです。滞在にあわせてデータ量や使用日数を選ぶことができ、値段もそれによって変動します。海外用SIMは、SIMロック解除済みの端末でしか利用できません。

その他、ホテルや飲食店など、渡航先の無料WiFiスポットを使うのもオススメです。ただし、無料のWiFiスポットは提供場所が限られます。不安な方は、レンタルWiFiも検討してみてください。

UQモバイルの国際ローミング料金

UQモバイルの国際ローミング料金
UQモバイルの国際ローミング料金

ローミングとは、携帯電話やPHSなどのサービスを、そのサービスエリア外であっても利用できることをいいます。事業者同士の提携により、提携先のエリア内で同じサービスが利用できるのです。

続いては、UQモバイルの国際ローミングの料金をみていきましょう。

国際電話料金

日本から海外にあてた発信、また海外での発信は、通常の料金プランにはあてはまりません。特殊な国際電話料金が適用されます。

国際通話料金の詳細については、以下の表をご覧ください。

UQモバイル国際通話料金:日本から海外に発信する場合

発信先 通話料金
北米・オセアニア(オーストラリア・グアムなど) 20円/30秒
東アジア(中国・韓国・台湾・香港など) 55円/30秒
ヨーロッパ・東南アジア(フィリピン・タイ・ベトナムなど)・オセアニアの一部 65円/30秒
アフリカ 85円/30秒
中南米 95円/30秒

UQモバイル国際通話料金:海外から発信する場合

渡航先から発信した場合 渡航先で着信した場合
渡航先国内あて 日本あて 日本以外の国あて
アメリカ本土
(ハワイ・アラスカ含む)
120円/分 140円/分 210円/分 165円/分
韓国 50円/分 125円/分 265円/分 70円/分
ドイツ 80円/分 180円/分 280円/分 110円/分

日本国内では着信は無料ですが、海外では着信のみでも料金が発生します。利用の際は注意しましょう。

※その他詳細な通話料金についてはこちら。
 ・日本からの発信の場合:公式ページ
 ・渡航先からの発信の場合:公式ページ

なお、渡航先からの発信料金はauのサービスに準じます。

国際通話をかける方法

UQモバイルの携帯電話で国際通話をかける方法は、以下のとおりです。

●日本から海外への発信方法

「010-国番号-相手の電話番号」
 
まずは010 / 001-010 / 005345のいずれかをプッシュし、国際電話であることを示します。続いて、国番号でつなぐ国を指定してください。最後に、日本と同様に相手の電話番号をいれます。ただし、イタリアなど一部の例外を除いて、相手の電話番号が0から始まる場合は、0を除いてダイヤルしましょう。

●海外からの発信方法

海外からの発信方法は、相手先によって異なります。渡航先国内、または日本以外の国にかける場合は「+-国番号-相手の電話番号」。
 
最初に「0」や」「*」の長押しで、「+」を表示させます。その後、相手の国番号・最初の0を除いた相手の電話番号をダイヤルしましょう。
 
日本へかける・同行者の日本携帯にかける場合は「+-81-相手の電話番号」。
 
基本的には渡航先国外にかける場合と同じ対応です。+に続いて、日本の国番号である「81」・最初の0を除いた相手の電話番号をダイヤルしましょう。同行者の日本携帯にかける場合も、同じ手順をふみます。

国際SMS料金

国際SMSの料金は、以下のとおりです。

日本から海外あてのSMS 100円~/通
海外からのSMS 100円/通

日本から海外にあてのSMSは、全角70文字以内で100円です。相手の機種・エリアによってはより長いSMSを送ることもでき、最大は全角670文字、料金は1,000円です。

国際SMSを送る方法

国際SMSの利用方法は以下のとおりです。

●日本から海外あてのSMS

「010-国番号-相手の電話番号」
 
国際電話の場合と同じく、010で海外あてであることを示し、続いて国番号で相手の国を指定します。最後に、最初の0をぬいた相手の電話番号をいれてください。本文はいつも通り作成していただいて構いません。

●海外からのSMS

海外発信のSMSは、相手先がどこかによって利用方法が異なります。
 
渡航先国内、または日本以外の国に送る場合は、「010-国番号-相手の電話番号」。
 
日本から海外あてのSMSと同じく、010に続いて、国番号・最初の0を除いた相手の電話番号を入力します。
 
日本あて、または同行者の日本携帯に送る場合は、通常国内で利用されているのと同じく、相手の電話番号をいれて送ってください。

現地到着後にUQモバイルを設定する方法

現地到着後にUQモバイルを設定する方法
現地到着後にUQモバイルを設定する方法

UQモバイルの国際ローミングサービスを利用する際、渡航先で行う設定を解説します。

UQモバイルでの事前申し込みは不要

UQモバイルで国際ローミングサービスを利用する際、事前の申し込みは必要ありません。
渡航先でスマホのデータローミングをオンにするだけで、音声通話とSMSが利用できます。

iPhoneの設定方法

UQモバイルの国際ローミングサービスを利用するには、渡航先でデータローミングをオンにする必要があります。設定方法は以下のとおりです。

1. iPhoneの設定を開く

iPhoneの設定を開く
iPhoneの設定を開く(画像:au公式サイトより引用)

2. モバイル通信をタップ

モバイル通信をタップ
モバイル通信をタップ(画像:au公式サイトより引用)

3. 通信のオプションをタップ

通信のオプションをタップ
通信のオプションをタップ(画像:au公式サイトより引用)

4. データローミングをオンにする

データローミングをオンにする
データローミングをオンにする(画像:au公式サイトより引用)

Androidの設定方法

Androidをご利用の場合も、同じくデータローミングをオンにする必要があります。設定方法は以下のとおりです。

1. 設定をタップ

設定をタップ
設定をタップ(画像:au公式サイトより引用)

2. ネットワークとインターネットをタップ

ネットワークとインターネットをタップ
ネットワークとインターネットをタップ(画像:au公式サイトより引用)

3. モバイルネットワークをタップ

モバイルネットワークをタップ
モバイルネットワークをタップ(画像:au公式サイトより引用)

4. 海外ローミング設定をタップ

海外ローミング設定をタップ
海外ローミング設定をタップ(画像:au公式サイトより引用)

5. データローミングをオンにする

データローミングをオンにする
データローミングをオンにする(画像:au公式サイトより引用)

UQモバイルを海外で使うときの注意点

UQモバイルを海外で使うときの注意点
UQモバイルを海外で使うときの注意点

最後に、UQモバイルを海外で使うときの注意点を解説します。

海外では、日本で契約しているプランにプラスして料金がかかる

UQモバイルの海外利用分は、日本の契約プランにプラスして料金がかかります。かけ放題や無料通話のついたプランに加入していても、海外では適用されないので注意しましょう。

LINE電話はインターネットにつなぐ必要がある

LINE通話はインターネット回線を使用した電話機能であり、一般の電話とはつなぎ方が異なります。そのため、インターネットにつながらない環境では、LINE通話は利用できません。

UQモバイルが提供する国際ローミングサービスは、音声通話とSMSのみであり、インターネットは含まれません。よって、UQモバイルの回線を利用してLINE電話を使うことはできないのです。

UQモバイルを利用されている方が、海外でLINE通話を利用するには、WiFiや海外SIMでインターネット環境を確保する必要があります。

海外での長電話は避ける

UQモバイルの海外利用分は、日本国内のプランとは別で請求されます。かけ放題や無料通話は適用されません。長電話は避けましょう

気兼ねなく電話をしたい場合は、インターネット回線を利用した電話サービスがオススメです。たとえば、LINE電話などは、インターネット環境があれば利用でき、通話にかかる料金は請求されません。

海外は着信電話でも料金がかかる

日本国内では、かかってきた電話をとっても、料金は請求されません。しかし、海外では電話を受けただけでも、着信料金がかかります。

もちろん、電話をとらなければ請求されることはありません。それでも不安な場合は、機内モードをオンにし、一切の電波を発しないようにしましょう。機内モードがオンでも、WiFiを使ったインターネットは利用できます。

まとめ

UQモバイルでは、音声通話とSMSのみを国際ローミングサービスとして提供しており、海外で利用できるインターネットサービスの提供はありません。

国際電話の料金は相手先によって異なりますが、総じて日本国内あてよりも高めです。国際SMSの利用料は1通100円~ですが、長さによっては1通1,000円程度かかる場合もあるので、注意しましょう。

また、UQモバイルにて国際ローミングサービスを利用する際は、特別な手続きや申し込みは必要ありません。渡航先にて、データローミングをオンにするのみで、利用できます。

なお、UQモバイルの国際ローミングサービス料金は、国内のプランとは別に請求されます。かけ放題や無料通話は適用されないため、長電話は避けましょう。海外利用時は、着信にも料金がかかります。

UQモバイルの国際ローミングサービスは、内容さえ把握してしまえば、便利かつ比較的容易に利用できます。高額請求に気をつけながら、上手く利用してみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン