ソフトバンクからドコモへお得に乗り換える手順・注意事項を解説! 料金は安くなる?高くなる?

書いた人: とくめい

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクからドコモへお得に乗り換える手順・注意事項を解説! 料金は安くなる?高くなる?

ソフトバンクユーザーで料金が高いと感じている方は、ソフトバンクで機種変更するよりもドコモに番号はそのままで乗り換え(MNP)すると、各種割引やキャンペーンが適用できてお得になるかもしれません。

本記事ではソフトバンクからドコモへ乗り換える手順や注意事項を確認し、乗り換えることで料金がどれだけ変動するのか料金シュミレーションを元に検証してみました。

ドコモへ乗り換えを検討している方は必見です!

目次:

ソフトバンクからドコモへ乗り換えると料金が安くなるのか?

ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」
画像:ドコモ公式サイトより引用
ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」

2019年6月からドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」が登場したことで、本体価格と通信料金が分離されました。使い方によっては最大4割値下げされると話題のプランですが、実際のところどれだけ安くなるのでしょうか。

ミニモンスターとギガライトの料金比較

ミニモンスターとギガライトを比較
ミニモンスターとギガライトを比較

ソフトバンクの「ミニモンスター」とドコモの「ギガライト」の料金を比較して表にまとめてみました。両プラン共に、使用した分だけ料金がカウントされていく従量制のプランです。

本体価格や通話料、各種割引を考慮しないシンプルな料金プランは以下の通り。

ソフトバンク ドコモ
1GB未満 ミニモンスター(~1GB)
1年目:3,980円
2年目以降:4,980円
<ステップ1>
~1GB
2,980円
2GB ミニモンスター(2GB)
1年目:4,980円
2年目以降:5,980円
3GB ミニモンスター(3GB)
1年目:6,480円
2年目以降:7,480円
<ステップ2>
~3GB
3,980円
4GB ミニモンスター(4GB)
1年目:6,480円
2年目以降:7,480円
5GB ミニモンスター(5GB)
1年目:7,480円
2年目以降:8,480円
<ステップ3>
~5GB
4,980円
7GB <ステップ4>
~7GB
5,980円

ソフトバンクの料金プランは従来と同じく「基本使用料」+「ウェブ使用料」+「データ使用料」なのに対し、ドコモの料金プランはすべてコミコミになっているので分かりやすくなりました。

ソフトバンク ドコモ
基本使用料 通話基本プラン
1,200円
ウェブ使用料 300円
データ使用料 ミニモンスター(3GB)
5,980円
<ステップ2>
~3GB
3,980円
初年度割引 1年おトク割
(12ヶ月間)
-1,000円
合計 1年目:6,480円
2年目以降:7,480円
3,980円

※定期契約ありの場合。

ソフトバンクは後述するギガモンスターを推しているため、段階別で料金が変動するミニモンスターはドコモと比べて割高に設定されています。初年度は「1年おトク割」が適用されており、毎月1,000円の割引が適用されますが、それでもドコモより高い料金です。

ウルトラギガモンスター+とギガホの料金比較

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」とドコモの「ギガホ」を比較
ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と
ドコモの「ギガホ」を比較

続いては大容量プランを比較してみました。

ソフトバンク ドコモ
特徴 対象の動画・SNSサービスが使い放題(2019年9月末まで全データ使い放題) 速度制限に掛かっても最大1Mbpsで通信可能
基本使用料 通話基本プラン
1,200円
ウェブ使用料 300円
データ使用料 データ定額 50GBプラス
5,980円
ギガホ 30GB
6,980円
初年度割引 1年おトク割
(12ヶ月間)
-1,000円
ギガホ割
(6ヶ月間)-1,000円
合計 1年目:6,480円
2年目以降:7,480円
6ヶ月間:5,980円
7ヶ月以降:6,980円

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は先ほど登場した「ミニモンスター」の3GBと同じ価格になるため、2GB以上使う方であれば50GBウルトラギガモンスター+にしたほうがお得です。

ドコモのギガホと比べても、使用できるデータ容量が20GBも差があるのに料金差は500円前後しかありません。データ容量をたくさん使う方ほど、ソフトバンクの方が安くなります。

ただし、5GB未満で十分な方はドコモのギガライトの方が割安です。

家族3人で契約した場合の料金比較

家族で乗り換えた場合、ソフトバンクは「みんな家族割+」、ドコモは「みんなドコモ割」が適用されます。家族割に入る回線数に応じて割引額が変動するため、ここでは家族3人で乗り換えたケースを想定して料金を比較してみます。

■段階定額プラン

ソフトバンク ドコモ
基本使用料 通話基本プラン
1,200円
ウェブ使用料 300円
データ使用料 ミニモンスター(3GB)
5,980円
<ステップ2>
~3GB
3,980円
1年おトク割 (12ヶ月間)
-1,000円
家族割 みんなドコモ割
-1,000円
合計 1年目:6,480円
2年目以降:7,480円
2,980円

ミニモンスターだと家族割が適用されないため、家族割が適用されるドコモと比べて2倍高くなってしまいます。

■大容量プラン

ソフトバンク ドコモ
基本使用料 通話基本プラン
1,200円
ウェブ使用料 300円
データ使用料 データ定額
50GBプラス
5,980円
ギガホ 30GB
6,980円
1年おトク割 (12ヶ月間)
-1,000円
家族割 みんな家族割+
(3人で契約)
-1,500円
みんなドコモ割
-1,000円
合計 1年目:4,980円
2年目以降:5,980円
5,980円

ドコモのギガホは3人以上でも割引額が1,000円固定なのに対し、ウルトラギガモンスター+では3人で契約すると1,500円、4人以上なら2,000円の割引が付いてきます。

家族それぞれが大容量での利用を検討している場合は、ソフトバンクの方が家族割の割引額を見てもお得と言えるでしょう。

機種代金の料金比較

ソフトバンクの「半額サポート」
ソフトバンクの「半額サポート」
ドコモの「スマホおかえしプログラム」
ドコモの「スマホおかえしプログラム」

本体価格と通信料金が分離されたことで、一体どのように料金が変動するのでしょうか。iPhone XS 64GBを例として、ソフトバンクの「半額サポート」と、ドコモの「スマホおかえしプログラム」をそれぞれ適用したときの料金を比較してみました。

ソフトバンク ドコモ
機種変更 必須 任意
iPhone XS 64GB
本体価格
分割:2,850円×48ヶ月
(136,800円)
分割:3,300円×36ヶ月
(118,800円)
下取り端末割引 半額サポート
-2,850円×24ヶ月
(-68,400円)
スマホおかえしプログラム
-3,300円×12ヶ月
(-39,600円)
実質負担金 68,400円 79,200円

ソフトバンクの「半額サポート」は48回払い、ドコモの「スマホおかえしプログラム」は36回払いにして、25ヵ月目で本体を返却することで残債が免除されます。

ソフトバンクは機種変更が条件なのに対して、ドコモは解約や他社へ乗り換えても適用されます。

スマホおかえしプログラムについてさらに詳しく知りたい方はこちら

どんな人がソフトバンクからドコモへ乗り換えるべき?

ここまでのシミュレーション結果から、ソフトバンクからドコモに乗り換えておトクになる人は、以下の条件に当てはまる人です。

・データ容量が5GB未満の人
・データ容量が変動しやすい人
・段階定額プランを家族で利用したい方
・2年ごとに他社へ乗り換える人

データ容量が多い方はドコモの「ギガホ」よりも、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」を選んだほうがお得です。家族揃って利用すると割引額が増えるのでさらにお得になります。

少しでも安くドコモへ乗り換える為に適用すべき割引・キャンペーン

ソフトバンクからドコモに乗り換えるにあたり、適用するとお得になる割引やキャンペーンをご紹介します。

ドコモ公式オンラインショップ経由で手続きする

ドコモへの乗り換えはドコモオンラインショップがお得!
ドコモへの乗り換えはドコモオンラインショップがお得!

ドコモ公式のオンラインショップを利用すると、店頭で契約すると発生する事務手数料と分割支払い時の頭金が無料になります。

また、オンラインショップ限定キャンペーンも定期的に開催しており、dポイントやアクセサリー品のプレゼントや端末をセール価格で購入できます。

dカード GOLD(dカード ゴールド)を契約する(スマホのりかえサポート)

dカード GOLDと同時契約でdポイントのプレゼント
画像:ドコモ公式サイトより引用
dカード GOLDと同時契約でdポイントのプレゼント

他社からドコモに乗り換える際、dカード GOLDを同時に申し込むと、実質違約金相当(10,260pt)のdポイント(期間・用途限定)をプレゼントしています。dカードを持っていると、毎月のスマホ代やドコモ光の料金の10%をポイントが還元されます。

他にも端末の故障・紛失時に使える最大10万円分の補償サポートが使えるなど様々な特典が受けられます。

dカード GOLDについて詳しく知りたい方はこちら

下取りプログラムを活用する

下取りを活用してよりdポイントをゲットしよう!
下取りを活用してよりdポイントをゲットしよう!

下取りプログラムを申し込むと、下取りに出す端末や状態に応じて最大52,000円分のdポイントが付与されます。

iPhone、iPad、Androidスマートフォンやタブレット、ガラケーなど多数の機種が対象です。画面割れ品や機能不良品でも下取りしてくれますが、下取り価格は良品よりも大幅に下落します。

ドコモの下取りプログラムについてさらに詳しく知りたい方はこちら

今ならギガホ割が適用可能!

6ヶ月間1,000円引きで利用できる「ギガホ割」
6ヶ月間1,000円引きで利用できる「ギガホ割」

2019年5月22日(水)~2019年9月30日(月)までに「ギガホ」を契約すると、最大6か月間1,000円引き(月額5,980円~)になります。期間中はギガライトの7GB時点と同料金で利用できてお得です。

ライトユーザー向けの「ギガライト」は割引対象外となるためご注意下さい。

ソフトバンクからドコモへの乗り換え前に確認すべき注意事項

ソフトバンクからドコモへお得に乗り換える手順・注意事項を解説!

ソフトバンクからドコモへ乗り換える前に確認しておきたい注意事項を5つまとめてみました。

ソフトバンクでの契約更新月を確認する

ソフトバンクを2年縛り付きのプランで契約している場合、予め契約更新月を確認しておきましょう。

契約更新月とは2年縛りの解除料が発生しない期間のことで、2019年3月1日(金)より2年縛りの契約更新月を2ヵ月間から3ヵ月間に延長しています。

更新月以外に解約・MNPしてしまうと9,500円が発生してしまうため、なるべく更新月に乗り換えるようにしましょう。

更新月の確認や「My SoftBank」や、ソフトバンクのLINE公式アカウントで行えます。詳しい方法は公式サイトのよくあるご質問をご確認ください。

機種代金の残債が無いか確認する

料金プラン以外にも、現在使用中の機種代金の残債が無いか確認しておきましょう。

ソフトバンクで実施している「半額サポート」を適用して端末を購入している場合、残債が残っている状態で解約すると残債分がそのまま請求されます。

また、補足として端末を返却する際に故障していた場合、本体回収時に追加で20,000円掛かる点についても注意が必要です。

契約名義を確認する

他社に乗り換えるときに取得する「MNP予約番号」は、乗り換え元と乗り換え先で名義が一致している必要があります

両親名義になっていて、予約番号取得時に名義相違の為にMNP手続きがスムーズにできないケースが多々あります。

ドコモへの乗り換えに伴い、名義を変える必要がある場合は、予め名義変更を行っておきましょう。

その他、ソフトバンクで適用している割引が無いか確認する

ソフトバンクで家族割やおうち割(光回線)を適用している場合、ドコモへ乗り換えると高くなるケースもあります。

また、解約月は日割りにならず満額請求になることや月月割などの端末割引も消滅してしまうため、前月と比べて料金が割高になる傾向があります。

現状の契約状況を細かく把握した上で、乗り換え後のメリットを検討しましょう。

乗り換えにかかる費用

乗り換えに掛かる費用を計算すると以下の通り。

端末の割賦払いの残債 端末や期間によって異なる(完済済、一括払いの場合は0円)
契約解除料 9,500円(更新月の場合は0円)
MNP転出手数料※ 3,000円
契約事務手数料※ 3,000円(ドコモオンラインショップの場合無料)
頭金 2,000円~10,000円程度(ドコモオンラインショップの場合無料)
合計 6,000円+α

※が付いた手数料は必ず発生する。

特に分割払いで購入した端末の残債や契約解除料が高額になるケースが多いため、乗り換える際は更新月や分割払いの残債がどれだけ残っているか確認しておきましょう。

ソフトバンクからドコモへの乗り換え手順

ソフトバンクからドコモへお得に乗り換える手順・注意事項を解説!

それでは実際にソフトバンクからドコモへ乗り換える手順を、大きく5つのステップに分けてご紹介します。

必要な書類などを準備する

まずは契約に必要な書類を準備します。下記の3点をご用意ください。

・MNP予約番号
・契約者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・クレジットカードや口座引落用の通帳およびキャッシュカード

本人確認書類は以下のが対象です。有効期限内の本人名義の書類が必須です。

・運転免許証
・マイナンバーカード

上記を所有していない場合は、以下のいずれかと補助書類の提出による対応も可能です。

・健康保険証
・住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
・在留カード(または)外国人登録証明書

補助書類は、公共料金領収証(または)「マイナンバー」の印字がない住民票が有効です。発行日から3か月以内で、現住所から記載されており、契約者名義のものに限ります。

詳細はドコモ公式サイト | 本人確認書類にてご確認下さい。

バックアップを取っておく

スマホを機種変更する前に、写真/動画/音楽ファイルなどデータのバックアップと、LINEやゲームアプリなどアカウントのバックアップ・引き続き手続きを済ませておきます。

iPhoneの場合はiTunesやiCloudから、Androidの場合はmicroSDカードやGoogle Driveなどのクラウドストレージを利用すると手軽にバックアップが行なえます。

MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号の取得はカスタマーサポートへ電話するか、My Softbankから手続き可能です。それぞれ営業時間が決まっているのでご注意下さい。

電話の場合 Webの場合
* 5533(ソフトバンク携帯電話から)
または0800-100-5533(一般電話などから)
【午前9時~午後8時】
■携帯電話(ケータイ)
【午前9時~午後9時30分】
[Yahoo!ケータイ TOP]→
[設定・申込(My SoftBank)]→
[各種変更手続き]→[MNP予約関連手続き]

■スマートフォン・パソコン
【午前9時~午後9時30分】
[ソフトバンクホームページ]→[モバイル]→
[サポート]→[料金・ご契約関連]→
[契約内容の確認・変更]→[解約・休止のお手続き]→
[解約・MNPで他社へ変更する]→
[MNP転出・解約をご希望されるお客様]→
[My Softbankでお手続き]

MNP予約番号の有効期間は予約当日を含めて15日間のため、発行する際は乗り換える直前に行ったほうがいいでしょう。

オンラインショップでの乗り換え手続きを行う

ドコモオンラインショップを利用してドコモに乗り換える手順をご紹介します。

購入したい機種を選択する
購入したい機種を選択する

ドコモオンラインショップの「機種をさがす」から購入したい端末をクリックします。

本体カラー、支払い方法、手続方法を選択する
本体カラー、支払い方法、手続方法を選択する

本体カラーとお支払い方法を任意で選択し、お手続き方法を「のりかえ(MNP)」に変更して「カートに入れる」ボタンをクリックします。

ショッピングカートから「購入手続きに進む」を選択する
ショッピングカートから「購入手続きに進む」を選択する

選択した内容でカートに入っていることを確認したら、右上の「購入手続きに進む」ボタンをクリックします。必要に応じてオプション品も同時に購入することができます。

画面の指示に従って手続きを進める
画面の指示に従って手続きを進める

あとは画面の指示に従い、必要事項を入力・確認事項のチェックをしていきます。

・MNP予約番号
・料金/割引/キャンペーン内容の申込・確認
・契約者情報
・ネットワーク暗証番号
・本人様確認書類の送付
・利用料金の支払い方法
・商品配送日時、受取先
・料金プランの決定

申し込み完了後、数日で審査が完了して端末が発送されます。

初期設定・回線切り替え手続きを行う

本体が到着したら初期設定と回線の切り替え手続きを行います。

回線切り替え手続きはドコモインフォメーションセンターへ電話するか、ドコモオンラインショップから手続き可能です。

電話の場合 Webの場合
受付時間 午前9時~午後8時
(年中無休)
受付時間:午前9時~午後9時
手続き方法 一般電話などから
0120-800-000に発信する。
ドコモオンラインショップの「お申込み履歴」からdアカウントでログイン。「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリックする。
手続きに必要なもの
手続きに必要なもの

回線切り替え手続きには、ネットワーク暗証番号とSIMカードを挿入した機種が必要です。ウェブで申し込む場合はdアカウントのID/パスワードも用意しておきましょう。

回線切り替え手続きが完了後に、ソフトバンクが自動解約となり、ドコモ契約の課金がスタートします。

まとめ:豊富な機種が選べるドコモに乗り換えがオススメ

ソフトバンクからドコモに乗り換えるメリットは、豊富な機種から選べることや料金プランがシンプルで分かりやすい、他社に乗り換えやすいやすいところにあると思います。

家族でまとめて乗り換えて家族割を利用したり、dカード GOLDを発行するとさらにお得に乗り換えできます。自分の使い方を今一度見直してみて、どちらがお得になるか検討してみてはいかがでしょうか。

今ならギガホ・ギガライト契約で
Amazonプライム1年分ついてくる!

ドコモスマホを購入する賢い方法

スマホを買うのに、どこに行きますか?

多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。

でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?
いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン
ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?

一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。

そこでおススメなのが、LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス!

やり方は簡単。下のボタンかQR コードから「LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談料金は無料

サービスの流れ

01

下のボタンまたはQR コードから、LINEの友達に登録

LINEの友達登録画面

矢印
02

LINEで相談

端末のことや料金プランのことなど気軽に相談してください。料金はかかりません。

LINEのタイムライン画面

矢印
03

LINE のリンクから公式サイトへ

ドコモ 公式サイト

矢印
04

公式サイトでお手続き

矢印
05

スマホがご自宅に届く

商品受け取りのイメージイラスト

使い慣れたLINE での相談は簡単だし、ドコモの公式ショップを通しての購入なので安心!
LINE なら使わなくなったらブロックしちゃえばいいので、普通に買うより無料で相談できる分だけお得ですよ!

LINE 友達に追加LINEアイコン

LINE WORKS

営業時間:10:00 ~ 20:00(最終受付19:30)

※営業終了後の質問は、営業開始してから返答します。

電話番号

0120-987-062

(電話受付時間11:00~24:00)

LINEはちょっと使いたくないし、めんどうだなと感じる人は直接電話して専門スタッフに相談することもできますよ!

受付時間は11:00~24:00までと夜遅くまで対応しているので、日中忙しい人も利用可能です。ご連絡先は以下の番号になります。

こちらの記事はいかがでしたか?

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)