Y!mobile(ワイモバイル)でタブレットをお得に使う方法・注意点ガイド!

書いた人: こんち

カテゴリ: ワイモバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイルではお得にタブレットも使える!スマホとセット利用でもおすすめ

ワンキュッパ、ニャンキュッパでTVでもおなじみのY!mobile(ワイモバイル)ですが、リーズナブルな価格のスマホ以外にもタブレットの販売もしている事をご存知でしょうか?

今回は、スマホの他にもタブレットを持ってみたい!子供や両親にタブレットを持たせたい。そんな人の為にワイモバイルのタブレットと料金プランをご紹介したいと思います。

なお、ワイモバイルのタブレットは全て店舗でのみの販売受付となっています。

目次:

ワイモバイルでスマホ以外も契約できる!販売機種の特徴と価格

格安スマホのイメージが強いワイモバイル
格安スマホのイメージが強いワイモバイル

ワイモバイルというと格安スマホのイメージが強いのではないでしょうか。

しかしスマホ以外にも、タブレットも契約することができ、リーズナブルで月額料金もお安く持つ事が出来ます。

もちろんタブレットのみでの契約も可能です。まずは、ワイモバイルで販売している各タブレットの特徴をご紹介します。

Lenovo TAB4:フルセグTV搭載・防水防塵で安心の10インチ大画面

Lenovo TAB4
Lenovo TAB4のスペック表(公式サイト
ディスプレイ 8.0インチWXGA(1,280 × 800)
カメラ アウトカメラ 約800万画素 / インカメラ 約200万画素
サイズ 幅:約250×高さ:約180×厚さ:約7.8mm
重量 約545g
OS Android 7.1
SoC MSM8953(オクタコア)2.0GHz
RAM/ROM RAM:2GB/ROM:16GB
バッテリー容量 7,000mAh
カラー ブラック
その他 microSDXC™ / 最大200GB
IP5X

Lenovo TAB4は、ワイモバイルから発売するタブレットでは初搭載の10インチの大画面ディスプレイを搭載したタブレットです。

また、料理番組視聴中に気になるレシピをボタンひとつで即時録画が可能なリアルタイム録画機能も搭載。

防水防塵・ワンセグにも対応しているので、いつでもどこでも大画面で映像コンテンツを堪能できます。

Lenovo TAB4のオススメポイント

・10インチの大画面タブレット
・防水防塵・ワンセグ対応
・リアルタイム録画機能の搭載

MediaPad M3 Lite s:高精細8インチ画面大迫力サウンドのダブルスピーカー搭載

MediaPad M3 Lite s
MediaPad M3 Lite sのスペック表(公式サイト
ディスプレイ 8.0インチWXGA(1,280 × 800)
カメラ アウトカメラ 約800万画素 / インカメラ 約800万画素
サイズ 幅:約123.4×高さ:約213.4×厚さ:約7.7mm
重量 約325g
OS Android™ 7.0
SoC MSM8940(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
RAM/ROM RAM:2GB/ROM:16GB
バッテリー容量 4,650mAh
カラー ホワイト
その他 microSDXC™ / 最大200GB

MediaPad M3 Lite sは、HUAWEI独自の音響技術「Super Wide Sound (SWS)」により、高い音圧とサラウンド効果を実現したタブレットです。

また、世界的なオーディオブランド 「Harman Kardon」 による音響チューニング機能も搭載されているなど、とくに音響面でのこだわりが際立って感じられます。

MediaPad M3 Lite sのオススメポイント

・音響システムが充実している
・8インチながら、コンパクトなので持ち運びがしやすい

MediaPad T2 Pro:屋外でも屋内でも見やすい大画面タブレット!

MediaPad T2 Pro
MediaPad T2 Proのスペック表(公式サイト
ディスプレイ 10.1インチワイドUXGA(1,920 × 1,200)
カメラ アウトカメラ 約800万画素 / インカメラ 約200万画素
サイズ 幅259.1×高さ156.4×厚さ8.5mm
重量 486g
OS Android 6.0
SoC MSM8939 1.5GHz/1.2GHz(オクタコア)
RAM/ROM RAM:2GB/ROM:16GB
バッテリー容量 6,500mAh
カラー ホワイト / ブラック
その他 microSDXC™ / 最大128GB

MediaPad T2 Proはシーンに応じて、コントラストや明るさを自動調整してくれるSunViewのおかげで太陽の下でも画面が見やすいのが特徴。ブルーライトを軽減してくれるEyeCareモードも優秀で読書端末としても活躍してくれます。10インチの大画面なので何をするのも非常に使いやすいタブレットに仕上がっています

MediaPad T2 Proのオススメポイント

・10インチの大画面液晶
・太陽の下でも見やすいSun View搭載
・ブルーライトを軽減してくれるEyeCare搭載

Lenovo TAB3:持ち運びに最適な8インチタブレット

Lenovo TAB3
Lenovo TAB3のスペック表(公式サイト
ディスプレイ 8.0インチWXGA(1,280 × 800)
カメラ アウトカメラ 約500万画素 / インカメラ 約200万画素
サイズ 幅125.5×高さ212.3×厚さ9.3mm
重量 353g
OS Android 6.0
SoC MT8735 1.3GHz(クアッドコア)
RAM/ROM RAM:2GB/ROM:16GB
バッテリー容量 4,290mAh
カラー ポラールホワイト / スレートブラック
その他 microSD™・microSDHC™・microSDXC™ / 最大200GB
Dolby Atmos搭載

Lenovo TAB3は片手で持ち歩ける8インチのHDディスプレイと搭載したタブレットです。
非常に扱いやすいサイズで持ち運びに最適です。また、サウンドにDolbyAtmosを搭載しており、迫力の3Dサウンドを体験する事が可能です。

Lenovo TAB3のオススメポイント

・持ち運びに最適な8インチタブレット
・迫力のDolby Atmosサウンドを搭載
・用途に合わせて自動で画面を最適化するマルチモードの搭載

タブレット契約向けのワイモバイルの料金プラン

ワイモバイル タブレット イメージ①

ワイモバイルでは、音声通話SIM以外にも、タブレット契約向けのデータ通信専用SIMやシェアプランが存在します。

音声通話が副端末の利用時に必要ない方は、データプランの方が料金も安く利用できるのでおすすめです。

データベーシックプランS・L

ワイモバイルのデータ通信専用プランには、「データベーシックプランS」と「データベーシックプランL」の2種類が用意されています。

それぞれの利用料金・データ量(GB)は以下の通り。

データプラン比較表
プラン データベーシックプランS データベーシックプランL
料金(税抜) 月額1,980円 月額3,696円
通信量 1GB 7GB

※それぞれデータ通信量を超えると通信制限がかかり128Kbpsに速度が落ちます

タブレットで動画視聴などにガンガン使う人や、外で使う場合にデータ使用量を気にせず利用したい人にはデータベーシックプランLが断然オススメです。

逆に自宅での使用がメインで自宅にWi-Fi環境がある、PocketWi-Fiなどを持っていてタブレット単体での通信をそんなにしない人にはデータベーシックプランSがオススメです。

子回線専用プラン(シェアプラン)

ワイモバイルシェアプランは、すでにワイモバイルのスマホを持っていて追加でタブレットを使用する場合に、スマホのデータ通信をシェアする形のプランです。

シェアプラン基本使用料比較表
親回線プラン スマホプランS
スマホベーシックプランS
データプランS
スマホプランM
スマホベーシックプランM
スマホプランR
スマホベーシックプランR
スマホプランL
スマホベーシックプランL
データプランL
データベーシックプランL
基本使用料 980円 490円※ 0円※

※シェアプランセット割適用時の価格

こちらのプランはメイン回線のデータ通信を使用する為、スマホで使用出来る容量が減ってしまう反面、タブレットでデータ通信を使う場合では料金が抑えられるというメリットがあります。

さらに上記比較表に記載していますが、シェアプランセット割というキャンペーンを行っており、親回線が「スマホプランM・スマホベーシックプランM・スマホプランR・スマホベーシックプランR」ならシェアプラン基本使用料が490円に。

スマホプランL・スマホベーシックプランLやデータプランL・データベーシックプランLを契約する場合は、シェアプランの基本使用料が0円になります。

Lプランの場合は親回線3,696円/月の基本プランのみでスマホとタブレットをシェアして使用出来るということになり、非常にお得です

※2019年9月30日をもって、スマホプランS・M・LおよびデータプランS・Lは新規申し込みを終了しています。

ワイモバイルでタブレットを使う場合の注意点

ワイモバイル タブレット イメージ②

ワイモバイルでタブレットを利用する前に、覚えておいてほしい注意点をまとめて解説します。

契約後に後悔しない為にも、この項目で説明する内容をしっかり把握して判断して下さい。

持ち込みのタブレットを利用する場合は動作確認をお忘れなく

既に持っているタブレットにワイモバイルのSIMカードを使ってデータ通信を行いたい方は、必ず事前に動作確認をしましょう。

動作確認は下記リンク、ワイモバイル公式サイトにて確認することができます。

他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する|ワイモバイル公式

対応していた場合でも、そのタブレットが別キャリアで購入したタブレットの場合、ワイモバイルで利用するには原則SIMロック解除という手続きが必要となります。

上記、動作確認ページにて、機種ごとにSIMロック解除が必要かどうかも記載されているので、合わせて確認するようにして下さい。

SIM単体契約では、音声通話プランでの申し込みしかできない

ワイモバイルはタブレット利用に向いているデータ通信専用プランを提供していますが、SIM単体契約時では音声通話プランでしか申し込むことができません。

既に持ち込みで利用を検討しているタブレットに、SIMのみを契約して使いたいという方はシェアプランも検討してみると良いでしょう。

まとめ

ワイモバイル タブレット イメージ③

ワイモバイルはスマホだけでなくタブレットの販売、契約することができ、料金プランも非常にリーズナブルな価格設定になっています。特にワイモバイルのスマホを持っている人はかなりオススメ出来ます。

タブレット製品に関しては10インチと8インチモデルが主体で自宅向け、外向けと用途に合わせたタブレットを選択出来るようになっていました。性能的にはエントリー向けの製品にはなるかと思いますが、読書やウェブ観覧、動画や音楽の視聴などの使い方で困る事は無いでしょう。キャンペーンも行われており、コストパフォーマンスの高い内容になっていると感じました。

冒頭でも述べましたが子供や両親に持たせる初のタブレットとして非常に良いと思います
その場合は月額540円の保証故障安心パックの加入も検討してみましょう。

これからタブレットの購入を考えている人は、是非ワイモバイルも検討に入れてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

関西在住のテクノロジーとデザインに興味があるブロガー。今までに使用してきたPC、ケータイ・スマホは1000台以上。現在はスマホと連動するテクノロジーにものすごく興味があります。モバレコでは1歩先ゆく未来をご紹介したいと思っています。ブログ「こんちのバウハウス」を運営中。Twitter:@ko_nchi