カテゴリ: mineo

楽天モバイルからmineo

楽天モバイルからmineoに乗り換え!メリットやデメリット、手続きの流れまで詳しく解説

楽天モバイルを利用していて通信品質に物足りなさを感じたり、無料で運用できなくなったりしたことを理由に、mineoへの乗り換えを考えている人もいるでしょう。

楽天モバイルからmineoに乗り換えることで、次のようなメリットを得られる可能性があります。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるメリット
  • 料金が安くなる可能性がある
  • 自分に合ったデータ量のプランを選べる
  • 電波の繋がりやすさが改善する可能性がある
  • アプリなしでのお得なかけ放題オプションがある
  • データ容量を繰り越し・シェアできるなどサービスが豊富
楽天モバイルからmineoへ乗り換えるデメリット
  • 高速通信の無制限プランはない
  • 国内通話は完全無料にはならない
  • 乗り換え時に初期費用が発生する
  • 楽天市場でのポイント倍率が下がる
  • 海外で利用できなくなる

しかし、楽天モバイル独自の「データ無制限」や「国内通話無料」などのお得なサービスが使えなくなるなどのデメリットもあるため、慎重に検討しましょう。

今回は、楽天モバイルからmineoに乗り換えるメリット・デメリットのほか、乗り換えの流れやキャンペーンまで詳しく解説していきます。

この記事を参考にすると、mineoに乗り換えるべきか、どうすればスムーズに乗り換えられるのかがわかるのでぜひ参考にしてください。

お得なキャンペーン実施中!!

mineo

mineo×提携サイト限定
契約事務手数料
無料キャンペーン

【キャンペーン期間】
2022年7月1日~終了日未定

【特典内容】
通常3,300円(税込)の契約事務手数料を無料といたします。

【適用条件】
キャンペーン期間内に下記キャンペーン専用ページに遷移して新規お申込みされた方

【注意事項】
・キャンペーン専用ページからのお申込みに限り適用となります。
・キャンペーンの適用はお申込み後の契約内容通知書をもってお知らせいたします。
・法人名義の方は適用対象外となります。
・200MBコースは対象外となります。

当キャンペーン適用は
下記リンク経由での申し込みのみ!

mineoについておさらい

mineo

■ 通常プラン「マイピタ」

シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
お試し200MBコース 330円 1,100円

※価格は全て税込

■ 中速無制限プラン「マイそく」

シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
スタンダード
(最大1.5Mbps)
990円
プレミアム
(最大3Mbps)
2,200円
24時間データ使い放題 330円/回

※価格は全て税込

※月~金の12時台は最大32kbpsに制限

mineoの料金プランは大きく分けて、月間データ容量によって料金が決まる「マイピタ」と、通信速度によって料金が決まる「マイそく」の2つがあります。

マイピタでは、データ通信+音声通話が使える「デュアルタイプ」、データ通信のみの「シングルタイプ」を選べることも特徴的です。

データ容量の選択肢は1GB・5GB・10GB・20GBの4パターンが用意されており、前述の2タイプでそれぞれ月額料金が変動します。

高速通信が不要な人なら、マイそくを選ぶことで中速、かつお得な料金で利用できるのもmineoならではの特徴です。

マイそくは最大300kbps・1.5Mbps・3Mbpsの3種類から速度を選択できます。

マイそくの料金はデュアルタイプ、シングルタイプで共通となっており、24時間データ使い放題オプションを都度利用することで、24時間高速通信も使用可能。

mineoでは使わなかったデータ容量を繰り越せたり、シェアできたりするパケット関連のサービスが充実している点も他社にはない魅力です。

ここからは、現在楽天モバイルを利用中の人がmineoに乗り換えることで、本当に満足できるのか詳しく解説していきます。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるメリット

乗り換えるメリット

楽天モバイルから他社ではなく、あえてmineoに乗り換える理由は、どのような点にあるのでしょうか。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるメリットをピックアップしたので、実際に移行することをイメージしながら読み進めてみてください。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるメリット
  • 料金が安くなる可能性がある
  • 自分に合ったデータ量のプランを選べる
  • 電波の繋がりやすさが改善する可能性がある
  • アプリなしでのお得なかけ放題オプションがある
  • データ容量を繰り越し・シェアできるなどサービスが豊富

料金が安くなる可能性がある

mineoには音声通話機能付きのデュアルタイプのほかに、データ通信のみのシングルタイプも提供されています。

楽天モバイルを含むキャリアでは、音声通話機能付きのプランが主流で、データ通信のみのプランは提供されていない事が多いです。

したがって、mineoでシングルタイプを契約することで、以前より料金が安くなる可能性があります。

楽天モバイルとmineoの料金を、データ容量別に分けて表にまとめました。

■ 楽天モバイルとmineoの料金プラン比較

※横にスクロールできます。

楽天モバイル mineo
契約タイプ 音声通話(専用アプリ)+データ通信 音声通話+データ通信 データ通信のみ
1GB 1,078円 1,298円 880円
3GB
5GB 2,178円 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

データ通信のみの場合は、すべての容量で楽天モバイルよりもmineoのほうがお得に利用できることがわかります。

また、音声通話付きプランでも5GB・10GBであれば、楽天モバイルよりもmineoのほうが安く済むことも見てとれるでしょう。

自分に合ったデータ量のプランを選べる

mineoでは1GB・5GB・10GB・20GBの4つのデータ容量が選べるため、自分に最適のプランを契約できます。

一方、楽天モバイルはデータ使用量に応じて毎月の料金が変動します。

データ使用量をこまめにチェックしながら使う人なら問題ありませんが、無意識に使いすぎてしまい、想定した金額以上の請求をされてしまう可能性があります。

毎月決まった額で管理したい人は、プラン料金が決まっているmineoに乗り換えたほうがいいでしょう。

なお、mineoは契約データ容量を超過した場合、「パケット放題 Plus」に加入していない方は最大200kbpsに速度が制限されます。

電波の繋がりやすさが改善する可能性がある

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアの回線に対応しているため、楽天モバイルで繋がりにくいと感じているなら、乗り換えることで改善を期待できます。

楽天モバイルも第4のスマホキャリアとして順次エリアを拡大中で、全国的に幅広いエリアにおいて使えます。

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクの3社と比べると提供エリアはまだ狭いため、地方など一部エリアでは通信がまだ不安定です。

加えて、キャリアとしては後出の楽天モバイルは建物に遮られにくい「プラチナバンド」を使用できていないため、楽天回線自体が繋がりにくくなっています。

楽天モバイルの通信状況に不満があって今すぐ改善したい人は、mineoに乗り換えてみることをおすすめします。

アプリなしでのお得なかけ放題オプションがある

楽天モバイルの大きなメリットとして、専用アプリ「Rakuten Link」を利用することで無料で通話かけ放題にできる点が挙げられるでしょう。

しかし、楽天モバイルで提供中のアプリなしのかけ放題オプションは、「15分(標準)通話かけ放題」のみで、基本的にRakuten Linkを使う事が想定されています。

一方mineoでは、アプリなしでお得に電話がかけられる「かけ放題オプションサービス」が複数提供されています。

有料ではありますが、2つのオプションから自分の使い方に合ったほうを選べるため、通話を頻繁に利用するならうれしい人も多いでしょう。

<mineoのかけ放題オプション・サービス>

  • 10分かけ放題:月額550円
  • 時間無制限かけ放題:月額1,210円
  • mineoでんわ:アプリ経由の発信が22円30秒 → 10円30秒

「電話をたくさんかけるから少しでも料金を抑えたい」「でもアプリを経由する手間は省きたい」という人は、mineoに乗り換えたほうが便利に利用できる可能性がありますよ。

データ容量を繰り越したりシェアできるサービスが豊富

mineoは「フリータンク」「パケットギフト」「ゆずるね。」「パスケット」などの、データ容量をシェアしたり、繰り越せるパケット関連のサービスが充実しています。

mineoで提供中のデータ容量についてのサービスの特徴をまとめました。

■ データ容量に関するサービス

サービス名 特徴
フリータンク 余ったパケットを全国のmineoユーザー同士で分け合うサービス
パケットギフト 知人などの特定のmineoユーザーにパケットをギフトとしてプレゼントできるサービス
ゆずるね。 お昼の12時から13時などの混雑しやすい時間帯の通信をゆずることで、さまざまな特典がもらえるサービス
パスケット 月額110円で、余ったパケットを翌月以降に繰り越せるサービス

データ容量を繰り越したり、ほかのmineoユーザーとデータをシェアしたりしてデータを無駄なく使えそうだと感じた人は、楽天モバイルからmineoへ乗り換えるとより便利に使えるようになるでしょう。

通話かけ放題 最大1年間割引!

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるデメリット・注意点

乗り換えるデメリット・注意点

楽天モバイルも十分魅力的なサービスなため、mineoに乗り換えることで、マイナスに感じる場面がでてくる可能性もあります。

ここでは、楽天モバイルからmineoへ乗り換えるデメリットや注意点をご紹介します。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えるデメリット
  • 高速通信の無制限プランはない
  • 国内通話は完全無料にはならない
  • 乗り換え時に初期費用が発生する
  • 楽天市場でのポイント倍率が下がる
  • 海外で利用できなくなる

高速通信の無制限プランはない

楽天モバイルでは最大月額3,278円で、楽天回線エリア内において高速通信を無制限で使えます。

mineoにも中速無制限プランはありますが、高速での無制限プランは提供されていません

高速通信が必要な高画質動画の視聴や、オンラインゲームを楽しんでいた人は、mineoに乗り換えることで不便に感じるかもしれません。

 無制限プランが気になるなら「パケット放題 Plus」「マイそく」をチェック!

マイそく
(引用元:mineo[3]

高速でなくても安く無制限プランを使いたい!という方は、mineoで提供中の「パケット放題 Plus」「マイそく」の利用を検討するといいでしょう。

パケット放題 Plusはマイピタ専用のオプションで、「mineoスイッチ」をオンにすると、最大1.5Mbpsでデータ使い放題になるサービスです。

10GB以上のプラン契約者はオプション料金(月額385円)が不要ですので、最低限の用途で問題ない人にとっては大変重宝するでしょう。

マイそくは通信速度によって料金が設定されているプランです。マイそくで選べる通信速度は以下の3パターン。

<マイそく>

  • ライト:月額660円/最大300kbps
  • スタンダード:月額990円/最大1.5Mbps
  • プレミアム:月額2,200円/最大3Mbps

ライトはかなり遅く感じる可能性があるので、スタンダード・プレミアムがおすすめです。

1.5Mbpsや3MbpsはWebサイトの閲覧や標準画質での動画視聴、音楽ストリーミングサービス程度ならストレスなく快適に利用できます。

利用用途を確認し、問題ないようであればmineoに乗り換えるといいでしょう。

国内通話は完全無料にはならない

楽天モバイルは専用アプリ「Rakuten Link」を利用することで、国内通話を無料でかけ放題にできます。

mineoでも「mineoでんわ」という通話アプリがありますが、30秒あたり10円の通話料金が発生するため、Rakuten Linkのように無料では使えません。

mineoは専用アプリとは別で、時間の制限なく電話をかけ放題できるオプションサービスを提供しています。

しかし、月額1,210円を支払う必要があるため、Rakuten Linkのように無料というわけではありません。

乗り換え時に初期費用が発生する

楽天モバイルは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金が発生しません。

しかし、mineoへ乗り換える際、契約事務手数料とSIMカード発行料などの初期費用が発生します。

楽天モバイル解約時の費用だけでなく、mineoを契約する際に発生する初期費用も考慮した上で、乗り換えを検討してみてください。

楽天市場でのポイント倍率が下がる

楽天モバイルからmineoに乗り換えると、楽天市場でのポイント倍率(SPU)が下がることも理解しておく必要があります。

楽天モバイル契約者は、楽天市場で買い物した際のポイントが+1倍される特典を提供しており、解約すると楽天モバイル未契約時の還元率に戻ってしまいます。

貯めたポイントは、楽天市場や街で買い物の支払いに充てられるため、お得にポイントを利用していた人にとっては注意すべき点です。

海外で利用できなくなる

mineoが海外でデータ通信を利用できないことも、一部の楽天モバイルユーザーにとっては注目したいポイントです。

楽天モバイルでは世界66ヶ国と地域において、定額料金で月間2GBまでデータ通信ができるため、便利に感じていた人も多いでしょう。

仕事や旅行で海外に行く機会が多く、mineoへの乗り換えを検討中の人は、ポケットWiFiを別で契約するなど対策をとったほうがいいでしょう。

楽天モバイルからmineoへの乗り換えがおすすめの人

乗り換えがおすすめの人
乗り換えがおすすめの人(引用元:mineo[1]

mineoのメリットとデメリットの両方に目を通した上で、楽天モバイルからmineoへの乗り換えがおすすめの人の特徴を見ていきます。

<楽天モバイルからmineoへの乗り換えがおすすめの人>

  • 楽天モバイルが繋がりにくいと感じている人
  • 毎月の料金を固定化したい人
  • アプリを使わずお得に電話をしたい人
  • 楽天モバイルが0円で使えなくなり、お得な他社を探している人

楽天モバイルが繋がりにくいと感じている人

現在、楽天モバイルの通信が繋がりにくいと感じている人は、ドコモ・au・ソフトバンクの3社から回線を選べるmineoへの乗り換えがおすすめです。

楽天モバイルでは全国の楽天回線エリア内で高速通信が可能ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアと比較すると、通信エリアの狭さが目立ちます。

mineoに乗り換えると、大手3キャリアの回線を利用して、楽天モバイルが通信しにくい場所でも快適に通信を行える可能性が高いです。

毎月の料金を固定化したい人

mineoの料金プランは、希望のデータ容量を選択し、事前に設定された月額料金を毎月支払う仕組みです。

一方、楽天モバイルの場合は、月額3,278円と料金の上限があるものの、あまりデータを使わない人はこの料金プランをもったいないと感じる可能性があります。

mineoなら定額料金を月々支払うだけで済むため、毎月の料金を固定化したい人におすすめです。

アプリを使わずお得に電話をしたい人

楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」から電話をかけることで、国内通話をかけ放題にできます。

しかし、アプリ以外の通話方法がないため、通常の音声通話に慣れている場合は手間を感じたり、アプリを経由すること自体を忘れてしまったりする可能性がでてきます。

mineoでは「かけ放題オプション」に加入すれば、アプリなしでもかけ放題にできるため、電話をする頻度が多いけれどもアプリの利用は避けたい、といった人におすすめです。

楽天モバイルが0円で使えなくなり、お得な他社を探している人

楽天モバイルは、2022年7月1日から新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に移行したことで、1GB以下に抑えれば0円で運用できるという、以前までのメリットが消えてしまいました。

現在は3GBまで月額1,078円と有料化されているため、0円で運用していた人の中には、お得な他社を検討中の人も多いでしょう。

mineoであれば、シングルタイプ1GBなら月額880円で利用することが可能です。

楽天モバイルからお得な他社に乗り換えを検討している人は、mineoのデータ通信専用プランの利用を検討してみてください。

通話かけ放題 最大1年間割引!

楽天モバイルからmineoに乗り換える手順

乗り換える手順
乗り換える手順(引用元:mineo[1]

それでは実際に、楽天モバイルからmineoに乗り換える手順について確認していきましょう。

①乗り換えに必要なものを用意する

mineoに乗り換える際に必要なものを事前に用意しておけば、手続きをスムーズに進められます。

<mineoへの乗り換えに必要なもの>

  • 本人名義のクレジットカート
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • 連絡用メールアドレスと電話番号
  • mineoに対応しているスマホ

音声通話・SMSを利用する場合は、本人確認書類(運転免許証やパスポート、マイナンバーカード)の提示が求められるので準備しておいてください。

また、利用中のスマホをそのままmineoでも使用する場合は、動作確認端末ページで対応状況を確認することも忘れないようにしましょう。

②楽天モバイルでMNP予約番号を取得する

電話番号そのままでmineoに乗り換えたい場合は、楽天モバイルで10桁のMNP予約番号を取得する必要があります。

楽天モバイルのMNP予約番号は「my 楽天モバイル」から即日発行が可能です。

2-1.「my 楽天モバイル」にログインし、各種手続きの「その他のお手続き」から「手続きへ進む」を選択してください。
「my 楽天モバイル」にログイン)
「my 楽天モバイル」にログイン(引用元:楽天モバイル[2]
2-2.次に「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択します。
他社へのお乗り換え
他社へのお乗り換え(引用元:楽天モバイル[2]
2-3.指示にしたがって必要事項を入力し、「MNP予約番号を発行する」を選択してください。
MNP予約番号を発行する
MNP予約番号を発行する(引用元:楽天モバイル[2]
2-4.MNP予約番号、有効期限、電話番号が表示され、「OK」ボタンを押したら手続きは完了です。
「OK」ボタンを押したら
「OK」ボタンを押したら(引用元:楽天モバイル[2]

MNP予約番号の有効期限は、発行日を含めて15日間と定められています。

MNP予約番号の有効期限をすぎると再発行が必要になるため、mineoに乗り換える直前で発行するようにしましょう。

通話かけ放題 最大1年間割引!

③mineoに申し込む

mineoに申し込む方法は、大きく分けて以下の2パターンがあります。

<mineoの申込方法>

  • 公式サイトから申し込む
  • 店舗(mineoショップ)で申し込む

今回は、お得な特典を受けられる可能性が高い公式サイトからの申込手順を解説していきます。

3-1.まずはmineoの公式サイトにアクセスして、右上の「お申し込み」を選択してください。
「お申し込み」
「お申し込み」(引用元:mineo[3]
3-2.必要なものなどの確認ページが表示されることを確認しましょう。
確認
確認(引用元:mineo[4]
3-3.画面下にスクロールして「お申し込み手続きへ」を選択します。
「お申し込み手続きへ」
「お申し込み手続きへ」(引用元:mineo[4]
3-4.契約内容の選択画面に移るので、上から順番にチェックを入れていきましょう。
上から順番にチェック
上から順番にチェック(引用元:mineo[4]
次に進む
次に進む(引用元:mineo[4]
3-5.すべて選択し終えたら、「次に進む」を選択してください。

以降は画面の指示にしたがって、個人情報の入力を進めれば申し込み手続きは完了です。

SIMの到着は、申し込みから3〜4日程度です。

④SIMカードが届いたら回線切り替えをする

届いたmineoのSIMカードを端末に挿入し、電源をオフにした状態で回線切り替えを行ってください。

回線切り替えはmineoのマイページから行うことが可能です。

4-1.mineoの「マイページ」にアクセスし、「eoID」を入力後に「次へ」を選択します。次に「eoIDパスワード」などを入力し、「ログイン」を選択してください。
eoIDでログイン
eoIDでログイン(引用元:mineo[5]
4-2.「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択しましょう。
「MNP転入切替/回線切替手続き」
「MNP転入切替/回線切替手続き」(引用元:mineo[5]
4-3.続いて、SIMカードの台紙に記載してある「ICCID/製造番号」の下4桁を入力後、「回線切替」を選択してください。
eSIMを契約した場合は、「ICCID/製造番号」の入力は不要です。

「ICCID/製造番号」
「ICCID/製造番号」(引用元:mineo[5]
4-4.ここまでの手順が終わると、登録したメールアドレス宛に「回線切替受付メール」が届きます。

メール受信後、auプラン「Aプラン」とドコモプラン「Dプラン」では約30分、ソフトバンクプラン「Sプラン」では約1時間で回線の切り替えが完了します。

回線切替が終わったら、端末の電源を入れて、テストコール「111」または「11112」に電話をかけるとガイダンスが流れ、切替手続きは完了です。

⑤APN設定・データ移行をする

回線切替が終わったら、APN設定やデータ移行を済ませておきましょう。

APN設定・データ移行ともに、Android端末とiOS端末で異なる設定のため、注意が必要です。

<APN設定方法>

設定方法は公式サイトやオンラインチャットで聞くと、スタッフが丁寧に答えてくれます。

自分で設定したい人は、mineoのコミュニティサイト「マイネ王」で調べてみるのもいいでしょう。

なお、APN設定が完了すれば、楽天モバイルの契約が自動解約されるため、自分で手続きを行う必要はありませんよ。

まとめ

今回は楽天モバイルからmineoへの乗り換えを検討している人に向けて、メリットやデメリット、乗り換えがおすすめの人の特徴について解説してきました。

楽天モバイルからmineoへ乗り換えれば、料金が安くなったり、電波の繋がりやすさが改善したりと大変多くのメリットを感じられるでしょう。

また、アプリなしで通話をかけ放題できる点や、データ通信に関するサービスが豊富な点も魅力です。

ただし、国内通話が完全無料でなくなることや、楽天市場でのポイント還元率が下がることなどデメリットがいくつか存在することも事実です。

楽天モバイルからmineoへの乗り換えを検討中の人は、今回の記事を参考にして、自分が本当に乗り換えて満足できるのかを確かめてから申し込みを行ってください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン