ドコモでMNP予約番号を取得する3つの方法・手順から確認しておくべき注意事項を完全ガイド!

書いた人: NINO

カテゴリ: ドコモ

ドコモ MNP予約番号 方法 手順 注意事項

「2年契約の更新月をそろそろ迎える」
「もっと通信料金の安い他キャリア・格安SIMへ移行する」など

ドコモから他社への乗りかえを検討しているなら、MNP予約番号を発行して契約移行すると便利です。

MNP予約番号は、今使っている携帯電話番号をそのままの状態で他社へ乗り換える為に必要な情報の一つです。

通常の新規契約の場合は、そもそも移行前と移行後の各キャリアでの契約は独立しているので、当然携帯電話番号も変わってしまいます。

そこで、MNP予約番号をドコモから発行してもらい、移行後のキャリアにMNP予約番号を伝えることで、これまでドコモで使っていた番号をそのまま新しいキャリアでも使用できるのです。

ドコモでMNP予約番号を取得する方法は主に以下3つの方法があります。

・インフォメーションセンターへ電話
・ドコモショップで手続き
・WebのMy docomoで手続き

今回は、ドコモから他社へMNP予約番号を使って乗り換えたいと考えている方に、各手段でのMNP予約番号の発行手順や注意事項についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

MNP予約番号取得方法①:「インフォメーションセンター」へ電話して取得する場合の手順

ドコモ MNP予約番号 取得方法

1つ目はドコモのインフォメーションセンターに電話をして、MNP予約番号を取得する方法です。

ドコモショップへ行く手間がなく、WEBと同様に自宅などのどこからでも手続きできるメリットがあります。

対面ではないので、資料を見ながら説明を受けることはできませんが、対面ならではの解約時特有の気まずさというものはなく、音声越しでスタッフに直接説明を受けられるので、解約時の細かな注意事項までしっかりと確認できます。

【ドコモインフォメーションセンターでのMNP予約番号発行】

・ドコモ携帯電話から 局番なし「151」(通話無料)
・一般電話から 「0120-800-000」(通話無料)
※いずれも受付時間は9時〜20時

ドコモインフォメーションセンターでMNP予約番号を取得する具体的な手順は以下のとおり。

所要時間は、オペレーターにつながる際の待ち時間がなければ、10分程度で完了します。
電話をする前には必ず【転出したい携帯電話番号】【契約者個人情報】【ネットワーク暗証番号】を確認して用意しておきましょう。

ドコモでのMNP予約番号発行手順

STEP1. 「151(ドコモ携帯から)」あるいは「0120-800-000(一般電話から)」へ発信
STEP2. ガイダンスが流れるので「4」番→「2」番と進む
STEP3. オペレーターへ接続
STEP4. 契約内容の確認(個人情報の確認)
STEP4. MNP予約番号を発行したい旨を伝える
STEP5. 解約金や転出手数料の説明を受ける
(※ポイント還元等によるドコモへの引き止め等の話がある場合も)
STEP6. MNP予約番号が記載されたSMSメールを受信

また、MNP予約番号を取得するということは、ドコモを解約して他社へ転出することとイコールであるため、ドコモの契約を残してもらおうと引き止めの説明があることが多いです。

解約金が高額になってしまう、他社への転出や他社契約で手数料がかかる、ドコモの端末が使えない場合もある等々。オペレーターによって色々な説明があるでしょう。また、それに加えて、次回機種変更時で使えるdポイントを還元するといった話もあるかもしれません。

解約の意思が固まった上で、MNP予約番号取得をしているはずなので、オペレーターからの引き止めもしっかりと断って手続きを進めるようにしましょう。

MNP予約番号取得方法②:「ドコモショップ」にてMNP転出手続きを行う場合の手順

”ドコモのインフォメーションセンターへ連絡している様子

電話やWEBを使った手続きに不安があり、直接対面で詳しく説明を受けたいという人におすすめなのが「ドコモショップ」にてMNP予約番号を取得する方法です。

ただし、わざわざ来店しなければならない、来店後待ち時間が発生する場合がある、対面で解約手続きを進める際の気まずさがあるというデメリットもあります。

ドコモショップでのMNP予約番号取得の流れは以下のとおり。

STEP1. 最寄りのドコモショップへ行く
STEP2. 受付にMNP予約番号を取得したい旨、説明する
STEP3. 順番が来たら、MNP予約番号の取得手続きをする

ドコモショップでMNP予約番号を取得するのであれば、あらかじめ来店時間を予約できる「来店予約」を手続きしておくと大変便利です。

来店予約をしよう

”ドコモショップの来店予約画面

ドコモショップの「来店予約」は、翌日以降のショップに行く時間をあらかじめ指定しておくことで、当日来店時に優先案内してもらえるサービス。待ち時間を最小限に抑えられるので、比較的スムーズに案内してもらえます。

来店予約はWEBで行います。ドコモ公式サイトの「来店予約」のページへアクセスしましょう。そして、最寄りのドコモショップを指定して、来店予約手続きを行います。

ドコモ4G回線で接続している場合はネットワーク暗証番号、Wi-Fi環境で接続している場合はdアカウントID・パスワードが必要になります。

ドコモショップ来店予約のメリット

来店店舗を指定したら、受付内容で「解約」を選択し、翌日以降の空いている来店時間を選びます。30分単位で表示されているので、余裕のある都合の良い時間を選びましょう。

MNP予約番号取得方法③:Web「My docomo」にてMNP転出手続きを行う場合の手順

ドコモショップ来店予約の登録ページ

My docomo」を使ってMNP予約番号を取得する方法は、最も時間がかからずスムーズに手続きができるので、一番おすすめの方法です。

ただし、電話やショップ来店とは異なり、スタッフ対面ではないので細かな注意点等を全て理解しておく必要があります。

もちろん、MNP予約番号を取得する過程で都度画面上に説明が出てきますので、しっかりと読んでおけば、特段の心配はないと思います。

ただし、「一括請求/一括送付サービスの代表番号」「3回線以上でファミリー割引をご契約の代表回線」である場合はWEBでのMNP予約番号発行はできません。

【Web「My docomo」でMNP予約番号を取得】

「My docomo」にアクセスして手続き
受付時間:午前9時から午後9時30分まで
必要なもの:dアカウントID・パスワード

では具体的な流れを説明します。
まずはMy docomoへアクセスし、dアカウント・パスワードでログインします。

My docomo トップページを閲覧している様子

続いて、My docomoトップページから下の方へ進み、中段ほどにある「その他のお手続きはこちらから」をタップします。

My docomo トップページ

ドコモオンライン手続きのページに移行します。このページ最下部にある「携帯電話ポータビリティ予約(MNP)」をタップします。

My docomo トップページ中段「その他のお手続きはこちらから」

専用ページに遷移後は、指示通りにMNP予約番号の取得手続きを進めていきましょう。

ドコモのMNP転出前に確認しておくべき5つの注意事項

ドコモオンライン手続きのページ

MNPは携帯電話番号を変えずにそのまま他社へ移行できる便利な制度ですが、MNPを使って契約乗りかえをする前に、確認しておくべき注意事項があります。

一つずつ詳しく解説しますので、必ずチェックしてみて下さい。

1. MNPに伴い発生する手数料などの費用について

MNPで転出することはドコモの携帯を解約し、他社で新たに新規契約することを意味します。

ドコモの契約解消・及び他社への新規契約時には、それぞれ手数料が発生します。移行後のキャリアにもよりますが、一般的にMNPで必要になる手数料は以下の通りです。

項目 請求元キャリア 金額(税別)
MNP転出手数料 ドコモ 2,000円
解約手数料
(2年契約を中途解除する場合)
ドコモ 9,500円
新規契約手数料 移行後キャリア 3,000円

MNP転出をする際には、方法は問わず必ずドコモ側で2,000円が発生します。

そして一番注意したいのは、2年契約の違約金です。契約更新月以外の解約は9,500円という高額な手数料が発生します。さらに、移行後のキャリアでも3,000円の新規契約手数料がかかります。

合計すると最大で約15,000円近い手数料が発生することになりますので、十分注意しておきましょう。

2. ベストなMNP転出時期

前項で触れている解約手数料について、ほとんどのドコモユーザーの方は2年間の自動更新契約をしていると思います。

2年契約の場合、定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間が、解約手数料がかからない期間に設定されています。つまり、その期間内を狙ったMNPが余計な費用が発生しないベストな転出時期です。

MNP前に必ず自身の契約状況を確認してから実行するようにしましょう。

3. 解約手続きは不要!回線切り替え完了後自動解約

MNP転出では、MNP予約番号取得後、その番号を使って移行先での契約を完了した後、回線切替手続きを完了させることで、自動的にドコモの契約が解約されるようになっています。

つまり、キャリア移行後にドコモでの解約手続きは不要ということです。

むしろ、MNP予約番号取得前に、先にドコモで契約解除をしてしまうとMNP予約番号の発行すらできなくなってしまい、新規番号での契約をせざるをえない状況になってしまいます。

MNP予約番号取得後はそのまま移行後のキャリアで契約を進めましょう。

4. MNP予約番号の有効期限

ドコモから発行したMNP予約番号には有効期限が存在します。発行日を含め15日間が有効期限です。

さらに、移行後のキャリアによって有効期限が○○日以上残っている必要があるといった指定があるので、移行後のキャリアでの必要な有効期限をあらかじめ調べておくことも必要です。

おおむね「10日以上の有効期限が残ったMNP予約番号」と指定されることが多いです。

また、MNP予約番号は取得自体で手数料はかかりません。MNP予約番号を使って移行完了後に各手数料が発生します。

このMNP予約番号の有効期限と、2年契約の更新月を考慮した上で、MNP移行をする最適な時期をスケジューリングすると良いでしょう。

5. 携帯番号の契約名義について

MNP移行する際には、契約者名義にも気を配りましょう。

MNP移行元と移行後のキャリアで契約者名義が相違していると、MNPの審査が通らず契約移行ができません

移行前と移行後のキャリアで、電話番号の契約名義が一致している必要があるということです。

特に家族で契約していて子回線が移行するような場合は、この名義問題が顕著になることが多いので、移行前の契約者名義が誰になっているのかもしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

ドコモのMNP時の注事事項掲載ページ

ドコモでMNP予約番号を取得する以下3つの方法を紹介しました。

・インフォメーションセンターへ電話
・ドコモショップで手続き
・WebのMy docomoで手続き

ユーザーそれぞれで状況は違うので、一概にどの方法が一番良いということは言及できませんが、それぞれの方法でメリット・でメリットがあるので、今回紹介した内容を見極めて最適な取得方法を使ってみてください。

また、ユーザーによっては引き止めの際に、機種変更時に使えるいわゆる「151クーポン」と呼ばれるものが発行される場合もあります。

これによって機種をよりお得に購入する為のdポイントをゲットできるかもしれません。クーポン利用することで、ドコモで機種変更をして契約を継続する方がお得になるケースもあるので、状況に応じて対応していきましょう。

総じて、MNP予約番号を取得して他社へのりかえするのはそこまで難しいことではありませんので、今回紹介した方法をぜひとも参考にしてみてください!

今ならギガホ・ギガライト契約で
Amazonプライム1年分ついてくる!

ドコモスマホを購入する賢い方法

スマホを買うのに、どこに行きますか?

多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。

でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?
いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンラインショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?

一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。

そこでおススメなのが、電話で相談しながら購入できるこのサービス!

やり方は簡単。下記の電話番号に電話するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える!もちろん相談料金は無料

「新規・MNP」をご検討の方は、
こちらよりご相談・お申込み可能です! 

0120-805-234

※(株)ディーナビでの受付となります。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン