格安SIMをシェアしたい!SIMカードを複数枚(2・3枚)持てるプランまとめ

書いた人: とくめい

カテゴリ: まとめ, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
複数枚利用で月額料金を節約!家族利用にもおすすめな格安SIMシェアプランまとめ

格安SIMに家族みんなで乗り換えてスマホ代を節約したいという方も増えてきており、パケットを複数回線で分け合えるシェアプランの利用者が徐々に増えてきています。

キャリアでは当たり前のようにあった「家族割」がまだまだ一般的ではない格安SIMでは、シェアプランを使って家族みんなで乗り換えて賢く節約しています。

今回はシェアプランの解説からメリットデメリット、使用にあたっての注意点、そしておすすめのシェアプランをご紹介します。

SIMカードを複数枚持つと家族や友人とシェアして使ったり、端末によって使い分けたりできます。ぜひ参考にしてみてください。

目次:

シェアプランとは?

BIGLOBE SIM公式ページより
BIGLOBE SIM公式ページより引用

シェアプランとは1契約で複数枚のSIMカードが使えるプランのこと。スマートフォンやタブレットなどにそれぞれ挿して使ったり、家族で1枚ずつパケット容量を分けあって使うことが可能です。

シェアプランのメリット、注意点

シェアプランの概要が分かったところで、実際にどのようにシェアプランを活用するのか用途をご紹介します。

メリット 1:家族とシェアできる

例えば家族で1回線ずつ契約した場合、人によってパケットの使い方がバラバラでパケットが足りない人と余ってしまう人が出てきます。シェアプランで1契約にまとめることによって、足りない人にパケットを分け合って使えるので余ったパケットを有効活用できます。

メリット2:タブレット単体でも通信できる

スマートフォンとタブレットの2台持ちでもシェアプランなら便利
スマートフォンとタブレットの2台持ちでもシェアプランなら便利

スマートフォンとタブレットの2台持ちをしている人は、多くの場合スマートフォンのテザリング機能を使っているのではないでしょうか。

でも通信するたびにいちいちテザリングをONにするのは面倒ですよね。そこで新たにタブレット用の回線をシェアプランで契約すると、タブレット単体でも通信できます。バッテリーの消費が激しいテザリングを使用せず、単体で通信できると荷物が減らせて便利に使えます。

デメリット1:1人が膨大に通信すると他の端末にも通信制限が掛かる

複数人で利用する場合は使用する通信料を把握しておきましょう
複数人で利用する場合は使用する通信料を把握しておきましょう

家族でシェアプランを利用する際に1人が多く使いすぎてしまうと、他のメンバーも一緒に速度制限に掛かってしまう可能性があります。データ通信量を分け合えるメリットがある反面、足りなくなると連帯責任でみんな遅くなってしまうのは困りものです。

データ量の使い過ぎで家族間のケンカに繋がらないように、あらかじめ使用する通信量を把握しておきましょう。現状では1人あたりのパケット通信量に制限を掛けるプランは用意されていないので、シェアプランを組んだみんなで意識してパケットを使い過ぎないようにしないといけません。

デメリット2:複数回線のメリットが少ない

キャリアでは家族間通話やCメールが24時間無料で使えたり、ポイントを家族で分け合えるなどのメリットがあります。しかし格安SIMではそういったサービスをまだ積極的に展開しておらず、複数回線を契約してもあまり料金面でのメリットが感じにくいプランになっています。

シェアプランに加入するために同一名義でMNPする必要があり、パケットをシェアせずにあえて個人で分けて契約するのもアリだと思います。

おすすめのシェアプラン一覧

シェアプランが用意されている格安SIMのプランをまとめてみました。
MVNOによって料金や内容が異なりますので比較しながらどれを使うか参考にして下さい。
※価格は全て税抜き表示となっており、掲載時点での情報です。

なお、モバレコが運営している「モバレコ バリューストア」では公式サイトよりも初期費用を安く購入することが出来ますのであわせてご覧下さい!

容量シェアの料金 SIMカード枚数
IIJmio 追加SIM利用料:2枚目以降400円

ミニマムスタートプラン:最大2枚まで
ライトスタートプラン:最大2枚まで
ファミリーシェアプラン:最大10枚まで

BIGLOBE SIM 200円~900円

ライトSプラン:最大2枚
12ギガプラン:最大4枚

mineo 700円~3,130円 最大5枚まで
OCN モバイル ONE 450円~1,150円 最大5枚まで
DMM mobile 1,980円~7,380円 最大3枚まで
hi-ho LTE typeD 無料~700円 アソートプラン:最大3枚まで
ファミリーシェアプラン:最大3枚まで
Tikimo SIM 無料~700円 最大3枚まで
エキサイトモバイル 無料~700円 最大5枚まで

IIJmio

IIJmio

格安SIMで人気のIIJmioでは家族でシェアプランを加入している人が多いです。

これまでファミリーシェアプランのみSIMカードが3枚利用可能だったのが、今月よりプランが変更されてミニマムスタートプランとライトスタートプランでもSIMカードを1枚追加できるようになりました。

  • 3GB・6GBプランで最大2枚、10GBプランで10枚までシェアが可能
  • 最速ではないものの、安定し通信速度に定評がある
  • 家族間での通話が20%OFF、みおふぉんダイアルから発信すれば60%OFFに
  • 高速通信のON/OFFの切り替えができ、OFF時は通信容量にカウントされない

>>IIJmioの詳しい解説はこちら

ドコモプラン(タイプD)
プラン名 音声通話機能付き SMS機能付き データ通信専用
ミニマムスタート
プラン(3GB)
1,600円 1,040円 900円
ライトスタート
プラン(6GB)
2,220円 1,660円 1,520円
ファミリーシェア
プラン(10GB)
3,260円 2,700円 2,560円
auプラン(タイプA)
プラン名 音声通話機能付き SMS機能付き データ通信専用
ミニマムスタート
プラン(3GB)
1,600円 1,040円
ライトスタート
プラン(6GB)
2,220円 1,660円
ファミリーシェア
プラン(10GB)
3,260円 2,700円
IIJmio 容量シェアの料金
プラン名 音声通話機能付き SMS機能付き データ通信専用
追加SIM利用料 2枚目以降400円 4枚目以降400円
プラン詳細
最大通信速度 タイプD:682Mbps / 50Mbps
タイプA:370Mbps / 25Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 ミニマムスタートプラン:最大2枚まで
ライトスタートプラン:最大2枚まで
ファミリーシェアプラン:最大10枚まで
対応SIMカードサイズ 標準SIM(タイプDのみ)、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ / au
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 音声通話機能付き:利用開始月を0ヵ月目として12ヶ月まで
解約違約金 音声通話機能付き:(12ヵ月-利用月数)×1,000円
※利用開始月を0ヵ月目として計算

公式サイトはこちら:IIJmio

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

大容量の12ギガプランが選べるBIGLOBE SIMは、シェアプランを利用する格安SIMとしてうってつけだと思います。期間限定でシェアSIM月額利用料から毎月200円を15カ月間割引されるので、月額料金を少しでも下げたい家族にオススメです。

他社のSIMでは同一名義のみシェアプランを受け付けている場合がありますが、BIGLOBE SIMでは名義がバラバラでも家族会員を登録することで申し込めます。シェアに加入できるプランはライトSプランと12ギガプランのみです。

  • 3GB以上のプランから利用可能で、SIMカード最大5枚まで持てる
  • 30ギガプランまであるので、大容量の通信にも対応可能
  • YouTube等がカウントフリーになるエンタメフリー・オプション(有料)も利用可能

>>BIGLOBE SIMの詳しい解説はこちら

プラン名 音声通話SIM データSIM
+SMSオプション
データSIM
ライトSプラン
(6GB)
2,150円 1,570円 1,450円
12ギガプラン
(12GB)
3,400円 2,820円 2,700円
BIGLOBE SIM 容量シェアの料金
プラン名 音声通話SIM データSIM
+SMSオプション
データSIM
初期費用 3,000円
月額費用 900円 320円 200円
シェアSIM追加特典 -200円
プラン詳細
最大通信速度 375Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 ライトSプラン:最大2枚
12ギガプラン:最大4枚
対応SIMカードサイズ 標準SIM、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 利用開始月を0ヵ月目として12ヶ月まで
解約違約金 8,000円

公式サイトはこちら:BIGLOBE SIM

mineo

mineo

mineoではドコモとauの2キャリアを跨いでシェアできるのが特徴です。シェア専用プランは用意されておらず、複数回線を紐付けることでシェアすることが可能。これのおかげで1人が膨大に通信したときに全員が速度制限に掛かるデメリットが解消されます。

家族だけではなくmineoユーザーであれば誰でも柔軟に分け合えるので、シェアプランのメリットを最大限活かせます。また、複数回線割や家族割で1回線あたり50円割引されるのも嬉しいです。

  • 違う回線同士でもmineoユーザーならパケットを受け取ったり送ったりできる
  • 「複数回線割」「家族割」「パケットギフト」と、使い勝手のよいシェアプランが用意されている
  • 通信速度の調査では上位を獲得することが多い(Aプラン)

>>mineoの詳しい解説はこちら

ドコモプラン(Dプラン)
デュアルタイプ シングルタイプ+SMS シングルタイプ
500MB 1,400円 820円 700円
1GB 1,500円 920円 800円
3GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,280円 1,700円 1,580円
10GB 3,220円 2,640円 2,520円
auプラン(Aプラン)
デュアルタイプ シングルタイプ+SMS シングルタイプ
500MB 1,310円 700円 700円
1GB 1,410円 800円 800円
3GB 1,510円 900円 900円
5GB 2,190円 1,580円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円 2,520円
mineo 容量シェアの料金
プラン名 音声対応SIM データ通信専用
+SMSオプション
データ通信専用SIM
初期費用 3,000円
月額費用 上記プランと同様
プラン詳細
最大通信速度 225Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 最大5枚まで
対応SIMカードサイズ 標準SIM(Dプランのみ)、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ / au
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 なし
解約違約金 なし

公式サイトはこちら:mineo

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

格安SIM大手のOCN モバイル ONEは1日ごとの通信量も選べるプランが特徴。容量シェアには追加でSIMカードを購入する必要があり、1枚目の料金に加えて月額料金が発生します。500kbpsで15GB使えるプランは低速ながら大容量に通信できるプランなので、用途に合致したら便利に活用できそうです。

  • 他社であまり見かけない110MB/日と170MB/日のプランがある
  • 30GB/月のプランがあるので、大容量の通信にも対応可能

>>OCN モバイル ONEの詳しい解説はこちら

OCN モバイル ONE 1枚目の料金
プラン名 音声対応SIM SMS機能付き データ通信専用SIM
110MB/日コース 1,600円 1,020円 900円
170MB/日コース 2,080円 1,500円 1,380円
3GB/月コース 1,800円 1,220円 1,100円
5GB/月コース 2,150円 1,570円 1,450円
10GB/月コース 3,000円 2,420円 2,300円
500kbpsコース
(15GB/月)
2,500円 1,920円 1,800円
OCN モバイル ONE 容量シェアの料金
プラン名 音声対応SIM データ通信専用
+SMSオプション
データ通信専用SIM
初期費用 3,000円 1,800円
月額費用 1,150円 570円 450円
プラン詳細
最大通信速度 262.5Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 最大5枚まで
対応SIMカードサイズ 標準SIM、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 110MB/日・170MB/日コース:翌日まで
3GB/月・5GB/月・10GB/月コース:翌月まで
500kbps(15GB/月):非対応
最低利用期間 音声対応SIM:利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目まで
解約違約金 音声対応SIM:8,000円(不課税)

公式サイトはこちら:OCN モバイル ONE

DMM mobile

DMM mobile

業界最安値水準を誇るDMM mobileでは最大3枚のSIMでシェアします。2枚でシェアしても3枚でシェアしても料金は同じなので、3枚発行して大容量プランをシェアすると1回線当たりの料金が安くなります。

8GB以上の大容量プランからしか選べないので、あまりデータ通信を行わない人は個別で使いたい容量を契約する方が良さそうです。

  • 他社類似プランと比較して料金が最安値付近
  • 20GB/月のプランがあるので、大容量の通信にも対応可能
通話SIM3枚 通話SIM2枚+
データSIM1枚
通話SIM1枚+
データSIM2枚
データSIM3枚
8GB 4,080円 3,380円 2,680円 1,980円
10GB 4,290円 3,590円 2,890円 2,190円
15GB 5,700円 5,000円 4,300円 3,600円
20GB 7,380円 6,680円 5,980円 4,980円

※データプランへSMSオプションを追加すると1回線につき120円が掛かります。

プラン詳細
最大通信速度 375Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 最大3枚まで
対応SIMカードサイズ 標準SIM、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 通話SIM:利用開始月を0ヵ月目として12ヶ月まで
解約違約金 通話SIM:9000円

公式サイトはこちら:DMM mobile

hi-ho LTE typeD

hi-ho LTE typeD

hi-ho LTE typeDはアソートプランとファミリーシェアプランを契約するとSIMカード3枚が付いてきます。

ライトユーザー向けのアソートプランが用意されているのは嬉しいですが、欲を言えば7GBなどの間のプランがあると、キャリアから乗り換えるユーザーも同じようなプランが選べるメリットが有ると思います

  • 3GBの小さい容量のプランでも3枚のSIMを持つ事が可能
  • 複数台の端末を持っている個人にもおすすめ
アソート
(3GB)
1,409円
ファミリーシェア
(10GB)
2,838円
hi-ho LTE typeD 容量シェアの料金
プラン名 音声対応SIM データ通信専用
+SMSオプション
データ通信専用SIM
初期費用 3,000円
月額費用 700円 140円 無料
プラン詳細
最大通信速度 375Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 アソートプラン・ファミリーシェアプラン:最大3枚まで
対応SIMカードサイズ 標準SIM、microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 音声対応SIM:12ヶ月
解約違約金 (12ヵ月-利用月数)×1,000円
※利用開始月を0ヵ月目として計算

公式サイトはこちら:hi-ho LTE typeD

Tikimo SIM

Tikimo SIM

Tikimo SIMでは3GB~50GBまで柔軟にプランを選択できるのが特徴。最低利用期間がデータプランにも適用される点は注意が必要です

  • 3GB以上のプランからシェアが可能
  • 契約一括前払いコースでクレジットカードなしでも申し込みができる
3GB 1,680円
5GB 1,990円
7GB 2,250円
10GB 2,560円
15GB 3,980円
30GB 6,980円
50GB 11,600円
Tikimo SIM 容量シェアの料金
プラン名 音声対応SIM データ通信専用
+SMSオプション
データ通信専用SIM
初期費用 3,000円
月額費用 700円 140円 無料
プラン詳細
最大通信速度 300Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 最大3枚まで
対応SIMカードサイズ microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 音声SIM:12ヶ月
データ専用SIM:3ヶ月
解約違約金 音声SIM:1,000円×残月数
データ専用SIM:2,000円

公式サイトはこちら:Tikimo SIM

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

BB.exciteから新たに生まれ変わったエキサイトモバイルは段階制プランと定額プランの2種類が用意されており、自分の使い方に応じてプランを変更可能です。100MB~20GBまで細かく区切られているので、少しオーバーしても損をしにくいプランになっています。

最大3枚までは下記の料金になり、4枚目・5枚目を追加すると追加SIM代金として390円が発生します。

  • 1GBのプランでもSIMカードが3枚持てる
  • プランが豊富なので用途にあわせた容量を選べる
最適料金プラン 定額プラン
100MB 1,050円
500MB 1,100円
1GB 1,180円 1,260円
2GB 1,340円 1,450円
3GB 1,550円 1,680円
4GB 1,780円
5GB 1,890円
6GB 1,950円
7GB 2,100円
8GB 2,190円
9GB 2,380円 2,460円
10GB 2,540円
11GB 2,830円
12GB 3,100円
13GB 3,450円
14GB 3,790円
15GB 3,980円
20GB 5,180円
エキサイトモバイル 容量シェアの料金
プラン名 音声対応SIM データ通信専用
+SMSオプション
データ通信専用SIM
初期費用 3,000円
月額費用 700円 140円 無料
追加SIM代金
(4・5枚目追加時)
390円
プラン詳細
最大通信速度 300Mbps / 50Mbps
制限時速度 200Kbps
SIMカード枚数 最大5枚まで
対応SIMカードサイズ microSIM、nanoSIM
回線種別 ドコモ
通信量繰り越し 翌月まで
最低利用期間 音声SIM:利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末
解約違約金 音声SIM:9,500円

公式サイトはこちら:エキサイトモバイル

どれを選べばいい?

どれを選べばいい?

データ通信量を共有するというところで注意点も多いシェアプランですが、うまく使えば家族みんなで格安SIMに乗り換えて毎月のスマホ代を大幅に節約できます。キャリアとの違いや注意点をしっかりと把握して賢く節約しましょう。

家族だけではなく私のように一人で複数のデバイスを持っている人でも単体で通信できるメリットがあるので、まだシェアプランを使ってない人は一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、モバレコ編集部がおすすめする格安SIMは古くから家族向けプランを展開しているIIJmioです。
家族利用となると通信が安定していないと不満を買ってしまいますよね。
その点IIJmioはモバレコが実施する格安SIMの速度調査でも安定した記録を残しています。

また、「今月分の通信容量を使い切ってしまった・・・」なんて時は、インターネットからの申し込み以外にも、全国のコンビニや家電量販店で販売しているクーポンカードで容量をチャージすることも出来ます。

そしてファミリーシェアプランは最初からSIMカードが3枚つきますので、1人で複数の端末を使いたい場合などにもぴったりな上、料金もお得になります。

IIJmioの料金プラン

初期費用3,000円 330円~2,000円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●データ通信専用(タイプD:ドコモを利用していた方向け)(インターネットやメールなどのデータ通信のみ。タイプDはdocomo回線)

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 900円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 1,520円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 2,560円 > 詳細はこちら

●音声通話機能付き(タイプD:ドコモを利用していた方向け)(通話が出来るプラン。タイプDはdocomo回線)

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 3,260円 > 詳細はこちら

●データ通信+SMS機能付き(タイプA:auを利用していた方向け)(データ通信専用にSMS機能がついたプラン。認証などに必要な場合も。タイプAはau回線)

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 900円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 1,520円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 2,560円 > 詳細はこちら

●音声通話機能付き(タイプA:auを利用していた方向け)(通話が出来るプラン。タイプAはau回線)

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 3,260円 > 詳細はこちら

キャンペーン中の格安SIM

モバレコ バリューストアでは公式サイトで買うよりも初期費用がお得になるキャンペーンを実施中です。
以下の格安SIMがキャンペーン対象となっていますので、購入を検討している方はぜひご利用ください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi