カテゴリ: 光回線

NURO光の速度を調査!通信混雑で遅くなったという噂の実態は?

NURO光は、標準で最大2Gbpsという、一般的な光回線の2倍の数値を誇る高速光回線です。

月額料金が安めに設定されていることから契約しやすく、通信速度の評判から動画配信者やオンラインゲームを楽しむユーザーには特に人気があります。

しかし最近では「通信速度が思うように出ない」という声や、「ユーザーが増えて通信混雑が起き、速度が遅くなっているのでは?」という噂も目につくようになりました。

そこで本記事では、NURO光ついての口コミや評判について調査!速度重視のユーザーは本当にNURO光を契約すべきかも解説します。

速度重視でNURO光の契約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

NURO光は速度が速い光回線!

NURO光のお客様満足度
画像:NURO光公式サイトより引用[1]

NURO光は、通信速度が速いことで非常に評判のいい光回線です。どれくらい速いのか、ネットの回線速度投稿サイト「みんなのネット回線速度」を参考に、光回線の通信速度ランキングを紹介します。

2022年6月~8月に投稿された速度の口コミより、平均実測値を出しています。

順位 回線名 速度の平均実測値
1位 コミュファ光 604.56Mbps
2位 eo光 578.0Mbps
3位 キャッチネクスト 576.83Mbps
4位 NCV光 543.87Mbps
5位 NURO光 499.03Mbps
6位 ピカラ光 479.1Mbps
7位 J:COM NET光 476.4Mbps
8位 auひかり 473.28Mbps
9位 TNCひかりdeネット 454.15Mbps
10位 スターキャット光 437.5Mbps

上記の表をみてもわかるとおり、NURO光の通信速度実測値は非常に速く、ランキング上位に位置しています。では、どうしてNURO光の速度は速いと言われているのでしょうか?その理由を3つ解説します。

速い理由①最大速度が最大2Gbps

NURO光の最大速度は2Gbpsです。この速度はほかの光回線の2倍であり、もともとの通信回線のスペックが高いことを示しています。

しかし、最大速度は理論上出せる最大の速度です。しかし、回線混雑・ケーブルやルーターなどのスペックなどが影響し、実測値は2Gbpsまででることはありません。

しかし、最大速度が速いことは、それだけ回線設備などのスペックが高く、実測値も速いことを示しています。一般的な最大速度1Gbpsの光回線よりも、快適に利用できるでしょう。

速い理由②最新の規格・伝送技術に対応している

NURO光は最新の規格と伝送技術に対応しているので、仕組みの面からも通信速度が速くなるように工夫されています。NURO光が実装している規格や伝送技術は、以下のとおりです。

・IPv6とIPv4にデュアル対応

NURO光では新しい方式のIPv6と従来のIPv4のどちらも利用できる、デュアル方式を採用しています。従来のIPv4規格にしか対応していないサイトや、IPv6規格に対応しているサイトも両方対応しており、快適にネットを利用することが可能です。

・IPoEの通信方式に対応

NURO光は従来の「PPPoE」ではなく、新しい通信方式「IPoE」に対応しています。従来の方式とは異なり、IPoE方式は自動的に接続することで通信速度が向上します。

・G-PON採用

一般的な光回線は最大速度1Gbpsの「GE-PON」という通信規格です。NURO光や一部ケーブルテレビでは最大速度2Gbps「G-PON」という規格を採用しています。「GE-PON」より「G-PON」の通信規格のほうが性能がよく、高速通信を実現しています。

速い理由③独自回線で混雑しにくい

光回線は大きくわけて「フレッツ光・光コラボ」もしくは「独自回線」のどちらかに該当します。

NURO光は「独自回線」と呼ばれる光回線です。独自回線とは、自社で光ケーブルを所有・もしくはNTTの空きケーブルを使っている通信サービスの総称です。

独自回線は、所有しているケーブルがそのサービス専用回線となるので、通信混雑が起きにくく、高速通信を可能にしています。

ちなみにフレッツ光・光コラボは、NTTが所有しているケーブルをみんなでシェアして使っています。

タイプ 使用回線回線 サービス名
フレッツ光 NTTの回線をシェア ・フレッツ光(NTT東日本)
・フレッツ光(NTT西日本)
光コラボ NTTの回線をシェア ・ドコモ光
・ソフトバンク光
・So-net光プラス
・楽天ひかり
・IIJ光
・ぷらら光
・ビッグローブ光 など
独自回線 各サービスごとに回線を所有 ・auひかり
・NURO光
・eo光
・コミュファ光
・UCOM光
・ピカラ光
・BBIQ など

NURO光の速度に関する評判を調査

ここでは、実際にNURO光を使っている人の通信速度に関する口コミを紹介します。NURO光の速度を具体的に知りたい場合は、実際に利用している人の口コミを参考にすることが1番です。

NURO光のプラスな評判

NURO光のプラスな評判を、いくつかピックアップして紹介します。プラスな評判をまとめると「NURO光は月額料金が安め、かつ高速通信ができるので快適」という声が目立ちました。

しかし2022年7月ごろから「最近のNURO光は速度が遅い」という声も増えています。ユーザーが実測値を計測してSNSに投稿しているのですが、それを見ると確かに速度がでていません。マイナスな評判にて紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

NURO光のマイナスな評判

NURO光のマイナスな評判を、いくつかピックアップして紹介します。結論「NURO光は高速通信が売りだったけど、ここ最近は速度低下が目立つ」「パケロスがひどい」という声が目立ちました。

公式から具体的な説明などは出ておらず、ユーザーによっては設定や機器不備によって低速化している可能性もあります。

しかし広範囲で発生しているので、ユーザーが増えたことによる通信混雑が起きているのでは?との声があがっています。

これは筆者の予想ですが、快適に通信できるユーザーは、おそらく地域にNURO 光ユーザーが少なく通信混雑が起きづらい状況なのではないかと考えています。

 マンションプランは速度が遅くなりやすい

NURO光のマンションプランを契約している場合は、速度が遅くなりがちです。

マンション内では同じ光回線を共有しているため、同じ時間帯に同じ回線を使っている人が多ければ多いほど、速度が落ちます。とくに、ネットの利用者が多い夜間や休日などは、回線が混雑して速度が落ちやすいので注意しましょう。

月額料金は高くなりますが、集合住宅にお住まいでも戸建てプランが契約できます。速度重視なら、戸建てプランを検討することをおすすめします。

【結論】関東エリアでソフトバンクユーザーならNURO光がおすすめ

NURO光がおすすめなユーザー
画像:NURO光公式サイトより引用[2]

結論、NURO光がおすすめなのは関東エリアにお住まいで、スマホセット割が適用できる方です。

NURO光は速度が遅いという口コミもありましたが、関東エリアは安定して通信できるパターンが多いようです。

また、NURO光は光回線のなかでも月額料金が安めに設定されています。さらにソフトバンク・ワイモバイル・NUROモバイルを契約していればセット割が適用できるのでお得です。

もし関東エリアでNURO光の速度が遅くても、スマホセット割を適用していればランニングコストを抑えることができるでしょう。

ちなみに2022年7月以降に申し込むユーザーは、解約時の回線撤去は任意・違約金も最大6,100円となりました。

NURO 光を申し込むなら「NURO 光公式特設サイト」がおすすめ

NURO光公式で開設されている特設サイトから申し込むだけで、45,000円のキャッシュバックが受け取れます。

受取条件に追加プランやオプション加入はないので、安心して申し込めますよ。もらったキャッシュバックは、月額料金にあてたり、自分の買い物に使ったりと、使い道は自由です。

NURO 光の申し込み手順

  1. 提供エリアの確認
  2. 申し込み
  3. 開通工事の実施
  4. 初期設定をして利用開始
  5. キャッシュバックを受け取る

NURO光の提供エリアの確認は、公式サイトから行えます。郵便番号を入力すると確認できるので早めに確認しておくことをおすすめします。

また、開通工事には立ち合いが必要です。NURO光は、宅内と屋外の2種類の工事をする必要があるため、開通工事は2日に分けて行われます。引越しシーズンは混み合う可能性があるため、こちらも早めに済ませておいた方がいいでしょう。

最大45,000円キャッシュバック

関東エリア外にお住まいなら電力系回線がおすすめ

関東エリア外にお住まいなら電力系回線がおすすめ

高速通信ができる光回線を探しているなら、電力系回線がおすすめです!

電力系回線はエリア範囲が狭いところがネックですが、そのぶん契約できるユーザー数も少なく回線が混雑しないため高速通信できます。

また電力系回線は地域密着型なので、ほかのエリアに範囲が広がり回線混雑に繋がる…という心配も少ないため、ぜひチェックしてみてください。

東海エリア限定回線のコミュファ光

おすすめ光回線のコミュファ光
画像:コミュファ光公式サイトより引用[3]
  • 戸建て
  • マンション
プラン 1Gホーム
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:2,980円
13ヶ月~:5,170円
初期費用 事務手数料 770円
工事費(開通) 27,500円
解約費用 違約金 最大29,700円
工事費(撤去) 最大13,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

プラン 1GマンションF
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
初期費用 事務手数料 770円
工事費(開通) 27,500円
解約費用 違約金 最大29,700円
工事費(撤去) 最大13,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

東海エリア限定の高速回線
最大41,000円キャッシュバック実施中

関西エリア限定回線のeo光

おすすめ光回線のeo光
画像:eo光公式サイトより引用[4]
  • 戸建て
  • マンション
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:3,280円
13ヶ月~:5,448円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 29,700円
解約費用 違約金 ~24ヶ月:最大6,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
mineoの割引額 330円

プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 29,700円
解約費用 違約金 ~24ヶ月:ひと月の基本料金額ー880円
工事費(撤去) 最大13,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
mineoの割引額 330円

東海エリア限定の高速回線

四国エリア限定回線のピカラ光

おすすめ光回線のピカラ光
画像:ピカラ光公式サイトより引用[5]
  • 戸建て
  • マンション
プラン 1Gホーム
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~2年目:4,950円
~4年目:4,840円
~6年目:4,730円
7年目~:4,620円
初期費用 事務手数料 0円
工事費(開通) 27,500円
解約費用 違約金 最大29,700円
工事費(撤去) 最大13,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
ピカラモバイルの割引額 330円

プラン 1GマンションF
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~4年目:3,740円
5年目~:3,608円
初期費用 事務手数料 0円
工事費(開通) 27,500円
解約費用 違約金 ~15ヶ月:38,500円
16ヶ月~:11,000円
工事費(撤去) 最大13,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
ピカラモバイルの割引額 330円

四国エリア限定の高速回線
30,000円キャッシュバック実施中

九州エリア限定回線のBBIQ光

おすすめ光回線のBBIQ光
画像:BBIQ光公式サイトより引用[6]
  • 戸建て
  • マンション
プラン 1ギガコース
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~2年目:4,950円
~4年目:4,840円
~6年目:4,730円
7年目~:4,620円
初期費用 事務手数料 880円
工事費(開通) 平日:2,200円
休日:5,500円
解約費用 違約金 ~12ヶ月:27,060円
~18ヶ月:22,000円
19ヶ月~:11,000円
工事費(撤去) 5,500円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
QTモバイルの割引額 最大220円

プラン 1ギガコース
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:4,070円
13ヶ月~:5,170円
初期費用 事務手数料 880円
工事費(開通) 平日:2,200円
休日:5,500円
解約費用 違約金 ~12ヶ月:27,060円
~18ヶ月:22,000円
19ヶ月~:11,000円
工事費(撤去) 5,500円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
QTモバイルの割引額 最大220円

九州エリア限定の高速回線
最大30,000円キャッシュバック実施中

中国エリア限定回線のメガ・エッグ光

おすすめ光回線のメガ・エッグ光
画像:メガ・エッグ光公式サイトより引用[7]
  • 戸建て
  • マンション
プラン メガ・エッグ 光ベーシック[ホーム]
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:5,170円
13ヶ月~:5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 最大38,500 円
解約費用 違約金 11,000円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円

プラン メガ・エッグ 光ベーシック[マンション]
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,070 円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 38,500 円
解約費用 違約金 11,000円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円

四国エリア限定の高速回線
20,000円キャッシュバック実施中

【番外】どこもエリア外だったらauひかりを検討しよう

おすすめ光回線auひかり
画像:auひかり(GMOとくとくBB)サイトより引用[8]

▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

auひかりは独自回線ですが提供エリアが広く、引越しする可能性がある方でも安心して契約できる光回線です。もちろん高速通信で人気があります。

特にauひかりのプロバイダ「GMOとくとくBB」は高額キャッシュバックがもらえます。

満額もらうには光電話の申し込みが必要ですが、月額料金36ヶ月無料なので損することがありません。ちなみに光電話は開通工事費を実質無料にするキャンペーンの適用条件でもあります。

さらに申し込むだけで高性能のWiFiルーターがもらえるので、いま最もおすすめな申込窓口です。

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

通信速度の目安

速度イメージ

インターネットでやりたいことに適した速度を知ることで、自分が求める回線速度がどれくらいかがわかります。ここでは作業別に適したインターネット速度の目安と、数値の見方を紹介します。

作業内容 必要な速度の目安
Webページの閲覧 1Mbps
テキストメール送受信
LINE
YouTube動画視聴(低画質) 3Mbps
ビデオ通話
SNSへの画像投稿
YouTube動画視聴(高画質) 5Mbps
SNSへの動画投稿・データ共有 10Mbps
4K動画視聴 25Mbps
オンラインゲーム 100MbpsかつPing値は30ms以下

速度の実測値の見方

速度の単位や種類をどう見ればいいのか、どれくらいの速度が出ていれば速いといえるのかについてご説明します。まず、速度の種類と単位の見方は以下のとおりです。

・下り速度(ダウンロード速度)

サーバー側から使っているパソコンやスマホなどの端末側へ、データをダウンロードする速度です。インターネットを閲覧したり動画を視聴したりする際の速度を表しています。通常、単に「速度」という場合は、この下り速度のことを指します。

・上り速度(アップロード速度)

パソコンやスマホなどの端末から、サーバー側へデータをアップロードする際の速度です。動画や画像などのデータをサーバーにアップロードする際の速度を表します。SNSやYouTubeなどに画像や動画を投稿する場合に関係する速度です。

・Ping値

Ping値とは、サーバー側と端末側との往復にかかる時間を表します。ただしPing値が重要になるのは、オンラインゲームなどサーバー側とのレスポンスがシビアに求められるケースです。普通にネットサーフィンをしたり動画を視聴したりするだけなら、気にする必要はありません。

続いて、速度の単位についてご説明します。

・bps(bit per second)

bpsとは、1秒あたりに送信できるビット数を表す速度の単位のことです。Mbpsなら1秒あたり1Mビット、Gbpsなら1Gビットのデータを送信できます。

・ms

Ping値の単位であるms(ミリセカンド)は、1,000分の1秒を示しています。

NURO 光の速度が遅いと感じたときの対処法

悩む女性

NURO光を利用していて速度が遅くなる原因はいくつか考えられます。もし速度が出ずこまったら、以下の対処法を試してみましょう。

通信障害の情報を調べる

NURO光側で通信障害が発生している可能性があります。ほかにも、GoogleやYouTube、Twitterなどの利用しているサービスで障害が発生することも考えられます。

NURO光の通信障害は、公式サイトの障害・メンテナンス情報から確認できます。

また、利用しているサービス側の通信障害は、スマホなどのほかのネットがつながる手段を使い、Twitterなどで障害が発生していないか検索してみるとよいでしょう。

速度の実測値を調べる

速度の実測値を調べてみましょう。光回線といえど、時間帯によって速度低下が起こる可能性があります。

実測値を確認し、定期的に計測しておくことで、時間帯による速度低下なのか、機器によるものかなどの判断材料になります。

参考にSpeedtest by Ooklaというスピードテストサイトで測定する方法を紹介します。

測定方法測定方法
画像:Speedtest by Ookla公式サイトより引用[9]

テストしたい回線に接続した端末で、Speedtest by Ooklaにアクセスしましょう。そして、画面に表示されている「GO」を選びます。

しばらく経つと、測定結果が画面に表示されます。今回は、ダウンロード速度が28.57Mbpsという結果でした。

不要な接続機器の通信を切断する

同時に接続している機器が多すぎると、通信速度が遅くなります。

現在接続中の機器が何台あるのか、そのなかで使っていない機器はないかを確認しましょう。不要な機器があれば接続を切ることで、速度が改善する可能性があります。

ルーターと接続機器の再起動・再接続をする

まずは、パソコンやスマホなどの端末、ONUや無線LANルーターなどのネットワーク機器を、再起動・再接続しましょう。

セキュリティソフトやOSの更新がうまくいっていなかった、ネットワークの接続がうまくできていなかったなどの場合、再起動・再接続で速度が回復することがあります。

ONU・ルーターに不具合が発生していないか調べる

ONU、ルーターなどのネットワーク機器に不具合が発生していると、通信速度が著しく落ちたり接続が切れたりします。

機器を再起動する、ランプが正常かを確認するなどして、ネットワーク機器の問題がないチェックしてみましょう。

LANケーブルの規格が古くないか調べる

LANケーブルには規格があるので、通信規格に合ったケーブルを使う必要があります。規格表は以下のとおりです。

最大速度2GbpsのNURO光を使うためには、最低でもCAT.5e以上のケーブルを使う必要があります。

6Gbpsや10Gbpsの超高速プランを使いたい場合は、CAT.6A以上のケーブルが必要です。ケーブルに「CAT.6」などと印字されているので、LANケーブルの規格が古くないかを確認しましょう。

ケーブルの規格 通信速度 通信規格
CAT.5 100Mbps 100BASE-TX
CAT.5e 2.5Gbps 2.5GBASE-T
CAT.6 5Gbps 5GBASE-T
CAT.6A/CAT.7 10Gbps 10GBASE-T
CAT.8 40Gbps 40GBASE-T

まとめ

この記事では、NURO光の通信速度について解説しました。

NURO光は通信速度が非常に速いことで人気ですが、ここ最近は通信速度の低下も起こっているようです。そんな中でもNURO 光を契約がおすすめできるのは、関東エリアにお住まいでスマホセット割が適用できるユーザーです。

もし速度が思ったようにでなくても、スマホセット割が適用されることで費用を抑えることができます。もし乗り換えを検討しても、それまでのランニングコストが安くなるのはメリットです。

関東エリア外であれば、電力系回線かauひかりがおすすめです。どちらも独自回線を使っているので、高速通信ができます。

通信速度を重視して光回線の契約を検討しているなら、ぜひ参考にしてみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン