おや?スマホの充電ができない!? 覚えておこう!充電トラブルの原因と対処法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
おや?スマホの充電ができない! 覚えておこう!充電トラブルの原因と対処法

毎日、スマホを活用するために必要不可欠な“充電”。しかし、その充電ができなくなってしまったら・・・。「 ケーブルの故障 」「スマホ本体のトラブル」「バッテリー自体の故障」 と考えられる理由も様々。この記事ではスマホが充電できない原因を突き止め、正しく充電できるように対処する方法をお教えします。

目次:

1. 充電ケーブルの故障で接続不良を起しているかも?

充電ケーブル トラブルの多いもの
最も多いのが充電ケーブルのトラブル

毎日、「つなぐ・はずす」を繰り返しているだけに、充電ケーブルは劣化しやすい付属品。意外とナイーブで壊れやすい部品なので、まずはケーブルの不調・不良を疑ってみてください。

端子の根元を固定してみよう

繰り返し利用したことで、ケーブル内部で断線が起こっている可能性もあります。端子の根元がウィークポイントなので、該当箇所のケーブルがまっすぐになるように固定してみましょう。もし一瞬でも充電が開始されたとすれば、ケーブル不良にほぼ間違いありません。

充電ケーブル 応急処置はテープで巻く
テープでぐるぐる巻きにして応急処置

純正の充電ケーブルに変えてみよう

激安のLightningケーブルなども販売されていますが、安価なケーブルには正規認証の「MFI」を通過していない粗悪品もたくさんあります。最初は使えていたのに、急に利用できなくなってしまった・・・なんて経験をされたことがある人も多いのではないでしょうか。

純正以外の充電ケーブルを使っていて急に充電できなくなった場合は、スマホに付属している純正のケーブル、充電アダプタを試してみましょう。

充電ケーブル 付属のものは安心
付属のケーブルを使うのがやはり確実!
充電アダプタ 純正のものが望ましい
アダプタ側も純正の物を用意しましょう

2. スマホ本体の故障が原因かも?

スマホ本体にトラブルが!?
スマホ本体に何かしらのトラブルが…!

時に乱雑に扱ってしまうこともあるケーブルだけに、まず最初に故障を疑うのは正しい考え方です。しかし、日々のスマホの使用を通して、ダメージを受けているのはケーブルだけではありません。スマホ本体もダメージを蓄積しているのです。

スマホを再起動してみよう

スマホのソフトウェアにトラブルが発生し、充電機能がフリーズしてしまっている可能性もあります。直し方は簡単。一度、スマホを再起動してみましょう。または、電源を切った状態で充電できるか試してみるのもいいでしょう。

スマホ本体を再起動してみよう
スマホ本体を再起動してみましょう

接続箇所を掃除してみよう

充電ケーブルとの接続箇所は複雑な形状をしていて、接点となる部分には金属が使われています。ここにゴミやホコリが詰まっていて充電できなくなっていることも・・・。そんなときは、ブロワーなどでゴミを吹き飛ばしてみましょう。
異物による接触不良は出火の危険性もあるので、日常的に掃除するように心がけてください。

充電ケーブルの差込口も綺麗にしよう
清掃にはブロワーが便利です

また、バッテリーが取り外せるタイプは、バッテリーとの接続箇所を綿棒や柔らかい布などで掃除します。この場合、必ずから拭きで作業してください。水濡れは厳禁です!

バッテリーが外せる場合は接点部分を麺棒などで軽くゴシゴシ
接続箇所を綿棒などで軽くゴシゴシ

しばらく充電を続けてみよう

スマホの電源もつかなくなってしまった場合は、バッテリーの充電がスッカラカンになってしまっている可能性があります。そのまま30分ほど充電を続けて、改めてスマホの電源を入れてみましょう。

もしかしてバッテリー切れかも?
バッテリーが0で力尽きているだけかも?

3. バッテリーが寿命を迎えてしまったかも?

バッテリーは消耗品
バッテリーは消耗品です

長年酷使したスマホにありえる原因が、バッテリーの経年劣化です。

バッテリーが原因の場合、いきなり充電できなくなるというケースは稀です。多くの場合、ゆるやかに劣化していき、徐々にバッテリー稼働時間が減少してきます。しかし、バッテリーも精密機器の一部。使用環境などによっては突然充電できなくなるといったこともあります。

分解しないとバッテリーを取り出せないものがほとんど
最近は分解しないとバッテリーを取り出せない機種がほとんど

しかし、最近発売されているほとんどのスマホは、バッテリーの取り外しができません。そのため、バッテリーが原因の場合は、修理に出す形になってしまいます。キャリアなどでは修理の間、代替機を貸し出してくれたりするので、早めにサポート窓口に駆け込みましょう。

バッテリーの劣化を未然に防ぐ方法、修理の方法などは下記の関連記事を参考にしてください。

4. それでもダメなら修理窓口へ

もしものときはサポートセンターへ相談
サービスカウンターやサポートセンターに相談しましょう

バッテリーの異常は、外から見ただけで原因を正確につかむことが難しいです。加えて、バッテリーではないスマホ内部のパーツが故障してしまっているとなると、素人ではどうにもできなくなってしまいます。そんなときは、修理窓口に持ち込んでしっかりと相談しましょう。

大手キャリアの場合は、サービスカウンターが全国各地にあるので特に問題はないかと思います。しかし、SIMフリースマホの場合は購入先のMVNO(格安SIM事業者)に独自の保証があったり、メーカー修理となったりとケースバイケースです。スマホが壊れたときのトラブルは下記の関連記事も参照してください。

機種変更も検討してみるべし

まとめ:機種変更も検討してみるべし

上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。

補償サービスに加入していない場合はなおさらです。故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。

スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。

販売サイトはこちら

機種の買い替えならドコモがおすすめ

機種変更をするならドコモがおすすめです。おすすめをする理由は以下の通り。

・安心安定の通信速度、サポート力
・最新機種のラインナップが最も豊富
・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい
・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。

手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。

ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。

料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

まとめ:最もトラブルの原因になりやすいケーブルは予備を用意しよう

充電ができないトラブルの原因の切り分けと、それぞれのケースごとの対処法をご紹介してきました。特に多いのは、やはりケーブルのトラブルでしょうか。もしものときに備えて、純正のケーブルや公式認証済みケーブルを予備としていくつか用意しておくと安心です。

充電ケーブル 公式認証済み belkin
公式認証済みの予備ケーブルをいくつか備えておきましょう

また、最近ではケーブルを使わないワイヤレス充電に対応した端末も増えてきているので、ケーブル充電から切り替えるのも1つの手段。iPhone 8以降の最新iPhoneシリーズもワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応していますし、今後登場する最新機種には取り入れられる可能性が高いです。

ただし、別途Qi対応の充電器を購入しなければいけなかったり、持ち歩くならやはりケーブルを使った充電器がコンパクトで便利というメリットもあります。自宅ではケーブルを使わないワイヤレス充電、外出先にはケーブル式の充電アダプターを持っていくなど、用途や状況に合わせて使い分けるといいかもしれませんね。

非接触型充電対応なら・・!?
使っている機種がワイヤレス充電に対応してるか確認しよう

「充電できない」以外のスマホにまつわるトラブルは下記の記事も参考してください。


こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。