楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット・注意点・手順を徹底ガイド!

書いた人: wataru

カテゴリ: ワイモバイル

楽天モバイルからワイモバイル

まだ間に合う!7/25まで!
夏のPayPay祭開催中でワイモバイルがお得!

7月25日までいつでもお得!

終了間近、7/25まで
毎日特典がもらえる!

SIMカードのみの申し込みで

最大7,000円相当のPayPay

対象端末とセットの申し込みで

最大5,555円相当のPayPay

※シンプルLの場合

対象者の方はさらにおトク!
エントリーしてシンプルM/Lを申し込むと

3,000円相当のPayPay

なんとSIMカードのみの申し込みでも最大で10,000円相当分のPayPayボーナスがもらえるお得な特典となっています!

格安スマホを検討中であればワイモバイルが今ならお得です!

この期間限定でシンプルS/Mの場合の
SIM特典が1,500円増額!!

1年間無料キャンペーンが終了した楽天モバイルユーザーのなかには、楽天回線になかなか繋がらず、通信速度が安定しないと不満な人もいるのではないでしょうか。

そんな人にはワイモバイルがおすすめです。ワイモバイルなら楽天回線よりも回線エリアが広い分繋がりやすく、家族割やおうち割などの割引を使うと楽天モバイルよりも安く利用できます。

そこで本記事では、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット・デメリット・乗り換え手順を解説しています。乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット
ワイモバイルには家族割や安定した通信速度などのメリットがある!

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えようと考えている人は、ワイモバイルに乗り換えることでどんなメリットがあるのか?について気になるかと思います。

本章ではワイモバイルに乗り換えるメリットをまとめて紹介します。

家族でまとめて利用すれば料金が安くなる!

※横にスクロールできます。

シンプルS シンプルM シンプルL 楽天モバイル
GB数 3GB 15GB 25GB 無制限
料金 2,178円 3,278円 4,158円 ~3,278円
家族割、適用後料金 990円 2,090円 2,970円 家族割はない

上記の表はワイモバイルのシンプル(S、M、L)と楽天モバイルの料金の比較です。

楽天モバイルは家族割やおうち割などの割引がないので月額料金は3,278円のままです。

一方、ワイモバイルは家族で入会すると、2回線目以降の月額料金が1,188円割引されます。すると25GBのシンプルLでも、楽天モバイルよりも安くなりますね。

楽天モバイルはデータ量が無制限なのは楽天回線エリアのみで、楽天エリア外の利用になるとデータ量は5GBまでになります。

そのため、楽天回線エリアが使いづらく、家族でまとめてワイモバイルを利用できる人は、ワイモバイルがよりお得に使えるでしょう。

対応エリアが広い!安定した通信速度

楽天モバイルの楽天エリア対応回線エリアは、都心部ならば対応しているエリアが多いですが、発展途中なので、繋がらない地域もまだまだあります。

一方、ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を利用しているので、楽天エリアより対応エリアが広いことに加えて、大手キャリアと同等の安定した速度で快適に利用できます。

自分がスマホをよく利用するエリアでなかなか楽天回線が使えなくて、不便に感じている人は、対応エリアの広いワイモバイルの契約を検討してみましょう。

ソフトバンク光・Airとのセット割引(おうち割)が適用できる!

ワイモバイル 楽天モバイル
サービス名 おうち割 楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン
割引内容 毎月1,188円の割引 1年間の楽天ひかりの月額料金が無料

ワイモバイルと楽天モバイルには、光回線との連携サービスがあります。

ワイモバイルの場合はSoftBank AirとSoftBank光をセットで契約すると、1人あたり毎月1,188円の割引が受けられます。

家族割は2回線目以降から割引が適用されるのに対して、おうち割は1回線目から割引が適用されます。ただし、家族割とは併用不可の割引になります。

一方、楽天モバイルは楽天ひかりとセットで契約すると、1年間だけ楽天ひかりの月額料金が無料になります。

1年間無料なのは魅力的にみえますが、現時点では長期目的で利用するならばワイモバイルのほうがトータルでお得に使えるようになるでしょう。

PayPayボーナスが貯めやすい!

PayPayはソフトバンクと連動したスマホ決済のため、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルとも相性がよく、PayPayボーナスが貯めやすいのも大きな特徴です。

ワイモバイルユーザーならPayPayモールやYahoo!ショッピングをPayPay残高で利用すると、18%~22%相当のポイントが還元される超おトクキャンペーンが行われています。

普段からPayPayをよく利用している人なら、ぜひ活用したいキャンペーンです。

貯まったPayPayボーナスは、ワイモバイルの携帯料金に充当できるので、ショッピングをしながら携帯料金を安くすることもできますよ。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際の注意点・デメリット

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際の注意点・デメリット
ワイモバイルにはデータ無制限プランがないなどのデメリットも

ワイモバイルに乗り換えるメリットを説明してきましたが、逆に乗り換えの際に注意するべきことやデメリットもあります。

この章ではこれから乗り換えを考えようとしている人に向けて、注意点とデメリットをまとめて解説します。これらを踏まえてワイモバイルの契約を検討してみましょう。

ワイモバイルには無制限プランはない

ワイモバイル 楽天モバイル
料金制度 定額制 従量制
GB数 3GB、15GB、25GB 無制限

楽天モバイルには無制限プランはありますが、ワイモバイルには無制限プランはありません。

ワイモバイルは最初から月のGB数が決まっている「定額制」で、楽天モバイルは使った月のGB数に従って料金が請求される「従量制」というように料金制度が異なります。

楽天モバイルの従量制プランは1GBまでなら0円、3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、20GB以上なら3,278円と月々のGB数によって料金が変動するので、GB数の無駄のない使い方がしやすいのが特徴です。

ワイモバイルは定額制で月々の料金は変動しないので、3GB、15GB、25GBといったGB数を毎月ぴったりに近い使い方をする人はワイモバイルのプランは使いやすいでしょう。

かけ放題には別途通話オプション(有料)に加入する必要がある

楽天モバイルは「Rakuten Link」というアプリを利用すると追加料金無しで、通話がかけ放題になります。

一方、ワイモバイルではかけ放題を利用するには、オプションとして別途料金がかかります。

だれとでも定額 スーパーだれとでも定額
月額料金 770円 1,870円
通話時間 1回10分以内国内通話かけ放題 24時間国内通話かけ放題

そのため、かけ放題を利用したい場合は、基本料金とかけ放題オプション代をプラスした料金と楽天モバイルの料金比較してみて、ワイモバイルへの乗り換えを考えてみてください。

楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えはどういう人がおすすめ?

楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えはどういう人がおすすめ?
乗り換えにおすすめな人はどんな人?

乗り換えるをおすすめできるのは以下のような人です。

・家族割を使いたい
・対応エリアの広い回線を使いたい
・ソフトバンクの光回線サービスを使っている人
・PayPayをよく利用している人
・3GB、15GB、25GBといった決まったGB数で使いやすい人

ワイモバイルの基本料金は2,178円~4,158円になりますが、家族割やおうち割のいずれかを適用すると月額料金が1,188円割引になります。

楽天モバイルには家族割がありません。家族でまとめて契約して家族割りをお得に利用したい人は、ワイモバイルの家族割はおすすめですね。

また、ワイモバイルは割引だけはなく、対応エリアが広いこと、安定した通信速度で利用できるのもよいところです。これまで楽天回線がなかなか繋がらず不便に感じていた人は、ぜひワイモバイルを利用してみてください。

ただ、通話に関しては、楽天モバイルは無料でかけ放題が使えるのに対して、ワイモバイルでかけ放題を使うならオプション加入で別途料金が発生してしまいます。かけ放題を利用したい人はオプション込の料金で、ワイモバイルと楽天モバイルの料金を比較してみましょう。

PayPayを普段使っている人にもワイモバイルは注目です。ワイモバイルユーザーならPayPayモールやYahoo!ショッピングでお買い物をするとポイントが18%~22%も還元されます。

そして楽天モバイルはデータ量が無制限で利用できますが、ワイモバイルには無制限のプランはなく最大データ量は25GBまでになります。ワイモバイルは3GB、15GB、25GBの定額制なので、毎月これらのデータ量を使う人はワイモバイルのプランは使いやすく感じるでしょう。

ワイモバイルで適用したい割引・キャンペーン

ワイモバイルは割引とキャンペーンを利用すると、さらにおトクに利用できます。

この章ではワイモバイルユーザーならば活用したい割引とキャンペーンをまとめて紹介していきます。

下取りプログラム

ワイモバイル 下取りプログラム

ワイモバイルの「下取りプログラム」を利用すれば、他社で購入した旧端末をワイモバイルに下取り出すことでPayPayボーナス還元or機種代金の割引が受けられます。

機種 正常品 破損ありP
Rakuten BIG 21,600円相当 6,480円相当
Rakuten Hand 4,800円相当 1,440円相当
Rakuten Mini 4,800円相当 1,440円相当

楽天モバイル専売スマホの「Rakuten BIG」「Rakuten Hand」「Rakuten Mini」も下取り対象端末であり、最大で21,600円相当の割引を受けることができます。

新しくワイモバイルでスマホを新調する場合は、ぜひ下取りを活用してお得に契約をスタートさせましょう。

家族割

ワイモバイル 家族割

家族分とまとめてワイモバイルを契約すると、2台目以降が最大で1,188円割引になります。

ワイモバイルの新プランであるシンプルS/M/Lプランに契約した人なら1,188円割引が適用されます。

一緒に住んでいる家族だけでなく遠くの親戚から、同居中の恋人も割引適用範囲です。

おうち割セット

ワイモバイル 家族割①

おうち割光セット(A)では「SoftBank Air」「SoftBank 光」とシンプルS/M/Lプランをセットで契約すると、毎月1,188円が割引になります。

家族割は2回線目以降から割引が適用されるのに対して、おうち割は1回線目から割引が適用されます。ただし、家族割とは併用不可の割引になります。

ワイモバイル おうち割②

またおうち割には、おうち割 でんきセット(A)という割引もあります。

おうち割 でんきセット(A)では対象になるでんきサービスとワイモバイルのプランに加入すると、毎月の携帯料金が110円割引になります。

対象端末が最大21,600円値引き(公式オンラインショップ経由)

対象端末が最大21,600円値引き(公式オンラインショップ経由)

現在オンラインストアでは、人気機種が最大21,600円割引になるセールが開催されています。あのiPhone 12が18,000円割引で購入できるチャンスです。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

5のつく日・日曜日に最大7,000円相当PayPayボーナス還元(ワイモバイルヤフー店経由)

5のつく日・日曜日に最大7,000円相当PayPayボーナス還元(ワイモバイルヤフー店経由)

5のつく日・日曜日にワイモバイルを契約すると、5,555円相当~7,000円相当のPayPayボーナスが受け取れるキャンペーンも行われています。新規・他社から乗り換えた人が対象です。

SIMカードの申し込みなら7,000円相当、iPhone・スマホの購入なら5,555円相当のPayPayボーナスが受け取れます。

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順

最後に楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える手順を解説します。これから乗り換えをしようとしている人は参考にしてみてください。

STEP1. 楽天モバイルでMNP予約番号を取得

乗り換えるためには「MNP予約番号」が必要になります。

MNP予約番号を取得するには、楽天モバイルのページ右上にある三本線のメニューから「my 楽天モバイル」→「契約プラン」→「各種手続き」→「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」と手続きしましょう。

STEP2. ワイモバイルで申し込みを進める

楽天モバイルからMNP予約番号を取得したら、ワイモバイルの申し込みをしましょう。

ワイモバイルは「ワイモバイルオンラインストア」もしくは「ワイモバイル オンラインストア ヤフー店」にて申し込めます。

ワイモバイル オンラインストア ヤフー店の場合は、ヤフーIDが必要になります。オンラインストアだけでなくワイモバイルの取扱店舗でも申し込めます。

SIMカードのみを申し込むのか?もしくは端末とSIMカードをセットで申し込むのか?契約プラン・オプションの加入、個人情報の入力などの申し込みを進めていきましょう。

また5のつく日・日曜日にワイモバイルを契約するとポイントがもらえるキャンペーンがあるので、これらの日に申し込むのがおすすめです。

他にもオンラインストアでは端末が安く購入できるキャンペーンもやっています。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

STEP3. 商品到着後、初期設定を行う

ワイモバイルからSIMカードと端末が届いたら初期設定を行いましょう。

①My Y!mobileの初期登録をする
②Y!mobileサービスの初期登録をする
③Y!mobileメールアプリの設定をする
④Googleアカウントの設定をする
⑤PayPayアプリの登録をする
⑥バックアップやデータの引き続きをする

これらの手順を踏めばワイモバイルが利用できるようになります(Androidの場合)。

以上はAndroidの場合の手順ですが、Android、iPhone、SIMフリーAndroid、SIMフリーiPhoneの4つでそれぞれ操作方法が異なります。

各操作方法の詳細はこちらの公式サイトを参考にして操作を進めてみてください。

STEP4. 回線切り替え手続きを実施

回線の切り替え手続きの方法は、配送された商品に同封している書面に書いてあります。

記載してあるワイモバイルの電話番号に、電話を掛けるだけで回線の切り替えは完了します。

<ワイモバイルカスタマーセンター切替え窓口>

電話番号:0800-919-9809
受付時間:10:00~19:00

上記の番号に電話をして音声ガイダンス沿って操作すれば切り替えの完了です。

STEP.5 ネットワーク設定(APN設定)をする→利用開始

他社回線(ソフトバンク回線以外)のスマホを流用したり、SIMフリー端末を流用したりする人は「APN」設定をしなくてはいけません。

APN設定とは、「Access Point Name(アクセスポイント名)」の略称です。

通信回線会社はこのAPNを所有することで、自社のスマホのユーザーに対してインターネットを接続させています。

ワイモバイルで購入したスマホならば、すでにAPNが設定してあるので、設定の必要がありません。ただワイモバイルの端末でも一部APNが設定されていない端末もあるので必ず確認するようにしましょう。

APN設定の方法は、以下のリンクで公式に案内されています。

まとめ:安定した通信速度を求めたいならワイモバイルを利用しましょう

ワイモバイルに乗り換えるのがおすすめなのは以下のような人です。

・安定した通信速度を求めたい人
・家族でまとめて契約したい人

楽天回線がなかなか繋がらなくて不満に思っている人は、ソフトバンクの自社回線で安定した通信速度で利用できるワイモバイルの利用を検討してみてください。

家族割やおうち割などを活用すれば、楽天モバイルよりも安く利用できます。

ただワイモバイルは楽天モバイルと比べると、以下のようなデメリットもあります。

・データ量が無制限でない
・かけ放題を利用するには別途料金が必要

ワイモバイルのデータ量は25GBが最大なので、25GB以上のデータ量を使いたい人は楽天モバイルでの利用をおすすめします。

また、かけ放題を利用するにはオプション加入で別途料金が発生するので、かけ放題を利用したい人はオプション込みの料金で比較してみてください。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

wataru

わたる

Android溺愛ライター

プロフィール

埼玉県川越市在住のWebライター。元々小説家になりたかったこともあり、文章を書くのが好きだったので、WEBライターを始めました。2018年頃から様々なメディアで執筆しています。

スマホ関連のメディアでは80記事以上執筆した実績があります。スマホサービスの複雑なところを、的確に分かりやすくまとめるのが得意です。

iPhoneよりもAndroidが好きで、長年Androidを使っています。特にAqousシリーズが好きで愛用しています。ただ最近はiPhoneにも目移りしそうです。

プライベートではウクレレを弾くのが好きです。地元のライブハウスに出演するのを目標としています。

得意カテゴリー

格安SIM・ドコモ全般・スマホ決済・節約・税金

メディア実績

【Webメディア】

  • SIMCHANGE
  • bitwave
  • しむぐらし

特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン