お得にソフトバンクの機種変更をするには?利用できるキャンペーンは?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク 機種変更

ソフトバンクの機種変更には、月額料金をさらに安くするさまざまなキャンペーンがあることをご存知でしょうか。キャンペーンを駆使することで、年間数万円単位の節約ができることもあります。

しかし、ソフトバンクをはじめとする携帯キャリアの料金形態・キャンペーン条件などは複雑に設定されており、自分がどのパターンに当てはまるのか読み解くのにはコツが必要です。

今回の記事では、機種変更をお考えのソフトバンクユーザーに向けて、お得に機種変更するために知っておくべきポイント、キャンペーンの詳細をわかりやすく解説していきます。

目次:

お得に機種変更をするタイミング

スケジュール イメージ

まずはいつが機種変更にベストなタイミングなのかを認識しておきましょう。

機種変更に適しているタイミングというのは、以下の2つを満たしている状況です。

・利用中のキャンペーンの割引をすべて受け取っている
・機種代金を完済している

この2つの条件に注意をすることで、機種変更に伴って発生する費用を最小限に抑えることができます。

現在利用中のキャンペーン・割引をすべて受け取っている

機種変更をきっかけに割引が終了したり、機種変更時に別途追加の手数料がかかったりするようなキャンペーンを利用中の場合、それらの不利益を避けられるタイミングを見計らいましょう。

後述に登場する「トクするサポート(旧:半額サポート+)」では、端末購入から25ヶ月目に機種変更をすれば、それ以降の端末料金を支払うことなく次の新しい端末に機種変更することができ、実質端末料金が最大で半額になります。

逆に、24ヶ月未満で機種変更してしまうと、機種代金半額はおろか残りの割賦残債をすべて負担しなくてはならなくなります。

利用中のキャンペーンにこのような条件がないか、よく確認しておきましょう。

機種代金を完済している

現在利用している機種の代金をまだ完済していない状態での機種変更をすると、分割契約をしているのではあれば新機種の代金と重複で料金を支払う期間が生じてきてしまいます。

旧機種を今後サブスマホなどとして活用する場合は例外ですが、そうでない場合では使っていない機種に対して料金を支払っているような状態になってしまう為、なるべく完済後に新機種へ機種変更をしましょう。

ソフトバンクの機種変更で利用できるキャンペーン

ソフトバンク オンラインショップ キャンペーンTOP

機種変更の際に利用できるキャンペーンには以下のようなものがあります。

キャンペーン名 内容 最大特典金額
下取りプログラム 利用中端末を下取りに出すことで月額料金割引を受けられる 60,000円
トクするサポート
(旧:半額サポート+)
端末購入から25ヶ月目以降の機種変更で残りの端末代金が無料になる 端末代金半額

新しいスマホの下取りキャンペーン

ソフトバンク 下取りプログラム 機種変更

現在利用中のスマホなどの端末を機種変更時に下取りに出すことで、最大で60,000円の料金割引を受けられます。この割引金額は24ヶ月に分割され、毎月の月額料金から差し引かれる形で還元されていきます。

このキャンペーンの適用条件は以下のように設定されています。

適用条件

・下取りの端末はソフトバンク購入のものである
・ソフトバンクでの査定を受ける
・変更する機種はソフトバンクが指定するもの
・製造番号(IMEIなど)が確認でき、かつメーカーの保証対象内の状態である
・電源が入る状態である(スリープモードが正常に起動する)
・初期化されている状態である(各種ロックが解除されている)

下取りの対象機種・買取金額(iPhone)

下取り対象機種 買取金額
正常品 破損品
iPhone XS Max 60,000円
(2,500円×24回)
18,000円
(750円×24回)
iPhone XS 48,000円
(2,000円×24回)
14,400円
(600円×24回)
iPhone XR 30,000円
(1,250円×24回)
9,000円
(375円×24回)
iPhone X 39,600円
(1,650円×24回)
11,880円
(495円×24回)
iPhone 8 Plus 28,000円
(1,200円×24回)
8,640円
(360円×24回)
iPhone 8 21,600円
(900円×24回)
6,480円
(270円×24回)
iPhone 7 Plus 21,600円
(900円×24回)
6,480円
(270円×24回)
iPhone 7 14,400円
(600円×24回)
4,320円
(180円×24回)
iPhone 6s Plus 8,400円
(350円×24回)
2,520円
(105円×24回)
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6 6,000円
(250円×24回)
1,800円
(75円×24回)
iPhone SE 4,800円
(200円×24回)
1,440円
(60円×24回)
iPhone 5s 2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone 5c
iPhone 5 1,200円
(50円×24回)
360円
(15円×24回)

下取りの対象機種・買取金額(Android)

下取り対象機種 買取金額
正常品 破損品
Aグループ※1 9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
Bグループ※2 4,800円
(200円×24回)
1,440円
(60円×24回)
Cグループ※3 2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
上記以外のスマートフォン※4 1,200円
(50円×24回)
360円
(15円×24回)
ケータイ 2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)

※1:Google Pixel 3、Google Pixel 3 XL、Xperia XZ2、AQUOS R2、AQUOS R compact

※2:Xperia XZ1、HTC U11、HUAWEI Mate10 Pro

※3:Xperia XZs、Xperia XZ、Xperia X Performance、Xperia Z5、AQUOS R、AQUOS ea、Galaxy S6 edge、HUAWEI nova lite 2

※4:Xperia Z4、Xperia Z3、Android One S3、Nexus 6P、AQUOS Xx3 mini、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、AQUOS CRYSTAL X、AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、AQUOS PHONE Xx 206SH、AQUOS PHONE Xx 302SH、STAR WARS mobile、ARROWS A 301F、DIGNO® J、DIGNO® G、DIGNO® F、DIGNO® U、シンプルスマホ4、シンプルスマホ3、シンプルスマホ2、HTC Desire X06HT、HTC Desire X06HT II、HTC Desire HD 001HT、DELL Streak 001DL、DELL Streak Pro 101DL

下取り金額は現状iPhone Xが最も高い値段となっており、以降は発売が新しい順にiPhoneシリーズが並びます。AndroidはiPhoneシリーズと比べると全体的に据え置きの金額設定です。

また、画面割れや本体キズなどの破損品は、3分の1程度まで下取り金額が減少してしまうので注意しましょう。

電源が入らない、初期化・各種ロックの解除ができていない端末は下取り自体の対象外です。

機種代金が最大半額になるキャンペーン

トクするサポート適用時料金イメージ表

「トクするサポート」を活用すれば、25ヶ月目以降に新しい端末を購入する際、今までの端末の料金を以降支払う必要がありません。

このキャンペーンの適用条件は以下の通りです。

・対象機種を分割48回払いで購入する
・「パケット定額サービス」または「データ定額サービス」への加入をする
・本キャンペーンを端末購入時に申し込みし、毎月390円を支払う
・25ヶ月目以降に機種変更をする
・機種変更後、翌月末までに今までの端末を下取りに出す

機種変更に必要なものや準備は?

書類 イメージ③

機種変更の手続きを行う際に、必ず用意しておかなくてはいけないものは「本人確認書類」「現在利用中の端末とSIMカード」の2点です。

手続き書類の捺印欄はサインでも代用できますが、一応印鑑も持参しておいたほうが安心です。

本人確認書類として認められるものは以下のようなものがあります。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳
・カードマイナンバーカード
・保険証
・在留カード
・障がい者手帳
など

保険証のように顔写真付きでないものを利用する場合は、直近3ヶ月以内の公共料金の領収書など、補助書類が必要です。

契約者が未成年で本人が手続きをとる場合、上記に追加で「親権者の本人確認書類」と「親権者同意書」が必要です。

病気などが理由で契約者本人以外が機種変更手続きを行いたい場合は、「契約者本人の委任状」と「申し込み代理人の身分証明書」が追加で必要となります。

また、機種変更を行う前段階の準備として、現在の利用している端末データのバックアップを取っておきましょう。

ソフトバンクショップで機種変更を行うのであれば、データ移行作業を行ってもらうことができますが、万が一の際の備えも必要です。

さらに、機種変更とあわせてプランの見直しを行うと効率的です。

無料通話分やデータ通信量が余っているのであれば、プランを縮小することで月額料金を節約できます。

プラン変更で違約金が発生してしまうケースもあり得るため確認は慎重に行いましょう。

機種変更をするための手順

オンラインショップから機種変更手続き イメージ

機種変更は、ソフトバンクショップ店頭で行う方法と、オンラインショップで端末を購入し自身で行う方法の2通りあります。

初期費用の内容の違いから、店頭手続きをすると費用が高くなる傾向があります。

店頭の場合

実店舗のソフトバンクショップで機種変更する場合は、上記に挙げた必要書類と利用中の端末、SIMカードを持ってスタッフに問い合わせましょう。

各種案内や利用開始の手続きなどはすべて代行してもらえます。プランの変更も行いたい場合は、その旨も伝え同時に手続きをとると効率的です。不明点などはその場で質問ができるため、安心して機種変更を行うことができます。

新しい機種での利用開始が即日でできるため、利用中の端末の故障など緊急の場合はショップでの機種変更がいいでしょう。希望する端末の店内在庫がない場合、入荷後の後日来店が必要となります。前もって電話などで確認をしておくとよりスムーズです。

オンラインショップの場合

ソフトバンクのオンラインショップで機種変更する場合は、ウェブサイトの端末一覧から希望の端末を選択し「購入する」の項目から進めていきます。

次の画面では「機種変更」「新規契約」「MNP」の3つが手続き方法として提示されるので、機種変更を選択します。

その後、年齢や購入端末の配送先、本体カラー、端末料金支払いの分割回数、契約プランなどを任意のもので選択していきます。

途中でMy SoftBankアカウントの入力を求められるため、アカウント情報または電話番号と4桁の暗証番号を用意しておきましょう。名前、住所、支払い方法など必要情報の入力の後、スマートフォンで撮った写真をアップロードする形で本人確認書類の提出を求められます。

ここまでの作業が完了した後、ソフトバンクによる審査が行われ問題がなければ指定の住所に購入端末が届きます。滞りがなければ、申し込み完了から3日ほどで到着しますので、ご自身でSIMカードの差し替えなど、利用開始の手続きを行ってください。

店頭での機種変更にかかる時間は?

待ち時間 イメージ

携帯キャリアのショップで長時間待たされることは、往々にしてあり得ることです。曜日や時間帯など混雑具合によって待ち時間は変わりますが、早くても数時間、ひどい場合だと半日からそれ以上かかるケースもあります。

飛び込みではどうしても順番待ちの最後尾からスタートとなってしまうので、ここでは事前の来店予約を強くおすすめします。ソフトバンクショップ各店の電話やウェブページから予約をすることができるため、予約時間にそのショップへ来店すれば優先的に案内を受けることができます。

機種変更の手続きは契約内容やキャンペーンの説明などがあるため、案内自体が長引きやすいものです。店頭での機種変更をするのであれば必ず来店予約をしておきましょう。

機種変更するならオンラインショップが良い理由

オンラインショップ申し込み イメージ

多少ソフトバンクの契約プランや、キャンペーン、端末の操作などに心得があるのであれば、オンラインショップを使っての機種変更がおすすめです。

機種変更に伴う手続きのすべてをウェブ上で行えるため、店頭での待ち時間もありません。端末自体も送料無料で受け取れるため、大変メリットの大きい手続き方法です。

待ち時間がない

前述の通り、ソフトバンクショップでの手続きは店頭の混雑具合に比例して待ち時間がどんどん長くなります。また、案内自体も長時間かかるため、結局は何時間もショップに留まらなくてはなりません。

一方、オンラインショップでの手続きであれば24時間、時間を気にせずいつでも手続きを開始できます。手続き自体も画面の案内に沿って行うだけなので、それほど難易度が高いものではありません。

頭金や送料がかからない

ショップで機種変更を依頼した場合、初期費用として10,000円近くの「頭金」なるものが請求されます。通常頭金とは、分割購入の際の初回支払い分、というのが一般的な認識ですが、ソフトバンクでの端末購入においてはそれらとも違う、ただ単純な手数料に似た追加徴収金という位置づけです。

しかし、オンラインショップでの手続きであればこの頭金が一切かかりませんし、ソフトバンクのオンラインショップで品物を購入した場合、5,400円以上のお買い上げで送料が無料になります。スマホ端末を購入すれば、確実に5,400円は上回るため実質送料は無料と考えることができます。

機種変更におすすめのソフトバンクの端末は?

おすすめ イメージ

ここからは、機種変更に最適なソフトバンク取り扱い端末を7機種紹介していきます。

どの端末も「トクするサポート」に対応しているため、25ヶ月目以降に次の端末に機種変更すれば本体金額を半額で済ませることができます。

iPhone 8

iPhone 8
iPhone 8 主要スペック
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1,334×750
重量 148g
背面カメラ 12メガピクセル
前面カメラ 7メガピクセル
OS iOS11
内蔵メモリ 64GB / 256GB
カラー シルバー / スペースグレイ/ ゴールド/レッド

最新機種のiPhone11シリーズが登場した今もなお根強い人気の端末です。本体サイズがiPhone 11シリーズよりも小ぶりであるため、女性にも扱いやすい端末として重宝されています。

指紋認証やApple Payなど、日常使いに便利な機能も搭載しています。手ぶれ補正機能や4K撮影対応など、カメラの性能を十分以上に高く、今後もしばらく人気は衰えないと予想されます。

iPhone 8のレビュー記事はこちら

iPhone 11

iPhone 11
iPhone 11 主要スペック
画面サイズ 6.1インチ
解像度 1,792×828
重量 194g
背面カメラ 12メガピクセル
前面カメラ 12メガピクセル
OS iOS13
内蔵メモリ 64GB / 128GB / 256GB
カラー ブラック / グリーン / イエロー / パープル / PRODUCT RED / ホワイト

iPhone XRの後継機である「iPhone 11」。サイズ感はiPhone XRと変わらないものの、CPUは「A13 Bionic」に、カメラは「デュアルカメラ」へとパワーアップ。

豊富なカラーバリエーションはiPhone XRから継承しています。新カラーにグリーンとパープルが登場。クリアで柔らかく優しい印象のiPhoneになりました。

上位機種のiPhone 11 Proと基本スペックは変わらず、価格が抑え目で手に取りやすいiPhoneです。

iPhone 11のレビュー記事はこちら

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro 主要スペック
画面サイズ 5.8インチ
解像度 2,436×1,125
重量 188g
背面カメラ 12メガピクセル
前面カメラ 12メガピクセル
OS iOS13
内蔵メモリ 64GB / 128GB / 256GB
カラー ゴールド / スペースグレイ/ シルバー / ミッドナイトグリーン

iPhone XS / iPhone XS Maxの後継機「iPhone 11 Pro / 11 Pro Max」。超広角、広角、望遠の「トリプルレンズ」と「ナイトモード」搭載でさらに綺麗な写真が簡単に撮れるようになりました。

バッテリー性能は、iPhone XSより最大4時間も長いバッテリー駆動時間を実現。耐水性能は、iPhone XSでは「水深2mで最大30分間」ところ、iPhone 11 Proでは「水深4mで最大30分間」耐えられるように大きく向上しました。

背面が「テクスチャードマットガラス」というマットなガラス素材で、今までにない高級感もありつつ落ち着いた印象になりました。

iPhone 11 Proのレビュー記事はこちら

Google Pixel 3a

Pixel 3a
Pixel 3a主要スペック
画面サイズ 5.6インチ
解像度 2,220×1,080
重量 147g
背面カメラ 12.2メガピクセル
前面カメラ 8メガピクセル
OS Android 9 Pie
内蔵メモリ 64GB
カラー Just Black / Clearly White

Googleが発売元となるPixel 3の廉価版端末です。前シリーズのPixel2 までは海外のみでの流通でしたが、このPixel 3シリーズから日本での正規販売が始まりました。

端末を握りしめることでGoogleアシスタントが機能する「Active Edge」など、Googleの機能を余すことなく使うための配慮がなされています。日本使用におサイフケータイにも対応しており、利便性も十分です。

Google Pixel 3aのレビュー記事はこちら

AQUOS R3

AQUOS R3
AQUOS R3主要スペック
画面サイズ 6.2インチ
解像度 3,120×1,440
重量 185g
背面カメラ 12.2メガピクセル
前面カメラ 16.3メガピクセル
OS Android 9
内蔵メモリ 128GB
カラー ピンクアメジスト / プラチナホワイト / プレミアムブラック

シャープから発売されているハイエンドスマートフォンです。

特徴はなんといっても内蔵カメラの解像度の高さです。背面の標準カメラを上回る画素数を誇るインカメラを搭載しており、これ以上ない美しさで自撮り写真を撮影することができます。

手ぶれ補正やスローモーション撮影など特にカメラ機能に重きを置いた1台です。

AQUOS R3のレビュー記事はこちら

Xperia 1

Xperiaの”Xperia 1
Xperia 1主要スペック
画面サイズ 6.5インチ
解像度 3,840×1,644
重量 178g
背面カメラ 12.2メガピクセル
前面カメラ 12.2メガピクセル
OS Android 9
内蔵メモリ 64GB
カラー ブラック / ホワイト / グレー/パープル

日本のスマートフォンメーカーの雄、ソニーが発売する現状最高スペックのスマートフォンです。12:9の比率の超ワイドディスプレイは4K画質に対応しており、超美麗な映像体験を可能にしています。

また、このワイドな画面を十二分に生かした分割ディスプレイ機能を搭載しており、動画を再生しながらブラウジングをする、などの使い方が可能です。

Xperia 1のレビュー記事はこちら

まとめ

まとめ イメージ

ここまでソフトバンクユーザーに向けて、機種変更についてさまざまな角度からの情報を紹介してきました。

改めて注意するべきポイントをまとめると以下のようになります。

・機種変更は現在利用中のキャンペーンを最大限活用し、機種代金を完済し終えた後に行う
・スマホの下取りキャンペーンやトクするサポートなどの機種変更に有利なキャンペーンを活用する
・機種変更の方法はオンラインショップの利用がおすすめ

以上の情報をもとにお得に機種変更を行ってみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp